最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2012/7/17

ゆがんでしまった頭はなおる?  赤ちゃん・子ども

7月7日、投稿者:双子の母 さんから以下の質問がありました。
・・・・・・・・・・・・
右に向きグセのある娘たちを仰向けに丸寝をさせていたのですが、
マイピーロのようなものをいれなかったせいか
頭が絶壁になってしまいました。
右側はまだつぶれている感じで、
後頭部の上がせり上がっているようにも見えます。

@頭の形は今からでも改善できますか。
A丸寝丸抱きはいつまでした方がいいでしょうか。
Bそろそろ寝返りをする頃ですが、
 おひなまきやカゴの中で寝かせていてよいのでしょうか。
・・・・・・・・・・・・・

まず、新生児の頭はどんな形が正常なのでしょうか?
Yahoo百科事典によると、
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
私の初孫 生後3か月(真上からではないが正常形であることが分かりますね)

ところが、私が「絶壁になってしまいましたね」と言っても、
お母さんたちは「えっ! そうですか?」とおっしゃることはザラ。

↓「上の二人も同じ形をしてましたけど、これって絶壁なんですか?」と。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
      ましてや、これくらいだと「とてもきれいな丸い頭」↑
       と思いこんでいるのが一般的。これでも絶壁なのです。

さすがに、このくらいだと頭の形を気にされますね。↓
クリックすると元のサイズで表示します

以上はほとんど左右対称、つまり「純粋型絶壁」で、
以下は左右非対称、つまり「ゆがみ絶壁」です。

左右どちらか一方に向いたまま
仰向けで寝かせていると「ゆがみ絶壁」になります。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

これは右に90度向いたまま、自分では全く動けなかった子です。
クリックすると元のサイズで表示します

向きぐせ防止クッションを使ったら左に向けましたが↑
右ひたい〜ほほ骨にかけて、90度の角がついているのがわかりますね。

この三人のような「ゆがみ絶壁」の場合は、
全身のねじれや硬直を伴っていることがあり、
どちらにも向けない純粋な絶壁よりも、育てにくいことが多いようです。

寝返りをまだしない、生後半年くらいまでだと、
向きぐせ防止クッションなどを使って、
頭の平らになっている部分を着地しないように寝かせると、
1〜2カ月でほとんど目立たなくなります。

クリックすると元のサイズで表示します
この子の場合だと、授乳ごとに左向きと仰向けを繰り返せばOK

でも、上手く向きぐせ防止クッションを使えない場合や
ひどく嫌がる場合は、教室や施術を受けられることをお勧めします。

せっかく向きぐせ防止クッションを買って使っても、
平らな硬い布団に赤ちゃんを仰向けに寝かせていたのでは
効果はあまりありません。

また、授乳クッション・天使の寝床・ネオモックなどを使っていても
仰向けばかりだと絶壁になり、片方だけ向いて寝ていれば、ゆがみます。

ですから、丸寝+向きぐせ防止クッション がいいのです。
クリックすると元のサイズで表示します
@右ばかり向いていても
A向きぐせ防止クッションを使うと真ん中を向くようになり↑
Bやがて左に向いて熟睡

向きぐせ防止クッションの使い方はこちらをご覧ください。

向きぐせがあると、向きぐせ側と反対側の脚の長さが長くなることが多いです。
↓@右向きだと左の骨盤が前にねじれ、左のつま先が伸びる。
クリックすると元のサイズで表示します
A真ん中を向くと左右の足の形がそろう。↑つまり骨盤のねじれが解消
これは上の@Aの写真を拡大したものです。

強い頭のゆがみ、特に、
頸椎(首の骨)や後頭関節(頭と首の間の関節)の強いズレを伴う場合は
大人になっても強い頭のゆがみが残っていて
強い腰痛などの体の痛みや不調が
治りにくい原因になっていることもあります。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

これくらい強い大人の頭のゆがみでも、
施術+快眠枕を続けると、2〜3年で徐々に改善する人もあります。

まとめると

頭のゆがみを作らないようにするのがベスト。
できてしまったら、なるべく早く治るよう努力しまょう。

「おひなまき」のように丸くくるむのは、
生後7カ月頃までは続けるのがいいと思います。
それ以後も丸くくるまないと寝ないような場合は続けましょう。

丸寝丸抱きは、しっかり歩くようになる頃まで、
もしくは、嫌がるまでまでは続けましょう。

籠・天使の寝床・ハンモックで寝かせる場合、
機嫌良く入っている間は続け、
授乳やおむつ交換のたびに、腹ばいで遊ばせてあげましょう。
自分から脱出して、嫌がるようになれば、やめ時です。

ところで、
肉眼だと私の胸が痛むほどのひどいゆがみでも、
写真にはリアルには写りません。
なぜなら、人間の目は二つあるので立体的に見えるのですが、
カメラは一つ目だからです。

ゆがみの強い体に出会うたびに、
「二つ目のカメラがあったらいいのに…」と思う私です。
28
タグ: 赤ちゃん  発達



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ