最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2019/1/28

長すぎる袖などをリメイク  その他つれづれ

1/28(月)は生駒で休み。

原稿整理2点を含む仕事を
朝6時までかかって、全部片付けたので、
起きたのは11時。

とても幸せな気分で
家事をしたりテレビを見たり、
facebookを見たり投稿したり…。

突然、台風のような強風で家が揺れた。14:05
雨雲レーダ―を見ると寒冷前線の通過!

突風はすぐに止んだが、
外に出る気にもなれないし、
出る必要性もなし。

冷たい雨と強風はずっと続いて
洗濯物は乾きそうにもない。

そこで、長すぎる袖などをリメイクした
トップスを撮影し、
プログにアップするとことに。

私は頭から被って着る
セーターなどはほとんど着ない。
汗が出ないので体温調節が難しいから。

なので、ほとんど毎日、着脱に便利な
半袖のポロシャツ+カーディガン

ところが胸郭がぶ厚いので、
サイズはLLかXL。すると袖が長い。
     ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

Lだと前がはじけるのでダメ。詳しくはこの記事を ↑

新しいミシンを買ったのが2017年8月
それ以後、寸暇を使っていろいろとリメイク。

クリックすると元のサイズで表示します

@綿100%で着心地いい。ゴム編み部分を切り、
 約5cmメリヤス編み部分を切って捨て、
 ゴム編み部分を縫合。
 色違いのオレンジと、上のVネックの山吹色のも同様に。

Aアクリル100% 約10cm切り落として、Jの手首部分を縫合
 写真では極端な濃淡だが、実際は濃淡モスグーンがきれい。

B綿100%でスリム。袖は超ロング。
 切り取った手首部分はHに。
 残った断端は3つ折りぐけに。

Cアクリル100% 30年近く愛用中。
 年々袖が伸びて長くなったのを切り、
 履かない新品靴下の足首部分を縫合。

DCに同じ。

E綿100%ボートネックの長袖Tシャツ。
 夏は長袖は嫌、冬は首が寒いので、
 トコちゃんベルト用アンダー腹巻を1重にして
 首に縫合。パジャマとして快適!

FE同様だが、腹巻は2重。EFとも袖は直さず。

G綿100% スパンコールなどの光物が
 いっぱい付いていたのだが、着る機会なし。
 でも、少しばかりお洒落用にと
 スカーフを切ってフリルに。袖は直さず。

H綿100% 夏用で丈が短くボタンも1つだけ。
 なのに袖は超ロング。
 約10cm切り落としてBの手首部分を縫合。

I寒い日だけ着る数少ないセーター、裏面起毛。
 手首部分を裏返して2重にしてほどよい長さに。
 ついでに首も同様にしたら、ちょっと素敵に。

J混紡。手背日焼け防止用、袖は超ロング。
 ガーデニング用に買ったが、働きにくくて着ず、
 手首部分を切ってAに。残った断端は3つ折りぐけ。

Kモヘア入りで薄くて暖かく、長年の愛用で肘に穴が。
 断端はまつり縫いにし半袖に。
 レッグォーマーの両端にゴムを通して、
 アームカバーにしたものと
 一緒に着用すると便利で暖かい。

生駒になくて撮れなかったものや、
生駒にあるのに撮り忘れたものもあり、
リメイクしたトップスは合計20着ほどになる。

ガレージセールで300円で買ったのから
2,000円くらいまでの安いものばかりだが

東京・名古屋・京都に、薄手・厚手のを
それぞれ置いているので、数多く必要。

こんな風にリメイクしたものは
あらたまった席には着ていけない。

なのに「これしか着るものがない!」
という時もあり、先月の忘年会の日
インド料理店にDを着て行った。クリックすると元のサイズで表示します

 10年あまり前、急に寒くなった淡路島で
 農協の店に入って500円で購入。

 長年愛用している割には毛玉もできず、お気に入り。

カレー色にパッチリコーディネイトしたので
「センスがいい」

色が違う手首も「カワイイ。よく合っている」
と褒められて…、ご機嫌(*^_^*)

ということで、その後にさらに数点
リメイクしたという訳。

本心は、センスなどはさほど問題ではない。
洗い物をするときなどに

・さっと肘の上まであげられて、
・落ちてこないこと。
・かつ、きつくないこと。

とにかく着やすく働きやすく
快適に着ていられることが大切。
8



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ