最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2021/1/29

京都空手自主練 -13-   京都空手

1/29(金)8時半〜9時、空手自主練

先月は私が東京から帰って来られず
なかったため、2カ月ぶり。

集まったのは私を含めて4人。

移動稽古後、平安初段をしたところ
ゆっくりやったのに
「すっかり忘れた。わからない」との声も。

5回ほどしたところ、
やっと「わかった」との声も。

その後、ミットで突きを
ワンツーを左右の組手立で。

それから下段の回し蹴り。

クリックすると元のサイズで表示します

私を含め皆、上手く蹴れず。

私の悪い癖
つま先立ちになって伸び上がる ↑
が、そのまま写っている。

そこで、カジチャンが
この前生駒でやったあれをしましょう」と。

クリックすると元のサイズで表示します

「そうや、それがいい!」となって
足首を持ってもらって
股関節を内旋させる稽古をして

クリックすると元のサイズで表示します

それから再度
回し蹴りをしたところ
4人とも、かなり上達。

クリックすると元のサイズで表示します

体はポッカポカ。

わずか25分間ほどだが
身も心もずいぶん変わるもんやねぇ。
5

2021/1/29

黄檗 萬福寺  史跡

黄檗(おうばく)駅で降りて
徒歩5分もかからないくらいで
萬福寺の総門に到着。

クリックすると元のサイズで表示します

萬福寺は禅宗の一つ 黄檗宗の大本山。

開かれたのは1661年
4代将軍徳川家綱の時代。

平安京発足期に開かれた
京都の東寺のようには古くはない。

クリックすると元のサイズで表示します

東寺より新しい臨済宗や曹洞宗のお寺は
日本風なのに
それらより新しい萬福寺は中国風(明朝様式) ↑

総門の次の門が三門 ↓

クリックすると元のサイズで表示します

ここに伽藍の地図が掲示されている。何と広大!  ↑
これを今から全部見て回る体力はないわ〜。  ↓

クリックすると元のサイズで表示します

ここで拝観料を払い、リーフレットをもらい
とにかく有名な木魚を見たく クリックすると元のサイズで表示します
どこにあるのかを教えてもらった。

中国風のお寺に
七福神の一人、布袋(ほてい)さん? ↑

ミスマッチな感じがするが
京都府内の7カ所の寺社の七福神を巡る
都七福神(みやこしちふくじん)巡りの
巡礼札所となっているのだと。

三門の次にある、この天王堂に ↓

クリックすると元のサイズで表示します

布袋さんがど〜んと座っておられる。
    ↓
クリックすると元のサイズで表示します

七福神が乗っている舟は
莫大な富を持つ倭寇舟がモデルだと
聞いたことがあり
「なるほど」と思っていたが

これによると七人の出身は
日本の土着宗教
インドのヒンドゥー教
中国の仏教・儒教

と、国際色豊かなようだ。

天王堂の前には優美な水の器

クリックすると元のサイズで表示します

流れ落ちる水で手を洗う?

天王堂の次は大雄宝殿(本殿) ↓

クリックすると元のサイズで表示します
                ↑
その正面には、完璧なほど中国風の香炉
              ↓
クリックすると元のサイズで表示します

大雄宝殿の中には十六ならぬ十八羅漢が
ズラリと並んでおられる。

半数は中国・日本人的なお顔で
半数はインド・アラビア・アフリカ的。

これらを見ていると、仏教とは
遠い異国から発展しながら日本に伝えられ
日本に着いてからも
どんどん発展・進化しているのだとわかる。

大雄宝殿から右に曲がると
斎堂(食堂)があり
その回廊には萬福寺のシンボル ↓

クリックすると元のサイズで表示します

木魚の原形となった開梛(かいぱん)
-魚梆(ぎょほう)とも-

カメラ・スマホが置ける台が置いてあり  ↑
自撮りで記念撮影できるようになっている。↓

クリックすると元のサイズで表示します

色が変わっているところを
打ち鳴らして、時を報ずるためのもので
現在も使用されている。

かなり新しいことを思うと
これまでに何度も作り直されたのだろう。

私の後ろが売店になっていて
赤い毛氈の腰かけに座って
コーヒーが飲めるようになっている。   ↑

クリックすると元のサイズで表示します

コーヒーの紙コップにも開梛の絵が。↑

萬福寺を開いたのは
中国明の僧・隠元(いんげん)禅師で
日本における「煎茶道の祖」。

木魚だけでなく
普茶料理・インゲン豆・スイカ
レンコン・孟宗竹(タケノコ)なども
隠元禅師によって
導入・普及されたものなのだと👀‼️

境内には中国風(明朝様式)の門と
卍崩しの欄干がついた文華館。   ↓

クリックすると元のサイズで表示します

でも、休館中のよう。コロナのため?

天王殿に戻って、左側に伸びる回廊を進むと
          ↓
クリックすると元のサイズで表示します

大雄宝殿などの屋根の勾配がとても強く ↓
これも明朝様式?

クリックすると元のサイズで表示します

回廊の途中に鐘楼があるのも明朝様式? ↓

クリックすると元のサイズで表示します

眞空塔と書かれている塔 ↓

クリックすると元のサイズで表示します

隠元禅師の像がどこかに
あるらしいが、わからなかった。
公開されていないのも?

尋ねてさらに歩き回る体力はなし。
なのに
売店や三門に生けられている
蠟梅の花が気になる。

相当大きな木でないと
大きな花をたくさんつけた枝は切れない。

きっと境内にあるはずと思って
尋ねたところ、天真院という塔頭(たっちゅう)に
あることが分かった。

クリックすると元のサイズで表示します

ところが「観光不可」と書かれている。

が、浄財を入れ、蠟梅の木を撮影。
さすがに大きな木、花もいっぱい。 ↓

クリックすると元のサイズで表示します

中国風のお寺には蠟梅がよく似合う。

帰ろうと、放生池のところまで来ると
望遠レンズ付きの立派なカメラを持った
高齢男性が二人「おっ、来た来た」と。

「何を狙っているんですか?」と尋ねると

カワセミだった。 ↓

クリックすると元のサイズで表示します

私のカメラではこの程度にしか撮れず…😥

この日、人生初乗車の、京阪宇治線 ↓

クリックすると元のサイズで表示します

中書島→丹波橋→近鉄丹波橋→生駒に帰宅。

仕事での移動時
生駒⇔京都、生駒⇔大阪 は

緊急事態宣言後も
あまり変わりなく混んでいる。

でも、お寺も電車もガラガラ。

お寺もお土産屋さんも
収入減で大変でしょうね。
5



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ