最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2018/3/2

子どものロコモ予防は胎児期から  赤ちゃん・子ども

3/1(木)、2(金)は、高輪施術
“春の嵐”にも負けずキャンセル ゼロ!

平日なので週末よりは施術予約数は少なく
ゆったりしているが、
その分、初来室者が多く、刺激的。

福島県から来られた
産後6か月の脊柱側弯のお母さんと、
「体が硬く、泣いて寝ない」という赤ちゃん。

ずり這いせず、膝這いもちょっとしただけで
つかまり立ちから、伝い歩きをした、
柔軟性のない体の赤ちゃん。

腰痛・股関節痛・肩こりの助産師など
いろいろな方が来られ、働きがい十二分。

最も大変だったのは、
もう何回か来られている産後2年の母子。

お母さんは強い脊柱側弯で、
お子さんは先天性心疾患もあり、まだ歩けない。

でも、初来室時と比べると、
ずいぶん健常児に近づいてきた。

このように、

母…脊柱側弯(軽度の第3腰椎のネジレも含めて)

児…先天性心疾患(or 腎疾患)


の組み合わせが実に多い。

母体の脊柱の捻じれ⇒胴体の捻じれ
 ⇒子宮の捻じれ⇒胎児の胴体の捻じれ
  ⇒内臓を育てる神経の機能低下⇒先天性内臓疾患


となるのだと、10年あまり前から、
私は推測していたのだが、

この本を読んだとき「やはり!」と確信した。

クリックすると元のサイズで表示します

この本は、心臓外科医 浜田先生が、
多くの心臓病の患者さんを診て、

背骨の捻じれが、すべての病気の源

と、たどり着いた「ネジレ学的考察!」である。

医学書的内容がユーモラスに書かれているので読みやすい。

ここに書いたように、
1年半ほど前から、メンテ“力”upセミナーで
受講生の脊柱側弯検査をしているのだが、

軽度の脊柱側弯を含めると
検査した人の2〜5割に見られる。

しかも、出産適齢期の若い人に多い。

心疾患とまではならなくても、
不正軸進入・回旋異常などで難産⇒帝王切開

児の体はねじれて生まれて来る。
体は硬く、反り返り、泣きやまない。

お乳を上手く飲めず、言葉は遅く、
身体機能の発達も悪く、精神的に落ち着かない…

そうならないよう、私としては、
妊娠前からの体作りに励んでほしいのだが、

遅くとも妊娠したらすぐに
骨盤ケアの三原則に沿って

クリックすると元のサイズで表示します

体作りに励んでほしい。
そうでないと、
自分の体の痛みや不調のみならず、
子どもを丈夫な体に産んであげることも難しい。

数年前から子どものコロモティブシンドローム(症候群)
問題視されるようになり、
小学校でも少しずつ取り組みがなされてはいるが、

はたして、下のどの順に、ロコモになりにくい?

1.胎児期から良い姿勢を保てるようケアしてもらった子
2.新生児期から     〃      〃
3.幼児期に姿勢・運動機能の異変に気づかれ、ケアしてもらった子
4.小学校に入学してから    〃        〃

妊娠期から“骨盤ケア”新生児期から“まるまる育児”に
取り組まれた人なら、1.2.3.4と即答されることでしょう。

(有)青葉では、以下のビラを作成。
こちら
からPDFでくっきり見らるので、ぜひご参考に!

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
10
タグ: 姿勢 子ども ロコモ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ