最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2018/10/14

空研塾生駒道場 -10- 荒技  スポーツ・武術

10/14(日) 9:00〜13:40 生駒施術
同時に夫が帰宅、塾長も到着。

その前に太郎孫も到着していて、
14時までに会場準備・昼食・着替え
14:05〜稽古開始

道着を忘れて来た太郎孫は
ジージに借りたシャツとトレパン姿

払った後の突き方や、
    ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                       ↑
左手で相手の鎖骨辺りを押してから左足で相手を崩す技

その左右逆、相手の左膝横を止め

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

頭を膝蹴りなどの荒っぽい技をたくさん教えてもらった。
          ↓  
 クリックすると元のサイズで表示します

その逆バーションで、手が下がっている私
        ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                      ↑
  「それでは相手の外回し蹴りを招く」と、
  塾長の猛スピードの外回し蹴りが目の前を舞った\(◎o◎)/

手を下げないよう意識して、S先生の回し蹴りを左足で受け
       ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                      ↑
            後ろ襟を両手でつかんで崩せた。

私の崩しはあまり早くないのでまだいいが
太郎孫の崩しは早いので、そうとう怖いらしい。
           ↓
 クリックすると元のサイズで表示します

手をついて受け身をとると、固いところだと
手を骨折する恐れがある。

それで、手は胸で組み、背中を丸めて転び、
すぐに起き上がる稽古も。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

1時間過ぎると、頭の中が飽和状態になり、
最初に何を学んだのか?
全く分からなくなってしまう。

動画を見ながら稽古をして、
頭で考えなくても
相手の動きに反応できるようにならないと…。

終了後、肩こり・鼻炎のS先生を施術。

その間、太郎孫がマットを片づけて
掃除機をかけてくれた。

ずいぶん早い夕食を3人で摂り、
太郎孫は帰って行った。
3

2018/10/13

空手 -50回目 - 次郎孫大成長  スポーツ・武術

10/13(土)8時〜、京都トコ会館での空手の稽古
記念すべき50回目を迎えた。

いつものM氏は勤務先の都合で参加できず、
佐藤助産師もいなくなり、
私・姫孫・次郎孫の3人だけ。

先生は前日からこの3人と分かって
稽古のメニューを考えてくださったとわかる。

基礎・移動稽古をきっちりした後、ミット稽古。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

背が高くなった姫は中学女子特有の
緩慢な動きになって来たが、決まる時は決まる。

動きのスピードが高速過ぎて
動画をキャプチャしきれないが、
右足は先生のミゾオチをピタリと捉えている。
       ↓
 クリックすると元のサイズで表示します

次郎も力強くなり、スピードもup
でも、2人とも顔をガードできていない。

 クリックすると元のサイズで表示します

私は何でこんなにカッコ悪いのだろう。
手も下がっているし…。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

腕の使い方はかなりうまくなったと思ったが、
撮影できていなくて、残念。

次郎は最後まで力尽きることなく、ハイキック。

クリックすると元のサイズで表示します

先生はちょっと驚いたそぶりが、楽しげ。
いい写真となった。
3

2018/9/9

空研塾生駒道場 -9- サマになって来た?  スポーツ・武術

9/9(日)、前日の空手が7月以来だったためか、
起床時から筋肉痛。

9時〜施術。17名という過去最高の予約数だったが
M助産師がヒョッコリ「見学を〜」と来館。
たくさん手伝ってもらえて大助かり。

1名キャンセルで16名施術後、M助産師の施術。
合計17名を施術し終わったのが14:40頃。

それから昼食・着替え・会場準備などして
15時〜稽古開始。

でも最初は、全員揃ってのバンビージャンプ。
私は素速くはできないので、パスして休憩。

クリックすると元のサイズで表示します

姫・次郎は、前日の京都空手に参加予定だったのに、
寝坊して休んだので、今日は孫3人とも参加。

S先生もローテーションに入って
攻撃と受けを交代しながらの稽古。

姫・次郎には、ほんの軽い力で受けて払ったはず…、
姫は上手く体を保ったが、

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                   ↑
      次郎は勢い余ったのか宙に浮き
      部屋の隅まで転がって行ってしまい、爆笑。
                            ↓
クリックすると元のサイズで表示します

今日は約束組手をいくつも稽古。

クリックすると元のサイズで表示します

突き・蹴りを払って、すぐに

クリックすると元のサイズで表示します

肩〜後頸部に反対側の手をかけて膝蹴り

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

私も姫も次郎も

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

なかなかサマになって来た。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                      ↑
太郎の蹴りはパワフルなので、S先生はミットを当てて

クリックすると元のサイズで表示します

内腿・中〜上段への連続回し蹴りや

クリックすると元のサイズで表示します

接近戦での回し蹴りなど、覚えきれないほどの稽古の後

クリックすると元のサイズで表示します

ミットでの回し蹴り

クリックすると元のサイズで表示します
                           ↑
どうしても太郎の稽古が長くなるので、チビ達はその間お遊び

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

合間に、回転飛び蹴りの稽古をしたり

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

動画の最後に次郎が遊んでいるのが写っていた。

「赤ちゃんの持ち方講座です」(◎o◎)
    ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                      ↑
         「赤ちゃんの遊び方講座です」と(>_<)

バーバのまねをしているつもりなのか?
それにしても、

抱き方ではなく“持ち方”!
遊ばせ方ではなく“遊び方”! とは(*_*;
4

2018/9/8

空手 -49回目 - 佐藤さん最後の稽古-  スポーツ・武術

9/8(土)8〜9時 空手。生徒は3人。
いつものM氏と佐藤さんと私。

今月末でトコ会館での研修勤務を終え、
故郷に帰る佐藤雅子さんは、最後の稽古

動きがすばやくなり、組手では、
先生の蹴りにも反応が良くなり、上手に下段払い。
       ↓
クリックすると元のサイズで表示します

       私も、蹴りを払った手と反対側の手は
                  ↓ 
クリックすると元のサイズで表示します
                         ↑
       顔をガードしながら、次の攻撃準備。
        ずいぶん板に着いてきた。うれしい。

でも、帯の結び目を狙った前蹴りは、なんとブサイク(>_<。)
           ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                         ↑
 1年半頑張った佐藤さんに、先生は青帯(8級)を授与。

今年は私も審査会に参加しなかったし、
佐藤さんも審査を受ける機会がなかった。

しかし、十分に青帯レベルの技を身に着けていると認定され、
記念品として青帯を渡された。

京都でのいい記念品ができてよかったね、佐藤さん!
9

2018/7/22

空研塾生駒道場 -8- 自損転倒   スポーツ・武術

7/22(日) 9時〜生駒施術
14時〜は、4/1以来3か月半ぶりの塾長空手

施術予約が多すぎて「昼食時間はないかも」
と恐れていたが、キャンセルが多く余裕。

昨日の空手で体の鈍り感が消え、
今日は気持ちよく動けた。

昨年の審査会の前に購入したが
全く使っていなかった胴体防具を初使用。

クリックすると元のサイズで表示します
        ↑
まずは太郎孫が着用し塾長の蹴り突き連続を受け、

その後、S先生が着用。
体重で勝る太郎孫の蹴りは痛そう。
        ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

その後はストッピング。
前後左右に動きながら近づいて来るS先生を止める。
    ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                       ↑
        上手くできたこともあったのに、
        タイミンクが狂って一瞬で転倒。

左手〜肘で受身を取れ、
すぐに起きて動けた。やれやれホッ(;-_-)

空手を習い始めて以来、
転倒は初めて。しかも完全に自損。

その後、後ろ蹴りで止める方法や
    ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                       ↑
          相手の膝を止める方法などを教えてもらい

その後、蹴りを払って後ろに回る稽古。

蹴りを右手で払うのは慣れて
上手くできるようになったが、
     ↓                      
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                     ↑
左肘を回外させ、相手の力を利用して、後ろに回るのが難しい。
何度かしているうちに上手くできるようになり、
     ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                      ↑                  
          後ろ襟や帯のつかみ方を教えてもらい

蹴りを払った手で襟をつかみ、後ろに崩す。
     ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

太郎孫は蹴りを払った後のガードの甘さを指摘され

クリックすると元のサイズで表示します

「こんな風に裏拳を食らうぞ!」と見せてもらい、
     ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                     ↑
体の大きさを利用して、相手をガードごと潰す方法も習得。

体重差を考えながら臨機応変に
技を繰り出せるよう、操身法を身に着けたいものだ。

終了後は夫の車に乗って、3人で音の花温泉に。
ゆっくりと浸った後、夕食もそこで摂り帰宅。

太郎孫は電車で京都に帰って行った。

親きょうだいは淡路島に行っているが
この頃は一緒に行動したがらないことが多いらしい。

クリックすると元のサイズで表示します

お陰で私は程よく空手の稽古ができて有難い(^o^)
4

2018/7/21

空手 -48回目 - 組手を楽しめた  スポーツ・武術

7/21(土)8〜9時 空手。生徒は4人。

記録的猛暑が続いている中
熱中症になっては困るので
エアコンで除湿、扇風機もかけて稽古。

基礎・移動・ミットの稽古の後
2回の1分間組手。

1回目…先生の攻撃なし
2回目…先生の攻撃あり(ただし、女こどもにはゆるりと)

撮った動画からなかなか動きの良い写真が切り取れた。

M氏は先月は休みだったのに、
今日はこれまでにないくらい動きが良く力強い。
   ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

次郎孫も小柄だが、一端の男に近づいてきて
パワフルで動きが一段と早くなった。
  ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

佐藤さんは5月.6月と比べて
加速度的に動きが早く力強くなった。
  ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

私は苦手だった蹴りの払いが、
かなりできるようになったが、左手が下がっている(>_<)
           ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

それに、動画を見ると軽やか過ぎてヘン。
踊っているみたい(~_~;)

自分の動画を撮ることが今まであまりなかったから、
気付かなかったのかな?

でも、先生には申し訳ないくらい、
皆で蹴らせていただいただき、楽しかった(*^_^*)

早いもので空手を学び始めてちょうど3年
初めて組手が楽しいと思えた。

1回目の時は、ミットを回し蹴り10回で
ヘロヘロになって、笑うしかなかったのに…(^o^)
           ↓
クリックすると元のサイズで表示します

昨年あたりのセミナーから、
骨盤触診実習のモデルをすると

「筋肉つき過ぎ! 触診しづらくなった(`ヘ´)」
「こんな骨盤の妊産婦なんかいません!」

などと、復習者が苦言を吐く。

ずいぶん逞しくなったもんや。
施術も上手く早くなったし、成長したわ〜\(^o^)/
7

2018/6/30

空手 -47回目 - 孫達の成長  スポーツ・武術

6/30(土)は空手

M氏は体調不良とのことでお休み
太郎孫は起きて来ず
生徒は孫2人と佐藤さんと私の4人の
女子どもばかり。

回転移動稽古などをした後、

クリックすると元のサイズで表示します
    ↑
ミットでの1.2.3(横打ち)、1.2.3(回し蹴り)
              ↓
クリックすると元のサイズで表示します

2か月半ぶりの孫達は、
成長しすっかり変化した。

次郎はさすが、小さくても男子。
スピードとパワーが一段とup

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                    ↑
先生も男子相手だと楽しそう。崩されてしまった。

男子以上に元気だった姫は、女子っぽくなり
たら〜ん、たら〜んとやっていたが、
     ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                       ↑
               最後は果敢に飛び蹴り

稽古終了後、先生が次郎に
「宙返りできるか?」と問いかけると

前方に高くジャンプ⇒
    クルッと宙返り⇒タンと着地。

鮮やか! 私も初めて見た(@@)
続いて姫も、弟よりもさらに高く、お見事!

いや〜、すごい。
2ヵ月半でこんなに変わるのかと
驚いてばかりだった。
5

2018/5/26

空手 -46回目 - 蹴りの受けが少し上達  スポーツ・武術

5/26(土)朝8時〜空手@京都

孫達に知らせるのを忘れていて、
7:35 太郎孫に電話すると
「わかった」と寝ぼけ声…、怪しい。

4/14(土)以来6週間ぶりで、
生駒の空手も4/1(日)以来ない。

体力・身体機能低下感と
右大腿内転筋痛を
ドッとしょいこんでの開始となった。

案の定、孫達は来ず、生徒は3人のみ。
いつもの稽古の後、苦手な蹴りの受け。

でも、これはやりたかった稽古
「これができるようになろう!」と
私の今日の課題とした。

動画撮影できるようデジカメを
テーブルの上にセット。

兄弟子のM氏を相手に、
先生が1分間の蹴るのを見ながら、
私も一緒に動いていたら…、

クリックすると元のサイズで表示します

あれっ、私も写っている!
お陰で自分の動きをチッェク。

クリックすると元のサイズで表示します

・ウエストの位置を後ろに引く
・払う手の反対側の手で顔を防御
・払うと同時に後ろに回る

この3点に留意して稽古をすることにした。

しかし、どの方向に払おうか…、との
一瞬の迷いで、受けが遅れた。

「あーっやられた!」と笑いながら
叫んでいるのが録音されている。
    ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                       ↑
              2人とも笑っている(^o^)

先生はゆる〜くしか、蹴っていないし
足背の先端だけしか当たっていないので
全く痛くはないのだが、不覚や〜(~_~;)

1分間、25回の蹴りに対して
完全な失敗は、この1回だけ。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                          ↑
  これ以外は、ほぼ受けに成功。
  後半は、後ろに回れた。あぁ、少し成長した(*^_^*)
                       ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

その後は自由組手(といっても先生はゆる〜く)。

クリックすると元のサイズで表示します

稽古したことを組手の中で活かすのは難しいが、

クリックすると元のサイズで表示します

それぞれに少しずつ上達。

クリックすると元のサイズで表示します
     ↑
あれっ、なんという逃げポーズ!
M氏撮影、本日一番の傑作や〜\(^o^)/
5

2018/5/5

空手大会見学⇒負傷者ケア  スポーツ・武術

5/5(土)は空研塾の大会があると
塾長からメールをもらった。

どんな大会なのかよくわからないが、
どんなものなのか…? と、
一度見に行くことにした。

会場は八尾市総合体育館、
12時半頃に準備を終えたのに、

ダイヤの乱れと、電車の乗り間違えで
14時半頃、やっと到着。

会場に入ってすぐ、龍壱道場長の
中西先生が主審をされている姿が!

クリックすると元のサイズで表示します

この大会は、空研塾西田道場主催。
        ↓
クリックすると元のサイズで表示します

フルコンタクトの各流派の道場で学ぶ
小中学生の、個人トーナメント戦。

南大阪と書いてあるが、
奈良の子達も来ていて、

小学低学年らしき小さな子達が、
眼まぐるしいほどの
速い突き・蹴りを繰り出している。

顔見知りの黒帯の先生方も
審判をされている。

クリックすると元のサイズで表示します

空手の先生は多忙やね〜。
好きでないとできないわ。

しばらく観戦した後、全体像を撮影しに
2階席の一番高い所に移動。
          ↓
クリックすると元のサイズで表示します

2階席の一番前まで進むと、塾長の姿が見える。
            ↓
クリックすると元のサイズで表示します

2階から降り元の場所に戻り、
中学生女子の試合を見ていると…、

私の目の前で、1人が恥骨を押さえて
膝まずいたまま動けなくなった。

「恥骨を蹴られて恥骨結合がズレたのに違いない」
と思って見ていると
中西先生・キミ子先生が
救護に当たろうとされている。

中西先生に声掛けると
入って来るよう言われたので、入ると…、
全く動ける気配なし。

男の先生が2人掛かりで抱えて
傍らマットに移動させ、私がケアに当たった。

恥骨の触診もできない状態で
左右に膝をゆすることも全くできず。

最新のセルフケア法、この写真と同様に
       ↓
クリックすると元のサイズで表示します

肋骨の下縁に指を当てて
肘で床を押しながら、上半身をねじれる方向に
動くよう勧めたところ、これはできた。

次第に膝が動くようになり、
そこで、恥骨の触診

予想通り、内側に5mmほど入り込んでいる!
その分、左の後上腸骨棘が内方変位。

左の恥骨枝の前に、膝蹴りが直撃したようだ。

近くにいた人(セコンド?)は
「ポコッとすごい音が聞こえた」と。

次に、
1.股関節を極鈍角に保って膝倒しの操体法
2.下肢上下の操体法
3.膝開閉の操体法

これで痛みが緩和、恥骨結合・仙腸関節が整った。

しかし、左の股関節の内旋の動きがやや悪く
左恥骨大腿靭帯の硬さを緩めて終了。

のはずだったが…、念のため腰椎を触診すると
第5腰椎の棘突起が右にずれている。

「ここ痛くない?」と尋ねると「痛い」と。

これは今回の負傷とは関係なさそうだか
ついでなので調整。

しかし、驚いたことに、
こうなると右の寛骨・仙骨ともに
連動して変位するはずなのに、全く変位無し。

腸腰靭帯が強く柔軟だからとしか考えられない。
若くて、かつ、鍛えられている!

最後に、
臍から左上方向に緊張があったので、
1分間ほどかけて緩めると、
すぐに立ち上がり、両足でハイジャンプ。

すごいね〜、若い!
そのま延長戦に参戦(@o@)

善戦していたけど、制限時間前に
再び痛そうに膝まずき動けなくなった。

骨盤を巻く体操用ゴムチューブがあれば、
恥骨結合が安定して、互角に闘えただろうに…。

と思ったが、なかったので残念。

棄権負け後、泣き続けているとのことで
見に行くと…、お母さんによると

「痛くて泣いているのではなく、
 棄権負けとなったことが悔しくて泣いているんです」と。

お母さんが「自宅では何をしたらいいのでしょう?」
とおっしゃるので、
たまたま私が持っていた細長い首に巻くスカーフで
尾骨側⇒恥骨側に巻いたところ
「気持ちがいい、楽」との返事。

「スカーフを貸しましょうか?」と言うと、
「なくても歩いて帰られる」と。

家に帰ったら温泉旅館の浴衣の帯くらいの帯で
骨盤を同様に巻くよう伝えて分かれた。

肩こり・首コリ・頭痛もあるそうで、
お母さんが見ても
首の骨がずれているのが分かるとのこと。

その連動で第5腰椎もズレ、
骨盤も不安定になっているのではと思ったが、
頸椎・胸椎を調整する場所もなし。

何よりも、棄権負けの悔しさが
首の骨のことなんて吹き飛ばしてしまっていたみたい。

中学2年女子、黒帯。
すごい根性の持ち主、あっぱれ!

ところで、武術とは、
@殺法(相手を攻撃する術=剣術・空手など)
A活法(負傷した仲間を元気する術=整体など)

この2つが車の両輪のように揃ってこそ、
負けることなく邁進できる。

なのに現実は、武術=殺法
となってしまっていることが問題だと思う。

私はAを生業とし、@を趣味・運動としている
おかげで、空手を習い始めてからAも上手くなった。

@を学び教えている人達は、
Aをもっと学び身に着けることにより
 全体の水準が上がるのではと思う。

ともあれ、今日は楽しかった。
小中学生の活気を少しでも吸収して、

「私ももっと機敏に動けるようになりたい」
「なろう!」と、気持ちを新たにした日となった。
16

2018/4/14

空手 -45回目 - 6週間ぶりの組手  スポーツ・武術

4/14(土)は京都空手
前回の京都は3/3(土)で、6週間ぶり。

その間に生駒で3回の稽古があったが、
受け返しや崩しの稽古が多く、
ミット稽古は少なく、組み手は全くしない。

ずいぶん久しぶりの感じがする組み手。

生駒で習って稽古したことが
少しはできるかと、少しは自分に期待したが…、

いや〜、さっぱり、アキマヘ〜ン(-"-)

クリックすると元のサイズで表示します

孫2人は軽快に楽しげにやっている。

クリックすると元のサイズで表示します

テーブルの上にデジカメを置いて動画撮影した画像を見ると、

手があまり下に下がらなくなったことと
全身の安定性と、動きが早くなったことは
進歩と言えるかな?

相手の動きを見ながら同時に、
自然に体が反応して
受け返せるようになりたい。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                           ↑
   次郎孫も元気いっぱい。技もスピードも挨拶も成長。

太郎孫は高校に1週間まじめに自転車で通学し
疲労蓄積で起きられなかったらしい。
4

2018/4/1

空研塾生駒道場 -7- 孫達はすぐにできるが…  スポーツ・武術

4/1(日)は休みで13時〜孫3人と一緒に空手

先生は前回(3/18)と同じく2人だが
生徒は4人なので、
順番が回って来るまで前回よりは余裕あり。

右突き→(払い)→左手で(右腕を)上げ
→右手で(後ろ首を)押さえ→右足で上段蹴り
     ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                         ↑
           次は、上段蹴りを右膝蹴りに変えて

太郎孫は3/18も参加していたし、
若いのですぐに覚えて、できる。

姫孫は3/18は休んでいたのに、すぐに覚えてできる。
鏡に映っているのを見ると、足が高く上がっている。
      ↓                   ↓
クリックすると元のサイズで表示します

姫孫は何をしてもカッコいいが、私はどの写真を見てもブサイク。
                          ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

次郎孫は昨年の8/27以来の生駒空手。
なのに、なかなか力強く、機敏に動く。
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します

次は、(左蹴り)を左手で払い→180度回って→右後ろ蹴り

クリックすると元のサイズで表示します

私は180度で止められず、270度くらい回ってしまい、
後ろ蹴りにならず、横蹴りのようになってしまう。
             ↓
  クリックすると元のサイズで表示します

次郎孫の方が私よりずいぶんまし。
              ↓
クリックすると元のサイズで表示します

最後は回し蹴り。

ミットではなく反対側の内太ももをめがけて
脚を内旋させながら蹴り、
外旋させながらすぐに戻すようにと言われるのだが、
              ↓
クリックすると元のサイズで表示します

とても難しい。
しかし、相手を崩す威力はとても強くなる。
これも姫孫は上手い。

私はなぜか左は上手くできたが、
右は上手くできない。
仙腸関節がおかしいのか?

全体を通して、私は覚えられない。記銘力低下。

頭で順番はわかっても、
体の使い方がおかしいのと、
力が弱いのとで、全くサマにならない。

ニューロンがつながるまで、
何度も1人で稽古するしかないね。

稽古終了後は、裏庭で塾長と一緒に山菜採り。
タラ・ウコギ・ユキノシタ

我が家では食べきれないくらい
これからどんどん育って来るので
有効活用してもらえるのは嬉しい。
5

2018/3/18

空研塾生駒道場 -6- 太郎孫急成長    スポーツ・武術

3/18(日)14時〜は生駒空手で、
今日の生徒は私と太郎孫の2人だけ。
夫は2階から降りてこようとしない。

いつもの黄帯のS氏は都合が悪く、
黒帯のS先生が来て下さり、
2人が2人を教えるという超贅沢な稽古となった。

基礎稽古の後、崩しの復習。
       ↓
クリックすると元のサイズで表示します
       ↑
その後は次々と技を教えて下さるのだが、
だんだん私の頭も体も付いていけなくなった。
       ↓
クリックすると元のサイズで表示します

私は一度見ただけでは全く覚えられず、
カメラで動画撮影しながら覚えようと頑張る。

クリックすると元のサイズで表示します

が…、いざやってみると、
右手? 左手? その時の足は? とキョロキョロ

クリックすると元のサイズで表示します
       ↑
後半は孫の特訓となり、私はひたすら動画撮影
       ↓
クリックすると元のサイズで表示します

80kgの巨体の孫は、
徐々にパワー炸裂させられるようになり
ミットを持つS先生は必死の形相。
            ↓
クリックすると元のサイズで表示します

天才空手家として高名な芦原英幸氏と共に極真から離れ、
芦原道場時代に芦原先生から学び、
技を磨き、その後
世界の格闘技と闘っても負けない技を開発された塾長と、
その弟子のS先生の2人に教えてもらえるなんて。

S先生曰く「考えられないくらい恵まれている!」と。
何と幸せ者なんでしょう!

孫の成長のスピードに全く付いていけない私だが、
動画で復習しながら、全身骨格模型を相手に自主練し、
ちょっとずつでも成長したいと思う。
5

2018/3/4

空研塾生駒道場 -5- 飽和度200%  スポーツ・武術

3/4(日)9:00〜13:45 生駒施術
終了と同時に塾長来館

孫2人は近鉄の遅延により13:50到着
私は10分間で腹ごしらえと着替え

13:55〜会場準備、14:00〜稽古。
生徒は5人、S氏・S氏の長男・私・太郎孫・姫孫

クリックすると元のサイズで表示します
  ↑
太い〜! 少林寺拳法の道着はパツバツ、帯も短い。

準備体操・基礎稽古(回転後ろ蹴り左右10本など)
の後は、受け返しの稽古。

クリックすると元のサイズで表示します

S氏の長男くん、やるね〜!

クリックすると元のサイズで表示します

外受けから1.2で背中を膝蹴り。その後はさらに崩しまで。

クリックすると元のサイズで表示します

お見事! 転びも上手!

クリックすると元のサイズで表示します

私は見たこと聞いたことをちっとも覚えられず、
太郎孫がまずやるのを動画に撮る。

その間にできるだけ覚え、
何とか少しだけできるくらい。情けない(~_~;)

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

動画を見ながら1カ月ほど1人で稽古を続ければ
何とか次までには、それっぽくなりそうだが。。。

クリックすると元のサイズで表示します
       ↑
倒した後、反撃を防ぐための稽古。
       ↓
クリックすると元のサイズで表示します

道着を利用して倒す技
     ↓
クリックすると元のサイズで表示します

一瞬でコロリ。もう私の頭の中には何も入っていかない。
     ↓
クリックすると元のサイズで表示します

飽和度200%、頭の中に沈殿物ができそうだが、

クリックすると元のサイズで表示します
         ↑
蹴りのかわし方はできるようにならないと。
         姫孫が撮っているのが鏡に写っている。↓

クリックすると元のサイズで表示します

S氏の上段蹴り、足首を捕まえた!

クリックすると元のサイズで表示します

2時間の稽古中、
ジーッと私を見つめているS氏長男君の
パッチリお目目に、何度も遭遇。

稽古終了後に尋ねたら、おばぁちゃんは61歳だと。
私を何歳くらいに見ているのかと思って尋ねたところ

「70歳くらい?」と。
あ〜っ、四捨五入すれば確かに70歳や〜((+_+))

「なんでこんなおばぁちゃんが?」と
思われて当然やわな〜(^O^)
4

2018/3/3

空手 -44回目 - 賑やかに筋トレ  スポーツ・武術

3/3(土)の朝9時〜は空手
今日は孫3人+初参加の母子+いつもの3人
=8人の生徒で、賑やか。

準備体操の後は、子どもが多いので、
いつもはしない腕立て伏せや、
腹筋などをしてから、基本稽古。

回りながらの移動はまだ皆バラバラ。誰が正しいのか?
 
クリックすると元のサイズで表示します

その後はみっちりミット

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

難しい後ろ蹴りも皆なかなか上手い。

クリックすると元のサイズで表示します

先生よりも体重が17Kgほど多い太郎孫は、
ド迫力で、ミットを持つ先生が気の毒なくらい。

クリックすると元のサイズで表示します

明日は生駒空手なので、2日連続空手。

今日はみっちり基本稽古ができ、
体慣らしの面からもありがたい。
3

2018/2/25

空手 -43回目 - 肘打ちで筋肉痛?  スポーツ・武術

2/24(土) 朝8時〜空手。
18(日)の筋肉痛がまだ残っているが、動ける!

生徒は3人だけで、基本稽古の後は、
先生の右の突きを、
外受け+ミットに向かって攻める。

自分がしたい攻めを申告し、
先生はその部位をミットで防御。

私は右肘打ちで、先生の顎狙いを選択。

先生はちょっと驚かれた様子だったが、
塾長がお好きなこの肘打ちを
生駒ではよく稽古している。

そうしているうちに、私も好きになった。

肘打ちは相手に飛びかかるように接近して
全身の筋肉を総動員して打つ。

気迫がみなぎり、気持ちがいい。

半袖のカンフー道着を着ていたので、
肘の皮膚が少し摺り剥けたが
出血するほどではなかった。

肘の皮膚も丈夫になってしまったようだ。

その後は約束組み手、
先生の攻撃を受け、できれば返しまで。
     ↓
クリックすると元のサイズで表示します
     ↑
蹴りの受けはまだ上手くできないが、
これはまあまあ。
しかし、右手が顔をガードしていない。

ついつい、生駒でやっている崩しまでしそうになるが、
こんな硬い床でやったら大変なので封印。

今回は先生の帯の結び目を中足で蹴り
そのままの親趾を伸ばし、臍の上下の
白線(腹筋がなく白い筋膜だけの部位)を
突くように蹴ることを練習目標にした。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
   ↑               ↑
これは失敗。空振り。   こちらはまあまあ成功。

この蹴り方は塾長に6日前に習った蹴り方だが、
ビシッと決まれば良く効きそう。

でも、先生は逞しいし、道着を着用されているし
私の蹴りくらいでは、大したことなさそうなので
思いっきり蹴らしてもらっている。

これは格好良いが…、2人ともスネが痛そう…。
       ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                      ↑
       実戦で肝臓を蹴られては大変。守らないと!

25(日)の9〜13時は生駒施術。
昼ごはんを食べ、しばらくしたら睡魔に襲われ昼寝。

仰臥位で姿勢よく寝ていたのに、
右腕が痺れたように痛く
薬指が痛くて動かない。

「何事が起きたんだやろ?
 こんな手になってしまっては施術もできない」

などと不安になってしまったが…、

右の肩甲骨部の棘下筋あたりがひどく痛む。
ということは、昨日の肘打ちで生じた筋肉痛?

合わせ鏡で背中を見ても、
内出血班はない。

このときとは性質の違う
内出血のない肉離れ?

先生は背が高いので、
棘下筋の負荷が大きかったのかも?

ともあれ、こんなことを繰り返しながら、
子どもの頃から筋肉の弱い私なのに、
65歳を過ぎてから、
どんどん強くなっていると実感している。

90歳まで働くには、筋肉!
身体操作能力を維持することや〜!
5



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ