最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2017/12/30

年末恒例の庭木剪定  ガーデニング(生駒の庭)

12/30(土)は9時に家を出て、大阪で買い物をし、
帰ってすぐに庭木の手入れ。

今年は梅雨明けに無残に切られたのだが、
その後も枝は伸び、少ないけれど
サルスベリもムクゲも花が咲いた。

次男が帰っているのだが、遊びに行ってしまったし
私でもノコギリで切れる程度だったので、

硬いムクゲの木の枝も頑張って切り、南天に隠れるくらいになった。
   ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

たわわに生ったキンカンの隣のサルスベリも、きれいさっぱりに。 
         ↓                  ↓
クリックすると元のサイズで表示します

ガレージの入り口東の南天が、今年は恐ろしく真っ赤になった。

クリックすると元のサイズで表示します

内から外を見るといっそう真っ赤。
         ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                            ↑
    毎年ほんのりと紅葉する東通路の南天は、
  今年はまったく紅葉しないが、実がいっぱい生った。

  名残のランタナは快晴の空のもと鮮やか。
                ↓
クリックすると元のサイズで表示します

ほったらかしにしていた甘夏ミカンは10個も立派に育っている。
                ↓
クリックすると元のサイズで表示します

松・万両・蝋梅と、程好く揃っているので、
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します

今年は切り花を生けて飾るのはやめにしておこう。

クリックすると元のサイズで表示します

玄関前の小さい南天も実をつけ、
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します
                       ↑
           紅白のゼラニウムと並んで縁起がいい。

    暖かさで白梅の蕾が急に膨らんだ。
           ↓
クリックすると元のサイズで表示します

強風が吹いて寒かったり、
今日のように暖かかったり、
変動が激しいが、
こんな気持ちのいい日があることに感謝。
5

2017/12/30

お節準備と、ぷらら天満  その他つれづれ

今年も12月半ばを過ぎると
お節料理の準備が始まる。

今年も蕪寿司を作ることとし、
夫が大実蕪と、糀4袋などを買ってきてくれた。

クリックすると元のサイズで表示します

大根・蕪の塩漬けは12/19(火)、
私は3日間留守にしているうちに夫がしてくれた。

その後は、夫が3日間出張になり、
23(土)から糀を発酵させ(これは毎年私の仕事)、

クリックすると元のサイズで表示します

本漬けにしたのは24(日)の夜。
毎年塩漬けは3日間なのだが、
今年は2人の仕事の関係上、5日間となった。

クリックすると元のサイズで表示します

設置場所はいつも北側のベランダ。
寒い生駒の家の北側は、天然の冷蔵庫で、
広い食物保管場所となる。

クリックすると元のサイズで表示します

できあがったお惣菜・お節・魚・卵
干し柿・イチゴ…と、鮮度が保たれる。

クリックすると元のサイズで表示します

12/27(水)〜は私の年末年始の休みがスタート。

と同時に、お節料理作りが始まる。

煮物は熱い鍋ごと、新聞紙と毛布どに包んで
椅子の下部の物入れに収納。

クリックすると元のサイズで表示します

省エネで短時間で煮物ができ上がる。

大分から届いたカボスブリは、とても美味しい。
蕪寿司・刺身・漬け・焼き物・大根のアラ炊きとなり

クリックすると元のサイズで表示します
            ↑
29(金)の夕食は、ブリづくしとなった。

30(土)の朝9時過ぎには、
大阪のぷらら天満(昔の天満市場)に買い出しに。

クリックすると元のサイズで表示します

すでに駐車場待ちの行列ができていて
市場内の通路は自由に歩きまわれないほど。

フグ・野菜などを購入。

驚いたのは二十代・三十代の青年達が
たくさん元気に働いていたこと。

しかも、どの青年も背が高く男前でさわやか。

中には、ジャニーズ系?! と
目を見張ってしまう美男子も!

お母さんと思しき女性に「男前やね〜」と言うと
満面の笑みで「有難うございます」と。
たぶん、それぞれの店の息子達だろう。

若い女性だけでやっている
カラフルできれいな野菜だけを扱っている店も!

彼ら若者達がこの市場を伝承してくれるなら
私が生きている間
いやその後も、ぷらら天満は繁盛し続けるだろう。

我々消費者にとっても、有難いことである。
6

2017/12/28

IPad を買って1カ月  その他つれづれ

1/26にIPadを買って1カ月が過ぎたが、
ほとんど活用できていない。

1か月無料で使えるという雑誌・映画・音楽も、
視聴できるようようにすらできず。

1か月経つと自動継続で有料になるので、
継続しないなら連絡しないといけない。

しかし、うっかり15分過ぎ、
翌朝電話したら
1か月分支払わないといけないことになった_| ̄|○

すぐに役立てられたのは

1)地図を見ながら歩くこと
2)インターネットで路線検索などをすること
3)写真を撮ること
4)目覚まし時計を使うこと
5)メールをすること

これくらい。

移動しながらの1),2)は便利だと思った。
3)の写真は撮れるが、
 サイズ縮小などの加工ができない。
 メールに添付して送ることは
 福岡の平山さんにできるようにしてもらって、
 できるようになった。
 でも、送り先は自分のノートパソコン。
 意味ないね〜。

これは最初に撮った写真。
IPadを買った翌日、
やっぱり専用カバー・保護フィルムを買わなあかんわと
買い物に出て、その後食事に入ったのだが、
いつものデジカメを持っていなかったため、
IPadで撮った。
でも結局ノートパソコンに送って、ここにUP。

クリックすると元のサイズで表示します
           ↑
  いつもの「みゆき」の晩酌セット。これが一番割安で美味
  1,800円のところ、19時までの入店で1割引き(@o@)


クリックすると元のサイズで表示します

facebookへの投稿は、一度だけ文字だけ。

12/12に仙台に行った時も、
IPadで撮った写真を、そのままIPadから
facebook 投稿を試みたが、できなかった。

5)のメールも移動時のみ。

指紋認証を高輪サロンで西脇さんにしてもらって
安全は保障できたが…、

結局、面倒でほとんど使わない。
使い慣れているものの方が楽や〜。

なので移動時は、ノートパソコン・デジカメ・
ガラ携・IPadの4つを持ち歩いている。
何と重たいこと。

スマホなら1個で済むものを、
ちっとも現代人になれない。

重たい荷物を持って階段を昇降し、
「これが私の筋トレの時間や」と思って暮らしている。

でも、1カ月後には、
電子書籍を読めるようになろう!
5年後にはIPadを使いこなせるようになろう!
5

2017/12/28

空研塾生駒道場 -3- 30代の男性来場  スポーツ・武術

12/24(日) クシャミ・鼻水(+)
施術の前に風邪薬を内服し、サッサと施術を続け、
施術を終えると13時ちょっと前。

すぐに簡単な昼食を摂り、
着替えている途中にピンポーン

塾長が若い男性を連れて来られた。

2日前に、私以外に誰も空手には来られなさそうと
メールしておいたところ、
前日、塾長から
「道場生を連れていきます」とのメールがあった。

どんな人が来てくれるのかと
ソワソワしていたところ、
何と(@o@)男前の30代前半の看護師

大阪市内の大病院の
手術室・救急救命室で働いているという。
しかも、私と同じ色帯。

淀川中学で息子と一緒に
塾長に習い始めて、まだ半年余りだが、

子どもの頃からも空手をしていたとのことで
とても動きが良くて上手い。

いかにも男性看護師らしく、とても優しく
私の受け崩しに、上手にコロコロと
転がってくれること、数十回?

蹴りを手で払い、
足で相手の足を払う新技も教えてもらい
それも20回くらい、彼は私に足を払われ、

小型のミットで私の突きや肘打ちを
受けること100回くらい?

クリックすると元のサイズで表示します

回旋を加えた下段回し蹴りや
中段膝蹴りなど、
私がヘトヘトになるまで受けてくれて

その後、彼はミットを持った塾長に
ミットで攻撃され\(◎o◎)/!
いや〜、すごい。

最初の準備体操と、
基本の蹴り練習くらいまでは
夫も参加していたのだが、
ミットとなると、
目が悪くて距離感をつかめない夫はリタイア。
その後は最後まで、楽しげに見学していた。

カメラを横に置いていたのに、
すっかり忘れて稽古に没頭していたため、
1枚も撮影することなく稽古は終了。
9/10以来、3か月ぶりの塾長の空手は
ハードだったが、楽しかった〜。

その後、夫といつもの音の花温泉に。
あれだけ肘内をして、すぐ後に温泉に入ったら
どれだけ酷い筋肉痛になることか…。

翌朝さっそく筋肉痛が始まったが
翌々日になっても、
今年の1/8に初めて肘打ち稽古をした後ほどは
酷い筋肉痛にはならなかった。

あの時は呼吸も辛いくらいの筋肉痛が
1週間ほど続いた。

しかし翌日、京都で肘を見てビックリ、
右肘にひどい内出血斑。

クリックすると元のサイズで表示します

これは翌々日の26(火)に撮ったもの。
ずいぶん色褪せて薄くなったが
まだクッキリ ⇒クリックすると元のサイズで表示します
表皮も剥けている。

筋肉痛も酷くはないがまだまだ続きそう。

最も酷い右の三角筋の外側に触れてみると
硬い! 太い!
細腕の私の腕とは信じられない(@o@)
4

2017/12/27

赤ちゃん発達応援プレセミナー  トコ企画セミナー

12/16(土).17(日)の両日、京都トコ会館で
赤ちゃん発達応援プレセミナーを開催。

これは今年の4/1(土).2(日)の
トコ企画のベビー関連講師会議で
赤ちゃん発達応援セミナーを
1日から2日に、
受講料も5万(1日目…3万、2日目…2万)円+税と、
変更することに決まった。

それに伴い、開催したプレセミナーで
今回は、受講料は半額。

講師は小林いづみ助産師
アシスタントは原田美佐子助産師で進行。

1日目の受講者は6名(うちトコ企画講師2名)
2日目の受講者は8名(うちトコ企画講師3名)

両日受講した1人は、
運動発達遅延のお子さんを持つ一般の母親で
それ以外の受講者は、
総合ベーシックセミナー修了以上の
助産師という面々だった。

病院で働いている人も地域で働いている人も、
気になるお母さん達の様子は。
          ↓
クリックすると元のサイズで表示します

それに対して何もできない、しないのでは、
プロの医療者と言えるのかといつも私は思う。

私は両日参加することなく、
京都・生駒で施術。

私は、アンケートと小林・原田両姉のコラムを読み、
その様子を知ったくらいだが、
2日間になったことで、じっくりと実習ができ

クリックすると元のサイズで表示します

とにかく楽しいセミナーだったようだ。

クリックすると元のサイズで表示します

 コラムは12/27(水)配信済み。
 年明けにはこちらから読めるようになる予定。

小林講師のメールでは、
「一般ママの参加も増えると嬉しい限りです」と。

発達遅延・発達につまづきを持つお子さんや
まだ診断名が確定していなくても
発達が気になるお子さんを
育てておられる方は、
ぜひ、ご参加いただきたいと思う。

クリックすると元のサイズで表示します

この方に限らず、
同じような理学療法を受けている
お子さんを私も診て来た。

「病院の玄関をくぐっただけで泣く」と
お母さんは仰っていたが、
私のサロンで天使の寝床に横たわると
いつも即座にニッコリとほほ笑む。
5

2017/12/27

風邪薬を8日間連続内服  その他つれづれ

12/18(月)は青葉定例会議
5分遅刻で到着し、マスクを1枚もらい、
総合感冒薬ももらって内服。
すくにクシャミ・鼻水は止まった。

会議が終わった後は昼食
その後、
「トコちゃんのマタニティ&ベビーケア ハンドブック」
『〜赤ちゃん発達応援〜まるまる育児バイブル』2刷の
打ち合わせをし、
生駒駅前の薬屋さんで
風邪薬2種類を購入し帰宅。

クリックすると元のサイズで表示します

会議の前に内服したのとよく似たのと
これまでに内服したことのある改源

数年前に葛根湯を内服したことがあるが
私には何の効果も感じられなかった。

それで、クシャミ・鼻水を抑えてくれる改源と
それとよく似た成分と効能で
包装が丈夫で使用期限の長い 新ジギニンを選んだ。

風邪薬を内服して症状を抑えて
治った気分で働いていては
風邪そのものは良くならないことは
重々分っている。

しかし、内服して楽に働ける快適さは
何にも代えがたいほどありがたい。

19(火)は京都での総合カイロプラクティックセミナー7
朝、携帯すべき風邪薬を準備していたのに、
何と忘れて来た!

風邪薬なしにセミナーができるとは思えず、
京都駅内の薬店に入って見渡すと、高い!
生駒のお店とは全然値段が違う!
テナント料の差(@o@)

クリックすると元のサイズで表示します

それから毎朝晩、どれかを内服し続け、
やっと内服せずに働けると思ったのは
12/26(火)の朝だった。

何と8日間、朝晩内服し続けた。
これまでの私の人生では
経験したことがない。

ブログを振り返ると、
2014年1月19日の晩〜23日、声がほとんど出ず、
京都国際交流会館での
メンテ“力”upセミナーは大変だったことが分かる。

このときの症状はきつかったが、
ブログは書いているし、
風邪薬は飲まなかったと記憶している。
葛根湯・改源くらいは少しくらい飲んだかな?

3年11か月ぶりの風邪。
ブログも書けないほどではなかったとは思うのだが、
ずーと書けなかった。

書かないと全て忘れてしまうので、
まとめて書こう。
4

2017/12/26

今年最後のセミナー  トコ・カイロ学院セミナー

12/26(火)は今年最後のセミナー
総合カイロプラクティックセミナー8課程(助産力)

3分間スピーチから始まり、
骨盤の診察⇒体操用マイピーロを使って骨盤調整⇒診察

クリックすると元のサイズで表示します

前日に生駒からソシンロウバイの枝を運び
千両・万両と共に如来さんにお供えしたのを撮影。

クリックすると元のサイズで表示します

二色の千両は、如来さんの前に植えて正解。
良く育ち、いっぱい実をつけてくれるので有難い。

クリックすると元のサイズで表示します

5本植えた万両も皆良く育ち、実がたわわになっている。

如来さんに備えた万両は、育ちすぎて
姿勢を維持できなくなった1本の先端を切ったもの。

これは、最も育ちが悪い木だが、それでも大したもの。
     ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                             ↑
         紅葉したカエデもお供えしようかと思ったが、
         その必要はなく、ツワブキの花ももう名残。

昼食はいつものように配達弁当ではなく、
近くの喜楽の昼定食を食べに行くことにした。

理由は、前回の配達弁当があまりにもひどく、
その店以外に、手頃な価格で美味しい弁当がなく
今年最後のセミナーでもあるので。。。
           
ブリ大根定食と海鮮丼の二手に上手く分かれ、
待ち時間も短く、とても美味しく頂けた。
           ↓
クリックすると元のサイズで表示します

昨晩のイタ飯より、私はこのほうがいい。
心底ホッコリする。有難い〜。

午後もしっかり診察と施術の練習。

クリックすると元のサイズで表示します

良好な妊娠経過と安産のためには
骨盤・頸椎をはじめ全身のバランスが良く
しっかりしていないことには、
子宮も胎児も守れない。

こんな当たり前のことを
学生時代も働いてからも
教えられることもまずない。

分娩を取り扱うすべての医療者が
妊産婦の全身を診察し
ケアできるようになるべきである。

それが実現した時に、
お産に関するパラダイムシフトが完了したといえよう。

それまで生きていたいものだ。
生きていなければと思う。
5

2017/12/25

忘年会はイタ飯  グルメ(外食・中食)

12/25(月)は京都施術。
まだクシャミ・鼻水(+)で改源を内服して仕事。

午前中はそこそこ忙しかったが、
午後はさすがに年末、早めに終わった。

自室に籠り、今年最終号のメンテ“力”up通信の
コラムを整理し校正に回し…、
そんなことをしているうちに忘年会の時間となった。

皆でタクシーに乗り、
住み慣れた聖護院に。

今年も博樹推薦の店
イタリアのプーリア州の料理
オステリア コナチネッタ

私はイタリア料理とは相性が悪く、
何十年も前だが、
2回食べて2回ともかなりひどい食あたりとなった。

生ものを食べまいと覚悟して入店
お酒はほとんどがワインでウィスキーも無し。

私以外の大人はワインを注文したが、
ワインを飲むと必ず頭痛に襲われる私は
子どたちと同じくジンジャーエール。

真っ先に出て来た硬いドーナツ状の小さなパンをかじり、
    ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                          ↑
                        赤米のサラダ
     硬めの食パンのようなパンと共に                  
        次々に4人前一皿の前菜

      生ハム          ぶつ切りウナギのマリネ
       ↓                  ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

           鱈と西洋アザミの揚げ物
                  ↓
クリックすると元のサイズで表示します

     巻いた肉        小さく巻かれたパスタのスープ
       ↓                  ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

どこまでが前菜だったのか分らなくなったが。。。
これはなんだったか? ミートボールみたいなものだったような。。。
                ↓
  クリックすると元のサイズで表示します

        ローストビーフ(?)とポテト
                 ↓
クリックすると元のサイズで表示します

   たくさんパンを食べたのにデザートもパンに近いケーキ
   アイスクリームはうっかり撮影前に食べてしまった。
                ↓
クリックすると元のサイズで表示します

          飲みものは紅茶かエスプレッソ。
うーん、カフェインの入っていない物を飲みたい時間なのに。。。

クリックすると元のサイズで表示します

       最後にさらにいろんなパン(@o@)
               ↓
クリックすると元のサイズで表示します

いつも以上に炭水化物を食べたのに、
果物なら食べられるが。。。

これ以上、パンは一口も食べられず。
私の分は持ち帰りたい人に持ち帰ってもらった。

私以外は、ワインやパンも楽しんでいたが、
私は…、食あたりしそうな料理が
出て来なかったことだけでも良しとしよう。

料理自体は美味しく、
丁寧に調理されていると感じた。
グルメな長男もこのお店はお気に入りだそうだ。

好きな人は好きなんだろうな〜と思いつつも
お手拭きもテーブル布巾も
「欲しい」と言っても出してくれず、
テーブルの上にこぼれたものはそのまま。。。
安い店ではないのに…もう少し考えてほしい。
それが私の率直な感想だった。

ともかく、大過なくスタッフ一同、
病気や大きなケガをすることなく
1年を過ごせて、良い年だった。
1

2017/12/23

やっぱりすごい、山崎先生  整体・カイロプラクティック

12/23(土)は京都トコ会館で、
山崎先生を講師に迎えて
保険更新研修会 兼 技術練習トコメイト2セミナー

11時頃、1人の女性に
山崎先生の施術を受けに来てもらった。

左の後頭骨と第1頸椎が密着していて
私が名古屋サロンで、
何度トライしても全く改善しない女性。

夫さんの海外転勤で、
彼女も「外国に行かないといけないことになる」
とのことなので、名古屋から京都まで来てもらった。

ダウンベッドでないと動かないかと思ったが、
山崎先生は、ごく普通に施術に成功。

その途端、
「あーっ全身に血液が流れていくのが
分かる。あったかい〜(^0^)」と。

白っぽかった顔は、とたんにピンクに変色、

私もずいぶん上手くなって、
山崎先生にずいぶん近づいたと思っていたのだが、
うーん、やっぱり山崎先生はすごい。

クリックすると元のサイズで表示します
                    ↑
      山崎先生に癒しケアをしてもらう受講者も。

年末休みにはまだ早く、しかも、
和歌山の助産師が急用で参加できず、
少人数セミナーとなったが、

美味しい幕の内弁当を近所の
「山の」さんから配達してもらい

久々に本格的京料理の味を堪能し、

クリックすると元のサイズで表示します

美味しい梨も頂き、快適な昼忘年会となった。
2

2017/12/21

書く練習もしないと…。トコヨガ養成講座@名古屋  トコ・カイロ学院セミナー

12/20(水)は名古屋施術
翌、21(木)は名古屋での
トコヨガ養成講座の最終日

受講者は7名、
12/12(火)の仙台と同様に進行することになり、

まずは、提出されたレポートに
目を通すと…、何かヘン。

クリックすると元のサイズで表示します

仙台の受講者のレポートのような
まとまりがなく、長ったらしく、感情先行。

私が病医院の師長で
部下からこれらの企画書を受け取ったら
「よっしゃ、やってみ〜」とは言えない。

実技指導は全員上手かったが、
レポートは全員再提出とした。

せっかくここまで書いたのだから、
完成度をもう少しでも
上げることまでやってほしいと思ったから。

看護師・助産師は話すことの
教育や訓練を受けていないので、
トコベルアドバイザー養成セミナーで
人前で講義する練習をしているのだが、
企画書・原稿・広告ビラなど作成する練習も
どこかでしないといけないと、
真剣に思った。
2

2017/12/18

乾布摩擦をサボると風邪をひく  体作り・健康増進

12/14(木)の夜、空手の兄弟子M氏から
「風邪をひいたので(土)と(日)の
空手の稽古をお休みさせてください」
との知らせが入った。

そのとき、私は元気だったが
「私の咽もちょっと痛いかな?」と思ったが、
これくらいよくあることなので、
「1晩寝れば治ると」思っていた。

ところが、15(金)の朝になると
良くなるどころか喉の痛みは悪化していた。
でも、大したことはなかった。

新幹線で名古屋に着くとホームには、
重大インシデント起こしたのぞみ号が
停車したままになっている。

台車に亀裂が入ったままの状態で
「博多から名古屋まで、よう走ったわ〜」と
新幹線にも安心して乗れない気分になってしまう。

咽と頭が少し痛むものの、
まだ撮影する余裕は十分にあり、

クリックすると元のサイズで表示します

名古屋での施術は難なくできた。
しかし、
施術を終えると京都に移動する元気が出ず、
翌朝早くに移動することにした。

16(土)の朝の空手は、
いつもは得意な回転移動稽古時、
頭がクラ〜っとして、うまく回れなかった。

でも、それ以外は大丈夫で、
その後の施術もできたが、
それから症状はさらに悪化してしまった。

12/17(日)の生駒施術はかなりしんどかったが、
マスクを着けて、8人の施術をちゃんとできた。

しかし、無理だと思った塾長の空手は
前の晩に休むとメールしておいて正解。

施術後、こんこんと4時間ほど眠り、
少し楽になり、PCに向う気にもなれた。

風邪をひかないように私が続けているのは
ウガイではなく、乾布摩擦。

乾布摩擦は裸でする必要はないと思う。
就寝・起床時の着替え時に、
Tシャツなどの上から、タオルマフラーなどで
しっかり上肢・胴体を動かせば
風邪でしんどい思いをすることはない。

少なくとも数年はそれで
風邪でしんどい思いをせずに済んだ、
風邪気味になっても半日で治ったのに…(:へ;

ところが今回は、
寒さにかまけて乾布摩擦をサポったことと
仙台で寒い思いをしたことや、
風邪の誘因になった気がする。

久々の風邪はしんどい。
免疫力の低下? 早く治りた〜い。
4

2017/12/17

空手 -41回目 - と、インドのカラリ  スポーツ・武術

12/16(土)の空手には、男性の生徒も孫達も来ず、
私と佐藤さんの2人と、

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

(土)(日)の2日間で行う赤ちゃん発達応援セミナーの
プレセミナーの講師、小林・原田さんが体験参加。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

40代半ば、50代前半と後半、60代後半の、
中高年女性ばかりで、先生はミット持ちばかり。

これでは先生のストレス発散にも、
稽古にもならず、少しばかり気の毒。

でも、風邪気味の私や小林さんには、
程好い稽古となった。

私が空手をしている第1の目的は、
施術をするための筋力と身体操作能力を
保持したいこと。

あわよくば、伸ばしたいと思っている。
そんなことを考えながら日々の施術をしている。

そんな12/14(木)の高輪施術を終えたときだった。
早く終わったのでテレビをつけると、
インドの護身術、カラリを紹介していた。

インドでは女性への性的嫌がらせや暴力が多く
しかも、取り締まり体制がなく、野放し状態。

クリックすると元のサイズで表示します

女性は自分で身を守るしかないので、
近年、インドの護身術カラリを学ぶ
女性が増えて来ていると。

カラリの指導者の1人、ミーナクシさん。

クリックすると元のサイズで表示します

76歳の女性でありながら、
若い男性と今でも対等に闘えるという(@o@)

その場面を撮影しそびれて残念_| ̄|○。

クリックすると元のサイズで表示します

ニキラさんは学校の教師。

クリックすると元のサイズで表示します

カラリを習い始めて以来、
男性に対して委縮することなく、
堂々と悪いことを注意できるようになり、
生徒にも、身を守り、
堂々と生きることの大切さを
伝えられるようになったと。

私も夜道や電車のホームを歩くのも
あまり怖くなくなった。
施術も上手くなった。

幼児や小学生の受け身の可否を見るのも上手くなり、
子ども達は「もっとやって〜」と嬉々とし可愛い。

私はミーナクシさんのように、
立派な体格ではないので、
男性と対等に闘うとこはできないが、
女性や子ども達に空手の楽しさを伝えていきたいと思う。
76歳…、その歳まで続けられるかな?
4

2017/12/13

まるまる育児アドバイザー養成セミナー@高輪  トコ・カイロ学院セミナー

12/13(水)は、高輪サロンで
まるまる育児アドバイザー養成セミナー

来年からこのセミナーの
受講資格が厳しくなることもあり、
定員ぴったりの12名
 (助産師 8,鍼灸師 2,整体師 1, 保育士 1)が受講

クリックすると元のサイズで表示します

アシスタントは助産師の小林いづみさんで、
実習をびっしり指導してくれた。

胴体のインナーマッスルが強く、
肘が捻じれていない私と、
        ↓
クリックすると元のサイズで表示します
                ↑
肘が捻じれ、
胴体のインナーマッスルが弱い現代人とでは、
赤ちゃんの扱い方が全く違う。

クリックすると元のサイズで表示します

私は、赤ちゃんを抱き上げるのも、
抱き下ろすのも、
2人とも楽な姿勢を保ったまま、
サラーッと一瞬のうちにしてしまう。

「ゆっくくりして見せてもらわないと、
分からない」と言われても、
何が分らないのか?
なぜできないのか? 私には分らない。

スローモーションで見せても
「できない」と言う。
もしくは、できていないことにすら気づいていない。

要は、私が実技指導しても役に立たないのである。
なので、現代人に近い体の
小林さんなどから実技指導をしてもらうと
受講生は何とか上手くできるようになる。

クリックすると元のサイズで表示します

実技試験で怪しかった人達は
筆記試験でも不合格となり、
合格…7/12 不合格…5/12

ふぅ、赤ちゃんを丁寧に
優しく扱うのを、教えるのは難しい。

肘を捻じれさせないようにするにも
胴体のインナーマッスルを強化するのも
一朝一夕ではではない。

私は子どもの頃からの
畑や庭の草むしり、雪かき
高校時代の弓道、看護学生時代のバトン
育児・整体の仕事などで
体が作られてきたのだと思う。

が、現代人は、意識的に何年もかけて
このようなな体操を続けないことには、
育児も仕事も上手くできる体にはならない。

クリックすると元のサイズで表示します

こちらも参考にしてください。
2

2017/12/12

寒波の中、仙台トコヨガに  トコ・カイロ学院セミナー

12/1(火)は寒波襲来で東北は大荒れとの予報の中
仙台でのトコヨガインストラクター養成講座最終日

新幹線の中でわき目も振らず、
締切が迫っている仕事をしていると
郡山に着いた時には大きな牡丹雪がボタボタ。
           ↓
クリックすると元のサイズで表示します

白石蔵王を過ぎるとさらに雪は深くなったが、

クリックすると元のサイズで表示します

しばらくするとお日様が透けて見えるようになり、

クリックすると元のサイズで表示します

雪が積もっていない田が見えるようになったかと思うと

クリックすると元のサイズで表示します

また雪景色、不思議と思っているうちに仙台に近づき

クリックすると元のサイズで表示します

仙台は全く降っていない。
寒さも覚悟していたほどではなく、ほっ。

クリックすると元のサイズで表示します

開講6分前から修了レポートに目を通すと、
全員、よくまとまっている。
長すぎず、重複もなく、分りやすい。

仙台の受講者は、喋るのも書くのも
これまでのダントツトップ、上手い。

吉川元子先生の指導力向上ともいえよう。

ということで、私が話す必要もほとんどなく、
すぐに実技試験の練習が始まった。

クリックすると元のサイズで表示します

結果、レポートも実技も全員合格。記念撮影。

クリックすると元のサイズで表示します

体操用マイピーロを使った
頸椎・骨盤の調整法を駆使しながら数人を施術。

来年のベーシックセミナーの会場も徐々に確保でき
次の学びへの準備が着々と進み、
盛り上がっている東北。素晴らしい!

18時になると
光のページェントが始まり、会場からパチリ。

クリックすると元のサイズで表示します

   外に出ると、定禅寺通りは光一色。

  クリックすると元のサイズで表示します

仙台で光のページェントに出会ったのは、
2012年に続き、これで2回目。

クリックすると元のサイズで表示します

仕事先でこのようなイベントに出会うことが多い。

寒波襲来で打ち上げ飲み会は中止となり
三々五々、家路を急いだ。
6

2017/12/9

これはきっと腰痛・安産に役立つ!  妊娠・出産

12/6(水)、福岡での総合ベーシックセミナー
第8課程(助産力研鑽)でのこと。

分娩が順調に進行しないときは、
洋式トイレに座ってモゾモゾ動くのが
とても有効。

しかし、あと2〜3回の陣痛で生まれそうな時に
現代の産婦は足腰が弱くて、
とうてい、その場から動けない。

20年くらい前までは、
ほとんど産婦は動けのだが…。

ということで、私は何年も前から
「場所を移動せずに、
そのまま分娩できるような
便利な品を開発したい」と考えていた。

12/6のセミナーで、
このように話している最中、
ハッと気づいた。

目の前にあった体操用マイピーロ!

「これはきっと安産に役立つ!」と直感
今ごろになって気づくとは…何というアホ(+_+)

 これを、このように丸く結んで
        ↓
  クリックすると元のサイズで表示します

この丸の中に仙骨を収めて、
モゾモゾしてもらうか、
脚を持ってクルクルすればいいのでは?

その時の受講生同士でやってみたところ、
「気持ちいい」「腰が楽になった」と言う。

この日は写真を撮りそびれたのだが、
これを京都でのメンテ"力"upセミナーで
やってみようと思った。

2日目の方が時間的に余裕があるので、
12/9(土)の昼食後の休み時間に実施。

まずは、腰仙部〜背部を痛がっている
馴染みの復習受講者を仰臥位で寝かせ
私が彼女の脚を持ってクルクルしてみた。

動きにくかった脚がどんどん動きやすくなり、
2分ほどで終了
立ったとたん「痛くない!」と。

すぐにペアで実習し、
それを見学していた受講生から順に、
全員、ペアで実習。

クリックすると元のサイズで表示します

痛い回し方ではなく、
楽で気持ち良いと感じられるように
回せばいいだけなので超簡単。

クリックすると元のサイズで表示します

なのに腰が楽になる。
「これならきっと、分娩時にやっても
痛みを逃し、安産誘導に奏功する」と確信した。

実際の分娩時はカバーは外し
両端を結んで丸くし、
防水シーツの下に敷けば、
羊水や血液で汚染することもない。

やってみてどうだったかを
トコ企画にメールするよう伝えて
午後の部に移った。
11



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ