最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2020/3/14

風の流れのいいトコ会館だからこそ  トコ会館・トコ助産院の様子

3/13(金).14(土)は京都施術

ホテル・飲食店・お土産屋さんをはじめ
コロナ感染拡大で、めっきり来客が減り
経営困難に陥っているいるところも多いと聞く。

幸い私のところは
施術のキャンセルも少なく
通常通りの忙しさを保っている。

クリックすると元のサイズで表示します

というか
コロナ休校・休園のせいもあってか
可愛い来館者が多い。

クリックすると元のサイズで表示します

子育てサークルの方は
家に籠っていては精神衛生が悪化するからか
通常よりも多い参加者がある。

トコ会館は広いので
人口密度は高くはない。

それだけでなく、風の流れが
悪くならないように設計されている。

なので「コロナ休業しよう」
などとは思わない。

トコ会館を設計中、設計士さんが
とても不思議そうに
おっしゃっていたことを思いだす。

「(それぞれの部屋や場所で)
 ここでは何を大切にしたいですか?」と

 先生(私)に生駒で質問しても
 博樹先生(長男)に京都で質問しても
 お2人とも
 「風の流れ」と、答えられる。

 お2人は打ち合わせているわけではないですよね?
 そんな暇はないですよね?

 なのになぜ、それほど
 風の流れを大切と考えるのですか?」と。

私は、以前のトコ・カイロプラクティック学院ビルの

クリックすると元のサイズで表示します

風の流れの悪さが、たまらなく嫌だった。↑

壊すのはもったいなく心が痛んだが、
この空気が貯まってしまう閉塞感に耐えられず

・このビルの中では健康に働けない
・思考力が低下する
・いい仕事ができない
・長生きできない

と考え、建て替えを決意した。
長男も同様だったよう。

今は、建て替えて良かったと思う。

旧ビルの改築では
今のトコ会館の爽快感は得られない。

このコロナ騒動の中では

「絶対に営業はしたくない」
「絶対にできない」

と、思うことになっただろう。

今回のコロナ騒動でも

「風の流れが大切」

ということが、証明されたと思う。
11

2020/3/14

空手 -66 - 次郎孫 初の先生役   京都空手

3/14(土) 8〜9時 空手。
生徒はM氏・カジちゃん・孫2人・私の5人。

生駒では全然しない移動稽古や
滅多にしかしないビッグミットで
基本的な動きの稽古ができるのがうれしい。

左手・右手・右下段回し蹴りの連続と
その左右逆をミットでするのだが

クリックすると元のサイズで表示します

一番先にしたいのに
いつも説明をちゃんと聞かず
姉と遊ぶのが楽しい次郎孫。
         ↓
クリックすると元のサイズで表示します

すっかり空手好きに
なってしまったカジちゃん。
なかなかセンス良く力もある。↓

クリックすると元のサイズで表示します
                      ↑
            カメラの前でおどける孫達

次の約束組手では、時間節約のため
竹林先生が次郎孫を先生役に指名

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

先ほど左手・右手・右下段回し蹴りの連続と
その左右逆を
生徒役が攻撃・先生役が受けで。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

次は、先生役と生徒役が攻守交替。
その次は、どちらも攻撃可で。

次郎は必死。しかも、先生役は休みなしなので
5ラウンドを終えると、次郎はヘタッてしまった。

クリックすると元のサイズで表示します

説明をちゃんと聞かず
暇になり遊び相手がいなくなると
すぐに白板に絵を描いて遊ぶ次郎。

先生役は適任やね〜(^0^)!
3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ