最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2019/2/5

休日はあっという間に  グルメ(自宅)

2月上旬は20年来ないくらい休日が多いのに
「ひま〜っ。退屈〜っ」という日は1日もない。

2/5(火)は何も予定がないが、
早めに届いたメンテ“力”up通信のコラムを添削。

5,000字を超える超大作で、見出しをつけたり、
分かりにくいところに文字を足していたら、
6,000字オーバー(@o@)

それをまた、削って削って削りまくり
5,000字以内に収めるよう頑張っていたら
夕食の支度の時間になった。

階段を下りることも、
ベンダに出ることもない1日だったが、
家にある材料を使って3品作った。

牡蠣と菜花入りシチュー↓

クリックすると元のサイズで表示します

ニンニク醤油漬け焼き鶏と、キャベツとエノキの炒め物↑

夫が買って来たが使わない厚削りカツオと玉ねぎの煮物
       ↓
クリックすると元のサイズで表示します

イワシの煮干しを「出汁」として使うのではなく
食べる材料として使うのを、テレビで知って
やってみたところ、とても美味しかった。

それなら、このカツオも
食べる材料として使っちゃえ…ということに。

スライスした牛蒡と一緒に炊いたところ
これまた、とても美味しかった。

それで、今度は玉ネギと一緒に炊き
七味を振って美味しく頂いたというわけ。

家事をしながらの1日は、
ほんまに、あっという間に過ぎる。

これは、10日ほど前に長男からもらったサワラの燻製

クリックすると元のサイズで表示します

ときおり、こんな自家製燻製などを
おすそ分けしてくれるのでありがたい。

商売人でもないのに
ソーセージ・燻製作りの一式から、
真空パック機まで持っているなんて、

「誰の血や?」と聞かれることがあるが
私の血筋以外にはあり得ない。

太鼓をたたくのが好きで、
手先が器用で、料理上手。
私の父親と実によく似ている。

料理ができるのは得。
父は戦争中、料理兵として働き
前線で戦うことはなかったらしい。

満州では味見のおかげで
栄養失調にもならず、
シベリア抑留後も何とか生き延び、
生還したそうだ。
8



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ