最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2019/7/25

近藤雄生氏のお話を聞きながら…  SNS・出版・報道

7/24(水)の話し手、近藤雄生氏。
彼の話題のベストセラー クリックすると元のサイズで表示します
『吃音 伝えられないもどかしさ』(新潮社)が

本田靖春 ノンフィクション賞にノミネートされていると。
7/25(木)が発表なので、まさにその前夜。

司会進行役の吉村智樹氏曰く
会場はあたかも
「当選確実の発表前の選挙事務所」のよう。

近藤氏は、明日は東京に向かい
発表を聞きに行かれるとのこと。

心はさぞかし期待と緊張と不安が
入り混じっていることだろう。

そんな状況下でお話が聞けるという
オマケ付きの好機。

聞き手は女性が多く20〜50代?

どの人もきれいで賢そうな人ばかりなので
最初の30分ほどは、委縮ぎみの私。

でも、近藤氏の話を聞いているうちに
私も…、

・たくさんの取材を受けた
・ライターが書いた記事にたくさん赤を入れた
・取材もどきのこともたくさんした
メンテ“力”up通信のコラムの原稿なども、ずいぶん手を入れた

いろんな場面が訪仏させられ、
何度か空笑している自分に気づき、
身も心もリラックス。

取材の難しさや苦労…、
特に、相手が「触れてほしくない」
と思っていることも、
尋ねて聞き出さないことには、
読者に感動してもらえる記事にならない。

そんなことを頭の片隅に浮かべながら
話を聞いていたら、
だんだんと自分に自信が持てるようになってきた。

私はプロではないので、
取材記事を書いて収入を得る必要はないので気楽。

プロのライターにとっては、
切実というか、死活問題。

そんなライター諸氏の話を聞けて
そんな空間に身を置けたことが有難かった。

最後に集合写真。第三者的風貌の私 ↓ (笑)!

クリックすると元のサイズで表示します

7/25(木)夜、ノンフィクション賞の発表があり
結果は残念ながら、受賞を逃したそうな。

物書きの世界は厳しいね〜。
私はやっぱり、物書きではなく、
ケアギバーが似合っていると再確認。

でもやっぱり、上手く書けるようになりたい!
4



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ