最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2020/3/7

第12回宗像施術会 ネックはネック(首)   各地での施術会

3/7(土)の宗像施術会は、もう12回目。

朝から次々と施術に来られるかなりの方は
“常連さん”で
全員、胎児期・新生児期から首が悪そうな体。

肩コリ・首コリ・頭痛・背部痛・腰痛など
症状はいろいろでも
ほとんどの方の
骨格のゆがみの震源地はネック(首)

私の施術を受けて1カ月ほどは楽だが
1カ月過ぎた頃から徐々に辛くなり
2カ月に1度の施術会に
毎回のように来られる。

クリックすると元のサイズで表示します

この方のように、耳の高さが違うと ↑
「あっ、ゆがんでいる」と
一般の方にもわかりやすいのだが、

左右の耳の高さも肩の高さも水平だと
首が斜めに傾いているのに、
ゆがんでいることには気づかれにくい。
        ↓
クリックすると元のサイズで表示します

“常連さん”になるのは、こんな人達が多い。

体が楽にならない
 ネックとなっているのはネック(首)。

こんな“常連さん”は整体業者にとっては
“とてもありがたいお客様”

でも、私にとっては、いつまでも
“常連さん”でいてもらっては
それ以外の方が予約を取れないので困る。

ところが今日は
先月開発した最新技で、ほとんどの
“常連さん”の震源地問題が解決。

これまでとは違う軽さ・楽さで
帰っていただけた。

昨日は熊本で「忍者」と言われたが
今日、初めて施術を受けられた男性から

「必殺仕事人か、猿飛サスケ」

などと言われてしまった。

猿飛サスケではない。
どちらかといえば必殺仕事人でしょう。

ヒトを瞬時に殺す方法も知っているし
元気に生かす術も知っているしな〜。

そんなことを思いながら笑っていたのだが、
「サスケ」と言った人は
常連の看護師さんの夫さん。

気が付くと、午後に来られた方は
看護師・助産師・理学療術士・
作業療法士・歯科衛生士・医師…、
医療者とそのご家族ばかり。

医療系の学校で、骨格バランスが
健康に及ぼすことは
全くと言っていいほど教えられていない。

助産学生は骨盤ケアについて
教えられる学校が少しずつ増えて来てはいるが
まだまだ少なくい。

私と同レベルの施術をできる人が
増えてもらわないことには
私は引退できないので困る。
12



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ