最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2020/2/22

玉朗 こんなに安くて美味しいのに  グルメ(外食・中食)

2/22(土)の夕食は、いつもの玉朗に
原田・佐藤・私の3人で。

通されたのは8人が入れる部屋(@@)
いつもとはえらい違いや〜。

毎回注文する海老フライ。
カリッとしていて他では食べられない美味しさ。
              ↓
クリックすると元のサイズで表示します
   ↑
ホタルイカと分葱のヌタ 飲み物は全てジャンボ ↑

クリックすると元のサイズで表示します
          ↑
 いつも2種以上注文するサラダもジャンボ
          ↓
クリックすると元のサイズで表示します

ユーリンチ風イイダコの唐揚げ。これは初めて。
          ↓
クリックすると元のサイズで表示します

 ↓ 牡蠣・ブロッコリーのペペロンチーノ
           
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

これらを3人で食べて満腹なのに、アサリの味噌汁と ↑
別腹にデザートも詰め込み ↓

クリックすると元のサイズで表示します

超満足。なのに、1人2000円でお釣り。

こんなお店が近くにあれば
毎日来たいくらいなのに

「消費税が10%になってから
 お客さんが少ないらしく
 簡単に予約が取れた」と原田さん。

さらに、コロナで出控えモードが蔓延。
飲食店の経営も厳しそう〜っ。

行きつけのお店が倒産・
 閉店しませんようにと祈るばかり。
3

2020/2/22

第1回 徳島施術会「口元に肘を当てて咳」でギックリ腰  各地での施術会

2/22(土)の午後は、第1回 徳島施術会

徳島空港内の7&11で
サンドイッチ・野菜ジュースを買い
バスの中でブランチ

徳島駅からJRで石井に
順調に到着し改札を出ると
あれっ、原田さん!

歩いて5分で着けるのに
「雨が本降りになってきたので…」

車で迎えに来てくれた。

会場はセミナーでいつも貸していただいている
遠藤産婦人科クリニック

12時少し前から、順次施術

施術予約者は、ほとんど原田さんの
“みさこ助産院”の

クライアントとそのご家族で
赤ちゃんと、きょうだいと、ご両親。

クリックすると元のサイズで表示します

原田さんの指導のもと
お出かけ用マイピーロベビーセット
着けた赤ちゃんは

施術後さらに
非の打ち所のない赤ちゃんになり
私も原田さんも親御さんも大満足。

クリックすると元のサイズで表示します

当初は「多くは集まらないだろう」との予測で
午後だけ、定員18とし、飛行機も予約した。

が、施術希望者が多く
べーシックセミナー修了者に
声かける余地がなくなったとのこと。

ところが、23(日)に
トコベルアドバイザーセミナーを
更新受講する予定の
ベーシック修了者@香川県から

「昨日ギックッリ腰を起こしたので
 明日のセミナーには行けない」

との連絡が原田さんに届いた。

「すぐに来い と言うて!」
との私の叫びが
本人にも聞こえたらしく
1時間半ほどで
顔面蒼白、原人歩行でやって来た。

診ると、第7頸椎がひどいことになっている(@@)

その連動だろう、腰椎〜骨盤も
ゆがんでいるが…、大したことなし。

第7頸椎・第1頸椎間がゆがむと
脳は激腰痛と錯覚を起こす。

「どんな動作をした時になった?」と尋ねると

「スーパーのレジで咳が出そうになり
 マスクをしていなかったので
 急いで口元を右肘で覆おうとした途端
 ギクッとなった」と。

「まさに、その角度でこのゆがみができるんや!」
「だったら、仰向けになって
 首の回転の操体法をすれば
 楽になると、勉強したやろ?」と言うと

「すっかり忘れていました〜」と(-"-)

短時間の施術で直立できるようになり
顔色にも血の気が戻ってきた。

最後は、母子4人の施術希望で
ベーシック修了者の作業療法士Mさんが
夫さんと共に来室。

結局、4人オーバーの22人を施術し
スタッフとで記念撮影。

クリックすると元のサイズで表示します
         ↑
宮城県北部から、今日の施術会見学と
明日のセミナー更新受講のために
新幹線と深夜バスでやって来た
佐藤恵美助産師を含め

徳島でベーシック修了者以上が
こんなにたくさん集まることはないので
いい記念写真となった。

しかし…、私の手。癖やな〜。
6

2020/2/22

羽田⇒徳島 男前@機内  その他つれづれ

2/22(土) 9:30の飛行機で羽田を出発。

前日からの天気予報では
徳島着の10:50 頃
強烈な寒冷前線が徳島に到達するみたい。

ずいぶん心配しながら搭乗したのに
機内アナウンスはいたって平穏。

珍しく明るい時間のフライトで
しかも、窓際席なので外の景色が良く見え
半分雲がかかった富士山も雄大。

しかし、西に進むにつれ(紀伊半島上空?)
白・薄灰・濃灰の雲がぶつかり合い
まるで水墨画のよう。

「寒冷前線に近い上空の雲はこんなんや〜」

初めて見る激しい雲の動きを眺めながら
無事の到着を祈っているうちに

飛行機はガタガタ揺れ
読書どころではなくなった。

JALにしては位置情報などが
全く表示されず、不安は増幅。

ところが、隣の席の男性(40歳くらい?)は
その揺れの中で
凛とした姿勢を保ちながら
読書を続けている(@@)

やがて、下方が真黒になり
大雨が降っているのかと思いきや
よく見ると波が見え始め
大阪湾だとわかって少し安堵。

徳島空港に無事到着\(^o^)/

いつも持ち歩いている荷物は

クリックすると元のサイズで表示します

今日はレジュメ・冊子などで特別に重い。

搭乗時は高い荷物入れに
気合で、うまく上げ入れられたが…

降ろすのは、バランスを崩せば
重力で落下するので
周囲の人に当たると迷惑をかける。

気合を上げて離席したとたん
隣席の男性がサッと降ろして下さった(@@)

周囲の人達の荷物も次々に降ろし
「ありがとうございます」
の声に包まれながらも、表情一つ変えず

これぞ残心(身)! 今を生きる武士!

こんな男前と隣合えて
飛行機に苦手意識持つ私にも
幸せな気持ちが沸いてきた。
12



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ