最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2021/7/16

祇園祭り 綾傘鉾棒振り囃子  

エンジョイ空手が終わった後
18時過ぎにやって来たのが
Nさん母子。

「祇園祭の綾傘鉾
 棒振り囃子を見てたら
 こんなに遅くなってしまった。

 見られてとてもよかった」と。

「18時半からもあるそうですよ」

まだそれを見たことのない私に
勧めてくれた。

綾傘鉾の場所も知らない私は
場所まで教えてもらい

慌てて片付けて、着替えて
荷物をまとめて
生駒に帰る前に寄ることにした。

「たぶん、間に合わないやろな?
 でも、来年の下見と思って行こう」

と、地下鉄に乗ったのが8:31
四条駅で降り
烏丸綾小路を西に進むと

鶏鉾が右手に見えても
ひたすら綾傘鉾を目指して
急いでいる私の耳に
パチパチパチ…

これは棒振り囃子が終わった拍手やな〜と
思った通り、広場(パーキング)から
揃いの浴衣の人々の姿。18:42

クリックすると元のサイズで表示します
   ↑
棒を持った男性。この人が振るんやな〜。

広場には細い薄い紙テープを持つ人や
   ↓
クリックすると元のサイズで表示します

写真を見せ合う人々の姿。

綾傘鉾って私の記憶にない
マイナーな鉾なので
鳥居をくぐって入ってみると

クリックすると元のサイズで表示します

元治の大火(1864年)で焼失した
鉾時代の鉾を模して
明治20(1887)年に作られた模型。 ↓

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
  ↑
一番上に乗っている鶏

現在の綾傘鉾は
どう見ても鉾には見えない。

が、江戸時代はれっきとした
鉾だったので、今も名前は綾傘鉾。

クリックすると元のサイズで表示します

傘のてっぺんに鶏が乗っているらしいが
見えない。写ってもいない。

帰途につくと
ビルに西日を遮られた
鶏鉾の提灯に火が入り

クリックすると元のサイズで表示します

祇園囃子が華やかに奏でられている

クリックすると元のサイズで表示します

「ここまで来たんやから
 何年、いや何十年かぶりに
 長刀鉾を見て帰ろう」

と、烏丸通りを北上。

 朝から、空手自主練・施術
 らくらく育児クラスエンジョイ空手
 動きっぱなしなのに、元気やな〜。

クリックすると元のサイズで表示します

先に、四条烏丸西側の函谷鉾を見て

クリックすると元のサイズで表示します

お囃子を聞き ↑

クリックすると元のサイズで表示します

西側からも撮り ↑
東に進んで、長刀鉾に。↓

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

長刀鉾は背が高くて
全体像を1枚に収めるのは超困難。

昨年は山鉾は建てられず
今年は「技術伝承のため」と
11基の山鉾が建てられた。

「見に来ないように」
との報道にもかかわらず
見に来ている人はけっこう多い。

私もその一人だが
キャスターバッグを
ゴロゴロ引いて歩いている姿は
どう見ても仕事での出張姿。

本来なら今日は宵々山で
歩行者天国になり
四条通は人の波になる。

でも、今日は平常通りに
車が走っていて
人出は例年の宵々山の1/10くらい?

それにしても
東日本から京都に引っ越してきて
まだ2〜3年のNさん。

43年間も近畿にいる私よりも
京都観光について良く知っていて
観光経験も豊富。

Nさんに教えてもらって
この歳になって
京都観光をしようとあがいている。
なんと呆れた私😄

生駒に帰って YouTube を見ようとしたが
雷のせいでネットはつながらず…😥

翌16(金)、青葉での仕事から帰った夜
やっとネットがつながり
棒振り囃子のYouTube を見たところ
棒の回し方は
バトンの回し方と同じで
大相撲の弓取り式の回し方とも似ている。

せっかく見るのなら浴衣姿ではなく
本格的な衣装姿で
巡行しながら振るのを見たい。

そんな夢を実現させようと思ったら
準備も暑さとの戦いも…
あ〜、大変そう🥺
6

2021/7/14

きれいになった名古屋駅太閤口  

7/14(水) 名古屋施術を終えて京都に。

「さて、夕食はどうしょう?
 京都は高いし…」と考え

結局いつもの みゆき で食べることに。

サロンのあるマンションの表玄関側から
駅に向かって歩いて行くと
見慣れた景色とは違う。

真正面に茶色っぽいきれいなビル👀‼️

クリックすると元のサイズで表示します

前回、みゆきで食べたのは2カ月前。
そう思い返すと

「新しいビルが建ったんや」

と思ったような記憶が…。

でも、暗かったし
振り返って撮影なんかしなかった。

それ以前も、みゆきに向かうのは
ほとんど駅から。

なので、明るい時間に
この道を通って駅に向かうのは久しぶり。

振り返ればここには、長年…
木造平屋の建物が2軒あった。

1軒は昭和40〜50年代風の居酒屋で
もう一軒は朽ちかけた廃屋だった。

名古屋の太閤口を出たすぐに
何でこのような
旧態依然とした建物が…と
十数年間、眺めていた。

高齢の方々の話を聞くと
名古屋の駅西は
終戦後は広大な闇市だったそうな。

「ここに来れば
 どんなものでも売っていたが
 怖くて若い娘が
 近寄れるところではなかった」と。

戦後75年も経って、ようやく
そんな面影がなくなったと言えるかも?

名古屋駅も美しく見える。

クリックすると元のサイズで表示します

近年は駅西銀座通りを通って
駅に向かっていたので
ここから駅を眺めるのは久しぶり。

2027年にはリニアも営業開始となるし
駅西もどんどん変わっていく。

でも、10年後も

クリックすると元のサイズで表示します

みゆきで晩酌・夕食を

クリックすると元のサイズで表示します

楽しめますように。
1

2021/4/20

五稜郭⇒長万部⇒倶知安⇒小樽  

函館施術会を終え
五稜郭駅まで送ってもらい
特急北斗に乗車。

クリックすると元のサイズで表示します

夕焼けの大沼公園 駒ケ岳が美しい。

クリックすると元のサイズで表示します

長万部で各駅停車に乗り換えだが

クリックすると元のサイズで表示します

無人駅の時間帯

「発車時間が近づいたら
 乗車ホームに行きなさい」

という掲示。 ↓

クリックすると元のサイズで表示します

強風の唸り聞きながら
写真の整理などをして
46分間、時間を過ごし

ホームで震えながら
少し遅れてきた列車を待ち
ようやく乗車。

クリックすると元のサイズで表示します

可愛いくきれいな車内に
2両でお客さんは数人

採算合わないよね〜。

クリックすると元のサイズで表示します

でも、廃線にならないうちに
絶対に乗っておきたい路線。

ニセコに到着。車窓から撮影。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

小沢・銀山間が斜面崩壊のため
倶知安で降車し

クリックすると元のサイズで表示します

代行バスに乗車。
乗客は私を含め5人。

スタッフは2人。
ますます赤字が増えるよね〜😥

クリックすると元のサイズで表示します

ウヰスキーの樽が置いてある余市駅

クリックすると元のサイズで表示します

真っ暗な中、小樽に近づくと
急に街明かり。
小樽は都会なんやな〜と感激。

クリックすると元のサイズで表示します

ホテルのドーミーインは駅の真ん前。

クリックすると元のサイズで表示します

お部屋はツインルームで広々👀‼️

クリックすると元のサイズで表示します

長万部・倶知安・小樽
踏んだことのない地に立ち

乗ったことのない路線を通り
代行バスにも初めて乗り…

人生初のことを
たくさん経験できてよかった〜😄
5

2021/3/27

高輪ゲートウェー駅、初利用  

目黒川から品川駅に着き
下車して
鮭の肴になるものを買おうかと
駅構内のお店を見歩いたが…

「あっ、高輪ゲートウェイ駅で
 降りようと思っていたんや」

と思い出し
まだ改札を出ていなかったので
また山手線に乗り、高ゲーで下車。

クリックすると元のサイズで表示します

高ゲー開業から1年過ぎて
やっと駅舎内に入った。

階段の途中で振り返って撮影。
人っこ一人見えず。

クリックすると元のサイズで表示します

改札階に上がると、無人のお店。↑
振り返ってみあげると、幾何学的な天井 ↓

クリックすると元のサイズで表示します

ガラス越しにホーム階を見下ろすと
山手線・京浜東北線の電車が見え
ホームには1人だけお客さんらしき人。↓

クリックすると元のサイズで表示します

改札の横にはどこの駅も
駅員さんがいるが
ここには誰もいない。

その奥の部屋には明かりがついていて
制帽がかかっているので
必要時のみ
部屋から出てくるのだろう。

クリックすると元のサイズで表示します

1人の駅員さんを見ることなく
改札を出て、振り返ると
無機質で殺風景な、大きな駅舎。↑

向かって左には、喫茶店などがあるようだが…。
        ↓
クリックすると元のサイズで表示します

その左に広がる東京の街
東京タワーが見える。   ↓

クリックすると元のサイズで表示します

品川駅方向に進み
駅舎を見ながら

「冷暖房費もかかりそう」

「屋根にはソーラーパネルが
  ついているのかな?」

などと想像が膨らむ。

クリックすると元のサイズで表示します

品川駅方向への出口に差し掛かると
高輪サロンのある
赤い看板のビルが正面に見える。

クリックすると元のサイズで表示します

高い金属の塀に
両側から挟まれるように進むと
第一京浜が見えてきた。

未来の空間から
やっと人間社会に戻った気分。

将来、東京のJRの駅といえども
こんなほぼ無人駅になるんやろねぇ。
4

2021/3/26

目黒川の桜  

3/26(金)の高輪施術
いつもより早く終了。

生駒の家を出る前
テレビで目黒川の桜が咲き始めて
人々が行きかっているのを見た。

地図・路線を調べてみたら
中目黒駅のすぐそば。

それなら品川駅から短時間で行けるし
迷子になる心配もない。

「行ってみよう!」と
暗くなってから出かけた。

駅を出るとすぐに
交通整理員さん達がたくさんいて

クリックすると元のサイズで表示します

「一方通行」などの看板を掲げて
「立ち止まらないでください」
などの声掛けをしている。

クリックすると元のサイズで表示します

満開〜散り初めで、最高の見ごろ😄

2013/4/16 造幣局の通り抜けの混雑ぶりを思えば
とても少ない人通り。

あちこちから

「今年は人が少ないねえ」

「ぼんぼりがなくても
  街灯だけで十分だね」などの声。

クリックすると元のサイズで表示します

シートを敷いて座っての
宴会花見ができないよう
ロープが張り巡らされている。

が、沿道の飲食店内も
外のテラス席も、どこも満席。

1年で一番の稼ぎ時に
営業できて、よかったね〜。

談笑しながら飲食をしている
たくさんの人々の姿が見える。

クリックすると元のサイズで表示します

全部ソメイヨシノのようで
太くて、かなりの老木のよう。

クリックすると元のサイズで表示します

確かにきれいだと思うが
歩いているうちに

クリックすると元のサイズで表示します

私の第二の故郷、京都の
岡崎公園〜疎水べりの
桜が脳裏をよぎる。

クリックすると元のサイズで表示します

「あぁ〜、京都に帰って
 あの時のように、また舟に乗って桜を愛でたい」
と、無性に恋しくなった。

クリックすると元のサイズで表示します

紫っぽい花かと思ったが  ↑
ライトアップされているよう。

クリックすると元のサイズで表示します

10分余り歩くと
人も桜の木も少なくなり
ここで引き返し

「やっぱり私は、関西人やな〜」
「東京の人にはなれない」

などと思いつつ、帰路についた。
3

2021/2/6

堀川・一條戻橋  

2/6(土)は京都施術。

土曜なのにコロナ緊急事態宣言のせいか
3週続けて土曜の施術日を決めたせいか
午前中だけで仕事が終わってしまった。

そこで、53年間も京都に住んでいながら
まだ行ったことのない所に
行ってみることにした。

歩けなくなってから
悔いを残すことがないように。

本日の目的地は
トコ会館から歩いて30分ほどで行ける
一條戻橋と晴明神社。

14:25に出発し府庁前。きれいな青空で温かい。

クリックすると元のサイズで表示します

少し西に歩くと、京飴の店。なんと昭和な〜。

クリックすると元のサイズで表示します

堀川の東側の通りを北に進むと

クリックすると元のサイズで表示します

京都市指定保存樹と書かれた
立派な黒松のある 史跡 伊藤仁齋宅

クリックすると元のサイズで表示します

出水橋のところで階段を下り

クリックすると元のサイズで表示します

川に沿って歩くと
白と黒の小鳥(ハクセキレイ?)が
何羽も川で遊んでいる。
   ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ハトも私の真ん前まで平気で歩いてくる。  ↑
胸の緑がきれいで、思わずパチリ。

ユキヤナギが咲き始めているので
赤く咲いているのは
ツツジかと思ったが、サザンカだった。↓

クリックすると元のサイズで表示します

側壁が石からレンガに変わったかと思ったら

クリックすると元のサイズで表示します

急に趣のあるレトロな橋。

クリックすると元のサイズで表示します

これは、堀川第1橋(中達売橋)で
京都市指定有形文化財なのだそうな。

そこからさらに進むと
一條戻橋が見えてきたが、普通の橋や。

クリックすると元のサイズで表示します

上がって橋から南を見ると ↓

クリックすると元のサイズで表示します

北を見ると、まったく景色が違う。

クリックすると元のサイズで表示します

鬱蒼としていて急こう配。
突然、鬼か出てきそうな雰囲気に変わるが

梅ではなく桜? もう咲き始めている。

クリックすると元のサイズで表示します

戻橋を渡って堀川通の東側を北に進むと
生い茂った樹木で堀川は見えなくなり
また見え始めたところから南に振り返ると

川はさらに急勾配となり
四角く覆われた中を水が落下しているよう。

クリックすると元のサイズで表示します

堀川通から川のほとりに降りてみると

クリックすると元のサイズで表示します

鬱蒼とした森の中の、小川のような雰囲気。
こんな街のど真ん中なのに…。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

堀川通に戻ると道端に、見たことがない花。
クローバーのような葉に黄色の花。
     ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                     
      小さなミカンもなっている。 ↑

・・・・・ここから、晴明神社に・・・・

帰途は、やはり堀川に沿って帰ることにし
堀川が地上を流れている北の端
今出川通まで歩くと、ここが最上流。
                ↓
クリックすると元のサイズで表示します

覗き込んでいると
傍に座っていた中年男性が

「下流で工事をしてるさかい
 水量を減らしているんや」と。

どおりで、少なすぎると思った。

クリックすると元のサイズで表示します

一條戻橋までは暗くて鬱蒼としているが
橋の南は急に明るくなり
橋のたもとには可愛い水仙も。

クリックすると元のサイズで表示します

北から見ると堀川第1橋のある風景は
中世のヨーロッパのような雰囲気。

クリックすると元のサイズで表示します

仲良く寄り添って座っている若者も。

往路で行き止まりになっていて
段差をピョンと飛び降りたところ。

クリックすると元のサイズで表示します

まだこれくらいの段差は飛び降りられる😄

府庁前まで戻って来ると
大文字山が見えたのでパチリ。

クリックすると元のサイズで表示します

でも電線が多くてきれいじゃない。

やはりの、京大病院の北の
近衛通りから見るのがきれい。

懐かしいな〜、見に行きたいな〜
と思いながら歩き
16:18トコ会館着。

2時間弱の散歩は濃厚だった。
5

2021/1/4

生駒山宝山寺と庭の花  

前の晩は早く寝たので
1/4(月)は4:30に起床。

早く起きると午前中が長い。

ウニの炊きごみご飯を炊いて
ブランチを摂り
生駒山宝山寺に参詣に…、

と思って玄関を出ると
庭木の手入れをしたくなり
小一時間
暖かい日差しの中で剪定。

12:13にようやく出発
急坂の連続で
10分後にはハーハー
   ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

このあたりが最もしんどい所で  ↑
まだまだ階段が続く。

山門が見えるとすぐに人の列👀‼️

クリックすると元のサイズで表示します

この先、本殿まで人の列かと思うと
最後尾につく気になれず…

ここで参拝して、帰途に。

わが家が見える所まで来ると
緑の壁に赤い南天が映えて美しい。

クリックすると元のサイズで表示します

出発からちょうど1時間で帰宅
すぐに選定の続きをしながら撮影。

クリックすると元のサイズで表示します
           ↑
早い時期から咲き始めた
変わり咲きのボケ。

◇から枝を伸ばし
可愛い花がいっぱい。
         ↓
クリックすると元のサイズで表示します

甘夏ミカンはすっかり濃い黄色になり  ↑
17個も生っている。
    ↓
クリックすると元のサイズで表示します

たくさん実らせるより 
大きな木に育ってほしいのに
私の思い通りには全然ならない。

ビワの花も、小さな実もいっぱい。
        ↓
クリックすると元のサイズで表示します
        ↑
アンタはこんなに大きな木に
育たんでもえのに〜。
6

2020/11/4

宇太水分神社〜生駒  

カエデの郷 ひららを発ち
すぐ近くにある宇太水分(うたみくまり)神社に。

クリックすると元のサイズで表示します

5分もあればザッと見て、写真も撮れるだろうと予測。
ところが国宝が3点もあるのだと!
     ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

夫婦杉の写真を苦労して撮ったり  ↑

クリックすると元のサイズで表示します

重要文化財と書かれている本殿を撮ったり…

クリックすると元のサイズで表示します

どれが国宝なのかもわからないまま
パチリパチリと撮影し
時計を見ると12:37(@@)

クリックすると元のサイズで表示します

走ってバス停に向かった。

しかし、走っているのは心だけ。
ちっとも足は進まない。

バス停は橋を渡ったところと記憶していたので
目に入った橋を渡ったところ
目の前を榛原駅行きのバスが通り過ぎて行った。

ここにバス停があったはずなのに…? ない!

見ると、バスは交差点をクルッと回って
走って行く方向を見たら、もう一つ橋があった。

橋の架かった道路は2つあったんや〜!
おまけにややこしい5差路

しまった〜、
あっちの橋を渡るべきやったんや_| ̄|○

あ〜、次のバスは1時間後。
昼食も食べてしまったし
こんな田舎で、どうしよう…😥

そこで思い直した。
そもそも、今日は歩きたかったんや。

それなら歩こう!
と、榛原駅に向かって歩き始めた。

往路は15バス停、所要時間15分
片道7kmあまりだった。

ということは、8バス停分、3.5kmほどを
1時間かけて歩けば、次のバスに乗れる。

そう思ってひたすら歩いた。
歩いても暑くはなく、気持ちいい。

最高のウォーキング日和。
そこで気付いた。

我々は小学校で
最も快適な気温は18℃だと習った。

でも、近年18℃の室温だと寒いと感じ
「せめて20℃は欲しい…」と思っていたが…

「18℃というのは畑などで働くときに
 快適な気温なんや!」と

この歳になって気づいた。

ちょうど8つ目のバス停に着いたのは13:45
13:48のバスまで3分!

暑くなってコートを脱いだ姿を自撮りで記念撮影。
  ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ひどい顔や。これでもあと何年か経ったら
「あ〜、このころは若かったな〜」
と思うんやろな〜。

バスにはバッチリ乗れたが
榛原駅に着くとちょうど大阪方面行の
急行が出ていくのが見え、ガックリ。

16分ほど待って次の急行に乗り
大和八木で降車せず
東大阪の布施まで行ってみることにした。

一度この路線を通ってみたかったから。

布施に着き、奈良行きのホームに急ぎ
着いたと同時に急行のドアが閉まり
乗れず_| ̄|○

何と乗り継ぎの悪い日よ😥

結局、生駒に帰り着いたのは
ずいぶん遅くなってしまった。

家に着いて夫の話を聞くと
5時間かけて12km、生駒山を歩いたそうな。

緩い下り坂の平坦な舗装道路を
3.5km歩いただけで疲れたのに
夫と一緒には歩けまへん。

ということで、この頃はいつも
休みの日も夫とは別行動。

その方が気楽で楽しい。
5

2020/8/5

美しい町 美唄  

7/30(木)の美唄施術終了後
主催者の菅里奈助産師の
まーこっこ助産院

先祖代々受け継いでいる郵便局の見学に。

クリックすると元のサイズで表示します

今は里奈さんの夫さんが郵便局長で
まだ残っている仕事の手を止めて
挨拶に出てきてくださった。

自宅と助産院は隣なので ↓ 通勤は10歩ほど?

クリックすると元のサイズで表示します

その後は、美唄出身の安田侃氏の
彫刻美術館 アルテピアッツァ美唄に。

クリックすると元のサイズで表示します

廃校になった小学校の校舎と敷地を活用して
彼のオブジェが飾られている。

クリックすると元のサイズで表示します

この白くて丸い石に苔が付かないよう
市の職員が1個1個磨いているのだと(@@)

自然派・アウトドア派の私には
よくわからない芸術だが

クリックすると元のサイズで表示します

HPには
「今を生きるすべての人が、無心に、自由に、
 思い思いの時間を過ごすための芸術広場です」

と書かれている。
確かに、現実を離れて
メルヘンチックな気分に浸れる。

ところが、奥の方に進むと
ヒグマが出没することがあり危険とのこと。

急いで次の目的
地焼き鳥で有名なたつみに。

入店したのが、士別に移動する
特急発車時間の30分前。

飲み物とサラダと串カツを2人で食べ

クリックすると元のサイズで表示します

焼き鳥は食べる暇がなく
容器に詰めてもらい
発車11分前に店を飛び出た。

特急ライラックの中で食べ
士別のホテルでもビールのアテとし
残った2本は翌朝に食べ、完食!

美唄の人達の
ソウルフードとなっているそうな。

なるほど…と、頷きながら
美唄の味を堪能した。
8

2020/8/4

函館朝市⇒伊丹空港⇒京都  

函館施術会の後は
前日と同じホテルに連泊し

チェックアウトの10時ギリギリまで
PCと向き合った後
すぐ近くの函館朝市をフラフラ。

10年あまり前に夫と訪れたときは
買い物客でいっぱいだったのに
COVID-19 のせいだろう、閑散。

そんなところにキャスターバッグを
ゴロゴロと引きながら歩いている私には

「何買いたいの?」
「何探しているの?」

と、周囲から執拗に声がかかる。

イカ飯などを買おうかと思ったが
どれも保存料・着色料などの添加物がいっぱい。

仙台駅を訪れたときには、ほぼ毎回立ち寄る
            ↓
クリックすると元のサイズで表示します

「食材王国みやぎ」の品は
添加物が入っていない。

なので、作れるはずなのに
入れるのが当たり前になっている?

もっと企業努力をしてほしいものだ。

ウンザリしながら歩いていると、
きれいなホタテ・カキなどの貝類が
浅い水槽に並んでいるのが目に入った。

聞けば養殖物ではなく、天然物だと(@@)

店員さんも「売りさえすればいい」感じではなく
商品の説明を詳しくしてくれる。

さっきまでのウンザリ感は消失。
「ここで買う!」と決めた。

気が大きくなって
貝類・富良野メロン・昆布などを
次々と購入。

発送伝票を書き、支払いを済ませると
こんなカードを渡された。

クリックすると元のサイズで表示します

「えっ、ということは高田屋嘉平と関係あるの?」
と尋ねると

「そうです。今の社長は高田屋嘉平の6代目です」

「高田屋嘉平の名にかけて
 いい加減な、粗悪な品は売れません」と(@@)

淡路島と函館で
高田屋嘉平資料館の見学をしたとき

「脱公務員をし、事業を創めるなら
 高田屋嘉平みたいに
 世の中を変えるくらいの気概を持ってやろう!」

と思ったことが懐かしくなり
社長に会ってみたかったが
残念ながら来ておられなかった。

外に出て店を撮影していたら
先ほどの店員さんが、撮影してくださった。
          ↓
クリックすると元のサイズで表示します

その後、朝市をチラ見しながら函館駅に行き

クリックすると元のサイズで表示します

駅の中に掲げられている
「縄文遺産群を世界遺産へ」を見て

クリックすると元のサイズで表示します

先日読んだ
ニューギニアの祭りの話や
瓜子姫と天邪鬼の話や
生贄の女性の代わりに作られた
 土偶の話などを思い出し

「現代の若者や子ども達に、
 こんな怖い話をどう伝えていくのだろう?」

と、身がすくんだ。

函館の主な観光地は全て観たし
小雨混じりの強風では
どこにも行く気にならず。

駅前のバスターミナルから
空港行きバスに乗車。

クリックすると元のサイズで表示します

時間がたっぷりあるので
450円の直行バスではなく

市内の観光地を回ってから空港に向かう
300円のバスを選択。

クリックすると元のサイズで表示します

五稜郭やトラピスチヌ修道院 ↓

クリックすると元のサイズで表示します

などの函館の名所を眺めながら
空港に到着。

空港や機内で写真の整理や読書をし
予定通り15時半頃
伊丹空港に着くと、うだるような暑さ。

天気予報では
明日の京都は38℃と!

日本で一番の高温になるらしい。
天国から地獄に落ちた気分や〜(>_<)
7

2020/4/2

生駒山を登ってランチに  

4/2(木)は施術予約もないし
PCと向かいあう仕事もなし。

運動不足解消に生駒山を歩こうかと考え
それなら
2020/1/4 に「入りたい!」と思った
ナイヤビンギでランチを!

と、電話をすると、12時台はいっぱいで
13時〜1名で予約が取れた。

11:30頃から風が強くなり
雨も降りだし、困ったな〜と
ネットで雨雲データを見ると
12:10には止む!

12:10になると、ほんまに雨があがった!
素晴らしい精度や。

息を弾ませながら坂道・階段
を昇って行くと、12:47に到着。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ちょっと早いので

クリックすると元のサイズで表示します

少し上がったあたりで撮影していると

クリックすると元のサイズで表示します

13時になり、お店に入った。

以下は、帰途での撮影。

クリックすると元のサイズで表示します

風も止みきれいな青空になった。

クリックすると元のサイズで表示します

いろんな桜の古木が多く

クリックすると元のサイズで表示します

とてもきれいなのだが、電線が邪魔。

クリックすると元のサイズで表示します

我が家からの景色も電線が気になる。

徒然草ではないが、いつも
この電線なからましかばとおぼえしか。

トリミングして電線をカットすると
いい写真になるんやけどな〜。

美味しい空気を吸いながら
いい運動ができるのだから
電線くらいは我慢せなアカンな〜。
4

2020/3/30

懐かしの聖護院中町  

3/30(月)の孫達の基本整体修了祝いに
懐かしの聖護院荘さんのお料理を
いただくことに。

長男の車で以前住んでいた
家の近くまで送ってもらうと

18年ほど前まで私が住んでいた家!
    ↓
クリックすると元のサイズで表示します

この家に引っ越した30年余り前
息子達がまだ小学生だった頃を
懐かしく思い出す。

クリックすると元のサイズで表示します

今は他の方が住んでいるが
外観はあまり変わっていない。

クリックすると元のサイズで表示します

こちらは聖護院層のガレージだったところに ↑
新築されたマンション ↓

クリックすると元のサイズで表示します

以前の聖護院荘の門の方まで歩くと
ほとんど雰囲気が変わっていない門。

クリックすると元のサイズで表示します

通路も同じだが
両脇の草木がなくなっていて少し寂しい。

割烹の玄関の前には
以前からあった石灯籠と狸たち。

クリックすると元のサイズで表示します

ん? 狸は増えている?
4

2020/1/4

生駒山宝山寺参拝  

1/4(土)は伏見稲荷参詣の日

そう決めて、一昨年までは10年以上続けた。
(2015年 大槻能楽堂に行った以外は)

ところが…、年々(2017年 ↓)
外国人が増加 ⇒ クリックすると元のサイズで表示します

特に千本鳥居あたりは
まったく歩けないくらいの混雑 (2016年)
           ↓
クリックすると元のサイズで表示します

それで昨年は夫だけが行き、
私は東大寺ミュージアムに行った。

今年は夫から「伏見稲荷は
 外国人が多いし、やめよう」と言い出し

夫はトコガーデンの木々の枝切りに行って
お昼になっても帰ってこない。

私は冷凍庫の残り物の
松茸ご飯の具を使って炊いた松茸ご飯
   ↓
クリックすると元のサイズで表示します

一人昼飯は面倒で、半分に筑前煮を入れ
やや薄味過ぎの炊き込みご飯と交互に口に。

すると、味わったことのない
旨味と香り、これは最高!
と…、オカワリまでしてしまった。

やがて、だんだん体がムスムズしてきて
家から脱出したくなり
生駒山宝山寺に初詣に行こうと決意。

カメラを持って一人で家を飛び出すと
すぐに庭木を撮りたくなる私。

門の外からカメラを高く構えて撮ってみると
いつもとは全く違った感じの写真が撮れた (^^)v
          ↓
クリックすると元のサイズで表示します

それから40分ほど息を切らしながら
坂道と石段を上がると、山門に到着。

すぐ右手のお土産店に入り、
小休憩を兼ねて、暖房の効いた店内をフラフラ。

その2階で仏画の展示即売会をしていたので見学。

クリックすると元のサイズで表示します

もちろん、何も買わずに店を出て参拝に

クリックすると元のサイズで表示します

宝山寺の象徴、巨大財布にも
わずかばかりのお賽銭を入れたが

クリックすると元のサイズで表示します

この巨大財布を自分の財布で撫で回すと
お金が貯まると伝わっているのに
財布を持って来なかった(*_*;

これまで財布を持って来たことがない私。
やむなく手で撫で

「神様も仏様もこんな私を
 金持ちにはしてくれないよな〜」

な〜んて思いながら、すぐに下山。

長い石段の向こうに矢田丘陵・奈良市街が見え
しかもこの瞬間、近くには誰もいない!

絶好のシャッターチャンスとばかりに撮ったが
矢田丘陵・奈良市街も全く映らず、真っ白(>_<)
           ↓
クリックすると元のサイズで表示します

撮り直そうと思ったら、人影がチラチラ。

コンパクトデジカメで
時間をかけもせずに
いい写真を撮ろうなんて
無理やわな〜。

参道の途中には、年越しヨガイベントを
毎年やっているヨガスクールや

クリックすると元のサイズで表示します

エスニックなレストラン
喫茶店などがいくつかある。

クリックすると元のサイズで表示します

生駒駅周辺は食事のできる店が少ないので
運動を兼ねてここまで30分程坂を上がり
夕食後はケーブルカーで降りればいい!

家に帰って、夫にそう伝えると
夫も乗り気!

あと何十年も生きられるわけではないし、
いろんな料理も味わってみたいものだ。
5

2019/12/5

懐かしの岡崎道  

12/5(木)泉屋博古館から動物園へ、
岡崎道をキョロキョロしながら歩いて移動。

京都市立岡崎中学校

クリックすると元のサイズで表示します

私の子ども達も太郎孫も近衛中学だったが、
引越ししたため姫孫がここに通うようになった。

丸太町通りを挟んで北側が岡崎神社

クリックすると元のサイズで表示します

干支が卯の年に賑わう神社なので、
2011年のお正月に
初詣に来た記憶がある。

それ以前も、この界隈は生活圏内だったので
懐かしくて胸いっぱいに。

平安神宮に接する東側道路沿いは
よく通ったエリア。

昔はなかった店もあれば

クリックすると元のサイズで表示します

六方焼を作って売っていたお店は、
中でスイーツを食べられる店に変わっている。

クリックすると元のサイズで表示します

私がこれまでに食べた中で
「一番美味」と太鼓判を押す蕎麦屋さんの前には
行列ができていた。

以前は行列なんか、なかったのに。

クリックすると元のサイズで表示します

動物園からの帰り、
14時を過ぎてもまだ行列が。

クリックすると元のサイズで表示します

6歳くらいだった長男を連れて
私と2人だけでこの店に来たことがあった。

一口食べた途端、大声で
「おいしいっ! なんで〜? 京大生協のとは全然違う!」と。

店内のお客さんや、お店の人の目が
一斉に私と長男に注がれ、私は赤面。

京大生協の蕎麦しか
食べさせていないことがバレバレ(*_*;
3

2019/11/17

山手線・京浜東北線 移動  

11/15(金)の夜のTVニュースでは

「山手線・京浜東北線の線路移動工事のため
 11/16(土)は大規模運休」と、大々的に放送。

運休距離も時間も
山手線開業以来初の規模だとか。

クリックすると元のサイズで表示します

16(土)は高輪施術が始まる前に外を見ると、
人や工事用具を積んだ軽トラックがあちこちに。
    ↓
クリックすると元のサイズで表示します

運休や交通混雑のため、
施術に来られる方達の到着が遅い。

大崎から1歳2カ月児を連れて
歩いて来られた方や、
バス待ちの長蛇の列で大変だったとか…。

それでも、予約されていた全員が
来室して下さり、感激。

山手線も京浜東北線も走らないと、
サロンは静かで、東日本大震災時の
運休を思い出してしまった。

最後の方の施術終了時は 16:30
すぐにベランダに出て外を見ると、
山手線が走っている!

「歴史的瞬間を撮りたい!」なんて思っていたが、
そんなに甘くはなかった。

クリックすると元のサイズで表示します

線路はもう日陰に入ってしまい、
綺麗に撮影できず、残念。

でも、予定通り工事は成功。良かった〜(^o^)

17(日)の施術開始前
高輪ゲートウェー駅(高ゲー)から
山手線が出て来るのが見え
       ↓
クリックすると元のサイズで表示します
           ↑
眼下では、もう使われなくなった線路を
撤去してるのだろうか、たくさんの人が働いている。

お昼休み、高ゲーから出てくる山手線と、
           ↓  
クリックすると元のサイズで表示します

高ゲーに向かう京浜東北線を、何とか1枚に収めたが ↑
いいシャッターチャンスは、全く得られず(-"-;    

こうして電車を眺めていると、
新しい時代の足音が聞こえてくるよう。

クリックすると元のサイズで表示します

2020年3月、高ゲー開業
2026年、リニア開業

いつまでここで、電車を眺めていられるかな?
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ