最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2020/2/16

第6回 千葉施術会 -錠剤が飲み込めた-  各地での施術会

2/15(土)は、千葉市の仲真衣先生のサロン
ふわり -Personql care- での施術会。

早いものでもう第6回。

今回は(土)ということで、
小学生や大人の男性が多い。

クリックすると元のサイズで表示します

妊婦さんも妊娠初期から36週まで数人あり。

22週の胎児心音は、トラウベで
これまで数人聴いたことがあるが
21週では聴けたことはなし。

が、ついに、妊娠21週の
胎児の心音を聴取でき
記録更新\(^o^)/

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

   右手をトラウベから離す前に  ↑
   撮られて、すこし残念。

都内ですでに8人から
新型コロナウィルス感染者が見つかり

「どこで感染してもおかしくない状態」に突入した。

コンビニの店員も
マスクを着用しているご時世なので
今日から私も着用。

クリックすると元のサイズで表示します

施術を終え東京に帰ると
仲さんから、メール着信。

「錠剤が飲み込めない」
との訴えのあった男性が

「施術後に飲み込めるようになった」と\(^o^)/

赤ちゃんから高齢者まで、このように
喉の機能が低下している人が増えていると聞く。

私の施術を受けに来られる方からも

「むせる」
「飲み込みにくい」

と聞くことが
近年ますます増えていると感じる。

"のど仏"の後ろの首の骨が
きれいに並んでいて
コリがない人は、喉のトラブルはない。

なので、元気に長生きするためにも
首のメンテナンスは大切!

不調が改善しない
ネックとなっているのはネック(首)!
4



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ