最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2014/4/23

完全無縫製のショーツ  商品開発

4/22(火)、夫がわざわざ私のサロンに立寄って、
食事に誘ったのは、これを私に見せるため。良い品だと思ったらしい。
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します

4/20(日)に、日本産婦人科学会の学術集会のとき
G社さんが、宣伝のために配っていたという「完全無縫製のショーツ」

全て切りっぱなしで、しかも、立体的に編まれいて、全く縫い目がない。
手に取ってみると、ペラペラした感じではなく、けっこう、ズッシリ。

履いてみると、Lサイズなのに、Mサイズのトコパンよりキツイ。
その上、腸骨稜を圧迫するのでしんどい。

それで、上前腸骨棘より下に、折り下げたところ、
強いゴムで骨盤輪を巻いたような、
圧迫感と下肢〜骨盤の、血液の循環不全感に襲われた。

そう感じるのは、血栓による大腿静脈完全閉塞の既往を持つ私だから?

それは完治しているはずだが、
ちょっとでも血行が悪くなるような衣服やベルトを着けると、
今でも、たちまち循環不全感に襲われる。

ヒップラインは美しく見えるのかもしれないが、
これほどまでキツキツのショーツを作るとはねぇ。

せっかくこんな高度の技術を持っているのに、残念。
この技術を使って、もっと軽やかに履けるショーツを作ってほしい。

私が理想的だと考えるショーツについては⇒こちらを
5
タグ: ショーツ



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ