最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2019/5/26

映画「ぼけますから、よろしくお願いします」  観劇・ライブ・映画など

5/25(土)の夕方に。神戸三宮のスペースわに
映画「ぼけますから、よろしくお願いします」の上映と
認知症サポーター養成講座があることを知り、
即、申し込んだ。

25(土)は京都施術で、
その後、福岡に移動なので
三宮は途中なのでちょうどよいから。

午後の施術はキャンセルもあり0となリ、ラッキー!

ゆっくり行けるとのんびり昼食を摂り
休んでいたところ、JRが大幅遅延!
慌てて阪急で、無事三宮に。

駅から出るのに少し迷ったが
生田神社の前を通り

クリックすると元のサイズで表示します

暑い中頑張って歩いて、無事に到着。

16:30からの認知症サポーター養成講座では
介護士さんの講義

知っていることが多かったが
良い接し方の映画などはよかった。

18:30〜上映会開会が始まる前に
スペース長のぬんさんと
     ↓
クリックすると元のサイズで表示します

  主催者のヨガ講師を撮影させてもらった。↑

彼女の挨拶では

「涙が止まらないくらい感動し、
 この上映会を企画した」と。

クリックすると元のサイズで表示します

映画は、監督さんのご両親が歳とともに
外観・動作・発語・感情などが
どんどん変わっていくのが
詳細に画像記録されていた。

これだけ長年にわたって
リアルに記録できているなんて
実に素晴らしいと思った。

上映が終わるとあちこちで、
すすり泣く声が聞こえ、
目頭を押さえる姿が見えた。

ところが私の率直な感想は
「こんな暮らし方をしていたらボケるやろな〜」

映画を見ている最中、
映像の隅々に目をやりながら、
「私だったらこうするのに…」と
チェックばかりしていた。

なので、涙が出そうな気配もなかった。

映画が終わってからの、
2〜3人で感想をシェアしあう場では、
私がほとんど喋りっぱなし。

言いたいこと、書きたいことは山のようにあるが、
トドのつまり、ボケることなく
100歳まで力強く生きる人間であり続けるには、

大脳皮質だけでなく、
大脳辺縁系をしっかり育てることが大切。

そのためには、

“胎児期・新生児期からの人育て”が肝要!

問題が起きてからの対策も大切だが、
それ以上に、問題が極力起きないよう、
国をあげて考え、対策をとるべきだと思った。

結局いつも考えていることに着地し、
私がしている仕事の大切さを、
いっそう確信する結果となった。

ちなみに私の老後の夢は、
96歳になった時に、新大阪まで運行予定のリニアに、
子や孫の介添えで乗車し、
新大阪⇔東京を往復することである。

周囲の乗客に迷惑をかけるほどは
ボケたくはないが、

「それくらいの孝行をせんヤツには遺産はやらん!」と、
堂々とワガママを言えるよう、
できるだけ長く働き続けようと、
ますます思わせてくれた映画だった。
10



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ