最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2019/7/3

ナスとニシンの炊いたん・山菜天麩羅  グルメ(外食・中食)

7/3(水)は生駒⇒京都トコ会館、
各種打ち合わせ作業などを済ませ、
昨年の10/30以来の。
こいまりやへ。

夫も東大阪から食べに来て
生駒に帰るという こいまりや好き。

この季節にここに来るには2つの理由がある。

1.生駒の庭で育ったウコギを
 天麩羅にしてもらって食べたい。

2.こいまりや周年イベントが開催されている

 今年は4周年。リピーターは、
 食前酒(純米大吟醸)と
 前菜盛合せをサービスしてもらえる。
           ↓
クリックすると元のサイズで表示します

長いもを包丁でそうめんのように細く切った長イモ ↑
“これぞプロの技”と感激の舌触りとお味。

グジ(アマダイ)と小芋の唐揚げ、
            ↓
クリックすると元のサイズで表示します

甘みのあるソースは
「白味噌ベースで野菜を加えたもの?」
と尋ねたら、

「新玉ねぎを3時間炒めて、ミキサーにかけ…」と
気が遠くなるほど手の込んだもの。

こんなのは絶対に自分では作れない。
食べに来た値打ちを実感できる一品。

タイと、ウニが乗ったマグロのトロの握り寿司

クリックすると元のサイズで表示します

塩が降られていているので、
しょうゆを着けずにそのまま食べる。

これも味わったことのない美味しさ。

刺身もいつもと同様、美味。
         ↓
クリックすると元のサイズで表示します

ハマグリ・キンメ・ゴマ豆腐の濃厚なおすまし
      ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

      ナスとニシンの炊いたん(炊き合わせ) ↑

「京大病院の病院食の煮物料理はとても美味しくて、
 ナスとニシンの炊き合わせが、最高やった」

としゃべっていた直後に出てきたので\(@@)/

一口食べて、
「正直言って…、京大病院の方が美味しかった」
と、正直に言って、店主を傷つけてしまった。

祇園で修業した調理人の作った料理が、
病院食以下といわれては、
そりゃ〜、ショックでしょう。

でも、嘘は言えない。

美味しくてきれいだった。
千人前ものあの炊き合わせは
どうしたら作れたのだろうか…?

私が副婦長の時に
食餌管理委員をしていたことがあった。

1か月に1度、昼食の検食会があり、
そのとき、私の大好物
ナスとニシンの炊いたんが出てきた。

しかし、その時に食べたのは、
学生時代から食べてきた味とは
微妙に違っていた。

とても残念で、納得できず、
悲しかったことを思い出した。

そのことを、アンケートの意見欄に
書いて提出したところ、
昨年まで担当していた人が、
「定年退職した」と知らされた。

味が変わったことを指摘されて、
かなりショックを受けた様子だった。

そんな思い出のある
ナスとニシンの炊いたん。

私が若い頃のあの味以上の
ナスとニシンの炊いたんは
どこの店でも食べたことがない。

もちろん自分でも作れない。

私の1学年上までは調理室見学実習があったのに
私の学年からはなくなり、行けなかった。

行きたかった〜。今も心残り。

なーんて回想にふけっているうちに、
待っていました! 山菜の天麩羅(^o^)
         ↓
クリックすると元のサイズで表示します

生駒の庭で育てたウコギと、
トコガーデンで夫が育てたウドの芽。

ウコギもウドの芽も美味しい(^^♪

子どもを育てていたころは
揚げ物をよくしたのに、

老夫婦2人になってからは全く。
うれしいひと時を過ごした。

夫はいつもご飯は食べないので、
赤だしだけもらって、帰宅。

クリックすると元のサイズで表示します
   ↑
私は豆ごはんも、デザートもいただき満腹。

大吟醸・麦焼酎に加え
デザートにブランデーが注がれていたので
かなり酔いが回ってしまったが、↓
雨に降られることもなくクリックすると元のサイズで表示します
足取り確かに、名古屋に着いた。
4

2019/7/3

下部肋骨疼痛症候群  整体・カイロプラクティック

6/30(日)午後〜7/2(火)は生駒での休日。

月例請求・散髪・ヘナ・日程作り・ミシン・調理などで
あっという間に時間が過ぎた21時過ぎ、

TV番組表を見ると、テレビ朝日
「名医とつながる!たけしの家庭の医学」で

『3時間SP ただの腹痛が家族崩壊の危機に…』とあり、
気になって見ることに。

患者は5歳の女児を持つ母親。
左上腹部の痛みが日ごとに強くなった。

診察を受けても原因不明と言われ、
ついに、職場で働けなくなり
上司の目に止まった。

そこで上司は事情を聞き、
大学病院の総合診療科を受診するよう勧めた。

受診すると医師は腹部を丁寧に触診したが、痛みはなし。
そこで、何気ない日常生活をの話を聞いているうちに…、

初めて痛みに気づいたのは、
左側臥位で娘を寝かしつけていた時で

その後も痛みが起きるのは、
左下に体をひねったときであることが分かった。

そこで医師は、左肋骨下部を触診すると…、激痛!

クリックすると元のサイズで表示します

下部肋骨疼痛症候群と診断され、

クリックすると元のサイズで表示します

その部位に鎮痛剤の注射をしたら痛みは消え、
その後も時々注射をしているうちに
痛みが起きなくなった。

というお話であった。

京大病院の産科分娩部で働いていたとき
私は30年余り前から、
激しい腹痛を訴えて入院してきた妊婦を
数人みたことがあった。

いずれも、陣痛ではなく、
何人かは内科医の診察を受けたが
「異常なし」。

私がみると痛みの中心は上の写真の部位だったので
これはその肋骨が付いている胸椎のところ
つまり、胸肋関節周辺のコリを緩めると
痛みは軽減し、退院できた。

その後も、同様の痛みで苦しんでいた
部下の助産婦もいたし

退職して開業してからも、
時々そんな人に出会うことがある。

下部肋骨疼痛症候群なとどという病名が
つけられるようになったということは…、

それだけ重症の患者さんが
増えてきたということなんやなぁ〜

と思いながら見終わった。

痛み止めの注射で痛みが消えて
体を積極的に動かせるようになれば
肋骨の動きも良くなる。

それで徐々に痛みが軽減していくことは
理解できるが…、

鎮痛剤を使わなくても痛みは治まるんやけどな〜
というのが私の感想だった。
10



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ