最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2019/4/2

令和 想いは梅に  その他つれづれ

4/1(月)は朝からテレビは新元号発表一色。

私は元号は基本的に使わないので、
使用を強制されるのはイヤ。

何よりも計算が苦手で、
年の計算できなくなるし。

元号は「ある方がいい」と思う人の方が
「なくてもいい」と思う人より多いことはわかる。

好きだと思う人も多いことはわかるので、
元号があることには反対はしない。

新元号が決められるのなら、
「きれいな響きと意味を伴うものがいいな〜」
と思っていた。

なので、令和 と発表された時は

まさかの「ら行」「R」と思ったが、
すぐに、「これはいい感じ」と思った。

初春令月 気淑風和

日本の万葉集を典拠としているとのことで、
全く理解できないのは悲しく、
正しく理解できるようにと書いてみた。

これは、梅を愛でる宴会で詠まれた
32首梅の和歌
 (万葉仮名で書かれているので、漢字に意味はない)

その冒頭に置かれているのが
漢文で書かれている「序文」
 (漢文なので、漢字には意味を伴う。

新春令月 気淑風和
梅披鏡前之粉、蘭薫珮後之香

日本語読みだと

新春の令月にして、
気淑く風和らぎ
梅は鏡前の粉を披き、
蘭は珮後の香を薫らす
意味は ⇒ クリックすると元のサイズで表示します

その宴会が開かれたのは730年
主催したのは、太宰府長官
       大伴旅人(おおとものたびと)

宴会が開かれた場所は、
今の福岡県太宰府市内の坂本八幡宮あたりらしい。

太宰府にとっては降ってわいた幸運。
市長は「市にとって大変光栄なこと」と。

市内には万葉集の歌碑もあり、
観光ルートを整備し
「令和ゆかりの地を訪れていただきたい」と。

大宰府と言えば有名なのが太宰府天満宮。
左遷が決まった菅原道真が

東風吹かば 匂いおこせよ梅の花 主なしとて春な忘れそ

と詠んだのが901年なので、
この宴会が開かれたのは、171年も前。

大宰府に観光に行って、
天満宮を訪れない人はいないだろうから、
この飛び梅も、たくさんの人に愛でてもらえそう。
            ↓
クリックすると元のサイズで表示します

私は2018/1/15に訪れたが、
昨年思った以上に、令和と発表されてからは

「飛び梅が咲いている時に、もう一度、行ってみたい」と、
 いっそう思うようになり

「大宰府政庁跡や坂本八幡宮にも行ってみたい」と、
 思うようになった。

「流石、庶民の心を動かしてくれる元号やね〜
 よう選んだもんや」と感心

すると
「なんで長年、中国の漢籍を典拠としたの…?」
との疑問が…。

すると、
平成までの元号は、
天皇が国を統治するための
理想を表したものであった。

それが書かれた書は日本にはないので
漢籍を典拠とするのがふさわしい。

今回初めて、主権者である国民の
願いを表わす元号となった。

それには、我が国の人々の歌をまとめた書、
万葉集を典拠とするのがふさわしい。

ということが徐々にわかってきた。

また、

磯田道史氏によると、
日本の元号使用には4つの段階があると

第1段階 中国に遠慮して独自の元号を持たなかった時代
第2段階 中国の制度の干支(えと)を使った時代
第3段階 大化〜平成 独自の元号を持ったが典拠は中国の時代
第4段階 令和〜 典拠が国書となった時代


こう見ると、文化的・精神的に、
やっと日本は中国から独立した?
主権在民の国家となった?

これから経済・軍事などの面で
中国に支配されることがありませんように・・・。
主権在民がないがしろにされませんように…。

ともあれ、梅が開花する頃は1年で一番うれしい時期。

「一番寒い季節が終わった〜、
 これからは暖かくなる!」と思うから。

なので、我が家にも梅が植えている。 これは2017年の写真
            ↓
クリックすると元のサイズで表示します
            ↑
“おしろいをつけている美しい女性”に
見えないこともない?!

お向かいさんには桜の大木があるが
我が家には植えていない。

桜を植えられるほどの広い庭もないし、
毛虫がつきやすいので植えたくもないし。
9



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ