最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2021/10/22

天王寺動物園  旅・レジャー・アウトドア

通天閣・新世界から
天王寺動物園に。

平日なので予約なしで入れて500円。

クリックすると元のサイズで表示します

「おやつ・ごはんタイム」を見ると

クリックすると元のサイズで表示します

13:15〜の、サバンナ草食動物 は
南紀白浜アドベンチャーワールドで
何度も体験したのでパス。

13:30〜のオオカミに絞って
見に行くことにした。

週に1度しかないのに
ちょうど金曜で、ラッキー😄

オオカミ舎に着くまでに
ライオンなどを見学。

今は、狭い檻の中ではなく
"動物福祉"
の考えに沿って飼わないといけないので
草原にノンビリと寝ている。

クリックすると元のサイズで表示します

朝は寒かったので
コートを着てきたが
どんどん暑くなり

コートを脱ぎ
さらには
フリースの長袖も脱ぎ

7分袖の木綿のTシャツで
程よくなった。
感覚的には30度近い感じ。

中国オオカミ舎の前に到着
オスは1匹だけ別の舎で
退屈そうにしていたが

隣の舎にはメスが2匹いて
オヤツをもらえると分かっているのか
ソワソワと走っていたが

クリックすると元のサイズで表示します

やがて、送り檻の中に入っていくと
入れ替わりに飼育員さんが
肉の入ったバケツにを持って現れた。

無駄言葉がなければ
1/4の時間でしゃべれるのに…と
ウンザリしながら
冗長な説明をジッと我慢して聞いていたら

やっと、あちこちに牛肉が置かれ

クリックすると元のサイズで表示します

飼育員さんが奥に戻ると

入れ替わりにオオカミが
矢のような速さで突進して来て

あっという間に
私の目の前に置かれた肉を
次々と一飲みに。

クリックすると元のサイズで表示します

ところがこの1切れは
食べようとしない。

匂いでは、首傾げ、他へ走って行っては
また戻ってきても、結局は食べず。

クリックすると元のサイズで表示します

肉の色が少し悪いな〜と
私も思っていたのだが
オオカミも食べたくなかったようだ。

すると、1周り小柄な1匹が
おこぼれに預かったかのように食べた。

大きくてすばっしこい方が
美味しい肉をたくさん食べるようで
仲良く分けるなんてことはしない。

私が見ていた場所は
女性の係員さんが
「この辺がよく見えますよ」と
教えてくれた場所。

隣にも子ども連れがいるが
私の後ろにもいるのに

クリックすると元のサイズで表示します

こんな高齢者に
いい場所を教えてくれるなんて…。

子どもはあと何年間も見られるけど
「高齢者は後がないから」との配慮から?

強烈な日光で暑くてたまらなくなり
自動販売機で葡萄シャーベットを買って
休憩用長椅子で食べながら足を休めた。

それからツル舎に。

ソデグロヅルの向こうに、通天閣が見え
「絶好の撮影スポット!

と思って撮ったのに
明暗差が大きすぎて上手く撮れず😥

クリックすると元のサイズで表示します

ツル達はみな立派で美しいが無愛想。

ホオジロカンムリヅルだけは
羽を広げて、美しい姿を見せてくれた。

クリックすると元のサイズで表示します

だんだんと疲れてきたが、ラクダ ↓

クリックすると元のサイズで表示します

などを見たり

紅葉しかけたり
黄色意味を実らせたりしている
美しい木々を撮りながら

クリックすると元のサイズで表示します

チンパンジー舎に。↓

クリックすると元のサイズで表示します

3頭はいるはずだが、わかりにくい。

「ゾウの住む森」と書かれた方に
進んでいくと
「天王寺動物園には像はいません」と👀‼️ ↓

クリックすると元のサイズで表示します

森だけがあるということ?

ホッキョクグマを見る気力もなく

京都市動物園には
もうイオンはいなくなったし
チンパンジーもいない

反対に天王寺にいない
ゾウやゴリラはいる。

見たくなれば、それぞれ
行き来すればいいこと。
遠くもないし…。

動物園には動物のいない
緑地がどんどん広がっていく。

まぁ、それもいいのでは?

そんなことを思いながら
あべのハルカスを眺めながら

クリックすると元のサイズで表示します

てんしばゲートへと向かい
JR天王寺駅へと
公園内をクタクタと歩いた。

なんでこんなにしんどいんやろ?
こんなに急に足が弱るなんて…😓

と情けなく、悲しかったが
振り返ってみたり
ずーっと登り坂やった👀‼️

「そりゃ〜、しんどいはずやわ」

と思ったら元気が戻り

「これからもっと大阪見物をしなくては」

と思いながら
鶴橋経由で生駒に帰り着いた。
3

2021/10/12

岡山県牛窓前島でシーカヤック  旅・レジャー・アウトドア

10/11(月)の天神施術終了後
後片づけをしてから岡山に移動。

駅前のビジネスホテルで1泊し
12(火)の朝、岡山駅から
赤穂線に乗って西大寺駅へ。

クリックすると元のサイズで表示します

西大寺駅前から、牛窓行きのバスに乗り

クリックすると元のサイズで表示します

終点牛窓で降りたすぐ前が
前島行のフェリー乗り場。

クリックすると元のサイズで表示します

9:10初のフェリーに乗り

クリックすると元のサイズで表示します

曇天の下に広がる瀬戸内海を
走ること約5分。

クリックすると元のサイズで表示します

前島に到着。

運賃は往復で240円👀‼️
大赤字だろうが
橋を架けるよりは安い?

上陸したところまで

トレイル体験シーカヤックツアー
の主催者
ヒゲガイドの小野塚さんが
車で迎えに来て下さっていて

彼の車で、更衣室まで連れて行ってもらい
着替えて再び海辺まで走り

PC・財布などの貴重品を
防水袋に入れて

カヤック内の保管スペースに
預かってもらい

他の荷物は車に乗せたままにして
乗船前に自撮り記念撮影。

クリックすると元のサイズで表示します

小野塚さんは
吉田鋼太郎さんに似た男前。 ↑
大阪から前島に移住して20年だと。

簡単に準備体操をして
カメラは防水スボンの
ポケットに入れて

2人乗りカヤックの
前席は私、後ろ席が小野塚さん。

9時半〜12時半
3時間という長丁場の
海の旅に出発!

クリックすると元のサイズで表示します

昨日までの真夏日とは
うって変わって曇天

涼風、暑くも寒くもなく
最高のカヤック日和。

私はこれまで川・湖・海で
ボートやカヌーを漕いだことはあるが
シーカヤックは初めて。

ワクワクしながら
美しい島々が浮かぶ
瀬戸内海へと漕ぎ出した。

クリックすると元のサイズで表示します

この台形の島が     ↑
源平の合戦で有名な屋島。

川下りのカヌーは漕がなくていいけど
海は漕がなければ進まない。

ヘマすると潮に流されてしまうが
ちょうど潮に乗り
しかも追い風で、スイスイ。

干潮時は、島々は
砂州でつながっているそうだが

今は入り潮なので
砂州の低い部分は沈んでいる。

浅瀬に乗り上げないように
注意しながらパドル操作し
砂州に上がって小休憩。

クリックすると元のサイズで表示します

カヤックは小野塚さんが
引き上げや押し出しを全て
してくださるので、私は楽ちん。

クリックすると元のサイズで表示します

ここで記念撮影。
おどけスタイルで撮ってもらった。

クリックすると元のサイズで表示します

こんな高齢者が来て
ビックリさせてしまったかと思ったが
なんと
85歳で来られた女性が
それから約10年間
毎年漕ぎに来られているのだと👀‼️

太極拳の先生だったそうだが…

私も95歳になっても漕ぎに来たいな〜。
まだ23年もあるやん!😆

そこから漕ぎ出して次の岩礁に再上陸。

クリックすると元のサイズで表示します

ここでは、小野塚さんの
一眼レフで撮ってもらった。 ↑

クリックすると元のサイズで表示します

真正面に見える島が豊島(てしま)。↑

産業廃棄物の捨て場となり
有名になった島。

ようやく、片付けが終わりかけていて
元のきれいな自然が
戻りかかっているらしい。

ここからは先月訪れた直島も
小豆島も見え
反対側には、愛生園のある長島も。

ハンセン氏病の患者さん達が
隔離・移住させられた島。

私のように石川県で育った人間は
幼いころから
瀬戸内海は、波は静かで、温暖で
天国のようなところだと思っていた。

だが、便利で気候がいいがため
人の手で海水も島も操作されてきた。

海水は透明度が高くきれいだが
牡蠣・魚・海苔などが
育たないほど貧栄養化しているのも問題。

いいところばかりでは
ないんやね〜。

小野塚さんといっぱい
おしゃべりをしながら
まったりと漕ぎながら、前島に戻った。

前日の天気予報では
前線が停滞して降水確率50%
だったのに、一滴も降らず😄

前島に上陸し
更衣室⇒フェリー乗り場

20分ほどの待ち時間で13:00に出航。

13:08には牛窓のバス停に着いた。

直ぐに邑久行のバスが来たので
邑久経由でも岡山駅に行けるはず
と思って、運転手さんに

「岡山駅に行きたいんですが…」

と言うと

「すぐ後に西大寺行が来るから
 そっちに乗って」

と言われ、待合室の入り口にある
時刻表を見ると

クリックすると元のサイズで表示します

エーッ、すぐ後とは、41分後😨

仕方なく写真の整理をし
ブログの下書きをしていたら
ほんまにすぐに時間がたち、バスが来た。

その後は乗り継ぎ良く

西大寺⇒岡山⇒新大阪
⇒生駒に17:20帰宅

すぐに洗濯・夕食準備とアタフタ。

日常とは、さしずめ
「戻って良し離れて良し」?!
8

2021/8/7

北九州の旅(概略)  旅・レジャー・アウトドア

8/7(土)宗像、8(日)熊本
9(月)中間の九州施術遠征。

いつもは福岡市で前泊するのに
それだと今回は
東に戻ることになり
小倉で前泊…?

小倉は便利だけど…
8/6(金)は休みなので

「まだ一度もしたことのない
 北九州観光をしよう!」

と決め、計画立案。

門司港駅から2〜3分の所に住んでいる
岩本助産師に
お付き合いいただくこととなった。

到着と同時に
彼女にキャスターバッグを
宅配ボックスで預かってもらい

私だけ関門連絡船に乗り
下関唐戸に向かって出発。

関門大橋を右に見て

クリックすると元のサイズで表示します

乗船時間7分ほどで到着。

神代の昔から戦と交易の要衝
関門海峡を右に見ながら
橋に向かって歩くこと約10分。

目的地の赤間神宮に到着。
暑いけども、風が心地よい。

クリックすると元のサイズで表示します

ここは、源平の壇ノ浦の戦いで亡くなった
安徳天皇、および、平家の多くの人々の
霊を祀っているところ。

昨夏、BS Pre で古い怪談映画の放送があり
その中の「耳なし芳一」に衝撃を受けた。

中学生の頃か? 本を読んで
あらすじは知っていたつもりだったが…

その頃は、平家の霊などの絵は
全く頭の中に浮かばなかった。

映画を見て以来て

「行ってみたい」

と思うようになり
今回に至ったというわけ。

この地は、戦の前は
琵琶法師 芳一がいた
阿弥陀寺があった所で

その後、平家の人々の霊が祀られ
明治になって神宮として整備された。

まずは、芳一像が安置されている祠に。

クリックすると元のサイズで表示します

その前を進むと平家の人々の
小さな墓石が並んでいる墓地。

そこでお参りしてから外拝殿に向かい
参拝して帰途に。

旧英国領事館内を見学し
船に乗って門司港に。

 下関市唐戸の旅の詳細記事はこちらを

岩本さんと再び合流し
“門司港レトロ”を案内してもらった。

はね橋⇒旧門司税関
⇒大連友好記念館で記念撮影

クリックすると元のサイズで表示します

⇒バナナマン像

クリックすると元のサイズで表示します

⇒旧門司三井倶楽部 ↓

クリックすると元のサイズで表示します

すぐ隣が岩本さんが働く末永産婦人科・麻酔科医院 ↑

麻酔科医がいるのに
麻酔分娩をほとんどしていなくて

骨盤ケアをきっちりして
自然分娩を目指しているのだと。

素晴しい分娩施設!

それから、門司港レトロの
名物となっている
焼きカレーでランチ。

クリックすると元のサイズで表示します

食後、末永医院に向かい
院長先生ご夫妻にご挨拶。

その後、門司港駅社内の
スタバでコーヒーブレイク

岩本さんは17時〜の勤務に。
私は
ゆっくり休んだ後
JRで西に向かった。

 門司港レトロの詳細記事はこちらを。

八幡駅で降りて
駅近のホテルにチェックイン。

シャワー後、八幡駅前から
皿倉山ケーブルカー山麓駅行きの

クリックすると元のサイズで表示します

無料シャトルバスに乗り
山麓駅から クリックすると元のサイズで表示します
ケーブルカーと
スロープカーを乗り継いで山頂へ。

新日本三大夜景に選ばれている夜景

クリックすると元のサイズで表示します

洞海湾・その周辺の灯りや、若戸大橋が美しい。

8/7(土)は八幡⇒宗像施術⇒小倉
小倉湾からクルーズ船に乗り

クリックすると元のサイズで表示します

関門海峡・洞海湾巡り。
昨晩見た若戸大橋の下をくぐる。

クリックすると元のサイズで表示します

水面に移る光の美しさだけでなく

クリックすると元のサイズで表示します

北九州工業地帯の発展や
公害を克服し
自然を取り戻す取り組みの歴史を知れて
とても素晴らしい体験となった。
6

2021/8/7

北九州夜景観賞定期クルーズ  旅・レジャー・アウトドア

8/7(土)は八幡駅⇒宗像施術

小倉港19:00発の
北九州夜景観賞定期クルーズ
を予約しているのだが…

COVID-19 感染拡大で
中止になっていないか?

心配で確認したら
「予定通り運行します!」と😄

宗像の東郷駅から小倉駅へ移動し
歩いて小倉湾船乗り場に。

乗船券を買って、18:45 乗船。

クリックすると元のサイズで表示します

新幹線が走っているのが見える。

クリックすると元のサイズで表示します

「こんなに近くて、便利なのに
 何でもっと早く来なかったんやろ?」

と自問。

これから巡る
関門海峡・洞海湾のコースはこれ。↓

クリックすると元のサイズで表示します

ネットでもここから見られる。

クリックすると元のサイズで表示します

案内放送はリモートで
名前は忘れたが
地元生まれの俳優・声優の男性。

クリックすると元のサイズで表示します

小倉湾内  ↑

放送を聞きながら写真をパチパチ

関門海峡に出ると中央卸売市場
      ↓
クリックすると元のサイズで表示します

「こんな工業地帯の海で
 売れるような魚が捕れるの?!」

と、ビックリしたが
公害がひどかった時代と違って
今は美味しい魚がたくさん捕れるのだと!

巨大タンクが8つも立ち並んでいるのは
どこの会社だったのか?

解説を聞いても、数分もしないうちに
すっかり忘却の彼方。

クリックすると元のサイズで表示します

そうこうするうちに
何の会社かうんぬんよりも
夕陽に輝く海面に目を奪われてしまい、連撮。 ↑
      ↓
クリックすると元のサイズで表示します

こんなきれいな海、見たことない!

クリックすると元のサイズで表示します

ムンクの叫びの後ろに輝く
フィヨルドの夕焼けのよう。

クリックすると元のサイズで表示します

だんだんと陽が沈み
海面の輝きも変わり…

山口県側はもう暗くなった
     ↓
クリックすると元のサイズで表示します

これは火力発電所だったか?

クリックすると元のサイズで表示します

工場の灯りがキラキラ輝き始めた。

反対側には風力発電の
巨大な風車がズラリ。
    ↓
クリックすると元のサイズで表示します

さらに暗くなり
海に工場の灯りが長く伸びるようになり
        ↓
クリックすると元のサイズで表示します

昨晩、皿倉山から見えた若戸大橋が
正面に見えてきた!

クリックすると元のサイズで表示します

迫力いっぱいに迫って来る若松側の橋脚
       ↓
クリックすると元のサイズで表示します

洞海湾内はケミカル工場が多く
紅白の煙突がそびえ立つ光景が続く。

クリックすると元のサイズで表示します

カントリークレーン日本製鉄
九州製鉄所 八幡地区(八幡)↓

クリックすると元のサイズで表示します

このように特徴ある写真だと
ネットで調べればすぐにわかるのだが…

皿倉山が美しい ↓

クリックすると元のサイズで表示します

洞海湾の沿岸は木々が
生い茂っている所が多く

森が再生され
海水浄化
プランクトンの発生

きれいで栄養豊かな海水に変わり
魚介類が戻ってきたという。

黄昏の空に輝く金星 ↓

クリックすると元のサイズで表示します

三菱ケミカルの高い煙突から
白い煙が立ち上る

クリックすると元のサイズで表示します

今は水蒸気・湯気だけが出ているそうだが

以前は「七色の煙」
と言われる有害化学物質が
たくさん排出されていたという。

「七色の煙」を地元の人々は
「美しい」

と、誇らしく思っていたそうだが
やがて、喘息などの
体調不良を訴える人が増加。

クリックすると元のサイズで表示します

公害対策が進み
今はきれいな空気が戻ってきた。

Uターンし、再び若戸大橋。
空は真っ暗になっている。

クリックすると元のサイズで表示します

若松側橋脚  ↓

クリックすると元のサイズで表示します

戸畑側橋脚  ↓

クリックすると元のサイズで表示します

七色に輝く海面 ↓

クリックすると元のサイズで表示します

突然立ち上る炎も

クリックすると元のサイズで表示します

美しく迫力満点 

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

白い煙も美しく撮れて、満足😄  ↓  ↑

クリックすると元のサイズで表示します

だんだんと小倉湾に近づくと

「きれいだった」

だけで満足したくない。

この会社・工場がこの写真と
分かるようになりたい…

との気持ちが膨らんできた。

クリックすると元のサイズで表示します

となると、もう1回以上乗らないと無理。

そう思っているうちに
小倉最高層ビル
リーガロイヤルホテルが目立ち始め  ↓

クリックすると元のサイズで表示します

着岸、降船

クリックすると元のサイズで表示します

遊覧船「りうぐう」と記念撮影

クリックすると元のサイズで表示します

高架歩道を通って駅に

クリックすると元のサイズで表示します

駅から見るリーガロイヤルホテル
このすぐ北東が乗船場。

北九州工業地帯の発展や
公害を克服し
自然を取り戻す取り組みの歴史を知れて
とても素晴らしい体験となった。

2日続けて、夜景を
山の上と水面からの
両側から見られるなんて…😄

全国を見渡しても
あまりないのでは?
2

2021/8/6

皿倉山からの夜景  旅・レジャー・アウトドア

8/6(金)最後の行程は
新日本三大夜景に選ばれている
皿倉山夜景観賞。

クリックすると元のサイズで表示します

JR八幡駅前を背に真っ直ぐ見えるのが皿倉山。

クリックすると元のサイズで表示します

駅前から19:15発の
無料シャトルバスに乗り

山麓駅でケーブルカーと
スロープカーの往復通し券を
高齢者割引で クリックすると元のサイズで表示します
安く購入でき、申し訳ない気分。

ケーブルカーを下り

クリックすると元のサイズで表示します

スロープカーに乗り継ぎ
車内から見たケーブルカーの駅と
スロープカーのレール。

クリックすると元のサイズで表示します

山頂の展望台から西を見ると
夕焼けの空の下に

響灘と街並み
ここに見える大きな川は遠賀川?
     ↓
クリックすると元のサイズで表示します

東を見ると洞海湾と
その周辺の灯り

クリックすると元のサイズで表示します

西の空もだんだんと暗くなり

クリックすると元のサイズで表示します

幾何学的な洞海湾が

クリックすると元のサイズで表示します

灰色に光って見える。

クリックすると元のサイズで表示します

山頂に立つNHKの建物とアンテナ

クリックすると元のサイズで表示します

西の空には宵の明星(金星)

クリックすると元のサイズで表示します

こんなきれいな金星を見たのは
何十年ぶり?

子どもの頃はよく眺めていたのに。

最後に頑張って赤く輝く
若戸大橋を狙って撮影。

でも、しょせん
安いコンパクトデジカメ。

クリックすると元のサイズで表示します

これが限界だった。
4

2021/6/10


大河内山荘は
無声映画時代の大スター
大河内傳次郎が
庭師と共に30年かけて造営した
別荘と回遊式庭園。

トロッコ列車を降り、この門をくぐり

クリックすると元のサイズで表示します

1000円を支払うと、お抹茶券ももらえた。

何種類かの小鳥の鳴き声。

生駒の小鳥より
きれいに聞こえるのはなぜ?

環境の違い?
静かだから、きれいに聞こえる?

「順路⇒」に従って歩くと
国登録有形文化財の大乗閣

クリックすると元のサイズで表示します

周囲には背を低く抑えた
五葉松がビッシリ。

檜皮葺きの美しい御殿。

クリックすると元のサイズで表示します

内部には書院・寝殿・茶室などが
あるそうだが
入れず、隙間もなく見られず😥

クリックすると元のサイズで表示します

小倉山などの周囲の山々を
借景とした壮大な庭園。

クリックすると元のサイズで表示します

行く先には「順路⇒」が必ず立てられていて
通路はきれいに整備されていて
  ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

あちこちに、大きな石が置かれている。 ↑

迷子になる心配もなく
「順路⇒」がない道も
たくさんあるが、入り込めない様相。

ここは、持仏堂と庭園。

クリックすると元のサイズで表示します

庭園には水はなく、枯山水。

関東大震災で亡くた人々の
御霊を祀る持仏堂を
ここに建てたことから
この山荘造営が始まった。

さらに進むと、滴水庵

クリックすると元のサイズで表示します

屋根は藁葺きや

クリックすると元のサイズで表示します

板葺きの茶室。

クリックすると元のサイズで表示します

展望台からは比叡山〜大文字山(如意が岳)の
東山の山並みが一望でき

その手前には双ヶ岡も。↓

クリックすると元のサイズで表示します

比叡山の真中の下の方に
仁和寺の塔が見え(写真では写らず…)

出口近くに、傅次郎資料館。

丹下左膳といえば傅次郎といわれるくらい
有名だったらしいが

私は映画を見たこともないし、知らない。

クリックすると元のサイズで表示します

真剣でないと演じられないと
日本刀の真剣を使っていたそうな。

最後に抹茶をいただきに茶席に。

クリックすると元のサイズで表示します

外には赤い毛氈を敷いた席
屋内にはテーブルとイスがズラリ

でも、お客さんは
老夫婦1組と私だけ。

庭園内で出会ったのは女性1人だけ。

Nさんとも出会うことなく
渡月橋方面に向かって歩いた。

紅葉がきれいそうなので
紅葉の時期にもう一度来ようかな…
とは思ったが…

やはり私は平安神宮の庭園が好き。

たっぷりの水が流れ
大木に囲まれ

街中なのに静かで
ホッコリでき
季節の花が咲き乱れているから。

それに、近いし安いし。
何度でも行きたいと思う。

それと、もう一度行きたい
と思うのは
修学院離宮やな〜。
4

2021/6/10

嵯峨・嵐山へ  旅・レジャー・アウトドア

6/10(木)の朝と夕方の空手の間は
何の予定もない。

前日に施術に来られ
どちらの空手にも
参加する予定のNさんは

帰宅するのではなく

「大好きな大河内山荘に行く」と。

東日本から引っ越して来て
まだ2年ほどなのに

「もう3回、行きましたよ」と👀‼️

それを聞いて私も行くことにし
ネットで検索すると

トロッコ嵐山駅が最も近い。

真夏日になる予報なので

クリックすると元のサイズで表示します

できるだけ歩く距離が短く
以前から
一度乗ってみたかった
トコロッコ列車に乗ることにした。

空手自主練の後
私は庭手入れをしてから
京都御苑前からバスで出発。

西ノ京円町で降りて
「JRの駅は?」と案内板通りに進むと

「コの字」形に戻り
山陰線の円町駅舎に到着。

クリックすると元のサイズで表示します

あれっ、先のバス停が後ろに見える👀‼️

クリックすると元のサイズで表示します

このあたりを歩いたのは
全く初めてで
まるで“おのぼり”さん。

18〜52歳 左京区で暮らしたので
右京〜西京区には
ほとんど足を運んでいない。

JR嵯峨駅で降りて

クリックすると元のサイズで表示します

トロッコ嵯峨駅に ↓

クリックすると元のサイズで表示します

振り返って嵯峨駅 ↓

クリックすると元のサイズで表示します

全席指定で
終点の亀岡駅まで乗っても
3分間で着く嵐山駅まででも、同額。

クリックすると元のサイズで表示します

列車が入ってくると
乗客は一斉にカメラを向け

クリックすると元のサイズで表示します

私もモチロン

クリックすると元のサイズで表示します

黒部渓谷や別子銅山の
トコロッコとは全然違って
大きく、立派

クリックすると元のサイズで表示します

この開放車両で紅葉の季節に
亀岡まで、保津峡を真亀ながら
往復してみたいなぁ。

トロッコ嵐山駅で降り
階段を上り
鬱蒼とした山道を歩くと
すぐに到着

クリックすると元のサイズで表示します

大河内山荘巡りの後
渡月橋方向に歩くと竹林

クリックすると元のサイズで表示します

嵐山の観光ポスターさながらの
景色の中を進むと

天龍寺の北門に
紫陽花展をしていると。

庭だけの拝観料
500円を支払って入ったが…

かんかん照りの中の
紫陽花達は元気がない…。

有名な曹源池に近づくと花菖蒲

クリックすると元のサイズで表示します

若い頃に一度、ここには来たことがあるが…

クリックすると元のサイズで表示します

暑くて、あちこちにある
説明文を読む気にもならず

生駒・京都にない紫陽花は
2種類くらいで

クリックすると元のサイズで表示します

とにかく、ここで記念自撮り。

木漏れ陽があたり
顔はまだら、ひどい顔や〜。

天龍寺を出て野宮(ののみや)神社へ。

クリックすると元のサイズで表示します

縁結びの神様だそうで
若いきれいな女性の姿が何人か。

じゅうたん苔が有名だそう。

クリックすると元のサイズで表示します

確かに、ベルベットのような美しさ。

そこから渡月橋の方に歩けば
バスに乗れるのでは…

と、歩いて行くと
暑くてたまらなくなり

抹茶ソフトクリームを
食べて一休み。

また歩き始めると
すぐに市バスのバス停!
93系統に乗れる👀‼️

ということは
トコ会館のすぐ近くまで
1本で帰られる!

往路は1050円支払ったのに…
復路は230円!

トロッコに乗る経路を
検索したからなんやけど…。

ここは、嵐電 嵐山駅のすぐ前。

クリックすると元のサイズで表示します

何年京都に住んでいるのに
市バスのことも
このあたりのことも
ほとんど知らず…

オマケに、最愛用の青い帽子を
どこかで失くした…😥

バスを降りると
「あ〜、帰ってきた〜っ」
と、ホッ。

やっぱし、私は左京〜中京の人間やな〜。
4

2021/6/1

程よい距離を保って夫と旅行  旅・レジャー・アウトドア

6/2(水).3(木)は夫と四国旅行。

6/1(火)インスタライブを終えて
14時過ぎの地下鉄で京都駅に。

ネット予約で京都⇒岡山の
新幹線自由席を予約すると

岡山⇒新居浜の特急券自由席は
乗り継ぎにならず

京都駅で購入する方が安いので

「新居浜までの乗車券と
 どちらも自由席で…」
と、伝えると
なんと、こんな用紙が!クリックすると元のサイズで表示します

こんな乗り継ぎ説明書を
もらったのは初めて👀‼️

しかも、とてもやさしく親切。
よほど高齢者に見えたのかな?

これまでのJRの職員は
とても事務的で

切符が見当たらなくなりでも
しようものなら
犯罪者扱い。

品川駅では、尋問され、
立たされたこともあった。

福岡市内⇒東京の乗車券で
グリーン席の乗客に

「この扱いはないやろ?!」と

怒り心頭のこともあったのに
えらい変わって来たもんやね〜。

コロナ禍による売り上げ減少で
接遇改善なのかな?

夫から、同じ新幹線に
「新大阪から乗る」と
聞いていたので

岡山駅で降車寸前
夫に電話。

「何号車に乗っているの?」

「3号車や〜」

「えーっ、私も3号車やで!」

「特急しおかぜの3号車や〜」

「えーっ、もう👀‼️」

と、特急しおかぜ の
ホームに急ぎ、合流。

ガラガラなので
並んで座らず、前後に1人ずつ。

夫は読書、私はPCに向かって
5月の各種請求書作り作業など。

勇壮な四国山脈の
写真を撮りたいが

電線が邪魔になって撮れず…😥

新居浜スーパーホテルの
隣り合わせシングルルームに
それぞれ、チェックイン。

夕食は、徒歩4分の居酒屋
「よしお」に。

出発地も、移動中も、ホテルも
夫とベッタリ一緒では
息が詰まるが
程よい距離で、とっても快適\😄/
5

2021/5/14

港区芝浦中央公園でバラを鑑賞  旅・レジャー・アウトドア

5/14(金).15(土)は仙台で
ベーシックセミナーの予定だったのに
成立せず。

コロナで休めない人が多いので
仕方がない。

15(土)は高輪施術としたところ
短期間で予約が入った。

14(金)はフリーとしたが
13(木)は名古屋、15(土)は高輪。

「さて、どこで過ごそうか…?」

と、考えて「東京・公園・花」と
ネット検索すると

港区芝浦中央公園がヒット。
バラ展をやっている!

地図を確認すると
品川駅のすぐ近くで

高輪サロンから
いつも見ているビルの北隣
         ↓ 
クリックすると元のサイズで表示します
         ↑
新幹線のホームの向こうの
木々が並んでいる所や!

高輪サロンを開いて18年。
ぜ〜ん然、知らなかった😰

ここに行こうと決めたが
熱中症に気を付けないといけないほど
暑くなるとの予報。

暑さに弱い私なのに
いきなりの暑さで倒れては大変。

それで、朝、名古屋⇒品川に移動し
溜まった事務仕事などをして
15時に公園へと向かった。

品川駅を通り抜け
港南口から北に向かって歩くと

この黒い看板の一番下に

クリックすると元のサイズで表示します

港区芝浦中央公園と書かれていて
「↑」の矢印が書かれている。

ということは、このエスカレータに乗って
ビルを通り抜けろということ?‼️

HPには

「来園にはビル敷地内の
 エレベーターが利用できます」

と書かれているのは、このビル内にある
エレベーターのことなのかな〜😮

とにかく、エスカレーターに乗って
ビルを通り抜け、真っ直ぐに進むと
公園の門があり、東京タワーが真正面に。

クリックすると元のサイズで表示します

しばらく歩くと
西側に高輪サロンのあるビル
THKと書かれた赤い看板のビルが見えてきた。
          ↓
クリックすると元のサイズで表示します

いつも見ていたはこの木々やったんや〜。↑

広い公園を北へ、東へと歩いて行くと
バラ園が見えてきた。

クリックすると元のサイズで表示します

今まさに最高の見ごろのバラ達
多種多様で、ゴージャス💛

クリックすると元のサイズで表示します

東京のバラの名所と言えば
旧古河邸庭園。

夜のライトアップを
無料で拝観したのは2015/5/16
           ↓
クリックすると元のサイズで表示します

もう、6年もたつんやな〜。

もう一度見に行きたいとは思うが
こんな近くで
きれいなバラを無料で見られるんやから
なんと、ありがたいことよ。

クリックすると元のサイズで表示します

庭師さんが2人、弱った花や
伸びすぎた枝を剪定するなど

クリックすると元のサイズで表示します

手入れが行き届いていて

クリックすると元のサイズで表示します

どのバラも見事。

さらに北に進むと橋があり
下を見ると  ↓

クリックすると元のサイズで表示します

東京都下水道局芝浦水再生センターと思える
広大な施設が見える。

この公園は、このセンター内の

「曝気槽(ばっきそう)の上部を
 鉄筋コンクリートで蓋をして造られた
 人工地盤の公園」

であると、HPに書かれている。

明治の時代はまだこの辺りは海で
40年くらい前もまだ
ドロドロのぬかるみだったと聞く。

なので、下水道局の施設も
埋め立てた土地に建てられていて
さらに
その上に、高い人工地盤を作って
公園を作ったんだとわかる。

クリックすると元のサイズで表示します

日傘をさして来たのに
帰途につくと
西日に向かうので暑い〜っ🥺

バラのゲートの左側に
いつも見ているビル

クリックすると元のサイズで表示します

ベンチで一休みして、自撮りで記念撮影。

クリックすると元のサイズで表示します

児童公園もあり、遊具もあるがるが
誰も遊んでいない。

クリックすると元のサイズで表示します

園内には大人も子どももいたが
ここが東京だとは信じられないくらい
人が少ない。

これも緊急事態宣言のせいかな?

暑いけれども、だんだんと
涼しい海風が吹くようになり
ホッ。

埼玉県の熊谷では
30℃を超えたとのニュース。

この時間帯を選んでよかった〜。
おおきに、海風さん😄
8

2021/4/18

米沢⇒山形⇒仙台⇒新函館北斗  旅・レジャー・アウトドア

米沢から 新幹線つばさ に乗り
山形駅で降車。

クリックすると元のサイズで表示します

こんな派手な赤い線の車両だったっけ?
以前は青っぽい色だったような…。

と思いつつ撮影し、仙山線ホームへ。

強風のため遅延しているそうなので
高速バスの方が安全?

いや、仙台での乗り継ぎ時間は
余裕たっぷりだし…

「大丈夫!」と自分に言いかせて乗車。

近くの席に、駅に停車するたび
開いたドアから出て
周囲を撮影している青年がいる。

私も真似して撮影。

クリックすると元のサイズで表示します

「風も大したことないやん」
と思っていたのに

奥新川を超えると

クリックすると元のサイズで表示します

いきなり強風に煽られるようになり
電車は徐行運転。

クリックすると元のサイズで表示します

ゆっくりの自転車並みなので
車窓から山々を撮影。

クリックすると元のサイズで表示します

次の作並駅に10分遅れで到着。

クリックすると元のサイズで表示します

「美女作りの湯」も
「ニッカウヰスキー宮城峡蒸留所」もある。

降りて、ここで2日ほど過ごしたいな〜。

その後は順調に遅れを挽回し
仙台駅には定刻通りに到着。

駅舎内には仙山線の各駅の
標高を示すパネル。

強風徐行運転の区間は
仙台へと下っていたところやったんや〜
   ↓
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

上り坂ならなら追い風でもスピードが
上がり過ぎることはないわな〜
などと納得。

仙山線には1〜2回乗ったことがあるが
明るい時間帯に
ゆっくり景色を眺めて…
なーんてことは、今回が初めて。

これが私には
とても贅沢な時間。

仙台駅から、北海道新幹線
はやぶさ に乗り換え
新函館北斗駅に、無事到着!
5

2021/3/19

水前寺成趣園  旅・レジャー・アウトドア

3/19(金)は熊本施術会
9:30開始なのに、8:30に到着。

会場の林田助産師のサロン
メルティングタッチ
水前寺公園の目と鼻の先。

昨年の3月、8月、10月も同会場だったのに
3回とも、外から門を眺めていただけ。

8:30開門なので30分ほど散策しようと
400円の拝観料を払って入園。

クリックすると元のサイズで表示します

正式な名称は
水前寺成趣園(すいぜんじじょうじゅえん)

ここから左に進むと
すぐに、水前寺公園のシンボル
富士山の形の築山が正面に。

クリックすると元のサイズで表示します

池の水はきれいに澄んでいて
錦鯉や真鯉がたくさん泳いでいる。

クリックすると元のサイズで表示します

富士山に向かって進み

クリックすると元のサイズで表示します

超えたところから右に曲がると
細川忠利と、祖父 細川藤孝(幽斎)の銅像

クリックすると元のサイズで表示します

この園は、加藤清正の息子が
改易となった後、熊本藩主となった
細川忠利によって、1636年頃から築かれた。

細川忠利は
忠興・たま(ガラシャ)との子として
歴史上の有名人。

なのに、その人が
この園の創始者だとは
知らなかった…😞

そこをさらに進むと石庭

クリックすると元のサイズで表示します

右に曲がるともう7分咲きくらいの
桜の庭が広がる向こうに富士山

クリックすると元のサイズで表示します

高校の修学旅行でここを訪れた時は
「広い」と思ったが…
こんなに狭かったっけ?

クリックすると元のサイズで表示します

調べてみると、面積としては
平安神宮の神苑の方が狭い。

でも、東・中・西・南に分かれていて
通路を渡り歩いて回るせいか
平安神宮の神苑の方が広く感じる。

クリックすると元のサイズで表示します

もう、ツツジまで咲いている!
昨晩も今朝も
歩いていると暑いくらいやしな〜。

クリックすると元のサイズで表示します

古今伝授の間。↑

この中から池を眺める
素晴しいようだが、無理。

残念なのは、周囲に高層ビルが
ニョキニョキと
並んでいるのが見えること。

平安神宮や、金沢の兼六園や
奈良や京都の大寺院などは
ビルが全く見えないところが多い。

現実社会から隔絶された
空間に浸れるのがいいのだが…。

ともあれ、あまり広くないお陰で
30分ほどでサラッと一回りでき
程よい朝の散歩となった。
4

2021/3/9

下市梅の里山 広橋梅林  旅・レジャー・アウトドア

南朝皇居での昼食後
14時半過ぎにバスは出発。

下市梅の里山 広橋梅林に
15時半前に到着。

大阪と奈良の境にある山
金剛山と葛城山が西にそびえている。

クリックすると元のサイズで表示します

ここは賀名生と吉野の中間にあり
賀名生よりも標高が高いようで
少し気温も低い。

クリックすると元のサイズで表示します

そのため、賀名生には
盛りを過ぎた梅の木もあったが
ここ広橋は、見頃の真っ盛り!

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

そのうえ、花の一つ一つが大きく
色も多彩で

クリックすると元のサイズで表示します

まさしく、錦織なす美しさ!

クリックすると元のサイズで表示します

黄緑色がかった花もあり

クリックすると元のサイズで表示します

遠くの山々や、杉・高野槇(コウヤマキ)の緑との
コントラストも鮮やか。

クリックすると元のサイズで表示します

高野槇は商品用として
たくさん栽培されている。 ↓

クリックすると元のサイズで表示します

歩いた道のりは約1km
舗装道路で歩きやすいが
けっこう勾配が強い。

クリックすると元のサイズで表示します

展望台から眺めた眼下の山は
梅で埋め尽くされている。

賀名生にも下市にも
山の高い所に
立派な家があちこちに建っている。

邪馬台国の時代〜南北朝時代
この辺りは
西からの敵を撃退すべき要所。

都を守るためには
人が住んで
いつでも立ち向かえるように
しておかなくてはならない。

そのための戦闘員が住み
山に梅・柿・木材などを植え
収穫し販売して
生計を立てていたんやろな〜。

そんなことを夫と語らいながら歩き
16時過ぎにバスに乗って
17時半
羽曳野市の日帰り温泉
延羽の湯に到着。

広い露天風呂にゆったりと浸かり
疲れを癒し、18:20出発。

大阪駅付近に着いたのは
予定より1時間余り遅い
19:10 となった。
5

2021/3/9

賀名生(あのう)梅林ハイク  旅・レジャー・アウトドア

3/9(火)は毎日新聞旅行主催の
賀名生梅林と広橋梅林ハイクに
夫と一緒に参加。

夫はこの旅行社のイベントの
常連さんだが、私は2015/5/3
芦生原生林トレッキング以来の2回目。

大阪駅と福島駅の間にある
毎日新聞社ビル前に集合し

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

8時半、15人の参加者と
2人の添乗員さんと、バスで出発。

途中 道の駅かつらぎ で休憩し
新鮮な柑橘類などを買って

クリックすると元のサイズで表示します

10時半頃に賀名生梅林の駐車場に到着

クリックすると元のサイズで表示します

駐車場の周囲も梅などの
木がいっぱいで、色鮮やか!

クリックすると元のサイズで表示します

ここで、ノルディックポールの使い方を習い
準備体操をして、11時 出発。

ノルディックポールとは
このような杖で
これを使って歩くと楽なのだと。

クリックすると元のサイズで表示します

私は山歩きの時などは なんば歩き
なので、なんだか使いにくい。

クリックすると元のサイズで表示します

黄色い花を咲かせる木も
数種類は見たが、名前が…?

これはトサミズキの仲間? ↓

クリックすると元のサイズで表示します

ミツマタ ↓

クリックすると元のサイズで表示します

マンサク ↓

クリックすると元のサイズで表示します

他にサンシュも咲いていたようだが
残念ながら撮れず😥

クリックすると元のサイズで表示します

綺麗な花はupで撮りたいし…
景色をバックに撮りたいし…

気が付いたら、周囲に仲間がいない👀‼️

クリックすると元のサイズで表示します

急いで追いかけて、1人抜き
2人抜き、3人目を…と

道路が二股に分かれている道は
迷うことなく、梅が綺麗で
人の多い道を選んで突き進んだ。

ところが仲間は見えず
ずいぶん置いて行かれたものよ

必死にかなりの登坂を上ること
数百メートル

ついに人っ子一人見えなくなり
梅の木も柿の木もない峠にたどり着いた。

「迷子になったんや」と
やっと気づき、バックすることにした。

合流できなければ
昼食会場まで行って待つことにしようと
腹をくくり
近道と思える梅の間の細い急坂を
下って行ったところ
ついに、添乗員さんと合流\😄/

クリックすると元のサイズで表示します

私の捜索のために
30分間も時間をロスしたらしい。
すみませ〜んm(_ _)m

それからまた歩き続け
懲りることなくまたまた撮影に熱中。

クリックすると元のサイズで表示します

でも、撮ったらすぐに

クリックすると元のサイズで表示します

走って追いかける。

クリックすると元のサイズで表示します

追いついたらまた撮影。

ちょうど見ごろの梅林なのに
撮らずにはいられない。

クリックすると元のサイズで表示します

15人の仲間の中では
どうも私が一番元気そう。

クリックすると元のサイズで表示します

坂道を走って登っても
空手の1分間、2分間
動きっぱなしのことを思えば楽なもの。

クリックすると元のサイズで表示します

これもトサミズキの仲間?

クリックすると元のサイズで表示します

空が真っ青になって来たので
いっそう美しい。

クリックすると元のサイズで表示します

12:45、ようやく昼食会場が見えてきた。
        ↓
クリックすると元のサイズで表示します

約6km、1時間半余りの予定
だったのだろうが
私のせいで遅くなってしまった。

携帯電話はいらないだろうと
バスの中に置いてきたのが
間違いだった😥

夫は狂ったように怒るだろうと
覚悟していたのに
予想に反し、あきれ顔だった。
4

2020/11/3

奈良カエデの郷 ひらら  旅・レジャー・アウトドア

11/3(火)文化の日。

山梨から帰ってから
生駒3日、京都1日、生駒2日
家事・施術・PC・TVばかりで飽きた。

奈良県内で今、紅葉が見ごろなのは
奈良カエデの郷 ひららとわかった。

近鉄で榛原に、そこからバスで順調に到着。

クリックすると元のサイズで表示します

ここは廃校になった宇太小学校の跡地で
校庭の入り口に大きなイチョウ。
         ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

「無断で学校施設を使用することを禁じます」↑
  の掲示がまだ残っている。

クリックすると元のサイズで表示します

中庭にもカエデがたくさん植えられている。↑

お寺や神社にカエデは似合うが
木造校舎とカエデも、趣があって郷愁を誘う。

カエデを見回る前に
まずは、ひらら館内にあるトイレと
お土産とレストランを確認。 ↓

クリックすると元のサイズで表示します

ここには、なんと1,200種類、3,000本もの
カエデがあるのだと(@@)

なのに入園料は無料。

ということで協力金お願いの掲示と
募金箱が設置されている。

クリックすると元のサイズで表示します

でも、見渡すかぎり誰もお金を入れていない。
それじゃぁどうやって運営しているの?

と思って、1,000札を入れようとすると
後ろから若い男性職員の
「ありがとうございます」との声。

それからゆっくり鑑賞。

クリックすると元のサイズで表示します

庭に出ると、立派な菊の花が
巨大な欅の老木の根っこと共に飾られている。

クリックすると元のサイズで表示します

その隣には鉢植えの苗木がズラリ。

クリックすると元のサイズで表示します

色も形も葉の大きさもいろいろ。

クリックすると元のサイズで表示します

こんな珍しいのも。  ↑

クリックすると元のサイズで表示します

カエデと言っても、葉の形はずいぶん違う。

クリックすると元のサイズで表示します

この校舎の中では美術展が開かれている。

クリックすると元のサイズで表示します

1999年〜2000年に放送された
NHK朝ドラあすかのロケ地だったそうだが
2006年に廃校となり、16年。

クリックすると元のサイズで表示します

1階に展示されている地元の人々の
絵・書道・写真を見てから、旧運動場に出ると

クリックすると元のサイズで表示します

山の緑が借景となって、見事なコントラスト。

クリックすると元のサイズで表示します

運動場はカエデ園と化し

クリックすると元のサイズで表示します

こんなカエデがあるのか?
と首をかしげるようなカエデもあちこちに。

クリックすると元のサイズで表示します

セルフタイマーで記念自撮り。

クリックすると元のサイズで表示します

苔の上に散った葉も趣あり。

クリックすると元のサイズで表示します

アルファベットの名が書かれているカエデも。↑

クリックすると元のサイズで表示します

この豪華な葉は、舞孔雀で実生なのだと。 ↑

クリックすると元のサイズで表示します

これは東洋トリカラーと書かれているが、カエデ?

クリックすると元のサイズで表示します

一通り見て回った後は、美術展の2階展示室へ。
手芸品などが展示されている。↓

クリックすると元のサイズで表示します

2階の窓から見下ろすと、よく見渡せて
       ビニールハウスは販売所 ↓

クリックすると元のサイズで表示します

育成中の木もたくさん並んでいる。 ↑
スピーカーもまだ残っていて、懐かしい。  ↓

クリックすると元のサイズで表示します

お昼はレストランでカキフライ定食を頂き

クリックすると元のサイズで表示します

12:15には帰途に。

クリックすると元のサイズで表示します

12:40のバスに乗らないと

クリックすると元のサイズで表示します

次は1時間後や〜。こちらに続く。
3

2020/5/1


5/1(金)は施術予約もなく
天気も良いので、久々に夫と生駒山歩き。

我が家の庭では育ってくれない
ホソバスミレがあちこちに咲いている。

クリックすると元のサイズで表示します

見たことない、名も知らぬ花達があちこちに…。

クリックすると元のサイズで表示します

遠征セミナーや施術が激減し運動不足。

空手の形の稽古はしているが
使う筋肉が違い、脚が重い。

加えて、家だとついつい食べ過ぎて
だいぶ皮下脂肪が増えた。

しかも、いきなり夏になり暑い〜っ(*_*;

クリックすると元のサイズで表示します

夫はスタスタと前方を歩いて行く。

仕事に行かなくていい日で
雨が降らない日は
毎日のように
生駒山歩きをしているからな〜。

クリックすると元のサイズで表示します

濃い色のツツジはきれいに咲いているが
白・薄桃色の花はまだチラホラ咲き。

汗が出ず、暑さに弱い私は
熱中症の一歩手前となったが
倒れんばかりに帰還。

昨日の朝まで床暖を入れていたのに
イッキに夏服とは…(>_<)

シャワーを浴びて、すぐに爆睡。

夫は全然平気で読書や夕食準備。
お陰で夕食にありつけた。
5



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ