最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2014/8/17

櫻井麻那さんのコンサート@魚津  観劇・ライブ・映画など

今年のお盆は「富山旅行」と決めたのは
今年の3月にNHKのど自慢、グランドチャンピオンに輝いた
「櫻井麻那さんのコンサートを聞きたい!」と思ったからである。
           ↓
クリックすると元のサイズで表示します
       ↑       
彼女のコンサートが8/17に富山で開かれるとの情報は
竹内華子さんのフェイスブックへの投稿で知り、
竹内さんがチケットの手配もしてくれた。

グランドチャンピオン大会のその日、
私はパソコンに向かって仕事をしながら、
チラチラとテレビの画面に目をやりながら、歌を聞いていた。

グランドチャンピオン大会なので、
どの人も上手いのは当然なのだが…、

富山県入善町の女子高校生の歌が聞こえ出した時、
ユーチューブで、スーザン ボイルの歌を聞いた時のような
ショックを覚えた。

小鳥のさえずりのようなきれいな声と、きれいな発音
情感豊かな、絶妙の歌い回しと、身体の動き…。

「この人は並はずれている!」と感じ
発表の時は「絶対に入善の高校生!」
「あの人を選ばないなら審査員はおかしい」とまで思った。

私の予想通り、櫻井麻那さんがグランドチャンピオンに輝いた。
そして彼女は「ミュージカル歌手になりたい」と語った。

それを聞いて「いつか、絶対に、この人のミュージカルを見に行きたい」
と思った。

その日の夕方、フェイスブックを開いて、竹内さんの投稿を目にし、
夫に「8/17、富山に聴きに行こう」と誘った。

待ちに待ったこの日のコンサート。
しかし、始まったとたんガックリ。マイクの声が割れている。

おまけにギターの音とかが、耳をつんざくように激しい。
マイクが悪い、ミキサーが悪い、司会進行も悪い…。

麻那さんの踊りやちょっとした仕草も、とても上手かったが
せっかくの小鳥のさえずりのような、
きれいな麻那さんの歌声は、サッパリ。。。

でも、第二部の最初の歌、
ミュージカル「レ ミゼラブル」の中の1曲は素晴らしかった。

「スーザン ボイルのように、いや、もっと豊かな表現で
この人はきっと『夢破れて』を歌える」と思った。

まだまだ原石。これからもっと自分を磨き、
光り輝くミュージカル歌手となって、
日本のミュージカル界を、牽引していける人になってほしい。
4



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ