最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2021/7/4

小学生もパパも要整体  整体・カイロプラクティック

コロナ禍となって以来
セミナー日数が減り
施術日数は増える一方。

従来は、小学生になると
施術に来なくなる子が多い。

もちろん、初来室者も
小学生は少なかった。

ところが、最近は
親御さんに連れられて
施術に来る小学生が増加!

親御さんが気になることとしては
「姿勢が悪い」が圧倒的に多く

次に、目に関すること
「斜視」「急激な視力低下」

次に耳・鼻・咽に関すること
「中耳炎が治らない」
「副鼻腔炎が治らない」
「聴力低下」

たまには
「チック」「多動」
「健診で指摘された」など…。

本人の声としては
「肩が凝る」「腰が痛い」「脚が痛い」

クリックすると元のサイズで表示します

左右の脚の長さが違う子もしばしば。

クリックすると元のサイズで表示します

これ自体は簡単に調整でき
脚長差も簡単にそろう。

クリックすると元のサイズで表示します

脊柱側彎が既にできていても
小学生なら、簡単にきれいになる。

クリックすると元のサイズで表示します

しかしながら
根本的原因は首にあることが多い。

なので、本当は
胎児期・新生児期から
いい姿勢を保てるようなケアが必要。

“おひなまき”・マイピーロネオを使った
基本的な“まるまる育児”は
もちろん大切!

それに加えて、これが有効。
     ↓
クリックすると元のサイズで表示します

これは、妊産婦さんに
よくお勧めしている

“お尻フリフリ体操”の
赤ちゃんバージョン。

こんなちょっとしたホームケアを
日常的に続けるだけで
ずいぶん子どもの骨格は良くなると思う。

それと、増えているのがパパ。

頭痛・肩こり・耳鳴り・聴力低下
腰痛・背部痛・股関節痛…、といろいろ。

このように肩ラインと耳ラインと
首が直角に交わらない人が多く
一見して首が悪い人とわかる。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

  施術前 ↑        施術後 ↑

体格が良くても、現代男性は
力仕事をあまりしていないので
筋肉は柔らかく、施術しやすい。

むしろ、施術しにくいのは
女性の方が多い。

子どもを抱いて移動するなど
弱い筋肉に偏った負担を
長時間かけているためではと思う。

女性は、育児や家事ができないくらいの
痛みや不調があると
日々の生活に支障をきたす。

それでは困るので
重症化しないうちに
施術に来られるのだと思う。

ところが、男性は
仕事ができないほど重症化しないと
施術には来られない人が多い。

この頃、パタパタと続いたのが
体調不良のために

「もう1年間、仕事に行けていない」

「貯金を崩しながら
 生活しているが、もう限界」

「赤ちゃんがいるのに
 このままでは生活できなくなる」

という深刻な状態の男性で
一見して“病人”

こんな方は1回の施術で
スカーッと良くなることはないが
確実に顔色・姿勢は良くなる。

施術後は

「頭が首に乗っていないみたいに軽い」
「目がよく見える。世の中が明るい」

とおっしゃる方がほとんどで

「そんなにた頭が重かったの?」
「そんな世の中が暗く見えたの?」

と、長年のご苦労に頭が下がる。

今日、初めて施術を受けられた男性は
「高校生の時から股関節が痛い」と。
 (ということは、ほぼ20年間!)

「この間、いろんな整体や
 カイロプラクティックなどに通ったが
 良くなることはなかった」と。

なのに、今日の1回の施術で
股関節が良く動くようになり
痛みが消えた。

もぅ、もっと早く言えや!

これまで妻子を車で送迎し
来館されていたのに
痛そうなそぶりも
見せることがなかったやんか!

男性だから、体が大きいから
と遠慮されていたようだが
そんな気遣いは無用!

パバも元気になってもらわないと困る!

私の施術は
生駒・京都・名古屋・高輪とも
日数が多くなっている。

各地の施術も増え
11月には長岡でも実現しそう。

施術の腕が上がり
短時間で施術終えられるため
1日に多人数の
施術ができるようになった。

妊産婦と乳幼児だけでなく
小・中・高校生・学生、男性も

ゆがみのない健康な体でないと
幸せな家庭は築けまへん!
10



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ