最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2019/9/4


9/4(水)は休みだが、酷く蒸し暑くて
家にいる気になれない。

そこで、まだ訪れたことのない
大和文華館に向かって出発。

近鉄電車で生駒⇔学園前 210円
駅から10分足らずの距離なのだが…、

暑い中ダラダラとした登り坂を歩いて行くと
ようやく、大和文華苑の門に到着

クリックすると元のサイズで表示します

620円の入館料を支払い進むと

クリックすると元のサイズで表示します

この苑内に文華会館がある。

クリックすると元のサイズで表示します

広い苑内は雄大な赤松・黒松などが林立し
季節折々に咲く花がズラリと植えられている。

また、坂道を上って行き
正面に文華館が見える辺りまで進むと

クリックすると元のサイズで表示します

もう彼岸花(@@)少し桃色がかった珍しい色↑

3日前までは涼しかったので、
秋の花達は「秋が来た!」と勘違いした?

萩も咲き始めている。↓

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

文華館の真正面には大きな鮮やかな芙蓉  ↑
玄関から撮ると、芙蓉は写らないくらい広い。    ↓

クリックすると元のサイズで表示します

ただいま展示中は「樹のちから」

クリックすると元のサイズで表示します

中国や日本の水墨画がほとんどで

クリックすると元のサイズで表示します

繊細に描かれた木々や動物たち
大胆な筆使いの絵など、様々

クリックすると元のサイズで表示します

館内は撮影禁止なので、これらはビラを撮影

売店でこのビラが目に入り、
松伯美術館にも行きたくなったが、
暑い中30分あまりも歩く元気はなし。

クリックすると元のサイズで表示します

下絵段階で、上村松園が
赤ちゃんの頭の形を丸く、
お母さんの手のところに白い紙を貼って
優しい手に書き直しているのがわかる。

さすが女性らしい観察眼!
上手な優しい抱き方!

これで赤ちゃんの背中を反らして
縦抱きにしていたら
そりゃ〜、絵にならんよね〜。

外に出ると蒸し暑さはさらに酷くなり
冷房で冷えた体に堪える。

この暑さの中でも、赤トンボは既に真っ赤(@@)
     
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

今日も元気にここまで来たという記念撮影。 ↑
      撮った所は「梅の小径」
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します

舗装道路の方からは蛙股池が見える。

クリックすると元のサイズで表示します

池の向こう岸には中野美術館があり、
割引券も受付でもらったのだが、 ↓
9/6まで休館中。残念 ⇒ クリックすると元のサイズで表示します

道路は館の下の駐車場へと続く。↓

クリックすると元のサイズで表示します

門まで戻って、文華ホールをパチリ。

クリックすると元のサイズで表示します

ホールも文華研究所も staff only

研究所とは事務所だとのこと、
ホールとはいったい何? 倉庫?

駅へと急いだが、暑さと空腹に負けて、
駅前のフランス料理店に、倒れ込むように入った。
5



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ