最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2021/6/2

さくら@新居浜市宇高  グルメ(外食・中食)

銅山跡巡り後、一休みし
17時過ぎにホテルの1階で合流。

タクシー会社直通電話で
「宇高町の“さくら”まで」と依頼。

すると、後ろから若いホテルマンが

「僕、地元の出身なんですが…
 さくらって居酒屋かなんかですか?」と。

「そう、そこでもう1回食べたかったのが
 新居浜まで来た一番の理由で
 別子銅山も…と、なったんや」

などと話していらたタクシーが到着。

タクシーの運転手さんは若い男性で

「さくらまでは、お客さんを
 運んだことはありませんので…」

と、カーナビを設定。

17:28には到着
18時〜の予約なのに、入れてもらえた。

まずは生ビールで乾杯。
通しのナス・トマトの美味しさ!

声も出ず、息もできず
身が固まった。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

  塩ゆでの小エビの優しい味  ↑

「小魚の南蛮漬け」を注文したのに
20cmほどの中アジ😮

クリックすると元のサイズで表示します

なのに、骨まで柔らかく
味も優しく清々しい。゛

初めてここの料理を口にした夫は
唸りっぱなし。

ハモのあぶりは、暖かく、サクサク

クリックすると元のサイズで表示します

ボタンエビは活きが良く、甘く

クリックすると元のサイズで表示します

タコサラダのタコはコリコリ
ドレッシングは優しく清々しく

クリックすると元のサイズで表示します

夫は、近畿の行きつけの店で

「こんなのが食べられたら…」とブツブツ。

茶碗蒸しは上品で

クリックすると元のサイズで表示します

ナスは角が立つほどパリッと揚っていて  ↑
味噌は香ばしく、これにも唸らされた。

切子の杯に入っているのは
土佐鶴の生貯蔵酒。

これも、私の人生で飲んだ
酒の中で最高級。

この後、揚げナスの煮漬しも
注文したのに、気付いたら完食。

野菜の天ぷらには
柔らかい皮とヒゲに包まれたベビーコーンや

クリックすると元のサイズで表示します

3連結のソラマメや、程よい粘りと固さの山芋 ↑

これも人生で食べた
天ぷらの中で、最高級!

シメは、もちろん鯛飯。

クリックすると元のサイズで表示します

鯛が小さめだったのか
過去2回食べたほどは感激しなかったが
それでも、十分満足できるおいしさ。

1釜の1/3を夫に
残りを私が完食。
おすましや クリックすると元のサイズで表示します
ショウガの漬物なども美味しく

夫は暖かい酒も2合も飲み
超、上機嫌。

クリックすると元のサイズで表示します

私は前回は7年前

「人生の食べ納め、冥途の土産」
のつもりでここまで来たのに

夫は
「絶対にもう1回来る。
 孫に車で連れてきてもらう!」

と、連呼。

店から出るときに板場に目を向けたら
茶髪の若い男性で、20代?

この若さで、この店の味を
受け継いでいる?!

DNA? エピジェネティックス?!

ホテルに帰って
さっきのホテルマンに
箸袋を渡すと ↓

クリックすると元のサイズで表示します

「僕も、行ってみます!」と。

夫は、日中山を歩き回った
疲れもすっかり吹っ飛んだと
上機嫌この上なし。
3

2021/6/2

別子銅山 その周辺  史跡

東平を後にし、道の駅マイントピア別子に。
ところが、カメラの充電切れ…😥

クリックすると元のサイズで表示します

やむなく、このサイトから頂戴した。

週末はマイクロバスが
ここから東平まで
往復しているが

平日は5人以上の予約がないと
走ってくれないので
タクシーを利用したというわけ。

山岳鉱山鉄道の85%の大きさの
復元列車が走っているので
乗車券を購入。

クリックすると元のサイズで表示します

乗客は我々2人だけで
気持ちよく乗っていたのに
5分足らずで終点😮

これで往復1,300円! 高っ!

降りて「入口」と
書かれている方向に歩いて行くと
坑道の入り口にちょんまげ姿の
男性の人形が立っている。

クリックすると元のサイズで表示します

 この時は充電が復活し
 これ1枚だけ撮れた。

この人形のモデルは
有望な鉱床を見つけた
坑夫長兵衛さんで

ここは、1690年(元禄3年)に
最初に銅の鉱脈が発見された所。

皆で歓喜の声を上げたそうで
歓喜坑と名付けられたのだと。

この中では、江戸時代の
鉱山の様子が残されいて

絵・人形・解説パネルなどが
たくさん掲示されていて、よくわかる。

さらに進むと
明治〜昭和の鉱山の様子が
ジオラマで再現。

鉱山列車・ケーブル・牛
ベルトコンベアが動いていて
子どもから高齢者まで
よく理解できる。

帰りは電気機関車が先導。

坑内見学は無料なので
乗っている時間はわずかなので
往復1,300円は、まぁ妥当。

コロナ禍以前は、お客さんで
いっぱいだったそうなのに
往復とも乗客は我々2人だけ。

タクシーの運転手さんも
1日に駅と東平を3往復したくらい
忙しかったそうだが

今年に入ってからは
我々を乗せたのが初めてだと👀‼️

あぁ〜気の毒。

その後、旧広瀬邸と

クリックすると元のサイズで表示します

邸宅の裏庭に建てられている
広瀬歴史記念館を見学。

クリックすると元のサイズで表示します

広瀬宰平氏は、明治初期に
西洋の進んだ技術を取り入れて
別子銅山を近代化させた人。

それが、現在の新居浜の基礎を作り
日本の近代工業を
推し進めることにつながった。

世界遺産となった
石見銀山は、遠くて
交通の便も悪く
人が多かったこともあり…

とにかく、しんどかった。
それしか記憶にないくらい。

その点、別子銅山は交通の便も良く
見ごたえもあり、景観も素晴らしい。

公害や大規模な労働災害を
起こすこともなく

近代日本を築く上で
多大な役割を果たしたことが
よく理解でき、感動の連続。

「世界文化遺産に」と
あちこちに書かれていたが

ぜひ、なってほしい。
多くの人に見学してほしいと思った。

タクシーでホテルまで運んでもらい
延長時間分の料金を支払い
あぁ〜、よかった〜。
2

2021/6/2

東洋のマチュピチュ 別子銅山  史跡

6/2(水)、ホテルから新居浜駅まで歩き
駅前でタクシーの運転手さんに
別子銅山観光のチャージを伝えると

「駅でクーポンを買うと安くなる」

と教えてもらい切符売り場で
7千数百円で購入。
これで、2時間半乗車できる。

最初に別子銅山資料館に。

5/31までコロナ禍で閉館していたが
6/1から開館し、ラッキー。

サツキだろうか?
見事に手入れされている。

クリックすると元のサイズで表示します

ここで別子銅山の歴史などの
基礎知識を入手。

鳥居は大山積神社。

ここに、SL・ディーゼル(?)
機関車が展示されている。

クリックすると元のサイズで表示します

建物も塀も全て石積み。

クリックすると元のサイズで表示します

岩石名もわからないのが悲しい😥
タクシーで東平(とうなる)に向かう。

勇壮な山を眺めながら

クリックすると元のサイズで表示します

険しくすれ違い困難な
山道を進み、東平に到着。

クリックすると元のサイズで表示します

まずは東平歴史資料館に。

クリックすると元のサイズで表示します

東平には、昭和48年の閉山まで
最高5000人もの人が住んでいて

社宅や病院はもちろん
私立住友東平小学校・同中学校
娯楽館・プール・鉄道と

東寺としてはとても
近代的で文化的な街で
大人は働き、子どもは学んだ。

驚くべきは
当時の人々の力の強さ。

この巨大なノコギリ。↓

クリックすると元のサイズで表示します

さらに驚くのは、作られた粗銅を
仲持(なかもち)と呼ばれた
担ぎ手さんが
男性で45kg、女性で30kgを背負って
十数kmもの険しい山を運んだと👀‼️

その類似体験ができるコーナー。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

台から浮かすことすら
できないだろうとの予想に反して
浮いた\😄/

でも、「2〜3mすら歩けない!」と感じた。

それからシアターに。

クリックすると元のサイズで表示します

資料館で見たことなどが
映像と音声で、わかりやすく。

クリックすると元のサイズで表示します

さっきのSLが走っていた姿も。

銅の鉱石や植物などの
展示品に混じって

キラキラ輝く調理具や
アクセサリーも。

クリックすると元のサイズで表示します

歴史資料館を出て、小マンプに。

クリックすると元のサイズで表示します

この中西当時使われていた
ブルドーザーのような重機などを
見ることができる。

クリックすると元のサイズで表示します

そこから、旧第三変電所と言われる
営業本部事務所(?)へ。

クリックすると元のサイズで表示します

きれいに植林された杉の周囲には
オオバコなどが生えている広場。

放っておけば草ボウボウになり
実生の雑木つる性植物で
大変なことになるのに

見事に整備されている。

木の根元にも岩石が積んである。
何十年、いや、何百年前から?

クリックすると元のサイズで表示します

巨大な岩石も!

クリックすると元のサイズで表示します

あぁ、タモリのような
岩石の知識がないことが悲しい。

見たことにない可愛い花もいっぱい。

クリックすると元のサイズで表示します

駐車場に戻って
旧インクライン クリックすると元のサイズで表示します

220段の長大階段を降りると
貯鉱庫跡

クリックすると元のサイズで表示します

その前で、オートシヤッターで記念撮影。

クリックすると元のサイズで表示します

石楠花がきれい。

クリックすると元のサイズで表示します

この下に、索道基地跡があるのだが
道もわからず、体力的にも難しく

タクシーへと戻った。

残念😥 なので写真だけ。

クリックすると元のサイズで表示します
9



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ