最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2018/9/20

上野公園・西郷像・不忍池  旅・レジャー・アウトドア

美術展を2つ観ると、疲れて、
それ以上歩きたくなくなるのだが、

今日は、西郷隆盛像を見ることとし、
いつもは歩いたことのない方向に進むと

     彰義隊の「戦死之墓」
           ↓
クリックすると元のサイズで表示します
           ↑
明治政府にとっては賊軍であるため
政府をはばかって、彰義隊の名は刻まれていない。

この西郷さんの像はしばしばテレビでも紹介されるので
一度は見ておこうと思って来た。

 クリックすると元のサイズで表示します

なのに、上野戦争で彰義隊と対峙した
大村益次郎の像@靖国神社
紹介されることがないのは・・・?・・・判官びいき?

西郷さんの像のすぐ前にあるビル「上野3153」内にある
上野精養軒でオムライスハヤシソースを注文。

SNSで「とても美味しい」と読んだが、
私の口には合わなかった。

クリックすると元のサイズで表示します

卵の味付けが微妙に甘く、
ハヤシソースの牛肉のアク(?)がずーっと後を引いた。

それに1,380円は、近畿と比べたらメチャ高い。
土地値やね。

大阪の天神橋商店街で食べたオムライスが
無性に恋しくなってきた。

東京で何か食べると、たいていこんな感じになる。
コンビニ弁当の方が、当たり外れがない。

食後、不忍池を目指して歩くと
道端にルコウソウ!
     ↓
クリックすると元のサイズで表示します

35年ほど前、我が家で育てていたのに
いつの間にか消えた。

あまりに懐かしくて種を採取。

萩・サルスベリ・弁天堂・高層ビルと
秋夏・古今が入り交ざった景色を見ながら進むと

クリックすると元のサイズで表示します

大きな蓮の葉がびっしりと生い茂った池のほとりに石碑

クリックすると元のサイズで表示します

徳川家康が使っていた眼鏡が刻まれた眼鏡の石碑。

クリックすると元のサイズで表示します

弁天堂には、歌手などの名前が書かれたたくさんの提灯

クリックすると元のサイズで表示します

堂の周囲で小鳥がさかんに鳴いているので
見るとスズメの大群。

でも、カメラを向けると飛んでいき、3羽だけ写った。
           ↓
クリックすると元のサイズで表示します

蓮の葉ばかりで水面が見えない。

クリックすると元のサイズで表示します

40年ほど前に来た時は、水面は見えた記憶があるが…

クリックすると元のサイズで表示します

と歩いて行くと、花束のようなヒガンバナ
今年、ヒガンバナを見たのは、これが初めてや〜。

そのまま池の中の細い通路を行くと、
肥満鯉が大きな口を開けて、餌をおねだりしている。

クリックすると元のサイズで表示します

「見苦しい姿」と思いつつ、
「食欲には勝てない自分も同じか…」と。

そこを超えると水面が見え、ボート・スワンがズラリ。
        ↓
クリックすると元のサイズで表示します

池の広さわりには、ボートが多過ぎや。

「こんなところでボートを漕ぎたくない」と思ったとたん
「福岡の大濠公園の池で、もう一度ボートを漕ぎたい!」

そう思いながら上野駅に戻り、
ホームが遠いのでいつもは乗らない

クリックすると元のサイズで表示します

普通品川行き電車に乗車。
東京・新橋・品川と、3駅目で終点品川。速い!

クリックすると元のサイズで表示します

ますます便利になる品川。

リニアが運行するようになっても、
元気に働いていたいものだ。
5

2018/8/26

木古内⇒函館 -道南いさりび鉄道-  旅・レジャー・アウトドア

8/25(土)の仙台セミナーの翌日、
函館で施術会を開くことに決めた。

ところが、函館市内のホテルは早々と満室。

その理由は、GRAYのコンサートが
25(土).26(日)の両日、 
2.5万人×2日 の規模で開かれるからだと。

検索すると、木古内で新幹線を降りて
そこで泊まって、
翌朝「道南いさりび鉄道」で
五稜郭に向かえば、十分間に合うことが分かり、

クリックすると元のサイズで表示します

ネットのつながりがよさそうな宿であることと、
このマップを見て、少し歩く方がいいと思って
「きたかい」に決めた。

私が遠征するとしばしばイベントに遭遇する。

これまでも、ホテルも飛行機も
特急電車の指定席も取れないことが何度もあった。

仙台から函館まで立ち席はつらい。
そこで、えきねっとで切符を予約をトライ。

したことがないものだから、
HPを見ても、どうなっているのか理解できず、
悪戦苦闘の末、何とか予約。

その1週間後、切符確保のメールが届き、ほっ。

10年前、青森で三内丸山遺跡と、

クリックすると元のサイズで表示します

ねぶたを観た後、

クリックすると元のサイズで表示します

JR急行「はまなす」に乗って
函館観光に行ったことがある。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

「はまなす」の中では、居眠りしながら、
真っ暗な中を走ったので、
沿線の風景は全く見られなかった。

その路線は北海道新幹線開通とともに
JRから切り離されて「道南いさりび鉄道」として再出発した。

8/25(金)仙台でのセミナー終了後、新幹線に乗ると、
たいして混んでいない。

八戸を過ぎると、車内はガラガラ。
コンサートへの人波とは重ならなかったよう。

木古内で降り地図の道路がY字状に合流するまでは
予想通りで、すぐだった。

もうあとちょとと思ってから、
真っ暗な中、歩けど歩けど…
だんだん不安になって電話をすると、

「あと少しです」
「10分くらい?」と尋ねると「はい」と。

不安を抱きながら歩くこと約30分、ようやく到着。

クリックすると元のサイズで表示します

翌朝6:40に車で駅まで送っていただき、

クリックすると元のサイズで表示します

切符を買った後、ポケットの中にしまうと
ホテルのキー\(@o@)/

駅まで取りに帰ってもらうという失態をしでかしたが、
無事、キーを渡せた。

クリックすると元のサイズで表示します
       ↑
道の駅もあるが、深夜到着・早朝出発では閉店中。

コンサートのため木古内の宿も満室だったそうで、

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

車両もいつもは1両なのに、今日は2両編成。

クリックすると元のサイズで表示します

「ながまれ号」と名付けられている。
「ながまれ」とは、関西弁なら「ホッコリしてな〜」

クリックすると元のサイズで表示します

車内には、たくさんのステッカーが貼られている。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

2回/月「日本一貧乏な観光列車」が走っていることを
1月あまり前にテレビで見て、

「乗りたい!」と思ったのがこの車両。
そのときだけ、座席の間にテーブルが設置される。

出発時、お客は私を含めて3人/2両
コンサートのため、
昨日から2両編成なのだそう。

これで採算が合うのかと、
人ごとながら心配に。

海の向こうに函館山が見え、

クリックすると元のサイズで表示します

やがて、北の空の雲が厚くなってきたが降らず。
札幌辺りは降っている?

クリックすると元のサイズで表示します

海の中に橋を架ける工事をしている?

クリックすると元のサイズで表示します

こんな過疎地に…? 費用対効果は?

どんどん若者人口が減るというのに、
こんな橋を作って、50年後、100年後に
これをメンテナンスするだけの若者がいるのか?

などと思っているうちに、五稜郭駅に到着。
函館はサラリとした晴天で、快適!

主催者の高橋麻美(保育士)さんの車で
施術会場に向かった。

十数年前に五稜郭・函館山・教会などを観て歩いたが
撮ったはずの写真が見つからず…,残念。
6

2018/8/16

湖北 野鳥・国友鉄砲鍛冶  旅・レジャー・アウトドア

8/15は敦賀から琵琶湖の北端にある
西浅井 水の駅あぢかまの里に転じされている
丸子船(米などの輸送にあたった)を見てから
       ↓
クリックすると元のサイズで表示します

湖北野鳥センター(湖北水鳥公園)に。

クリックすると元のサイズで表示します

夏なので、野鳥の種類は少なかったが
冬だと白鳥などもっと多くの鳥が見られる。

クリックすると元のサイズで表示します

それにしても川鵜が多すぎる。
竹生島が追い出しに成功したため
こちらに移住してきて、増えたそうな。

隣接する湿地センターに中には
琵琶湖の湖底から多くの縄文土器が発見されていると。

クリックすると元のサイズで表示します

なぜ? 興味深いが、ゆっくり見る体力もなく
写真だけ撮って長浜へ。

ビジネスホテルにチェックインし
近くの居酒屋で夕食。

お盆は宿の確保が大変で、しかも高いが、
宿泊費も安く、居酒屋も安くて美味でお得!

翌朝は、近くにある国友鉄砲の里資料館に
     ↓
クリックすると元のサイズで表示します

館内でビデオを見て、展示品を見て

クリックすると元のサイズで表示します
        ↑
外に出ると、側溝の蓋が鉄砲のデザイン。

付近を散歩すると、司馬遼太郎の『街道をゆく』の中の

クリックすると元のサイズで表示します

国友鉄砲鍛冶について書かれた石碑があちこちに。

クリックすると元のサイズで表示します

こう書かれている通り
     ↓
クリックすると元のサイズで表示します

家々はどれも立派で、

クリックすると元のサイズで表示します

庭木もきれいに手入れされていて、

クリックすると元のサイズで表示します
      ↑
それぞれの家の前に、○○屋敷跡の石柱

鉄砲が作られなくなった後は、
その技術を応用発展させて、望遠鏡が作られ

クリックすると元のサイズで表示します

天体観測創始の地となった。

クリックすると元のサイズで表示します

種子島に着いた火縄銃が
国友の村に届いてから、
わずか半年で同じものを作ってしまう技術力。

望遠鏡作りに発展させていく技術力
今、日本人のこの力は低下するばかり。

高い技術力を発揮できる子ども達を
たくさん産み育てないことには
こんな素晴らしい伝統は、過去のものとなってしまう。

どこを旅しても、

胎児ケア(つまり、妊娠中の骨盤ケア)

新生児ケア(つまり、生まれてすぐからのまるまる育児)


これに行きついてしまう。
3

2018/8/15

花はす公園@南越前町  旅・レジャー・アウトドア

「15日は花はす公園に行こう!」
と決めたのは、8/13(月)の夜。

14日の宿は南越前町。15日は敦賀に向かうが、
「その途中に良さげなところは…?」
と検索してヒットした。

夫も蓮の花が大好きなので、
「蓮の花はなるべく早朝に見るのがええんや」と
海水浴の後、7:15から朝食

8:00に出発、8:45には花蓮公園のPに到着。
車を降りるとすぐに蓮田が広がり、
蓮の花と香りがいっぱい。

適当に歩こうとしたが
「順路⇒」の標識が立てられているので、
それに従って歩くと、清掃協力金200円を入れるポスト。
    ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                     ↑
     いろんな花がいっぱい咲いていて、品種名の立て札も。

   よし、これを機に、蓮の種類も覚えよう」
   なんて思ったのも束の間。
   あまりの多さに、すぐにギブアップ。

「順路⇒」に従って、行けども行けども、どこが出発点?
見渡す限り、蓮・蓮・蓮・・・

クリックすると元のサイズで表示します

「どこに連れて行くつもりなんやろ?」
「好き勝手に歩いたら、何であかんのやろ?」

などとブツブツ言いながら進んで行くとお寺。
「そうか、ここでまずはお参りしなさいよ」

ということなんや…と、分かったが、
まだ扉も開いていない。

壁面の戸板に、蓮の花の浮き彫り

クリックすると元のサイズで表示します

「これが縁で蓮公園ができてきたんやろな?」
と話しながら、また「順路⇒」に沿って歩こうとすると、
お寺の側面。雑巾が干してある。

「これは間違いやわな〜」と
少し戻ったところから、また「順路⇒」進むと、

ますますわからなくなり、
「どうでもええやん」と、勝手に歩き始めた。

クリックすると元のサイズで表示します

橋を渡りながら鑑賞もでき

クリックすると元のサイズで表示します
           ↑
        育成中?

クリックすると元のサイズで表示します
           ↑
希少品種? 丸く植えられていて名前の書かれた立て札が。
           ↓
クリックすると元のサイズで表示します

池の中には休憩所もあり優雅な気分
           ↓
クリックすると元のサイズで表示します

鯉がたくさん泳いでいたり、こんな立て札もあちこちに。
     ↓               ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

清掃協力金200円で採算が合うのだろうか?

こんなに広い所をきれいに保つには
人も軽トラもいるし…、

クリックすると元のサイズで表示します

もっと高く売れる錦鯉を育てて売れば、収入になるのに…、
いや、そうすると泥棒が来る⇒警備費が莫大になる!

レンコンを収穫して売るだけでも
やっていけるのかな?

などと、どこに行ってもすぐに
経営を心配してしまう(^^;

クリックすると元のサイズで表示します
  ↑
羊草もきれい。山盛りになって育っている。
  ↓          ↓
クリックすると元のサイズで表示します

築山にも登れるようになっているし、
          ↓
クリックすると元のサイズで表示します

蓮田の中を歩けるようにもなっていて楽しい。
          ↓
クリックすると元のサイズで表示します

池の周囲には蓮以外の花もきれいに咲いている。
              ↓
クリックすると元のサイズで表示します

        道路の両側に広がる蓮田
↓                           ↓
クリックすると元のサイズで表示します

道路の手前も向こうも、見渡す限り蓮・蓮・蓮
         ↓
クリックすると元のサイズで表示します

あれっ、これは休耕田? 稲ではなさそうな草に混じって蓮も
              ↓
クリックすると元のサイズで表示します

とにかく、予想より10倍は広く、

クリックすると元のサイズで表示します
       ↑
   かたいつぼみ、膨らんだつぼみ、
   あおい実・すっかり熟れた実
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します

日本のだけでなく、中国・欧米・南米…、
濃いピンク〜白と、多種多様。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
    ↑
どっしりと大きい花、       躍動感のある花
    ↓                 ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

きれいなお姉さんのような花、かわいいお嬢ちゃんのような花
   ↓                    ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

広い花弁がぎっしり詰まった花       華奢な花
   ↓                    ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

  斑入り               ぼかし
   ↓                  ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

黄色みを帯びた白い花は多いが、

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

              純粋に近い白蓮は稀
                      ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

これほどの蓮華を鑑賞したのは2人とも初めて。見ごたえ200%

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

9:45にはPに戻り、敦賀へと走った。
6

2018/8/15

二十数年ぶりの海水浴  旅・レジャー・アウトドア

8/14の宿の部屋はオーシャンビューで
西日が強烈。

ロールカーテンを降ろし冷房を効かせて夕食。

クリックすると元のサイズで表示します

2枚のロールカーテンの隙間から
日が沈むごとに、数回撮影。

クリックすると元のサイズで表示します

水平線に沈んでいく夕日は撮れなかったが、
鮮やかなきれいな色に撮れた。

クリックすると元のサイズで表示します

朝の5時前になると近くの海がきれいに見え、
      ↓
クリックすると元のサイズで表示します
                   ↑
近くに砂浜があり、海水浴用のロープも見える。
ということは遊泳可能ということや!

ダメ元で水着を持ってきたので、
「夜明け前に泳ぎに行こう!」となった。

水着に着替え、夫は上から甚平、
私は沖縄のワンピースを着て、

旅館の木のサンダルを履き
近くのガレージから海に降りた。

クリックすると元のサイズで表示します
                     ↑
すぐに、海に入った夫をパチリ(5:08) ジジクサイ姿勢になったが、
                     ↓
クリックすると元のサイズで表示します

昔とった杵柄で、泳ぎはまだ健在。
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します

カメラを夫に渡して、海に入っていく私はまるでペンギン (^^;
               ↓
クリックすると元のサイズで表示します

音の花温泉に行って、人が少ない時は
こっそり泳ぐ練習をしている甲斐あり!

クリックすると元のサイズで表示します

海は潮の流れも、僅かといえども波もあるので、
泳ぐのはかなりしんどかったが
達成感と満足感あり、ガッツポーズ(5:16)。

クリックすると元のサイズで表示します

2人とも、ほんの5分くらいずつしか
海水に浸っていなかったが、疲れた〜。

水着のまま、ワンピースも着ずに旅館に。
まだ看板に灯りが点いている。
      ↓
クリックすると元のサイズで表示します

玄関から10歩も歩けば浴室。
すぐに温泉に入れるのもありがたい。

プールで泳いだのは、2014/5/5 岩滝クワハウス以来。
海で泳いだのは、二十数年前だった気がする。

やはり海はいいな〜。
夜明け前の海を泳いだのは、人生初 o(^-^)o

この歳になって日中は泳げない。
人目というより紫外線が怖い。

朝食後、海の色が日本海らしいコバルトブルーに。

クリックすると元のサイズで表示します

眼下の浅瀬の岩が透けて見える。

クリックすると元のサイズで表示します

また来年も泳ぎに来たいな〜。

何十年後も何百年後も、
こんなきれいな海でありますように。
7

2018/5/20


5/19(土) は仙台の青葉まつりのため交通規制で市バスに乗れず。

地下鉄勾当台公園駅まで歩き始めると、
歩道は揃いのはっぴ姿の人人人…。
         ↓ 
クリックすると元のサイズで表示します

ということは、定禅寺通宵流し
すずめ踊り
にバッチリ遭遇したということや〜。

車道側を見ると、いきなりブロンドの美女!
     ↓
クリックすると元のサイズで表示します

賑やかなお囃子を聞き、

クリックすると元のサイズで表示します

踊りを見ながら進むと、

クリックすると元のサイズで表示します

次々にカラフルなハッピ姿に
表裏色の異なる扇子を2つ持った踊り子隊

クリックすると元のサイズで表示します

先頭はアイドルのような美男子、
プロのような美しいポーズ!
            ↓
クリックすると元のサイズで表示します

町内ごとや企業などで“組”を結成し

クリックすると元のサイズで表示します
              ↑
熟年から子どもまで、元気いっぱい。
  ↓
クリックすると元のサイズで表示します

国分の交差点には車輪付きの櫓が華やかに照らし出され
           ↓
クリックすると元のサイズで表示します

組紹介アナウンスが賑やかに

クリックすると元のサイズで表示します

笛や太鼓も

クリックすると元のサイズで表示します

踊りも絶好調

クリックすると元のサイズで表示します
       ↑
すずめ色のはっぴもあれば

クリックすると元のサイズで表示します
                  ↑
すずめのように鼻に白線の化粧をした子どもや若者も

クリックすると元のサイズで表示します

踊りもお囃子もみな、少しずつ違っていて楽しい。

クリックすると元のサイズで表示します

これに出るために、
ずいぶん練習しているんでしょうね。

クリックすると元のサイズで表示します

東京海上日動・あんしん生命の大部隊
         ↓
クリックすると元のサイズで表示します
         ↑
会社の幹部らしき人を先頭に、女も男も。
         ↓
クリックすると元のサイズで表示します
  ↑
こんな会社に入った人は学業優秀な人のはず。
  ↓
クリックすると元のサイズで表示します

そんな人達に、元気に長年働いてもらうには、
すずめ踊りは最適?!

それに、会社のユルキャラで、宣伝効果も抜群?!
    ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                      ↑
  しんがりを務めているのも幹部でしょうね?
  まさに会社を挙げて参加しているのがわかる。

大部隊に続くのは軽やかに舞う5人。
少数精鋭の踊り好きさん。
          ↓
クリックすると元のサイズで表示します

大きな太鼓を踊りながら叩く元気な女性
            ↓
クリックすると元のサイズで表示します

「姐組」の幟旗は宮城大学の姐すずめOG会(?)

クリックすると元のサイズで表示します

ここまで見て、地下鉄の駅に。
なんだかとても感激してしまった。

阿波踊り・よさこい祭り・郡上盆踊りなどを
「見るための旅行」は、したことがない。

だが、全国行脚でたびたび
祭りなどのイベントに遭遇する。

札幌では、よさこいソーラン祭り
      ↓
クリックすると元のサイズで表示します

魚津じゃんとこい祭り・博多祇園山笠・黒崎山笠
精華女子高校の街頭演舞などいろいろ。
      ↓
クリックすると元のサイズで表示します

旅行ではできるだけ地元の踊りを見る。阿波踊り会館にて。
           ↓
クリックすると元のサイズで表示します

富山の金太郎温泉で越中おわら

クリックすると元のサイズで表示します

これらと比べて、すずめ踊りは
・衣装がこり過ぎでなく、費用も高くない
・踊りが自由で簡単
・男だけの祭りではない

なので、多くの人が参加しやすく、
心身の健康増進に役立つと思う。

これまでイベント遭遇のせいで、
宿も飛行機も取れないことが何度もあった。

でも、今回はホテルも取れたし、
素晴らしい祭りを見られて良かった。
8

2018/5/5

但馬路での買い物  旅・レジャー・アウトドア

5/2〜4の但馬での道中、
「美味しくて安全な乾物・干物を」
などと探した。

しかし、ほんまに少なく、ほとんどが添加物入り。

都会以上に安全な食品を手に入れにくい?
人口が少なく、商品の回転が悪いから?

なので、あまりたくさんは買えず、
コウノトリの郷公園内で
  ↓
クリックすると元のサイズで表示します
                    ↑
              この2つは道の駅「但馬まほろば」で

豊岡の「たじまんま」で
  ↓
クリックすると元のサイズで表示します

出石で。ひよこ豆だけはカリフォルニア産。
        これは国産がないから仕方がない。
                ↓
クリックすると元のサイズで表示します

これも出石で。豊岡は鞄の名産地。
       ↓
クリックすると元のサイズで表示します

両サイドにペットボトル・折りたたみ傘
カード類・携帯電話などが入るポケットがあり、
内側にも財布などが入るポケットがある。
サッと出せて、ノートパソコンも入るので嬉しい。

着物は絽でリユース、千円!

70歳を過ぎたら、サロンで施術をするときは
和服の施術着で働きたいと思っている。

なので、作務衣のように
仕立て直しできる着物を買ったというわけ。

ところで、いつになったら仕立て直しできる?
このGWも結局はミシン出す暇もなかった(~_~;)
3

2018/5/3

城崎で外湯巡り  旅・レジャー・アウトドア

5/2(水)の宿は外湯巡りで有名な城崎温泉

私は就職して最初の年の秋、
看護学生時代の親友と一緒にここに泊まり
翌日、鳥取に移動したことがあるが、
夫は初めての城崎。

旅館には15時半頃に入り、食事前に外湯巡り。

クリックすると元のサイズで表示します

まずは、城崎温泉発祥の地 鴻の湯に。
        ↓
クリックすると元のサイズで表示します
        ↑
庭園風の露天風呂がウリの、ナトリウム温泉。

次に御所の湯。外観も内装も豪華で御所的。
脱衣所も大浴場もすごい人口密度。
        ↓
クリックすると元のサイズで表示します
        ↑
たまらず露天風呂に行くと、
温泉が滝になって落ちて来て豪快。

時間があるので、もう一軒と…、柳湯へ。
ここは23歳のときに訪れた記憶がある。
        ↓
クリックすると元のサイズで表示します
        ↑
43度以上ありそうなお湯で、しかも浴槽が深い。

茹で上がりそうなので、素早くあがり
脱衣室で扇風機に当たって、ほとぼりを冷まし、

さらに、隣の地ビールのお店で
咽をいやしてから旅館に。

本日休業日の一の湯
城崎温泉の象徴的建物。
       ↓        
クリックすると元のサイズで表示します
       ↑
23歳の時、ここにも入ったように思う。
今晩の宿はこの一の湯のまん前。

翌朝は、食事前に内湯に。
マグネシウム濃度が高いようで、苦みがある湯。

7時になる前から、7時
営業開始の一の湯の前に人の列。

見る見る長くなっていくので、
我々の食事前に一の湯に。

御所の湯よりは人口見度は低かった。
外の洞窟湯に浸り、早々とあがって、
休憩コーナーで休んでから旅館に。

どの湯も外国人が多く、
特にハングルがあちこちから聞こえてくる。

朝食後、少し遠い地蔵湯に向かって歩きはじめ
柳を背に自撮りで記念撮影。
      ↓
クリックすると元のサイズで表示します
      ↑
旅館でもらったQRコード付きのカードを
首にぶら下げて歩き
それぞれの外湯の入り口でコードリーダーにかざす。

すると、無料で入れるようになっている。

1日目は浴衣を着て廻ったが、
2日目は面倒で、いつもの楽な恰好で。

クリックすると元のサイズで表示します

時おり突風が吹き、柳は揺れ、
川面も波立つ荒れ模様だが、
無事、雨にも合わずに地蔵湯前交差点に到着。

川向うのファミリーマートは和風外観。
      ↓
クリックすると元のサイズで表示します
      ↑
一の湯の斜め前のも、
これほど大きくはないが、和風外観。

地蔵湯は露天風呂はなし。
     ↓
クリックすると元のサイズで表示します

人は少なく、菖蒲が浮かべられたマグネシウム温泉で
のんびりできたのが良かった。

まんだら湯は昨日は休みで、
今日は15時から営業なので入れず、
一番遠い里の湯にも入れなかった。

城崎で外湯巡りを楽しむには
最低2泊3日は必要。

チェックアウト後は、
風雨が強くなりそうなので、
城崎マリンワールドへ。

同じように思ってここを選んだ人が多いのだろう、
駐車場はいっぱいで、遠くに誘導された。

一方通行の長〜いエレベータで上がる途中
車の中にカメラを置いたまま出てしまったことに気付いたが、
取りに帰る気にもなれず諦めることに。

アジ釣りをして、天ぷらにしてもらって食べたり
イルカ・アシカのショーを見たりして楽しんだ。
3

2018/4/20

柴又・矢切りの渡し  旅・レジャー・アウトドア

柴又の駅を降りるとすぐに寅さん(渥美清)と、
見送るさくら(倍賞千恵子)の像。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

帝釈天の参道には、土産物店がズラリと並び、
山田洋次監督のサイン入り石碑も
       ↓
クリックすると元のサイズで表示します

参道の両側に高木屋商店という団子のお店があり、

クリックすると元のサイズで表示します

「これが寅さんの映画の舞台となっていた店や!」
と、疑うことなく入り、

クリックすると元のサイズで表示します

草団子を注文。ところで…、こんな広かったかな? と。

クリックすると元のサイズで表示します

周囲には白黒写真がいっぱい展示されていて、

クリックすると元のサイズで表示します

お客さんの間を歩きながら、

クリックすると元のサイズで表示します

パチリパチリ

クリックすると元のサイズで表示します
         ↑
これらの一部を切り取ると
         ↓
 クリックすると元のサイズで表示します

ここに写っている大柄部ふくよかな女性が
この店の女将さんだったんやろな?

クリックすると元のサイズで表示します

と思いながらも、
お客さんの邪魔をするわけにもいかず、
全ては見れず、撮れず。

クリックすると元のサイズで表示します

草団子を食べてお茶を飲んで一服した後
帝釈天に向かって歩き出すと、あれっ「とらや」?

クリックすると元のサイズで表示します
               ↑
看板娘らしきお姉さんに尋ねると、
撮影の舞台となったのはこの店だと\(◎o◎)/!

さっきの店は、ロケの休憩所として使った店なんやって!
そやから写真がいっぱいあるんや〜。

クリックすると元のサイズで表示します

団子を食べたばかりなので、
座って食べるわけではないのに、入れてもらった。

この店で夜間、1〜4作の撮影をしたが、
5作以後は神奈川県にある松竹大船撮影所内に
ロケセットを作って、そちらで撮影したとのこと。

クリックすると元のサイズで表示します
   ↑
当時の階段が今も残っている。

クリックすると元のサイズで表示します

申し訳ないので、4個串刺しにした団子を購入。
150円なので、こっちの店の方が安い。

どちらの店もお客さんで満席というほどではないが、
ちょうど団体さんが帰った後だとのこと。

渥美清さんが亡くなって
もう22年近くになるのに、
今なお衰えぬ寅さん人気、すごいね〜。

科学博物館に入る前に、
コンビニで買ったサラダなどを食べたので
団子くらいでちょうどよいのだが、

さすがに6+4個は、多い?

でも、歩きながら大根の漬物などの
試食をしながら、野菜と消化酵素を補給。

おかげで胃もたれ感もなく、快調に帝釈天に到着。

クリックすると元のサイズで表示します

漬物の味もお寺の雰囲気も、京都や奈良とは違う。
山門の彫刻も立派で、
東京の下町の情緒があふれている。

クリックすると元のサイズで表示します

映画で見た半纏と同じ半纏を着たオジサン!
       ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                ↑
          広い境内はきれいに手入れされている。

矢切りの渡しの乗船は16時までなので、
強烈な日差しの中を日傘をさして歩く。

風が強くて幸い暑さはましだが、傘が役立たず。
10分ほどで渡し場に到着。

クリックすると元のサイズで表示します

眺めているうちに、船は千葉県松戸市側に停泊、
お客さんが乗り降りしている。

クリックすると元のサイズで表示します

待っているうちに16時を回ったが、
7人のお客さんがあったためか、船に乗れた。

クリックすると元のサイズで表示します

船で川に出ると、とてもゆったりと静か。
昨年の嵐山の船旅のような派手さも賑やかさもないが、
気持ち良くて、心が和む。

松戸で2人が下船。帰途につくと、
小型の熊のような動物が船内を歩きだした。

人なつっこく、お客さんに撫でてもらっている!

クリックすると元のサイズで表示します

30代(?)くらいの船頭さんの飼い犬のようで
「クマ」という名だとのこと。

暑いときはどこかに隠れて寝ていて
涼しくなったら出てくるらしい。

胴体は太く、脚は短く、尻尾は短く、
顔はましく熊。こんな犬がいるの?!

クリックすると元のサイズで表示します

演歌「矢切りの渡し」で有名になったこの渡し、
往復400円で気持ちのいい船旅ができた。

金町駅に行こうか柴又に戻ろうかと迷ったが、
金町は少し遠そうだし、迷子になるのも嫌なので、

クリックすると元のサイズで表示します

柴又に戻ることとし、

クリックすると元のサイズで表示します

陽が低くなった帝釈天の山門前を通り、
柴又⇒高砂⇒押上⇒東京スカイツリーへと向かった。
5

2018/4/5

吉野の花見後、迷子に  旅・レジャー・アウトドア

4/5(木)は何も予定がない。
夫は出勤したし、急ぎの仕事もない。

4/4(水)の夕方のニュースで、
吉野の桜は例年、下・中・上千本の順に開花するのに、
急に暑くなった今年は、

「下から上までが一気に開花した」と
如意輪寺から中継。心奪われる美しさ〜。

如意輪寺には3年前に行ったことがあるが
桜が散った後だった。

クリックすると元のサイズで表示します

4/5(木)の朝のニュースでも同様に吉野の桜。

♪吉野は桜、竜田は紅葉、唐崎の松♪
古くから歌に歌われているくらいの名所なのに…、

奈良県に住んで既に10年、
まだ吉野の桜を観たことがない。

例年にない吉野の桜が見られるのなら
今年行かんかったら損や。

「よしっ、今日や、行って来よう!」と
近鉄急行を乗り継いで、1人で行くことにした。

しかし、橿原神宮前⇔吉野、この間は単線で、
うのうえ急行といえども各駅停車。

とても時間がかかるうえに、
外国人もいっぱいで満員。

大きく横揺れする車内で、
立ったまま読書しながら、到着。

クリックすると元のサイズで表示します

特急の指定席は、予想した通り、
すでに夕方まで完売。

ロープウェーはワイヤーか切れたそうで運休。
バスは走っているが、満員でいつ乗れるかわからない。

如意綸寺までは歩ける距離だと知っていたので、
歩き始めるとすぐにきれいな山桜。

1本1本少しずつ色が違うので、モザイク様。
現在約3万本が植えられているそうな。
           ↓         
クリックすると元のサイズで表示します

20分ほど歩いて如意輪寺近くの道で
立ち止まって振り返ると、中千本が見事!
        ↓
クリックすると元のサイズで表示します

キツイ階段を上って山門をくぐり、
本堂の前まで来ると、
庭園からは、上中千本を一望できるとのこと。

500円支払って入園。
塔の前まで来て、振り返ると、お〜っ、これか〜!
     ↓                ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

塔の周囲には、山桜ではなく、
京都で多く見られるやや濃いピンクの
若い枝垂れ桜がたくさん植えられていて、
寄進した人の名(鈴木宗夫氏とか)が建てられている。

京都に帰れなかった南朝の後醍醐天皇を
慰めるためのようだ。

如意輪寺からは上千本に向かって歩く元気はなく、
往路とは違う復路を進むと、お店がズラリ。

途中ででアイスコーヒーを飲んで休み、
その後、吉水神社に辿り着いた。

境内に入ると、たくさんの人がカメラでパチパチ。
私も「ここは最高\(^o^)/!」と、パチパチ。

      下・中・上千本が全部一斉に咲いている!
                      ↓
クリックすると元のサイズで表示します

その横にはこの木札。
まさに吉野の桜の最高観賞スポット。
    ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                         ↑
そこから進むと南朝の皇居だった吉水寺書院。そこで自撮り。
            ↓
クリックすると元のサイズで表示します

庭園は室町時代風で、素朴さが漂っている。
           ↓
クリックすると元のサイズで表示します

吉水神社を出ると、途中、東南院の塔が美しい。
       ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                         ↑
金峯山寺蔵王堂  階段を上って振り返ると、山がきれい。
    ↓
クリックすると元のサイズで表示します

この中に、吉野の桜の起源となった蔵王権現が祀られている。
              ↓
  クリックすると元のサイズで表示します
              ↓
   が…、拝観料の持ち合わせがなく、パス。

約1300年前、修験道の開祖 役行者(えんのぎょうじゃ)が、
山桜の木に本尊 蔵王権現刻んだことから
御神木として崇められ、
祈りを込めて植えられたのが、吉野の桜の始まりだそう。

蔵王堂の北に進むと、美しい塔が見えるのでそっちに進んだ。
       ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                       ↑
             ここが吉野朝宮址だったのか。

と地図を眺めていると、445段の階段を降りると
脳天大神という首から上の守り神社があるのだと。
          ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                        ↑
キツイ階段を下って行き、そこでお参り。
       ↓    
クリックすると元のサイズで表示します

そこからは1本道。てっきりその道を歩いていけば
近鉄の駅に辿りつくと思っていたら、大間違いだった。

かといって引き返すのもしんどい。

IPadを頼りに、延々と約1時間半
6kmほど(?)の道を歩いて、
やっと吉野神宮駅に到着。

再び満員電車に揺られ、足はジンジン。
片足ずつ立って、片足を休め…、

幸い橿原神宮からは急行に座れたが、
家に着いたのは19時。

1日の歩数は22,700を超えた。疲れた〜。
7

2018/4/4

姫路観光ツアー  旅・レジャー・アウトドア

4/4(水)は東大阪の商工会議所主催のバスツアー

私は参加するのは2回目。
夫が2人分申し込んでくれた。

近鉄永和駅前に集まって、8時に観光バスは出発。

山陽道の淡河PAでトイレ休憩。
ここは最近リニューアルしたとのことで、

トイレは最新式、
驚いたのは喫煙コーナーが外に設置されていて
ここ以外は禁煙。
       ↓
クリックすると元のサイズで表示します

ここを出発してから、バスガイドの若い女性が
延々と沿線の街の紹介などをしゃべりだした。

とにかく、全く「間」がない。
吸気が聞こえたらすぐに次をしゃべり、
おかしな日本語で、
無駄言葉とNG用語の連発。

おまけにボリュームが大きく
スピーカーから音が左耳に突き刺さるよう。

耐えられず、途中でボリュームを
少し落としてもらったが、
指で耳を押さえても聞こえてくる。

寝たい人もあれば新聞や本を読みたい人もあろう。
ひと寝しようと思っていた私には
地獄の責め苦のよう。

一生懸命喋っているのだろうが、
あれを聞いて楽しいとか思う人がいるのだろうか?

最低限伝えたい情報は、録音を流すか、
印刷物にして配り、
詳しく知りたい人はネットで調べればいいでしょ?

バスガイドという職業は、
今の時代、不要。
若年労働力が足りないというのに、もったいない。

こんな声を1時間も聞かされるのなら
参加するんじゃなかった…と、
ヘトヘトになった10時頃、姫路城に到着。

平成の大改修から4年が経ち、
「白過ぎ」と言われた壁も少し落ち着いた白に。

ここから見た大天守はとてもきれいだが、
        ↓
クリックすると元のサイズで表示します

この角度で見ると、何だがバランスが悪い、

クリックすると元のサイズで表示します

下は向かって右に流れているようで、
上は向かって左に傾いて見える。

ガイドの説明によると、
最初に建った時から傾いて見え、
近年の測量でも、傾いていると立証されたそうな。

天守の上層階へは入場制限で、
長くはないが待ち時間があり、時間がかかった。

彦根城ほどではないが、
かなりきつい勾配の階段を上り
    ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                         ↑
              天守の窓からは姫路の街を一望

時間が足りなくなり、西の丸まで足を延ばせず、
長〜い桜並木を歩き、駐車場の近くにある

クリックすると元のサイズで表示します

好古園(姫路城西御屋敷跡庭園)に。

クリックすると元のサイズで表示します

広く、素晴らしい。
ひとつ過ぎたら次にまた別の庭がある。

合計9つの庭があるのだが、
時間が足りず全部は見られず、駆け足で。

クリックすると元のサイズで表示します

いろんな花が咲いてきれいだったが、
ひときわきれいだったのが石楠花。
  ↓
クリックすると元のサイズで表示します
                ↑
ところがその向こうの池にカモのつがい。
こちらに焦点が行ってしまった。

12時にバスは出発し、昼食のレストランに。

クリックすると元のサイズで表示します

会費の割には豪華な昼会席で
ビール・酒付きで、鯛しゃぶ…デザートまで。

クリックすると元のサイズで表示します

すっかりほろ酔いでまたバスに。
酔っばらい姿をセルフタイマーで記念撮影。

 クリックすると元のサイズで表示します

次は灘菊酒造。
今は使われていない古い酒蔵で
酒作りの解説を聞く。
         ↓
クリックすると元のサイズで表示します
              ↑
この女性をはじめスタッフ全員、
とてもしゃべるのが上手で、聞き惚れてしまった。
社員教育の違いやね〜。

解説を聞いた後は売店で
試飲しながら買い物。

大吟醸の銘柄名は「ミサ」

ここの杜氏は女性で、名前はミサさん。
昔ながらの絞りで、その酒粕も売られている。
板状ではなく、ヨーグルトのよう。

灘菊は丁寧に作っている分、
少量しか製造できないため
姫路でしか手に入らない。

クリックすると元のサイズで表示します

お土産に、大吟醸の小瓶・酒粕・甘酒などを購入。

いっそう酔っぱらって、
次の見学地、ヤマサ蒲鉾へ。

チクワ・板かまぼこ・カニ蒲鉾などの
製造の様子を見学し

クリックすると元のサイズで表示します

揚げたての蒲鉾をいろいろと試食。

保存料や合成色素などの
合成添加物が入っていないので、
すっきりとした味で美味しい。

歯ごたえも良く、安心して食べられる。

クリックすると元のサイズで表示します

「ここはカニツメ風かまぼこ発祥の地」とのこと。

クリックすると元のサイズで表示します

棒状のと、カニツメ風のカニかまぼこを購入。

帰りは中国道を通り、赤松PAで20分間の休憩。
ホットコーヒーを飲んで、目覚まし。

漬物などを買って、
17時半過ぎに近鉄小阪駅前でバスを降りた。

西の丸を見られなかったし、
好古園もゆっくり見られなかったので、

新幹線で日帰りで、紅葉の季節にもう一度
ゆっくり行ってみたいな〜
などと夫としゃべりながら帰宅した。
6

2018/3/30

道の駅 琵琶湖大橋米プラザ⇒帰宅  旅・レジャー・アウトドア

彦根から湖東の下道を走り、琵琶湖大橋を渡り、
道の駅 琵琶湖大橋米プラザに。
      ↓
クリックすると元のサイズで表示します

近江産の米・野菜をはじめ様々な食べ物や
高島ちぢみなどの衣類・マフラーなどが売られている。

衣類もマフラーもたくさん持っているが、
高島ちぢみは肌さわりがいいので
見るとほしくなる。

が、デザイン的に…、
着心地は絶対に満足できないことは分かっている。

ワゴンの下を見ると、何とステキ(^0^)
生地が安く売られている!

これなら、ワンピースでも作務衣でも作れる!
死ぬまで着られる着心地のいいのを作ろう!

と、買い物カゴに入れた。

野菜もいろいろ買い
琵琶湖大橋の見える休憩コーナーに移動し
    ↓
クリックすると元のサイズで表示します

鯖寿司・イチゴで軽い昼食。

クリックすると元のサイズで表示します
    ↑
湖東の山々もクッキリ。

琵琶湖大橋⇒山科⇒阪神高速8号京都線
⇒枚方IC⇒生駒と、無事故無違反で帰還。

生駒も桜は満開。
向いのお宅のも、西隣のマンションのも。
          ↓
クリックすると元のサイズで表示します
          ↑
我が家の山菜とが、淡い彩り。
でも日当たりが良くないので、きれいに撮れず。

3日間とも、寒暖の差は大きかったが、
晴天に恵まれ、いい旅ができた。

夫は「70歳になったら運転免許を返納する」
と言っているし、私は運転免許を持っていないので、
自家用車でこんな旅ができるのはあと1年余り。

その後は公共交通機関とタクシーを利用して
旅することになるが、
それもあと何年できるのかな?

1年 1日を大切に生きなければ…と、
ますます思う。
6

2018/3/30

竹生島(ちくぶしま)  旅・レジャー・アウトドア

9時に船乗り場に到着、切符を買って乗船は9:25
その間、加藤登紀子が歌う
「琵琶湖周航の歌」が聞こえるのが苦痛。

こんなベタベタとした歌い方をしてほしくない。

高校時代少しだがボート(ナックルフォア)を漕ぎ
看護学生時代、京大の11月祭で
西部講堂前広場に組んだ櫓の上で
応援歌やこの歌の歌唱指導をしていた私には
受け入れがたい。

できるだけ聞こえない隅っこで
ビデオなどを見ながら過ごしていると
赤備えの直政号が目の前に。

クリックすると元のサイズで表示します

しかし、我々が乗船したのは一般的な船。

クリックすると元のサイズで表示します

海の波のような大きな波を切って進む。

船室内にいることはめったとない私だが
冷たい強風と波しぶきを浴びる気にはなれず、
ガラス越しに撮影。

クリックすると元のサイズで表示します

ようやく竹生島がくっきり見えてきた。

クリックすると元のサイズで表示します

乗船時間40分、上陸
宝厳寺の塔が桜の花で覆われている。
     ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

満開のように見えるが、拝観料を払って
急勾配の階段をいくつも上り続けると

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

眼下に船が見え、まだ3分咲き程度。

クリックすると元のサイズで表示します

遠くの山並みも見え、快晴。

クリックすると元のサイズで表示します

本堂前まで来た。けっこう寒い。

クリックすると元のサイズで表示します

イスラム教徒に見える外観でお参りしている姿は
さぞかし異様とは思いながらも、紫外線は避けたい。

塔の裏にはまだ梅の花が残っていて
     ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                      ↑
                   桜は未開花

記念撮影後、また夫は見当たらなくなったが
どうせ同じ船に乗ることなので、気にもせず
   ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                       ↑
  気ままに進むと観音さん。足元に跪くのは老人。
  ボケ封じ観音さんだそうで、私もお参り。

そこから下りて行くと工事中の建物(唐門?)があり
中に入れるので、修復中の様子を見て、

渡り廊下(舟廊下)を進み、格子の間から下を見ると湖面
    ↓                  ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

舟廊下の下は清水の舞台のよう。反対側にはカイドウ?
    ↓                  ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

神社の拝殿からはかわらけ投げをしている人の姿。
           ↓
クリックすると元のサイズで表示します

鳥居の柱の間を通らせればいいのだが、
途中で失墜落下するのが多いようだ。
           ↓        
クリックすると元のサイズで表示します

出航時間が近づき、急いで下へ。
琵琶湖周航の歌100周年記念碑を撮ってから乗船
         ↓
クリックすると元のサイズで表示します

帰途は追い波なので水しぶきはまし。
途中、赤揃え船とすれ違う。

伊吹山の下を走る姿を撮れたが
お互いにスピードが速いのでプレブレ。
         ↓
クリックすると元のサイズで表示します

かなり遠くからもお城の天守が見える。
           ↓
クリックすると元のサイズで表示します

下船後すぐに琵琶湖大橋へと向かった。
5

2018/3/29

新東名→ 岡崎SA→東名  旅・レジャー・アウトドア

お昼前に井伊谷を発ち、
新東名 岡崎SAに12時半頃到着。

クリックすると元のサイズで表示します

ここで、7&11のサラダを買い、
愛知牛の串焼きと一緒に、外のテーブルで軽食。

クリックすると元のサイズで表示します

ここのトイレは大規模! 長篠設楽原PA同様 最新式。

 クリックすると元のサイズで表示します

長篠設楽原PAにはあったかどうか気付かなかったが、
トイレの使用状況が、わかるようになっている!
          ↓
クリックすると元のサイズで表示します

化粧・着替えコーナーも広く

クリックすると元のサイズで表示します

授乳室もある。
  ↓
クリックすると元のサイズで表示します

多目的トイレも広く、充実。

クリックすると元のサイズで表示します

岡崎ASと豊田東ICの間にあるのは
矢作川に架かる橋で、明石大橋のよう。

クリックすると元のサイズで表示します

川が全く見えないくらい、高い所に架かっている。

豊田JCTから東名に入ると、とたんに
路面はパッチワークのようにガタガタ

トンネルは暗くて、壁も修繕跡で縞々。
       ↓
クリックすると元のサイズで表示します
       ↑
これはライトが昼白色なのでまだまし。
黄色だとうす気味悪くて、怖いくらい。

開通から50年も経つと、こんなに傷んでしまう。

きれいな新東名も、
50年後にはどうなっているのだろうか?
3

2018/3/28

浜松フラワーパーク  旅・レジャー・アウトドア

長篠設楽原PA→いなさJCT→浜松JCT
→浜松西IC→フラワーパーク

クリックすると元のサイズで表示します

駐車場満車の看板を見て、第2駐車場に止め
カンカン照りの中を500m弱(?)を歩きながら
1枚脱ぎ、2枚脱ぎ…、ようやく到着。

クリックすると元のサイズで表示します

天気予報では静岡は22℃とか?
京都などよりはましと思っていたのに…、

クリックすると元のサイズで表示します

100円で乗る汽車を待っている15分間は、
体感温度30度(c_c)

クリックすると元のサイズで表示します

汽車に乗ると日差しは遮られ風がソヨソヨ。助かった〜。

クリックすると元のサイズで表示します

咲き終わった梅の木に下にはラッパスイセンの大群。

クリックすると元のサイズで表示します

水車の周囲には、色とりどりのチューリップ

クリックすると元のサイズで表示します

上には桜、下にはチューリップ

クリックすると元のサイズで表示します

見事にカラフル

クリックすると元のサイズで表示します

池の中にはチューリップの浮島

クリックすると元のサイズで表示します

花を愛でる人もいっぱい

クリックすると元のサイズで表示します

桜の種類もいろいろ

クリックすると元のサイズで表示します

チューリップ園が終わったところで下車

クリックすると元のサイズで表示します

花菖蒲・水芭蕉園に向かって歩くと

クリックすると元のサイズで表示します

カエデの若葉がオレンジ色に輝いている

クリックすると元のサイズで表示します
         ↑
水芭蕉は見られたが、残念ながら数は少なかった。

クリックすると元のサイズで表示します

このあたりは山里をそのまま活かしていて

クリックすると元のサイズで表示します
         ↑
まさしく自然の中、とても癒される。

クリックすると元のサイズで表示します
        ↑
赤や黄色のカエデの若葉。レンゲソウ。何年ぶりに見た?
                 ↓
クリックすると元のサイズで表示します

ミツバツツジもあちこちに咲いていてきれい。
         ↓
クリックすると元のサイズで表示します

フリージアが咲いているのが、場違いな感じも。
           ↓
クリックすると元のサイズで表示します

変わり咲きのボケ

クリックすると元のサイズで表示します

緑の中に真っ赤に咲くのもボケ

クリックすると元のサイズで表示します

この桜のトンネルを抜けると動物園
    ↓
クリックすると元のサイズで表示します

温室にはエレベータが設置されているが、
   ↓
クリックすると元のサイズで表示します

小山を登って橋を渡って、花のオブジェ前を過ぎると、
草木染めの店があり、そこで夫のハンチングを購入。

クリックすると元のサイズで表示します

温室内に入ると、外より涼しいくらいでホッ

クリックすると元のサイズで表示します
         ↑
中に入るとボタンの花のように大きなベゴニアや
紫陽花のようなのまで、いろいろ。
         ↓
クリックすると元のサイズで表示します

サボテンの部屋で夫をパチリ
         ↓
クリックすると元のサイズで表示します
                    ↑ 
       サボテン達も大きい〜っ!
              ↓
クリックすると元のサイズで表示します
5



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ