最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2019/5/12

空研塾生駒道場 -15- 若いっていいね〜  スポーツ・武術

5/11(土)の京都施術の後、
長男夫婦からもらった
母の日プレゼントの紫陽花と
次郎孫を連れて近鉄電車で生駒に。
紫陽花は玄関に飾り クリックすると元のサイズで表示します

5/12(日)9時〜13時過ぎまで施術。
その後14時〜空手。

太郎孫はバスケットの試合1週間前とのこと
姫孫も陸上競技の試合とのことで、2人とも参加できず。

S先生も他に用事が出来て、
先生2人に生徒2人の稽古となった。

突きを外受け⇒ストッピング
⇒1回転して後ろ蹴りや

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

新しい技を幾つか教えてもらうと、 ↑
頭がゴチャゴチャになり体が動かない私
  ↓
クリックすると元のサイズで表示します

何度教えてもらってもタイミング良くできない。↑
そんな私の周りをウロチョロ遊んでいる次郎。

ところが自分の番になったら、サラリとやってのける ◎o◎

 クリックすると元のサイズで表示します

若いっていいね〜。
体は小さいのに力強く、動きが速い。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

途中の休憩で腰痛のM先生を施術。
施術だと体は動くのに、空手は難しい。

おまけに、2〜3日前から真夏日に近い暑さ。

涼しい生駒の1階でもこれだけ動くと
汗の出ない私は、うつ熱⇒頭がボーッ

終了後、人身事故で近鉄は運休。

1人で帰るのが不安だった次郎は
母さんに車で迎えに来てもらって
機嫌良く帰って行った。

私は動画を見ながら復習。
あと10年、施術できるように、
空手も施術も頑張ろう!
5

2019/4/27

空手 -55回目 -平安初段-  スポーツ・武術

4/27(土)8〜9時 空手
生徒はM氏・次郎孫・私の3人

キーボードの打ちすぎで、
両手腱鞘炎を患っているという
M氏の手首を調整し、稽古開始。

それで、ミットも組手も蹴りのみ重点的に。

クリックすると元のサイズで表示します

次郎は軽快に蹴りを連発していたところ、
先生に後ろに回られ、膝裏を蹴られた。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

M氏の長い脚の強力な蹴りが
まともに当たっては先生も痛い。

クリックすると元のサイズで表示します

しかし、そこは先生の方が上手。
スルリとかわし、M氏は後ろから蹴られた。

クリックすると元のサイズで表示します

私は2週間ほど前からハンドミットで
外回し蹴りの稽古をしていたので、
組手で回し蹴り⇒外回し蹴りを一度やってみたくて、

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

右下段回し蹴り⇒つま先を床に触れてすぐに ↑
外回しをしたら、先生の右頬を直撃(>_<)

クリックすると元のサイズで表示します

ビギナーズラック?!
でも、先生は平気そうで、ホッ。

これは想定外に上手く決まったが、
後ろ蹴りは全て失敗。

最後は型の稽古 平安(ピンアン)初段

先生にリクエストした後、You Tube で見たのだが、
クルクルといろんな方向に回るので、
全くわからなかった。

クリックすると元のサイズで表示します

先生の動きを見ながらでもできないのに、
ましてや、
歳を重ねるにつれ、順番が全く覚えられない。

クリックすると元のサイズで表示します

次郎は10秒ほどしていたが

クリックすると元のサイズで表示します

すぐにふざけ始め、
自分でセットしたカメラの前でヘン顔

クリックすると元のサイズで表示します

内歩進(ナイファンチ)も最初は全くできなかったが、
できるようになったことを思えば…、

これも、やがてはできるようになると信じて
何度も練習することとしよう。

        それにしても、私だけ盆踊り?   ↓

クリックすると元のサイズで表示します

次郎はカメラを手にして覚える気なし。 ↑
4

2019/4/14

空研塾生駒道場 -14- 憑依?!  スポーツ・武術

4/14(日)は生駒施術⇒空手
施術終了後〜空手開始までは約30分。

いつものごとく慌ただしく着替えをしながら
昼ごはんは立ち食い、会場設営。

14時ちょっと過ぎには開始。
太郎孫は淡路島の学校に行ってしまったので、
生徒は姫と次郎と私。

クリックすると元のサイズで表示します

基本稽古をみっちりとして小休憩。

その後は前蹴りを払って崩す3パターンを
私とS先生、孫2人とM先生の2組で稽古。

崩されるのは先生ばかりなので気の毒。

孫も私もヘトヘトに疲れた後は、
S先生、孫2人とM先生の稽古。

私はカメラで撮影しながら見学。

孫たちはソファのところで
お茶を飲んで遊んでいる。

クリックすると元のサイズで表示します

膝蹴りから腹を腕でガードしようとすると、
ガードの上から膝蹴りを喰らってしまう。

体が丸まり、挙句の果ては
頭まで蹴られてしまうのだと。

クリックすると元のサイズで表示します

そこで、私はその場合の
接近戦での防御法を見学

孫達はさっき練習したことの復習。

クリックすると元のサイズで表示します

膝蹴りを避けて片手で相手の
腰骨(上前腸骨棘)あたりを押さえ、
頭を抱え込まれたら、
反対側の肩と肘を上げて反撃。

クリックすると元のサイズで表示します

この後、M先生が私の相手をして下さった。

すると、私のすぐ右横で、
塾長が左肘を上げながら、胴体を右に捻じり…、

それを見た瞬間、私は塾長の動きを真似て
しかも、無意識のうちに超高速で動いてしまった。

すると、左肘がM先生の顎に当たってしまい、
同時に抱え込まれていた腕の間から
スルリと抜け出た。

びっくりした私は、
「ほんまに顎に当たってしまった!」
と叫ぶと、M先生はニヤケ顔。

何ともなくて良かった〜。

なんぼ私のような老女の細腕といえども
顎に当たれば角度によっては
後頭関節がずれて、
脳血管にダメージを与えることがあると思う。

試合ではもちろん反則。

後で思い出したら、私の右手を
M先生の上前腸骨棘に当てていたのではなく、
その前の帯を下手で握っていた。

なので、体を捻じった瞬間
M先生の体も捻じれ、
いとも簡単に肘が顎に当たったようだ。

背が高く精悍なS先生なので、

「私がどんな動きをしようと、
 危ぶないことになんか、なるはずがない」

との安心感があったからか?
塾長の動きが私に憑依したように感じた。

後頭関節の施術ができるようになったのは
師匠の山崎先生の動きが、私に「憑依した!」
と感じた時からだった。

もしかしたら、これを機に、
空手が少し上達するかも?

「いやいや、そんなに甘くはないよ」
と思いながらも、ちょっと嬉しくなってしまった。
4

2019/3/30

空手 -54回目 -基本の確認  スポーツ・武術

3/30(土)は京都空手と、施術。
風邪気味だが早起きして、生駒⇒京都に。

孫3人が来るはずだったのに、
太郎は寝坊、姫は部活とかやらで、
やってきたのは次郎だけ。

今日は基本の復習。
姿勢、つまり基本の足や手足の位置が
最も合理的である理由を、次郎の体で
手取り足取りで⇒クリックすると元のサイズで表示します
生徒が納得できるように解説。

その後しミットで前蹴り(臍より上狙い)と
前蹴り下げ(臍より上狙い)、
1歩離れた位置からの蹴りなどを稽古。

組手はなく、風邪気味の私には程よい稽古で
寝すぎで固まった体がほぐれて良かった。

しかし、これではM氏は物足りなかろうと思ったが、
先生は前回の稽古で破損した皮のグローブを
買い替えていなかったため、
組手ができないとのこと。

たまには基本の確認もいいものだし
型も習ってみたいと思った。
4

2019/3/20

大相撲観賞-3-   スポーツ・武術

3/20(水) しるべえを出て、地下鉄で南森町から日本橋に

なんばウォークでコーヒーをと向かったところ
何と水曜日は休みで、全店シャッター。

早々と難波の大阪府立体育館に着くと
青狼・玉木の取り組みが始まっていた。

あれっ、青狼が大イチョウを結っていない。
ということは、幕下に陥落したんや。

4年前、錣山部屋のちゃんことサイン会
青狼・阿炎・錣山親方(寺尾)・
竜田川親方(豊真将)のサインをもらって、
ひいきにしていたのに、残念。

でも、来場所は十両に復帰できそう。

十両下位では、40歳の安美錦が
きれいに回りながら荒鷲を上手投げ。
この一番が素晴らしかった。

168p100kg(?ないと思う)で、舞の海よりも小さそうな
十両西2枚目の炎鵬(石川県出身)の相撲も凄かった。

大きな東龍の脚にぶら下がるようにしがみつき、
引きずられて崩れて負けたが、素晴らしい根性!

動画を撮ったのに、
デジカメのミマートメディアを
パソコンの中に忘れて来て、
メモリー残量がなくなり、泣く泣く削除。

でも、安美錦・炎鵬のどちらも
いつまでも忘れないと思う。

十両の取り組みが終わり、幕内土俵入り。

クリックすると元のサイズで表示します
          ↑
人気の遠藤の化粧マワシがとてもきれい。

続いて、横綱土俵入り。まずは白鵬。

ここから手の平下に向けて、
横にすっと鳥のように伸ばすのが白鵬流。

フラダンスの鳥を意味する踊りのようであり、
鳥をあがめるモンゴル出身力士らしい動き。
        ↓
クリックすると元のサイズで表示します

露払いは石浦。白鵬の土俵入りの最中に
「いしうら〜!」との声が2度も!

主役は白鵬なのに、これでは白鵬に失礼。

続いて、鶴龍  ↓

クリックすると元のサイズで表示します

メモリー残量わずかなので、ウルワシコボーイズといわれる
     
クリックすると元のサイズで表示します

阿炎と遠藤のシコのみを撮影。きれいに撮れた。

クリックすると元のサイズで表示します

阿炎は残念ながら松鳳山に張り負け、
遠藤は安定した上手い相撲で北勝富士を押し出した。

今日一番の大歓声は豪栄道。
大阪出身で好調。優勝争いに残ってほしい。

大歓声の後押しも手伝ってか、千代大龍に圧勝。

本日の打ち止めは、白鵬・貴景勝。
全勝の白鵬に土をつけてほしいとの
大観衆の願いもむなしく、白鵬の圧勝。

ところで、テレビでは、
取り組みの再放映がされるので
呼び出しの声が聞こえることはほとんどない。

土俵際の席で呼び出しの声を聞いていると、
子どもの頃の、村の子ども相撲大会を
懐かしく思い出した。

私の村には大相撲の行司だった人がいたので、
その人が呼び出しと行司の二役をしていた。

扇子を持って

 ひがぁ〜し〜、としおや〜ま〜
 にぃ〜し〜、みのるや〜ま〜

本物の軍配に持ち替えて、

 かたや、としおやまー
 こなな、みのるやまー

といった具合に、子ども達の名前に山を付けて
ハッケヨイなどの掛け声もまさにプロ

あの美しい声と抑揚、所作の美しさは
今も忘れられない。

小学生くらいになった息子達を連れて帰省した時に
この行司さんが私の実家に遊びに来た。

息子たちが相撲しているのを見て、
軍配を家に取りに帰り、
行司をして遊んでくれたことがあった。

息子達は「行司のオッチャン!」と
大喜びしていたが、覚えているだろうか?

彼の美声と比べたら、呼び出しさん達の
声・抑揚(音程?)がとても気になった。
きれいな呼び出しはわずかしか聞けず残念。

体育館を出て、御堂筋線・谷町線と
乗り継いで、都島の東大美へと向かった。
5

2019/3/11

フルマラソンであわやサブ4、PB27分更新  スポーツ・武術

私の施術クライアントの女性が
3/10(日)の名古屋ウィメンズマラソンを完走。

しかも、PB(自己ベスト)を27分も更新し、
あと少しで4時間を切る(サブ4)という好タイム!

クリックすると元のサイズで表示します
      ↑
「スプリット」とはスタートの合図が鳴ってから
ゴールまでのトータルの時間、

「ネットタイム」とは、スタートライン
通過時点からゴールまでの時間。

なので、1分40秒オーバー。
本人は悔しかったやろな〜。

この日にベストコンディションで走れるよう
3日前に施術に来られた。

・肺活量が増えるように
・全身が柔軟に連動する動きで走れるように
・骨盤〜下肢が痛むことなく、バランスよく動くように

全身を調整し、3/10までの3日間、
緩んでいる右腸骨大腿靭帯を
ハンドミットで鍛えるよう伝えた。

大会終了後のSNSで、彼女の成績を知り、
あまりの快走にアングリ(@o@)

私の施術の効果もあるとは思うが、
50歳を過ぎてこの頑張り、信じられない。

きっと、次のフルマラソンでは
サブ4を目指して頑張るんやろね〜。

フルマラソンなんて、
私には絶対にあり得ない世界。

でも、こんなに速く走れたら、
楽しいんやろな〜とは思う。
7

2019/3/9

空手 -54回目 - 上達しない組手 -  スポーツ・武術

3/9(土) 8〜9時、2カ月ぶりの京都空手。

朝寝坊の太郎孫は来ず
生徒は、いつものM氏・姫孫・次郎孫と私の4人

次郎は元気いっぱいだが、
何しろ小柄なので、
ときどき先生の足が頭の上を通る。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

  姫は身長がどんどん伸びているので
  動きが緩慢になり、タラ〜ンとしているが
  時折きれいな蹴りが決まる。

2ヶ月ぶりなのに、M氏はスピーディで、力強さがup

クリックすると元のサイズで表示します

私はハンッドミットを使ったりして
1人でキックなどの稽古をしているので、
筋肉が弱った感じも
しんどさもさも大したことはないのだが、

 クリックすると元のサイズで表示します

組手がちっとも上手くならない。

蹴りを足で受けられず
どうしても手が出てしまう。

それも遅い。体が素早く反応しない。
手背で払っている。
      ↓
 クリックすると元のサイズで表示します

これでは実戦では手の骨は折れる。

空手のおかげで、
力は強くなり、動きも早くなり、
施術は上手くできるようになったが、
組手も上手くなりたいものだ。
6

2019/2/17

空研塾生駒道場 -13- 崩し技いろいろ  スポーツ・武術

2/16(土)は千葉⇒品川
⇒生駒に帰ったのは23時半ころ。

2/17(日)は9時〜13時過ぎまで施術。
終了と同時に孫3人がやって来た。

急いで4人で軽い昼食を摂り、
着替えている間に先生たちが来られた。

すぐに1階に下りて会場準備をし、
あたふたと14時〜空手開始。

準備体操と基本稽古の後、
S先生の左前蹴りを左手で払って、
右足で左膝裏を蹴り、
     ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                      
引き続き左手で奥襟をつかんで、左足で右膝裏を蹴る。↑

次は右前蹴りを右手で払って、
右足で右膝裏を踏みつけるように崩す。
        ↓
クリックすると元のサイズで表示します
        ↑
上は私、下は姫孫。同じことをしているのだが、
姫の方が○。上手く体重を利用している。
      ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

  次に、いつも稽古をしている回し崩しだが、↑
     ↓ 崩す前に膝蹴りをプラス。  ↓
                      
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

3人とも同じことをしているのだが、腹筋で蹴る私。↑
背中を反らせながら膝を蹴りあげる孫達。

写真で見ると、私はカッコ悪い。
孫達の方がうまく体を使っている?

       膝蹴りに続いて回し崩し。   ↓

クリックすると元のサイズで表示します
  ↑
太郎孫の方はM先生とペアで別メニュー。
先生お2人は蹴られて崩されてばかりで申し訳ない。

クリックすると元のサイズで表示します

こちらは大きな成人男子の力技も組み入れながら

クリックすると元のサイズで表示します

女子供チームは、大きな男の人に
手首をつかまれた時の払い方。

背後から肩に手をかけられた時の
反撃の身のかわし方など、
突然襲われても、身を守れる技の稽古。

といっても解剖学と整体を知っている私には、
「こうアレンジしてあそこを狙えば即死や」
と、わかる技も教えてもらった。

イザという時には、
無意識のうちに体が反応して、
気が付いたら一瞬で勝っていた。

というような技を使えるようになりたいものだ。
もちろん、相手を死なさないように。

最後はでタバタ式で数種類の腕立て体操〜
バーピー(Burpee)ジャンプ。
私は孫たちの1/3の回数が限界(>_<)

なのに、次郎孫1人、2セットを楽々クリア。
塾長から
「これまで見た30人の子どもの中でトップ!」
と褒められた。
6

2019/1/20

敢闘 4人抜き!  スポーツ・武術

1/20(日)の12:30〜全国男子駅伝。
ここで紹介した私のクライアント高校生が
4区 5kmを走る。

テレビの録画予約をして、
10時〜逆子で切迫早産の妊婦さんを施術。

夫は外でブランチして帰って来たので、
私は雑炊1人前を作って昼食。

始まった!
1区を走った奈良の高校生は徐々に遅れ、
41位でタスキを中学生に。

2区をこの中学生が快走し
3区の大学生に40位で渡したが…、

生駒の高校生にタスキを渡したときは、
えーっ、最下位の47位(>_<)

クリックすると元のサイズで表示します

後ろにだれもいない彼は
ただただ前を見据えて走るだけ。うーん、男前やね〜。

クリックすると元のサイズで表示します

第4中継所では43位、何と4人も抜いた!
かなり後ろに2人走っている姿が映っていて ↓
     
クリックすると元のサイズで表示します

ここに映らないさらに後方に2人、
敢闘したことが分かる。(区間36位)

その後、第5(高校生).6(中学生).7(社会人)走者

クリックすると元のサイズで表示します

とつなぎ、奈良は 42位でフィニッシュ。

クリックすると元のサイズで表示します

上位は

1位 福島(初優勝)
2位 群馬
3位 長野
4位 広島
5位 長崎
6位 鹿児島 詳しい結果はこちら

近畿では大阪・京都・兵庫という
強豪であるはずのチームは上位に入らず、
和歌山が最高の9位(@o@)

有力な社会人・大学生は、出身地で出るか
在籍中のところで出るかで、大きく順位が変わる。

それにしても…、和歌山と奈良で
こんなに違うとは…(;-_-)

奈良の中学生2人が区間17位.19位と健闘したのに、
距離が短いから大きな差がつかず、残念。

あぁ、いつの間にか私は石川県人から
 京都を経て、奈良県人になったんやなぁ。。。
8

2019/1/19

空手 -53回目 - 5連続攻撃・防御  スポーツ・武術

1/19(土) 7時に目ざましが鳴ったが
起きられず、10分間オマケのうたた寝。

コーヒーを飲んだらすっかり元気になり、
空手開始前に五十肩の先生を少し施術。

8時には姫孫と次郎孫も到着し、
基礎稽古の後、
今日の課題は、ミットに5連続攻撃。

その後、先生と組み手で、
生徒が5連続攻撃。  その後は反対に。
    ↓               ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

蹴りに対して、やっと脚で受けるべく
  体が反応するようになった。
            ↓
 クリックすると元のサイズで表示します

先生の蹴りは老女向けに弱いので、
受けられるし、全然痛くない。

と言っても、1〜2年前は受けられなかったし、
受けたら脛がかなり痛んだ。

脛骨同士がガンとぶつからないよう、
下肢を回旋させて受けるのが、身についてきたようだ、

上の写真では、手が下がっているが、
下の写真では、手が上がっている(^_^)v

クリックすると元のサイズで表示します
  ↑                        ↑
これはカッコ悪いが…、鏡に映っているのはカッコイイ(^_^)v

寒がり屋の姫はこれだけ動いているのに「寒い」と。
でも、組手では奮闘。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                       ↑
先生の足が姫の頭上まで伸びて来た! 2人とも楽しげ。
次郎は先生の前蹴りを手で下段払い。

 クリックすると元のサイズで表示します

動きは俊敏だが小柄な次郎は、まだまだ逃げまくり。

稽古終了後、先生の施術の続き。
来てもらえなくなったら私が困るから。

空手で体力の低下に歯止めがかかれば、
それだけ太く長く、仕事も遊びもできる(^_^)v

先生もバンザイができるようになった。
よかった良かった。
6

2018/12/9

空研塾生駒道場 -12- 頭蹴り技  スポーツ・武術

12/9(日) 14:00〜は空手

植木の手入れが一段落する頃
生駒山の峠を歩いて越えるイベントに
参加していた夫が、買い物を携えて帰宅。

軽く昼ご飯を摂って、道着に着替え。

姫は中学校の体育で使う柔
道道着を、空手で初着用。

後ろ蹴りや、珍しく移動稽古などもし
その後は、
組手立ちで左右の中断突き
相手の頭を抱え込んで
右膝で正面蹴り、左膝で横から蹴り。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

教えてもらったようには
歳を重ねた体はなかなか動いてくれない。

が、S先生とM先生が何度も相手をしてくださり、
徐々にできるようになった。

クリックすると元のサイズで表示します
           ↑
太郎の方は、次の段階の技を教えてもらっているので
しばしカメラを手に撮影。

クリックすると元のサイズで表示します

道着の襟を掴んで、足を跳ね上げて崩す。

クリックすると元のサイズで表示します

姫は体を動かしていても「寒い」を連呼し
ソファに座って見学

クリックすると元のサイズで表示します

つぎに、膝を蹴って崩す技を間に挟む。

クリックすると元のサイズで表示します

なかなか蹴る位置と方向、
自分の膝のどの部位を使うか、
タイミングは…? 

と難しいが、塾長の手取り足取りの指導のお陰で、
これも徐々にできるようになった。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

姫は体を温めるためか、逆立ちをしている。↑

しかし、せっかく稽古に来ているのだから
技を覚えるように促すと、
すぐにできるようになった。

それに、カッコイイ。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

太郎は飛び蹴りの特訓。若いっていいね〜。
6

2018/12/8

空手 -52回目 - できた、1.2アッパー  スポーツ・武術

12/8(土) 8〜9時は空手。
生徒はいつものM氏と孫3人と私。

移動稽古家ミット稽古をみっちりした後、
先生と組手、1回目は先生は受けのみ。

クリックすると元のサイズで表示します
      ↑
先生より体重の多い相手だと、
気合を入れて防御しないと危険。
      ↓
クリックすると元のサイズで表示します

私は11/26の生駒空手で習った
1.2でガードを払って、できた隙間から
アッパー・フックなどをトライ。

クリックすると元のサイズで表示します

これは我ながら一歩先進したと思う。
が、反対の手で顔をガードできていない。
まだまだやな〜、でも、少し嬉しい。

2回目は先生も攻撃。

クリックすると元のサイズで表示します
     ↑
身軽い次郎も姫も、逃げ回りながら楽しげ。
     ↓
クリックすると元のサイズで表示します

私は蹴りを下腿で受けることが全くできず、
手ばかりで受けている。

クリックすると元のサイズで表示します

これでは強い蹴りには対応できないのに。。。

約束組手だとできるのに、
自由組手だと全く反応しないのが悲しい。

これを今後の最大の課題としなくては。
6

2018/11/25

空研塾生駒道場 -11- M先生初参加  スポーツ・武術

11/25(日)の生駒空手には、M先生が初参加。
孫も3人ともやってきたので、合計7人。

ジョイントマットを4枚買い足して、
これまでより広くなったので、狭苦しさはなし。

M先生の動きの俊敏さに牽引されたかのように
いつもの稽古よりキツイ。

基本稽古の後、私とS先生
太郎とM先生、姫と次郎の3組で

・前蹴りを手で払って、奥襟を掴んで膝裏を蹴って崩し
・回し蹴りを下腿で受けて、腕をからめて前に崩し
・足をかけて後ろに崩し

などを稽古。

それぞれコツがわかってきて、
これまでより上手く崩せるようになり、
私の気分も上々、楽しい〜(^_^)v

などと稽古に熱中していたら、
撮影するのをすっかり忘れていた。

私はそれから、新技などを忘れないよう撮影。

クリックすると元のサイズで表示します

男3人は交互に組になり

クリックすると元のサイズで表示します

姫と次郎は

クリックすると元のサイズで表示します

S先生に教えてもらいながら

クリックすると元のサイズで表示します

新技を稽古

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

いつもはやられ役ばかりのS先生も

クリックすると元のサイズで表示します

今日はM先生相手に、存分に体を動かせている様子。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

お2人の迫力ある動きを、
扇風機の風を浴びながら見学している太郎。
私も後半は動く力はなし。

14:05から始まった稽古は15:50で終了。

それからは、孫達の遊び時間
太郎の元気も回復し、
マットの上は格好の遊び場

バック転や、片手側転など、
ひとしきり動いた後は、跳び箱遊び。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

さらにこの後、幅跳び。
ようこれだけ動けるものよ。

夕食後、「車で子どもを迎えに行く」
と言う長男の到着前に、私は品川へと発った。
7

2018/11/10

空手 -51回目 - カンフーっぽい?!  スポーツ・武術

11/10(土)は空手。
太郎孫だけは来ると聞いていたのに、
咽が痛いとかやらで来ず。

もうすぐ4歳になる男児を連れたお母さんが
30分ほど見学参加。
なので、生徒はM氏と私だけ。

ミットで突き・突き・蹴りの
3連続攻撃の受けを特訓後
         ↓
クリックすると元のサイズで表示します
         ↑
先生の攻撃をひたすら受ける稽古
         ↓
クリックすると元のサイズで表示します

左手が下がってしまっている(;-_-)

回し蹴りを脛骨で受けると痛いし、
青タンができるのは毎度のこと。

骨膜下血腫ができて、治るのに
3カ月もかかったことがあったので
塾長に習った腓骨に近い腓腹筋で受ける方法をやってみた。

後で動画写真で見たら、なんとまあ、カンフー的!
着ているのはカンフー道着なので、いっそうや。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                           ↑
下段蹴りだといいのだが、中段蹴りだとこんなことに(^^;

組み手では、なかなか体が反応しないが

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

それでも少しずつましになっているようだ。
4

2018/10/31

空研塾西田道場見学  スポーツ・武術

10/31(水)は何も予定がない日
家事三昧の日になるのか…、いややな〜。

ブログにupできていない写真がいっぱいだし…、

明日には年末までに出版予定の
『産後の骨盤ケア』の再校が届くし…、

今月下旬に開かれる、保育園での講演会の
準備もしないといけないし…、

そんなことを考えながら facebook を見ていると
空研塾西田道場の
西田真司道場長の投稿に目が止まった。
           ↓
クリックすると元のサイズで表示します
           ↑
講演「子どもの個性を長所へと伸ばそう」を
受講した感想が書かれていて…、

> 道場では落ち着きのない子、話を聞いてくれない子、
> 周囲と同じように動けない子、
> 等など「困った子」はたくさんいます。
> その「困った」の元を知り、
> どのようにサポートしていくのか…
> というヒントを色々いただきました。

中略

> 思うようにいかない子に対して、
> どんな言葉掛けが引っかかるのか?
> を探っていくのは根気がいるけど、面白い。

後略

そうや、生駒にいられる11/6(火)までに1度、
かねてから見学に行きたいと思っていた西田道場に行こう!
と思い立ちHPを検索。

日程表を見ると、どうも(水)の18時〜が良さげ。今日や!

思いきって見学・無料体験の問い合わせ電話番号に
電話をかけると、道場長が出られた。

見学目的を告げ、子どもの多い日を尋ねると、
やはり、一番子どもがたくさん参加するのは
(水)の18〜19時の合同クラス(幼年〜一般初級者向け)

夫は多分、久々の私との夕食メニューを練っていそうだが
そんなことを気にしていたらいつまでたっても行けないので
「行きます!」と宣言。

西田先生とは今年の5/5の大会の後、
facebook で友達となっているので、コメント。

> 私のところには2歳を過ぎた子はあまり来ないので、
> 気になる症状の2歳未満児が、その後どのような
> 姿勢・行動・言動をとるようになるか、
> その関連性を知りたいためにお邪魔したいのです。

中略

> 私に相談したいと思われている親御さんが
> 来られているならば、相談に乗ります。

すると、
> 色んな子が来ますので、じっくり観察してくださいね。
> たくさんの子どもたち、保護者も集まりますので、
> 何かアドバイスをいただければ…と思います。

と、すぐにコメントが帰って来た。
他のコメントを読むと、

> 色々な分野で勉強されてますね。
> 道場生が多いのも納得です。

などなど。。。ますます興味しんしん。

さぁ、それからが忙しい。
トマトとヒヨコ豆のシチューを作ったり、
ベランダに干しいてる洗濯物や布団を取り入れ
シーツを掛け…、仕事のメールに返信、
あっという間に出発の時間。

JR天王寺駅から近鉄阿倍野橋駅に移動するのにウロウロ。
予定より10分遅れたが最寄りの河内松原駅に到着。
そこから10分間ほど歩いて、無事、迷うことなく道夢館に。

西田先生に挨拶してから、前方の傍らに座って
見学しようとのんびりしていたら、
突然、西田先生が私に挨拶をと!

とにかく小学生にも分かるように何とか喋って、
私も空手を習っていて黄帯であることを話すと
「えーっ」という感じの表情をする子がぞろぞろ。

小中学生が主だが、4歳くらいの小さい子や
大人の女性が1人で、総勢50名ほど。
プラス、見学の保護者が入口付近に十数名。

黙想の後は、楽しく遊びの延長のような
体作りのための準備体操。

膝ばいでは、ほとんどの子がつま先を使うことなく
しっかり胴体を動かしていて、
よく動ける子が多いと感じた。

クリックすると元のサイズで表示します

西田先生の指導法も参考になる点が多い。

クリックすると元のサイズで表示します

しかし、中には体が硬い子
肥満気味の子
体の軸が定まらず片足立ちで静止できない子
ギャロップができない子
肘の捻じれが強くて、肘を傷めそうな子
背筋を伸ばして正座できない子
などなど、気になる子はけっこういる。

稽古の終わりの方でも
クールダウン的に遊びを兼ねて体を柔軟に。

クリックすると元のサイズで表示します

18〜19時のクラス終了と同時に
稽古に参加していた大人の女性が私に駆け寄り

「先生の名前は存じています。私は鍼灸師で…」と
話し始めた時に、見学していたお母さんが1人

「私は保育士です。先生は子ども達の
 どんなところを観察されていたんですか?」と。

「例えば、膝ばい。貴女は保育所で膝ばいしている子の
 どこを見ている?」と尋ねると

「しっかりつま先を使って、床を蹴られているかどうか?」と。

私は「じゃあ、今日の子ども達はどんな膝ばいをしていた?」
と尋ねると、「えーっ、それは…」と。

2人とも空手を始めて数か月と、2か月。
そんな感じで、横目で試合クラスを見ながら…、

クリックすると元のサイズで表示します

1時間半ほど、子どもの体・発達
空手の動作などについて楽しくお喋り。

そうしているうちに中1の女の子が
腰を痛めているとのことで施術。

クリックすると元のサイズで表示します

それから3人で記念撮影

クリックすると元のサイズで表示します

後片付けも終わった後

西田先生が駅まで送りますとおっしゃるので
21時頃に車に乗り込んで、
まずは、本部道場に荷物を下ろしに。

そこで、道場の中も見せてもらうと
大人の男性8人ほどに混じって女性が2人。

クリックすると元のサイズで表示します

そのうちの1人がそのクラスを担当している
山口千怜先生。
威風堂々、凛として、なんてステキ!

ここでも西田先生は私を皆さんに紹介。
とても気恥しい(~_~;)

短時間見学した後、
生駒駅前まで送りますとおっしゃるので
恐縮しながらも、車内でおしゃべり。

西田先生によると、子どもと共に、
空手を習い始めるお母さん達が
最近急に増えてきたとのこと。
良い傾向やね〜!

それから、気になった子のこと、
動きの良い子のこと、

胎内姿勢や生まれ方の悪さ、
ズリバイの大切さ、
腹直筋離開している子が多いこと、

などなど・・・、
いろいろと話をしているうちに、
あっという間に生駒に到着。

西田先生、お世話になりました。
おおきに、ありがとうございました。

あぁ、なんと濃厚な見学ができたことよ〜。
また行きたい。
今度は稽古にも参加させてもらおう!
11



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ