最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2018/12/30

自家栽培で正月用生け花  ガーデニング(生駒の庭)

12/30(日) お節を作らないといけないのだが
孫達のお陰で、例年より準備が進んでいるし…、

室内があまりにも乱雑なので、
机の周辺を片づけることに。

一段落しかけた頃、孫達が外に出て
園芸道具を持って遊び始めた。

そうや、これはチャンス!
孫達に植え替えを手伝ってもらおう!

挿し木で増えすぎた紫陽花を
1株掘り起こし、そこに…、

弱った千両を移植したかったのだが、
なかなかできなかった。

というわけで、今日、実行することに。

クリックすると元のサイズで表示します

生育条件が合わなかったのだろう。
10年もの間、
ほとんど赤い実をつけなかった千両。

西側通路の新天地で、元気になって、
実をいっぱいつけてほしい。

掘り出された紫陽花は、気の毒だが、
ここで、堆肥になってもらうしかない。
        ↓
クリックすると元のサイズで表示します

大きなスコップで太郎孫に
頑張ってもらっている間、

姫と次郎に手伝ってもらって、
千両がいなくなった穴に赤玉土を入れ、
2株並んでいた万両を1株移した。
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します
        ↑
この万両2株は実生。
大きい方は移動させていない。

来年はきっとたくさん
赤い実を着けると期待しよう。

10年前からの万両2株は痩せ細ってしまった。、
今年の夏の暑さのせいかな?

弱った千両の近くに育っていた
実生の千両は、東の通路に移植。
   ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                    ↑
    近くに万両(?)が2株、実生で育っている。
    これもしっかり育つといいな。

実がついていないやせ細った万両の隣には
蠟梅がきれいに咲いている。
    ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                    ↑
   伸びすぎたタラはノコギリで切ってサッパリ。

お正月用の生け花として、
松・南天・橘・蠟梅・笹竹・菊・実蔓を採取。
       ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                     ↑
    太い枝をずいぶん切ったが、減った気がしない。

玄関に飾ったが、行儀の悪い枝で生けにくく、
花瓶にとにかく突っ込んだだけ。
          ↓            
クリックすると元のサイズで表示します

たくさんありすぎなので、踊り場や、リビングにも。
      ↓                    ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

「正月用の花を自家栽培したい」との夢が
10間頑張って、ようやく叶った\(^o^)/

しかし、生け方も写真もヒドイ…(>_<)

もう少しカッコよく、生けたいが、
水盤も持っていないし…(;-_-)

来年は水盤を買って生けよう!

生駒の家では毎年末、
夫が門飾りを買って来る。

しかし、今年は買っていないので、
飾らないことにした。

家の中に松をたくさん生けたので
いいことにしよう。

京都トコ会館は、長男が手配してくれたようで、

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ちゃんと飾られている。

来年の4/7で満21歳。
何か飛躍の年としなければ。。。
8



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ