最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2018/3/27

号泣する母  赤ちゃん・子ども

3/27(火)は京都施術。

トコ会館の裏庭にはまだ花は咲いていなくて
大日如来さんにもお花を供えられず千両の葉だけ。

いつもきれいなのは、2014/7/31の内覧会の日に頂いた造花。

 クリックすると元のサイズで表示します

平日なのに京都にしては忙しく、
しかも最後は福井県から
2人のお子さんを連れて来られたお母さん。

助手の助産師が話を聞いている最中に号泣している。

お子さんの様子を見ると
とてもお利口さんで、お母さんが泣く理由が分からない。

なんでそんなに泣かくのかと施術後に尋ねると、

「上の子の頭がゆがんでしまったのは
 私が悪かったからだと思うと…、申し訳なくて…」と。

強いゆがみというほどのことではなく
私のクライアントでは、しばしば見かける程度。

なのに、それくらいで号泣し、頭の形をきれいにする
ヘルメットを作ろうかと考えている母もあれば

私の目が点になるくらい強い頭のゆがみや
反り返り・脊柱側弯があっても
しら〜っとしている母もある。

心の中では泣いているのかもしれないが。。。

ともあれ、私はひたすらゆがみを探し
調整し、セルフケア法を教える。

成長発達のいい、丈夫な賢い子に育った姿に
出会う時が、私が最も嬉しい時である。
9



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ