最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2018/12/13

不器用だった子が器用になった  赤ちゃん・子ども

12/12の記事「名古屋サロンでの教室」の講師、
山中彩先生からメールが来ました。

・・・・・・
緊張しましたー!!!
人がいっぱいでなかなか大変でしたが、
赤ちゃん3人がいい具合に見本になってくれたので、
助けられました^_^

伝えたいことがいっぱいで、
時間内におさめるのが難しいですが、
これはたぶん、今までもこれからも、
私自身の課題なので、
試行錯誤しながら頑張ります!
・・・・・・・・・・・・

“助産師として働くことが楽しくてたまらない”

そんな彼女の気持ちが
真っ直ぐに伝わって来ますね〜。

山中先生は、実は…、
ゆがみだらけの体で育った人で、
幼い頃は
「食器を落としたりこぼしたりしてばかりだった」とか。

働き始めてからは、何度もうつ病になり、
波乱万丈の人生を歩んできたそうです。

なのに、とても器用で、
仕事をきれいに素早くできるのです。

なぜ、そうなったのでしょう?

そんな彼女を救ったのは
「巫女の舞と骨盤ケア」だったとか!

彼女は4歳のときから5年間、
巫女の役を任され、クリックすると元のサイズで表示します

2本の扇子を横8の字に高速で回す舞を舞うため
夏休みには毎日100回ずつ練習をしていたとのこと!

その後、習字もイラストも上手くなったそうです。

彼女のこんな生い立ちは
このコラムに書かれています。

「器用になりたい」「我が子を器用に育てたい」
と思われる皆さん、ぜひお読みください。

このコラムを書いたときは
まだ妊娠する前で、クリニックに勤務していましたが、
今は1児の母で、助産院を開いています。

山中さんの陽なた助産院のホームページも
ぜひ、ご覧ください。
6



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ