最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2021/5/3

どうしょう? 新型コロナワクチン  体作り・健康増進・健康管理

5/3(月)は 5日間連続高輪施術の最終日。

眼下にはリニア品川駅の工事が
着々と進んでいるようで

この前まで立っていた
赤白の巨大クレーンが
横たわっていて
スロープができている。

クリックすると元のサイズで表示します

何ができるのかわからないが
コロナ禍でも
確実に未来へと進んでいるのがわかる。

今日の朝イチは
幼児2人を連れたお母さん。

「子ども達が通う保育園とかで
 何人かPCR陽性者が出たので
 家族全員、PCR検査を受けたが
 陰性だった」

そして

「渡部先生はもうワクチンを
 打たれたんですか?」と。

私のところにも先日
京都市保健福祉局から
(住民票は京都市にあるで)

接種券が届いだが ↓

クリックすると元のサイズで表示します

「予約方法や接種場所等の詳細は
 『予約開始のお知らせ』でご案内しますで
 しばらくお待ちください」

と書かれていて

「いつどこで?」は全く書かれていない。

京都市の新型コロナワクチン接種
ポータルサイト読むと…(以下、少し要約)

「京都市では4月26日(月)から
 75歳以上の方に
 「予約開始のお知らせ」を順次届けているが

 予約開始当初は
 ワクチン数に限りがあるため
 病院・診療所等の予約を
 取りにくい状況になっている。

 しかし,6月末までに
 接種を希望される全ての高齢者に
 行きわたる数のワクチンが確保されるので
 病院・診療所等への予約は
 慌てず、落ち着いてお願いします。

私は65歳以上で75歳未満なので
6月末までに受ければいいってこと?

よく読むと
1回目の接種後20日後には
2回目を接種しないといけない。

でも、私の6月までの日程を見ると
空いている人はとても少ない。

なぜなら、半年前には概ね
日程は決まっているうえに
京都にいる日数は少ない…

接種受けた医療者の話を聞くと

「腕が痛くて、翌日まで動かせなかった」

との声が多い。

特に2回目の接種後は

「39度台の熱が出て
 全身がだるくしんどくて、不安で
 3日間、ほぼ寝たきりだった」

と語る人や

「38度台の熱が2日間…」

と語る人や

「いったん熱が下がった後も
 また熱が出て、心配と不安がずっと続いた」

などの声を聞くと

・1回目の接種には、当日と翌日の
 2日間の休みがが必要。

・2回目の接種には、当日とその後2〜3日
 計3〜4日間の休みが必要。

ということになる😮

6月末までに
そんなに休める日程は全くない。

9〜10月なら、なんとか
日程を確保できるのだが…。

それに、ネットなどを読むと
怖くなる記事も…😱

「週刊女性セブン」 2021年5/6・13合併号
         (発売日2021年04月23日)

コロナワクチン後に突然死 26才女性の最後の日

クリックすると元のサイズで表示します

「公立八女総合病院26歳小児科で働く
 女性看護師が

 新型コロナワクチン接種後4日
 クモ膜下出血で死亡した」とのこと。

本当にワクチンのせいなのか?
何とも言えないとは思うが…。

私は、小学生時代から近年まで
何度もひどい蕁麻疹が
全身に出たことがあるので

  (5年前、左前腕) ↓

クリックすると元のサイズで表示します

「強い副反応が出たらどうしよう…🥺」

それが最も不安で、何らかの原因で
予防接種後に死んでしまったら…

それこそ犬死
(犬さんには申し訳ない表現だが)。

死ぬんだリ
アナフィラキシーを起こしたり
とまではなくとも

もしも、私がワクチン接種を受けて
高熱を出して臥せったら

99%の人が
「ワクチンを打ったからや!」
と思うだろう。

なぜなら、40年以上
高熱で臥せったことがない私だから。

でも、接種を受けなければ

「施術やセミナーを受けたくない」

と思う人も多いだろうし

接種を受ければ

「安心して施術やセミナーを受けられる」

と思う人も多いだろう。

頭の痛いところだが
日程的に無理なのだから
9月下旬までは
打たないまま働くしかない。

施術・セミナーをやめて…
なんてことをしたら

それこそ、多くの人の日程を
動かしてしまうことになる。

人に迷惑をかけるような
そんなことはしたくない。

う〜ん、どうしたものか…🥺

私と同じように
悩んでいる人も多いんやろな〜。
7



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ