最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2014/8/16

雨の中、トロッコ列車の旅  旅・レジャー・アウトドア

8/16(土)、夜中も早朝も土砂降りの雨だったが、
トロッコ列車は運行していて、乗れた。

クリックすると元のサイズで表示します

料金が一番高い、窓の開閉ができる車両なので、濡れない。
ちなみにこの便の6車両は、全てが一番高い料金の車両。
           ↓
クリックすると元のサイズで表示します

オートシャッターで、記念撮影。 
           ↓
クリックすると元のサイズで表示します

最初の鉄橋「やまびこ橋」。
薄い赤色の鉄橋は、旧路線で、今は歩道橋になっている。
                    ↓     
クリックすると元のサイズで表示します

車内アナウンスは富山県滑川市出身の室井滋さん。
室井さんの案内を聞きながら、キョロキョロしながらシャッターを切る。

       宇奈月ダムでできた宇奈月湖
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します

単線なので、駅ごとに対向列車との、すれ違い待ち時間がある。

対向の窓のない車両に乗っている人たちは、
我々も買ったレインートを来て、真ん中に一列に並んで座っている。
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します

発電所で作られた電気を送る送電線が、たくさん張り巡らされている。
              ↓
クリックすると元のサイズで表示します

ここが宇奈月温泉の源泉。お湯はここから直径25cmのパイプで、
7km、宇奈月温泉郷まで送られているのだと。
              ↓
クリックすると元のサイズで表示します

     すれ違う様も、情緒があり、いとをかし。
            ↓ 
クリックすると元のサイズで表示します

        細い滝が、いたるところにある。
     ↓                  ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

          山はまるで水墨画のよう。
                  ↓   
クリックすると元のサイズで表示します

      黒部川第2発電所
       ↓
クリックすると元のサイズで表示します

       万年雪
        ↓
クリックすると元のサイズで表示します

      濁流の中に、水色の岩が美しい
        ↓
クリックすると元のサイズで表示します

       小屋平ダム
          ↓
クリックすると元のサイズで表示します

ここを過ぎると、10分ほどで終着駅「欅平」に着いた。所要時間80分。
          ↓
 クリックすると元のサイズで表示します
             ↑
        ここの黒いところは
             ↓
 クリックすると元のサイズで表示します

駅舎内の食堂で夫はラーメンを食べ、私はホットコーヒーを飲み、
それから屋上の展望台に上ると、雨がザンザン降っている。
              ↓
クリックすると元のサイズで表示します

それでもレインコートを着て、傘をさして、つり橋を渡りに行ったが…、
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します

「通行禁止」が下げられたので、戻ることに。
              ↓
クリックすると元のサイズで表示します

      こっちの道も「通行禁止」
              ↓
クリックすると元のサイズで表示します

    通れる道をたどって下に降りて行き、
              ↓
クリックすると元のサイズで表示します
        ↑
      記念撮影 あ〜っ、何という肥満体! 食べ過ぎや〜((+_+))
        ↓
クリックすると元のサイズで表示します

こんな貼り紙まである。 
     ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                          ↑
    雨の中に咲く花々はとっても可憐  ツリガネニンジン

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                          ↑
                      ガクアジサイ

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

       これら以外の草花の名前はわからない。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

あまりに雨が強いので、雨宿りを兼ねて、河原のお店に入ることに。
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します

    夫は「岩魚の骨酒」と言うのを制止し、
              ↓
クリックすると元のサイズで表示します

            塩焼きに
              ↓
クリックすると元のサイズで表示します

           オデンも美味しい
              ↓
クリックすると元のサイズで表示します
              ↑
      山菜の三点盛りは、あ〜、無残な姿になってから撮影。

ゆっくり味わいながら食べているうちに、帰りの列車の時間が近づき
ここには入って見られなかった(>_<)
        ↓
クリックすると元のサイズで表示します

列車が出発して間もなく、雨が上がり、川霧が立ち込め始めた。
              ↓
クリックすると元のサイズで表示します

往路で撮影できなかったところに、狙いを定めて

クリックすると元のサイズで表示します
                ↑
おーっ、バッチリ、「東釣鐘山」の立て札と一緒に、山も撮れた\(^o^)/

             猫又の少し下にある「ネズミ返しの岩」
                    ↓
クリックすると元のサイズで表示します

ネズミを追いかけて来た猫もまた、岩を登れず落ちたと言う。

                 何ダムだったか忘れた。
                          ↓       
クリックすると元のサイズで表示します
        ↑
帰りは先頭車両だったので、車窓から後ろの車両を撮影。

            車内
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します

    トンネル内がすれ違い用の複線になっている。
               ↓   
クリックすると元のサイズで表示します

           仏石は往復とも撮れず。
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します
                               ↑
こんな鉄柱があちこちにたくさんあるし、列車は走るし、撮影は難しい。

     お猿さん用のつり橋。復路ではきれいに撮れた。
                   ↓
クリックすると元のサイズで表示します

    中世のヨーロッパのお城のようだが…、
              ↓
クリックすると元のサイズで表示します
              ↑
            柳河原発電所
              ↓
クリックすると元のサイズで表示します

あとは撮りたいところはないので、のんびりと宇奈月駅に。

復路の切符は「記念にどうぞ」と、持ち帰らせてもらえた。
              ↓
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

車に乗ってから、「そうや駅舎を撮っていない」と気づきパシャッ。
              ↓
クリックすると元のサイズで表示します

宇奈月2日目の宿、延對寺荘に向かい、少し休んだ後、遊歩道を散策した。

この日、京都府福知山市や、京都市右京区では、
またまた大雨・洪水で、大変な災害が発生したとのこと。

「災害に遭遇することなく、無事生還できた〜(^0^)」これが実感。
これもめったに経験できないいい思い出や。
7
タグ: 黒部 トロッコ 富山



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ