最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2019/9/8

子連でリラックスして施術を受けるには  整体・カイロプラクティック

9/8(日)は生駒施術

4家族の来室があったが、
3家族は家族そろっての来室。

クリックすると元のサイズで表示します

お父さんの施術は2人、
お父さんのお母さんの施術は1人。

母子2人での来室は。この母子だけ。

クリックすると元のサイズで表示します

もうすぐ2歳になるこの子は
お母さんがベッドに横たわると同時に泣き始め
ずーっと泣きっぱなし。

私はこれくらいの鳴き声は慣れているし
施術の邪魔をするわけではないので
何ともない。

だが、お母さんがリラックスして
施術を受けられないので気の毒。

なので、お母さんが施術を受けている間
子守りができる家族そろっての来室がお勧め。

高輪・名古屋サロンは狭いので、
施術を受ける方以外の入室は
お断りしているが、生駒は広いのでOK

お母さんの施術中、早い子では
10か月でもう泣かなくなる子もいる。

お母さんが気持ち良さげな表情で、
ニッコリと「気持ちいいよ〜」と、
子どもに語りかけると

「心配したり不安思う必要はないのだ」と
理解できるようになるのだと思う。

9か月頃からそんな心の芽生えが始まると
明和政子先生の『まねが育むヒトの心』
書かれている。クリックすると元のサイズで表示します

それで、できるだけ、
8か月頃からお母さん達には
そのように声かけるよう勧めている。

すると、
10か月頃から泣かなくなる子が約半数
効果が見られない子が約半数

やはり、妊娠中から(胎児期から)ケアを
続けていたお母さんの子の方が
泣くことなく、
一人遊びを楽しんでいる子が多いと感じる。

とはいっても、
子ども達が経済的に独立するまでには、
何年間ものお世話・施術・セルフケアが必要で、
それらの質と量により、
どれだけ人生を楽しめるかが変わってくると思う。

骨盤ケアを学んで仕事に活かしている助産師の
子ども達も大きくなり、
有名大学を卒業して社会で活躍していたり
有名進学校などに進学したりしてい子が多い。

彼女達のほとんどは、
妊娠中〜産後に、痛みと不調に悩み、
ギャン泣きする我が子の育児に
苦労した経験を持っている。

子ども達の体調が少しでも良くなるよう
学業成績が良くなるよう、
努力し続けた結果であろう。

そんな有名校に入ったという話を聞くと、
「羨ましいなぁ〜」と思う。

うちの孫達は勉強嫌いだし、
ひ孫に夢を託し、期待するしかないか…。
7



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ