最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2020/4/5

米のおいしさと日本語  グルメ(自宅)

私が最近ハマっているのは
ステック状のおにぎり。

クリックすると元のサイズで表示します

これは夫が炊いた新生姜の炊き込みご飯に
私作のヒジキと胡麻の
味噌味フリカケを混ぜたご飯。

ラップに巻いて形を整え
和風味付けのりで巻いて、チンして
アツアツのを、ラップをはがしながら食べる。

中華おこわのおにぎりには
韓国ノリが合う。

美味しくていくらでも食べられるので
ロカボ生活者には、きわめて有害。

あ〜、お米ってなんでこんなに美味しいんやろ。

最近読んだこの本
『日本語はどこからきたのか
 ―ことばと文明のつながりを考える』(中公文庫)

この本がこの20年余りの中で
ダントツ面白く ⇒ クリックすると元のサイズで表示します
長年の疑問が解消した本。
まさに、カルチャーショック。

日本に米が伝わったのは紀元前400年。
中国や朝鮮からではなく
南インドのタミル地方からだったなんて(@@)

南風に乗って日本にやって来た
タミル人が、米を持って来た。

その頃のインドで作られていたのは
細長いインディカ米ではなく
丸いジャポニカ米なのだと(@@)

私の孫達も習っていないことが
いっぱい書かれている。

当時の日本列島に住む人(縄文人)達は
米のおいしさに魅了され

かつ、安定した食糧を得るために
米の栽培を作りをしたいと思った。

そのためには、彼らの言葉を理解し
皆で使わなければ、米は作れない。

現代でも、世界の海で
マグロ・スケトウダラなどを獲る船内では
いろんな国の人達が働いている。

漁労長が話す日本語を理解し
話さなければ仕事はできないので
皆が日本語を使うのと同じなんやな〜と納得。

なので、極めて短期間に
米作と日本語の基礎語が
日本中に広がった。

正月・小正月の行事なども
タミル地方ととてもよく似ている。

文法・発音だけでなく
日本の短歌とタミルの詩は
5.7.5.7.7 でそっくり\(@@)/

お相撲さんが踏むシコ(四股)も
タミル語がルーツ。

漢字で書くなら醜(シコ)が正しく
四股は当て字。

「醜=みにくい」という
 よろしくないイメージが強い漢字だが

「力強い」「ごつごつしている」
「力強く土を踏みしめる」

という意味だそうな。
「白鵬」などの四股名も醜名が正しい。

そこで思い浮かぶのは
醜女(シコメ)

そこで気づいた!
美女⇔醜女(ブス)ではなく

シコメとは力の強く
仕事をバリバリできる女

という意味なのだと思う。

農作業をし、日焼けして
体に泥が付いているような女は
美女ではなく、醜女なんや。

中国では纏足された小さな足で
なよなよと歩く女は美女。

纏足されず労働力として育てられた女は
「大足女」
と、蔑まれたのと同じなんやと思う。
 
などなど…、想像がどんどん広がっていく。

壮大な歴史ロマンを考えながら
美味しいご飯を作って
味わう楽しみを皆が知っていると
人生を豊かに過ごせると思う。
10

2020/4/5

17年ぶりに家で天ぷら  グルメ(自宅)

4/5(日)も休み。

「止まったら死んでしまうマグロ」
と言われていた私。

これで6日間、4/1(水)に1人施術をした以外
体を動かす仕事をすることなく
生駒の家にいる。
    ↓
クリックすると元のサイズで表示します

電線が見えなかったら…と思いつつ
お向かいさんの桜を眺めたりしながら。

が…、死んでいない。

1年ほど前までは2〜3日間
家でゴロゴロしていたら
嘔吐・下痢・腹痛などで
苦しむことが多かったのに、今は全然!

というのは、家でも動いているから。

健康増進管理表をエクセルで作って
毎日運動量のチェックしているからだと思う。

それに、外食できる店が少ない生駒では
自炊せざるを得ない。

今日の夕食は、夫が買ってきた山菜などで
天ぷらを作ってくれた。

クリックすると元のサイズで表示します

生駒に引っ越して来て12年余り
その前の
大阪にいたときも含めて17年余り

家では本格的な天ぷらを
揚げてはいなかった。

カリッとはでき上がらなかったが
そこそこ美味しくできた。

私は人参を切ったのと、盛り付けたのと
後片付けをしただけ。

私が作ったのは菜の花と
シーチキンの胡麻味噌和え。↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

豚肉と大根の炊いたん。どちらも美味しくできた。↑

炊き込みご飯のおにぎり
トマト・自家栽培の夏みかんを食べ
満足、満足!
8



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ