最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2022/1/17

仮名もalphabetも読む2歳7カ月児  赤ちゃん・子ども

1/16(日)のみひかる施術会で
一番驚いたのは

絵本の字を指さしながら
「トマト、キューイフルーツ…」と
はっきりとした発音で読んでいるYちゃん。
       ↓
クリックすると元のサイズで表示します

「こんな小さい子が! いくつ?」
と尋ねると

「2歳か7月です。もうアルファベットも
 全部読めるようになりました」とママ

「え〜っ〜! 信じられない」😲

と驚く私に、院長の池田先生から

「サイナーちゃん
 (ベビーサインを使いこなせる子)は
 文字を覚えるのも早い子が多いけど
 Yちゃんは特に早いですね〜」

と聞き、ショック😵

もちろん、頭や頸椎がゆがみ
姿勢が悪く
どこを見ているのかわからないような
うつろな視線の子では
そうはいかないと思うが…。

この現実を目の当たりにして
私の子育て、孫育ての粗雑さに愕然。

池田先生から
「母子ともに体のケアが行き届いていて
 ベビーサインも熱心なお子さんが
 言葉を話すのも
 字を覚えるのも、早いみたい」と聞き

「それは当然!」と頷いたのだが

それにしても、耳で言葉を聞き
目でジェスチャーを見て
光景・音・文字を
全部ひっくるめて認識すると

言葉も文字も早く
自分のものにするだろうとことは
私にもわかる。

そう思いながら高輪サロンに通っている
幼児達を思い浮かべても

自分の考えをしっかり話す子や
世界の国旗などを
全て言い当てる子は、サイナーが多い。

私の子も孫も皆、勉強嫌い
私よりも学業成績は良くない。😓

ここにも書いたが
みひかるサロンには
産後になってから
通われている方が
ほとんどだったとのこと。

今後、妊活中〜妊娠中の方が
もっとたくさん
通われるようになると

無駄泣きすることなく
見ることにも聞くことにも
しっかり集中できる子が増えると思う。

それが、より健康な体作りと
聡明な子育てに繋がるはず。

それと、生後6〜9か月頃から
ベビーサインを始める方が多いと聞くが
もっと早くからの方がいいのではと思う。

手でサインができるのは
一般的に生後9か月からで

両親が手話の場合などは
生後6〜7か月から
できる子もいるそうな。

脳のシナプスを考えると
数は生後7〜8か月が最も多く
12カ月を過ぎると急激に減少する。

クリックすると元のサイズで表示します

ヒトは自分が暮らすために
必要としない詳細な情報まで
識別しなくてもいい。

そのため、8か月を過ぎると
不必要なシナプスの
刈込みが進む。

すると、それ以後は
目に映る光景、耳に入る音を
判別する精度が低下する。

ここに書いたように
赤ちゃんは超能力を持っていることが
脳科学ではわかっている。

なのに、「泣き止まなくても正常」
「やがて泣き止むようになる」と

ここに書いたように
我が国では国を挙げて公言している。

クリックすると元のサイズで表示します

泣いている間は、脳はパニック状態になり
脳の成長・発達は進まない。

目にする光景や
耳にする音の美しさや

肌に触れる刺激の
微細な違いにも気いて

深く味わえることができるなら
発想力も豊かになり
人生は豊かになるのに…

そして、自頭のいい、学力の高い
仕事のできる若者が増えれば
日本の国際的地位は高くなるのに…。

韓国よりも国民の平均年収が
少なくなってしまった日本。

企業の経営者が
「この人には、高い給料を支払ってでも
 我が社で働き続けて欲しい」

と思う人材が
どんどん減っているように思う。

AIに仕事を奪われる人が
これからどんどん増えると言われ

業績のいい大企業ですら
45歳定年制を打ち出している今

企業内でも、起業してでもでも
夢を抱きながら人生を歩める人が
今の日本にどれくらいいるのだろうか?

などと考えていると…

ベビーサインを日本に導入
普及されるために尽力され

トコ企画のメルマガに
コラムを書いてくださった
吉中みちる先生をはじめ
多くの先生方

数年間受講者数
日本1を維持し続けている
みひかるサロンの池田先生

多くの方々の先見性に脱帽。
改めて敬意を抱くばかり。

子育ても、孫育ても
反省すべきことが多すぎた私。

曾孫ができることがわかったら
ベビーサインをきちんと学ぼう。

生後1カ月が過ぎて
にっこり笑うようになったら

ジェスチャーを見せながら
歌うように語りかけながら育てたら

Yちゃんのような
絵本や文字にも関心の高い子に
育つかも?!😄

な〜んて素敵!
などと夢が広がった。
29



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ