最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2018/12/2

第10回トコ助産院研修会(RDM ワクチン)  トコ助産院セミナー

3/21(木・祝) 第10回トコ助産院研修会のお知らせです。

クリックすると元のサイズで表示します

横地真樹先生をお迎えして、
13:00〜16:30
ワクチン講座を開きます。

こんなにたくさんのワクチン接種を、
絶対に受けないといけないの?

副作用の心配はないの?
打たなかったらどうなるの?

そんな疑問を持つ親御さんって多いですよね?

また、絶対に勧めないといけないものなのかと、
悩んでいる医療者なども多いのではないでしょうか?

そんな悩みをスッキリさせたく、
ワクチン講座の人気講師、小児科医の
横地真樹先生をお招きします。
ぜひ一緒に学びましょう!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

横地先生のご挨拶

ワクチンは強制接種ではなく、
選んで打ってよいものです。

ワクチンに対する考え方も人それぞれで、
生まれて間もない我が子に多くのワクチンを
接種することに違和感を覚えるお母さん達もいます。

私の講座が、
「どう考えどう選ぶのか?」
「自分の人生においてどう生かしていくのか?」
を考えるきっかけとなれば幸甚です。

ご希望の方にはワクチン方針証明
(別途2,000円+税)を発行いたします。
(ご家族何人分でも可。お腹にいるお子様分も可)。

ワクチン方針証書とは

「ワクチンに関して勉強し、現時点では接種しないと判断しました」
という意思表示のためのものです。
母子手帳の予防接種欄に張るなどして、
ご利用いただけます。
講座終了後でも発行可能です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

なお、午前中は
渡部博樹による
RDM(発達やり直し体操)です。

クリックすると元のサイズで表示します

申し込みに関してなどは
もうしばらくお持ち願います。
近々アップします。
6

2018/12/2

メンテ“力”upセミナー@熊本県助産師会館  トコ企画セミナー

12/1(土).2(日)は、熊本県助産師会館での
メンテ“力”upセミナー。

師走と思えぬ暖かさで、
動いていると汗ばむくらいだが、

自然の木・壁・畳に囲まれ、
優しい空気がゆったりと流れる年季の入った
伝統的日本建築は心がなごむ。

クリックすると元のサイズで表示します

会場に入れるのは32人くらいだろうと、
定員を32としたところ、
定員いっぱいの受講があり盛会となった。

クリックすると元のサイズで表示します

これまでほとんど骨盤ケアを取り組んでこなかった
大病院からの受講者も多く、ありがたい。

たくさんの人たちに声をかけ、
事務局を担当して下った林田直子さんをはじめ、
                   ↓
クリックすると元のサイズで表示します
          ↑
両日アシストして下さった和田さん、

お友達を誘って復習受講して下さった
多くの皆さんのおかげで
質問も多く、充実したセミナーができた。

受講生の中に、医療資格を持たない女性、
Nさんの姿があった。

受講理由を尋ねると、
「お母さん達に骨盤ケアや“まるまる育児”
を広げていきたくて」と。

静かに語るNさんの表情は、
強い意志にあふれていて、ドキリ!

助産師も看護師も保育士も
全国的に不足が叫ばれ、
骨盤ケアで開業したり地域で活動する助産師も足りない。

となると、
骨盤ケア・“まるまる育児”を広めるには
医療関係者のみならず
Nさんや、江尻片山上利高橋さんのような
志の高い女性に大いに頑張ってもらわないことには
どうしようもないと思う。
7



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ