最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2020/4/25

なんで“生け花” “活花”というの?  その他つれづれ

今年は過去最高の数の花房をつけた藤。
多すぎて、まるで群衆雪崩。

圧死しかけているのも多く↓ 切り取って生け花に。↓

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

病院で働いていたとき
生け花の好きな先輩が
よく花を生けていた。

ところが2〜3日経つとしおれ
見苦しくなった花達を
片付けていたのは、たいてい私だった。

花を生けるより花を育てて
愛でるのが好きな私は

「切って命を奪った花を飾るのに
 何で生け花というんやろ?」

と、不思議だったが…、
玄関のこの花たちのうち

黄色い花のついている枝は
1本だけ育ち過ぎていたレンギョウ。

クリックすると元のサイズで表示します

地面に植わっているレンギョウは
もう花びらは残っていないのに
室内に生けたのは、まだ花びらが残っている。

白い花はコデマリ。
この柱との間に隠れていた枝の花。   ↓

クリックすると元のサイズで表示します

ヒノキのような葉の茂っている枝は
もらった花束に入っていたのを
挿し木にしたところ、3本も育った。

育ちすぎて、伸びすぎた枝を切って
花達に添えた。

切った枝達を、そのまま堆肥にするのは
もったいないし、可哀そう。

「もうしばらく生かして愛でることとしよう」
ってことで

“生け花”or“活花”と
いうようになったのでは?

なーんて、近年ようやく
自分でそのように納得することにした。
3

2020/4/25

生命力の強い花達  ガーデニング(生駒の庭)

お向かいのソメイヨシノが葉桜になり
八重桜が満開になると ↓

クリックすると元のサイズで表示します

毎年、我が家の藤も満開になり、

クリックすると元のサイズで表示します

ベランダ側から見ても、今年は過去最高!

クリックすると元のサイズで表示します

隣のマンションのレッドロビンの赤と ↓
鮮やかなコントラスト

クリックすると元のサイズで表示します

濃桃…ツツジ ↓ 黄…ヤマブキ ↓  白…コデマリ ↓

クリックすると元のサイズで表示します
    ↑
大繁殖している源平小菊の中に
埋もれながらも生き伸びているチゴユリ
      ↓
クリックすると元のサイズで表示します

ガレージのわだちの間に、咲いているクローバー
        ↓
クリックすると元のサイズで表示します

その傍らに、10年ほど前に
生駒山の道端から採取して来た
イブキジャコウソウ(伊吹麝香草)…たぶん
          ↓
クリックすると元のサイズで表示します

まだ生存している。生命力の凄さに驚かされる。

もらった小さな寄せ植えに
数本だけあった源平小菊。

今では、通路にはみ出したり ↓

クリックすると元のサイズで表示します

ツツジ・サツキの間からも ↑
顔を出したりして咲いている。

この東側には、3/4に植えた柚子(多田錦)
        ↓
クリックすると元のサイズで表示します

根付くかどうか心配したが
新芽が伸びてきて↓ 花の蕾もいっぱい。 ↓

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

こんな小さな木なので
今年は実をならせたくない。

なので、蕾は全て摘み取りたいが
ゴソゴソ触ったら、新芽を落としてしまった(>_<。)

葉っぱがもう少し育つまで待つことにしよう。

こちらは甘夏ミカン ↓

クリックすると元のサイズで表示します

来春は何個収穫できるかな? 楽しみ〜。

クリックすると元のサイズで表示します
    ↑
オーニソガラムも、年々たくさん咲く。

カラスノエンドウ。きれいで可愛いが…
            ↓
クリックすると元のサイズで表示します

見つけ次第、除去しないと
山のように繁殖するので面倒。

北庭では、大手毬がきれい。

クリックすると元のサイズで表示します

植えた場所が適していなかったようで
元気がなく
花を期待していなかったのに、
元気になって良かった〜。
3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ