最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2018/6/19

常識を払拭した“おとなまき”新方法  おひなまき・おとなまき・マイピーロ

8/17(月)〜4日間は東京でセミナー三昧

8/17(月)は“おとなまき”アドバイザー養成セミナー
受講者は
山浦直子助産師@海老名市さんと、
仲真衣セラピスト@千葉県さんの2人だけで
スタッフは私と小林いづみ助産師の2人。

2:2の“おとなまき”研究会の様相となった。

数か月に1度、右足首の古傷が痛むときにしか
“おとなまき”に包まれることがない私が

「毎日包まれないと体が持たない」と言う
仲さんを教えられる自信は全くなく
“おとなまき”エキスパーターの小林さんに来てもらった。

一般的な“おとなまき”で徐々に体が柔軟になり、
体が温かく楽になっていった山浦さん。
   ↓
クリックすると元のサイズで表示します

対して仲さんは、毎日やっているのに
リラックスしきれず、迷いの境地から脱却できず…

クリックすると元のサイズで表示します

いろいろやっているうちに、徐々に常識を払拭
ついに翌朝、こんなカエルのような姿をブログにup!
         ↓
クリックすると元のサイズで表示します

この日の様子は、山浦・仲さんのサイトに
バッチリ載っています。

いやはや、こんな人もいるんですね〜。
勉強になりますわ〜。

これから10年後には、仲さんの新開発方法が
「一番気持ちいい〜!」と言う若者が
増えるんでしょうね。

だって、縦抱き抱っこひもでこんな姿勢で
抱っこされている赤ちゃんが
世の中にいっぱいですからね。

仲真衣さんのような辛い体で
大人にならないよう、

ましてや、彼女のお兄ちゃんのように
もっと辛い体で、小学生のうちに
この世を去ってしまうようなことがないよう
 詳しくは⇒このコラム

“おとなまき”“おひなまき”を広げなければと思うばかり。
5



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ