最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2020/11/3

奈良カエデの郷 ひらら  旅・レジャー・アウトドア

11/3(火)文化の日。

山梨から帰ってから
生駒3日、京都1日、生駒2日
家事・施術・PC・TVばかりで飽きた。

奈良県内で今、紅葉が見ごろなのは
奈良カエデの郷 ひららとわかった。

近鉄で榛原に、そこからバスで順調に到着。

クリックすると元のサイズで表示します

ここは廃校になった宇太小学校の跡地で
校庭の入り口に大きなイチョウ。
         ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

「無断で学校施設を使用することを禁じます」↑
  の掲示がまだ残っている。

クリックすると元のサイズで表示します

中庭にもカエデがたくさん植えられている。↑

お寺や神社にカエデは似合うが
木造校舎とカエデも、趣があって郷愁を誘う。

カエデを見回る前に
まずは、ひらら館内にあるトイレと
お土産とレストランを確認。 ↓

クリックすると元のサイズで表示します

ここには、なんと1,200種類、3,000本もの
カエデがあるのだと(@@)

なのに入園料は無料。

ということで協力金お願いの掲示と
募金箱が設置されている。

クリックすると元のサイズで表示します

でも、見渡すかぎり誰もお金を入れていない。
それじゃぁどうやって運営しているの?

と思って、1,000札を入れようとすると
後ろから若い男性職員の
「ありがとうございます」との声。

それからゆっくり鑑賞。

クリックすると元のサイズで表示します

庭に出ると、立派な菊の花が
巨大な欅の老木の根っこと共に飾られている。

クリックすると元のサイズで表示します

その隣には鉢植えの苗木がズラリ。

クリックすると元のサイズで表示します

色も形も葉の大きさもいろいろ。

クリックすると元のサイズで表示します

こんな珍しいのも。  ↑

クリックすると元のサイズで表示します

カエデと言っても、葉の形はずいぶん違う。

クリックすると元のサイズで表示します

この校舎の中では美術展が開かれている。

クリックすると元のサイズで表示します

1999年〜2000年に放送された
NHK朝ドラあすかのロケ地だったそうだが
2006年に廃校となり、16年。

クリックすると元のサイズで表示します

1階に展示されている地元の人々の
絵・書道・写真を見てから、旧運動場に出ると

クリックすると元のサイズで表示します

山の緑が借景となって、見事なコントラスト。

クリックすると元のサイズで表示します

運動場はカエデ園と化し

クリックすると元のサイズで表示します

こんなカエデがあるのか?
と首をかしげるようなカエデもあちこちに。

クリックすると元のサイズで表示します

セルフタイマーで記念自撮り。

クリックすると元のサイズで表示します

苔の上に散った葉も趣あり。

クリックすると元のサイズで表示します

アルファベットの名が書かれているカエデも。↑

クリックすると元のサイズで表示します

この豪華な葉は、舞孔雀で実生なのだと。 ↑

クリックすると元のサイズで表示します

これは東洋トリカラーと書かれているが、カエデ?

クリックすると元のサイズで表示します

一通り見て回った後は、美術展の2階展示室へ。
手芸品などが展示されている。↓

クリックすると元のサイズで表示します

2階の窓から見下ろすと、よく見渡せて
       ビニールハウスは販売所 ↓

クリックすると元のサイズで表示します

育成中の木もたくさん並んでいる。 ↑
スピーカーもまだ残っていて、懐かしい。  ↓

クリックすると元のサイズで表示します

お昼はレストランでカキフライ定食を頂き

クリックすると元のサイズで表示します

12:15には帰途に。

クリックすると元のサイズで表示します

12:40のバスに乗らないと

クリックすると元のサイズで表示します

次は1時間後や〜。こちらに続く。
3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ