最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2022/3/27

3人ともよく働いた 孫達  ファミリー

3/27(日)の生駒施術に
働きにやって来た太郎孫。

カラオケ店で朝の7時まで徹夜で働き
その足で生駒に向かい
8時半には到着。

来るなり「眠たい」と爆睡。
11時には自分で起きて降りて来た。

これまでは、いくら起こしても
起きなかったのに、大成長。

体格のいい男性のお客様を
足首から上肢まで一式調整したのち

頸椎・頭は、私も診察してから
太郎が施術。

ほぼ確実に直せるようになった。

その男性に感想を尋ねると

「手が大きく柔らかいので
 全然感触が違う」と、ニッコリ。

廣澤助産師にも施術を受けてもらい

クリックすると元のサイズで表示します

彼女の難しい頸椎も
私も診察してから、太郎が施術。

評価してもらったところ

@私の頸椎施術よりも、さらに早く
 気づかないうちに直ってしまう。
 何で直るのかわからない。

A博樹の手の当て方と似ているが
 一瞬でピッタリと手を当てる博樹には
 まだ及ばない。

B声掛けをもっとたくさん
 丁寧に、しっかりと。

C目を見て話さないといけない。

D髪型をもっとスッキリと!

1年半ほど前は
「気持ち良かった」
「楽になった」

といった感想だったが
こんな評価をしてもらえるまで成長した。

@は、素晴らしい。
あとは診立てができるようになること。
この方が難しいのだが。

Aは…、それはまだ無理でしょう😄

B.C.Dは、早急に努力し
研鑽を積んでもらわないと。

でも、1年半前、1年前と比べると
ずいぶんましになって来た。

夕食後、姫と次郎はマーマレード作りを
「したい!」と、手伝いはじめた。

@15個も採取した甘夏ミカンの
 皮を全部剥き

A小袋を剝がしやすいよう
 私が包丁を入れた8個分を
 全部剥いてくれた。

クリックすると元のサイズで表示します

その後
B皮を細かく切るのも
 「したい!」と、やり始めた。

クリックすると元のサイズで表示します

Aが大変なので
それを先にしてもらったのだが

Bもしてくれるのなら
Bを先にした方が
アク抜きの茹でこぼしを早くできたのだが…。

でも、これだけ大量の
マーマレード作り。

1人では気が遠くなりそうだが
早く終わって、助かった😄

Bが終わるまで
いつもは孫達がする洗濯物干しを
私がすることになった。

空手で疲れ果てた太郎は
シャワーを浴びて、すぐに爆睡。

皆が夕食を摂っている間も爆睡し
しばらくしてから起きてきて夕食を摂り

その後はジージを一人で施術。

クリックすると元のサイズで表示します

私は一切手を出さず。

姫は次郎に100ます計算をさせ
時間を計り、採点。

遅いうえに、間違いがいくつも…😩

太郎はその後、妹と弟も施術。
3人もよく働いた。

一段落し、私がPC用机に向かって座ると
3人は餌をもらう犬のように並んで正座。

小遣いを少しでもたくさんもらおうと
自分がいかに頑張ったかを主張。
年少者ほど凄まじい。

太郎は、弟と妹がもらう額が多ければ
自分はそれよりも
多くもらえると知っているので
何も言わない。

これが一番の楽しみで来ているやから
ゲンキンやな〜。
7

2022/1/30

自分の日程管理をしない孫達  ファミリー

1/30(日)は生駒施術。

COVID-19 濃厚接触とかで
約半数がキャンセル。

余裕が生じたはずなのに
来られた方が
膝痛・五十肩・足首・背中…と
1人で幾多の症状を抱えている方が多い。

肩こり・首コリ・頭痛なら
短時間で施術は終わるのに
四肢に症状がある方は
その2〜4倍も時間がかかる。

ほとんど施術が終わった頃
孫3人が到着。

今日は空手がないと言うてあるのに
何で来るんや?!

太郎は「ない」と聞いていたのは確かで
そう記憶しているけど
妹が「あるんやで」と言うから来たと。

来るならもっと早く来て
「手伝えよ!」と言いたい。

結局、最後の方の
背中伸ばしだけをしてもらって施術終了。


昨日の京都空手には
「聞いてなかった」と言って来ず

今日はないのに
「あると思った」と言って来る。

スマホを持っているのに
自分の日程管理をしようとせず

「聞いていない」「聞いた」と
いつも人のせいにする。

「これからは一度しか言わない。
 聞いたらすぐに日程表に入力してや!」

と言ったところ
やっと、3月分まで入力した。

今日来たのはたぶん、確信犯。

小遣いが減って来たので
ジージにもらおうと思って
来たに違いない。

少しばかり掃除などをさせ

「英語も数学も必要ない!」
と猛語してはばからない次郎にも
少しばかり勉強させて…

太郎にはジージが整体をリクエストし

クリックすると元のサイズで表示します

夕食は好物のスキヤキをジージにねだり

ちゃっかりとジージから
小遣いをせしめて帰って行った。

「2月からは空手・仕事・勉強を
 真面目にしなかったら、小遣い減額!」

と言い渡した効果はいかに?

厳しくしないことには
役立たずの大人になりそうやし。
4

2022/1/5

再びやって来た孫と  ファミリー

1/3(月)の416時半頃
伊勢湾での釣り帰りの長男が

一緒に釣りに行っていた
次郎孫を連れて生駒に到着。

直ぐに釣果を調理し
味噌汁にする次郎。 ↓

クリックすると元のサイズで表示します

17時半頃には京都から姫孫が到着。

ほとんど、お節の残りで夕食。

不思議と孫達は何も文句を言うことなく
有難いことに、どれも

「美味しい、美味しい、おかわり」と。

お陰で酢蓮根・たたきゴボウ・煮しめなどが
きれいになくなった。

朝早く起きて釣りに行っていた次郎も
町内の仕事を手伝っていたという姫も

食後は目がトロ〜ンとして
勉強できるような状態ではなく
夜行性の2人なのに9時半には就寝。

翌4(火)もゆっくり寝て
シリアルで朝食。

朝は6時までに
雑炊の朝食を摂る夫、

コーヒーだけの私にとって
孫達の朝食準備はとても負担…😓

でも、玄米フレークなどの
シリアル・牛乳・ヨーグルトを
混ぜての朝食はとっても楽ちん😄

4(火)も、5(水)も
ドッジボールを30分間して
体と頭を目覚めさせてから

クリックすると元のサイズで表示します

勉強や絵画の課題制作。

クリックすると元のサイズで表示します

4(火)の昼食はオムライスとスープ
次郎と私とで作り

昼は炭水化物を食べない夫も
「30年ぶりくらいや〜」と
嬉しそうに完食。

5(水)の昼食は
味噌漬け豚ステーキ・野菜炒め・味噌汁。
これも大半、次郎孫が積極的に担当。

5(水)は、ドッジの後

クリックすると元のサイズで表示します

部屋の掃除と、外の掃除。

クリックすると元のサイズで表示します

前回とは分担を変えて
不公平にならないように。

クリックすると元のサイズで表示します

その間、私は金柑を採取。↑

次郎は午前も午後も
「全然わからん!」と言う連立方程式。

クリックすると元のサイズで表示します

5(水)午前中に課題を完成させた姫にも
苦手な数学をさせようとしたが
数1の教科書も何も、持って来ていない。

それならと、ネットで調べたら
出て来るわ、出て来るわ。

ちょうど「習ったがわからない」と言う
2次関数の問題と、解き方も答えも
掲載されたサイトがあり

クリックすると元のサイズで表示します

「これをするか?」と言うとやり始め
2次関数もルートも、そこそこやれている。

クリックすると元のサイズで表示します

しかし、数学苦手の私には
全然わからない。
やってみようとの気も起きず、撃沈😓

こんな難しい数学が
美術科の生徒に必要なの👀‼️

私は高校時代、数1は大の苦手で
数2Bの方がまだましだった。

いや〜、私には全然わからなくても
ネットでちゃんと解き方も答えも
教えてくれるのだから
何と便利な世の中になったものよ〜。

4(火)も5(水)も、14:40になると
次郎は嬉々として、ホットケーキ作り。

4(火)小型の丸いフライパンで焼いたが
5(水)は私の提案で
ホットサンドメーカーで焼いてみることに。

チョコレートを砕いて
間に挟み、上にも乗せて

クリックすると元のサイズで表示します

次郎は大喜び。

もう1枚は、ミックスナッツを
チョッパーで砕き、粉に混ぜて

クリックすると元のサイズで表示します

間にオレンジピールを挟み ↑

さらに、上にチョコを並べて
楽しみながら、どんどん食べる次郎。

クリックすると元のサイズで表示します

丸よりも四角の方が焼きやすく
間に挟めて、切りやすく
次郎のお気に入りとなってしまい

「お年玉でホットサンドメーカーを買おう」と。

クリックすると元のサイズで表示します

その間、姫は新聞のいろんな字を
ハサミで切って
並べ直して
「明けましておめでとうございます…」

などと、作成しながら弟から
ホットケーキを分けてもらって食べている。

働いた分や勉強した分などを
ポイント制にして
お年玉とし手渡すことにしたが

ポイント獲得のための
自己主張のすごいこと😩

結局、1/30(日)まで
課題を持ち帰ることになり決着。

昨年より少ないお年玉となったが
15:40、機嫌よく帰って行き、台風一過。

孫が帰る少し前に
信貴山ツアーから帰宅した夫と
2人だけの静かな家に戻った。
3

2022/1/1

食べ正月  ファミリー

1/1(土)元旦は、11時〜食事と決め

夫は、生駒山歩き⇒音の花温泉
長男の家族4人は
 生駒山宝山寺参拝⇒音の花温泉

私は8時まで寝て
いつもの通りコーヒーを飲んで
メールチェックなどを済ませ
9時半頃から食事の準備

12/23に麹漬けにした蕪・大根寿司は  ↓
酸味や旨味がまだ足りないが
甘くて、美味しくできている。

クリックすると元のサイズで表示します

紅白ナマスの大根を斜めに  ↑
スライスするのではなく
薄い拍子木切りにしたところ

歯触りがシャキシャキ!
流れ出る水気も少なくて
これまでとは全然違って美味しい!

毎年のことながら私の田舎お節料理も
回転皿に盛りつけると豪華に見える。

うっかり黒豆を回転皿に乗せ忘れ
2鉢にして、2カ所に。↓

クリックすると元のサイズで表示します

京都の割烹聖護院のお節の
オマケでもらった自家製カラスミを ↑
スライス大根の上に乗せて。

クリックすると元のサイズで表示します
     ↑
こちらが昨年に引き続き、京都のお節。 
     ↓
クリックすると元のサイズで表示します

この数年毎年買っている
     ↓
クリックすると元のサイズで表示します
     ↑
空研塾塾 塾長のお店「しるべえ」のお節。
     ↓
クリックすると元のサイズで表示します

さらにお雑煮を食べ
台所仕事以外に運動も外出せず
14時頃、うたた寝もしていた私は
お腹がすかないまま夕食準備に。

大量にお節を作ったのに

「今晩のうちに子どもも連れて
 京都に帰る」と、長男。

夫と2人では
とても食べきれないほどあるので
京都に持ち帰ってもらうよう準備をし

昼の残りのお節を体裁よく
食欲がそそるように並べ変え。

スキヤキの準備は夫と長男がし
スキヤキ奉行は長男。

クリックすると元のサイズで表示します

お腹がすいていないはずの
私のお腹にも別腹があるかのごとく
スキヤキは入って行き

孫たちもガッツに食べ
上の写真に写っている
お節料理の全てが
きれいに片付き

デザートに古都華の初物も
皆、喜んで食べていたが

さすがに私の分は明日に残すことに。

20時半頃、たくさんのお土産を積んで
長男一家が帰って行った後は
夫と2人の静けさが戻って来た。

盛り付けていない料理は
まだまだたくさんあるので
2(日).3(月)は
夫と2人で食べることにしよう。

3(月)の夜にはまた孫2人が
冬休みの課題をこなしにやって来る。

さぁ、それまでは
ミシンがけなどをしながら
くつろごう。
3

2021/12/31

生駒での静かな年越し  ファミリー

勉強嫌いな孫だが
ドッジボールは大好き。

12/30(木)は
「寝る前に運動しよう」と
23時〜、1階に降りて行って
ドッジボールやりだした。

クリックすると元のサイズで表示します

私は眠くてたまらず
階下から聞こえてくる
にぎやかな声と

バン!
と鳴り響くボールの音を聞きながら
布団の中でウトウト。

24時ちょっと前に上がって来た。
なんと1時間
休むことなくドッジをしていた。

翌31(金)の朝は
私より早く起きてテレビを見ている次郎。

8時前に私と同時に姫も起き
2人ともシリアル・ヨーグルトで
朝食を済ませた後
ジージと一緒に買い物に出かけ

帰ったらすぐに大阪の塾長の店まで
お節を受け取りに。

正午には帰宅し、2人とも
その後は、お節作りの手伝い。

酢蓮用のレンコンを
花形に薄く切るのも
2人ともなかなか上手。

牛蒡をすりこ木でたたく姉を見て
自分も
「やりたい」と言うので
ジュースが入っていた
細いビンを渡すと
それでコンコンと2人そろって軽快に。

クリックすると元のサイズで表示します

白ゴマすりや
今晩の鍋用の大根おろしなどの
力仕事も
2人でやってくれるので大助かり。

お陰で15時には、お節作りは完了。
私は外に出て
松・南天・蝋梅を切り
花瓶に無理やりに収めた。

クリックすると元のサイズで表示します

生け花とはとても言えないが
まぁまぁお正月らしくなった😄

15時半頃から
孫2人はドッジボール。

私は床暖の上でウトウト。

16時半には長男夫婦が到着し
孫2人もドッジボールをやめて2階に。

18時頃から夕飯。
鶏鍋と、3時間前に出来上がった
紅白ナマス・たたきゴボウ・酢蓮。

酢の物3種は
美味しいと大好評で
おかわりも。

最後に年越しソバも食べ
テレビでボクシング・RIZINを見ながら
みかん・干芋を食べてホッコリ。

クリックすると元のサイズで表示します

太郎孫は年末年始はずっと
カラオケ店の深夜バイトで来られず。

次男夫婦も東京で年越しとのことで
静かな生駒での年越しとなった。
3

2021/12/29

次郎孫、図形問題でヤル気発揮  ファミリー

12/28(火)の午後と
29(水)午前は
生駒で少しばかり施術。

1年生数学の分数計算は
全くやる気がなかった次郎だが

2年数学の「図形の問題ならする」
と言うので
買いにやらせたところ
ちょうどいい問題集を買って来た。

29(水)の朝早くに京都に戻って
映画に行く約束を
友達としているそうで

今晩の目標を立て
問題をラップで歌うように読み上げながら
楽し気にやり始めた。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

夕食の皿洗いの手が空いた姉に
時々、教えてもらいながら

クリックすると元のサイズで表示します

夜遅くまでやっていたが
明日に備えて入眠。

29(水)7時に起きて
シリアルで朝食を済ませて
京都へ帰って行った。

30(木)は淡路島に釣りに行くそうで
夜、父親に送ってきてもらう予定。

次郎孫がいなくて姫孫だけだと
1/5くらいの静けさになる。

しばし、ホッコリタイムを楽しもう。
2

2021/8/4

宿題監督生活は疲れる〜  ファミリー

昨年の5月末
コロナ休校時に出された宿題を
次郎孫は全然していなかった。

そのため、5/27〜31の4日間
宿題一掃のため
生駒の家に軟禁し
私はその監督を務めた。

今回はそれに次ぐ
2回目の宿題軟禁。

8/2(月)昼〜4(水)の昼過ぎまで
まる2日余り
私は再び宿題監督生活となった。

中学2年生になった次郎孫は
この夏休みの宿題も
全くしていないことが
8/1(日)
姉の通告により分かった。

一旦京都に帰り、翌日
宿題を持って来るよう説得したが
1人では来そうになく
姉が連れて来た。

来るなりTVでオリンピック観戦。

京都の家にはTVを置いていないので
まぁ、仕方がない。

食事の準備は
必ずどちらか1人に手伝わせ
しなかった1人には皿洗い。

この計画はかなりうまくいった。
     ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

が、宿題は「わからん」の連呼で、しぶしぶ座っている弟↑

普段の勉強不足もあるが
社会のプリントは、図表の印刷が
小さくて、かすれている。

ルーペを使わないと
中学生の目でも見えず

「たぶんこうだろう」と
私や姉と一緒に確認しないと
答えを書けないくらい。

私にもよくわからない問題が
けっこう多い。

教科書を持って来ていないのため
ネットで次々に調べて
何とかできた。

私の中学生時代とは
言葉が違っていたり

当時はなかった
「限界集落」などについても
習っていることをが分かった。

高校の美術科で学ぶ姉は
デッサン2枚と
スマホを使って描く絵の宿題を
生駒でする予定とのこと。

スマホで遊んでいるように見えるが
これは宿題をしているところ。
   ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

川中島の桃だという大きな桃を   ↑
次郎孫が皮を剥いて
きれいに切ってくれた。

桃は剝きにくいのに、お見事!

食事も夫と2人分準備するのとは
全然違う。

孫の口に合いそうなメニューを考え
3食分、量も多く作らないといけない。

自家製の糠漬けが
大いに気に入った孫達は
キューリを丸ごと
ポリポリ食べるし…

次々に漬け込んで
冷蔵庫の中の野菜・肉・魚は激減。

宿題が一段落すると
1階に降りて行ってドッジボール。

クリックすると元のサイズで表示します

京都より涼しくてよく寝られるからか

クリックすると元のサイズで表示します

私以上に夜行性の孫達は
朝はなかなか起きない。

次郎の英語の低学力ぶりは
あきれるばかりだったが
何度も音読させて
少しはましになった。

クリックすると元のサイズで表示します

スマホ片手にオリンピックのスケボーを見る2人。

13歳、12歳の子が
メダルを獲得しているというのに
何という違い…🙁

帰る前に、どちらが漢字を
きれいに書けるかのコンテスト。

私の言う四文字熟語などを
(かなり古めかしい…😄)

クリックすると元のサイズで表示します

姉が先行でボールペンで
弟が後行でシャーペンで

昨年までは弟の方が
きれいな字を書いていたのに
今年は逆転した。

有難いことに、孫達は
私や夫よりきれいな字を書く。

最後に、八の字が付く言葉を
いくつ言えるかのコンテスト。

これはそれぞれ10ずつで
引き分けて
仲良く帰って行った。

昨日までとは違い暑くて
ヘトヘトになった私は
涼しい1階に移動し
倒れるように昼寝をしてしまった。

宿題監督生活は疲れる〜。
7

2021/1/2

結び試験 孫に追い越され…  ファミリー

1/2(土)のブランチで
買ったお節の残りを完食。

食後、孫2人の目がギラギラし始め
お年玉が懸かった
結びの実技試験に向け warming up

以下の回数のうち最も良い成績を
採用することとし
動画を撮って確認することとした。

体操用マイピーロカバーを使って
@片蝶(先蝶)結び…10回
A片蝶(後蝶)結び…10回

クリックすると元のサイズで表示します

靴紐を使って
B両蝶(リボン)結び…5回

クリックすると元のサイズで表示します

不職布の風呂敷を使って
C真結(横)結び…空色・薄桃色で各3回

クリックすると元のサイズで表示します

4種目とも、30秒間でできる回数により
お年玉の金額を決め

「絶対にできない」と
私が予測した回数ができれば
さらに高額のお年玉がもらえるように決めた。

結果 姉 弟
@  7  6
A  8  7
B  6  5
C  6  5

姫(中3)は全て、私の予想に反して
全て最高額を獲得 👀‼️

私ができる回数は次郎(中1)と同じ回数。

つまり、私は姫に4種目とも
追い越されてしまったということ。

セミナー受講生でも
私と同じ回数できる人は
10人に1人もいないのに…。

それより多い回数を結べるなんて
絶対にないと思っていたのが間違いだった。

とにかく、31回もの回数
全力投入し続けられることがスゴイ。

ドッジボールを投げるくらいの迫力なので
動画から静止画をキャプチャするのも難しい。

あまりの速さに
手もアイテムもぼやける。

私の手は頻回の消毒と
家事で冷水を浴びカサカサ
歳とともにこわばりも…。

次郎と競ってみようという気にもなれない。

日に日に上手く
滑らかに動けるよう成長する孫。

「若いっていいね〜😄」と笑っている姫
震えんばかりに悔しがっている次郎

お陰で私のポケットマネーはゴッソリ減少。

姫孫に完全に追い抜かれた私は
自分のふがいなさ、老化にガッカリ😥

孫が去った後、長距離走の後のように
「はぁ〜」と
大きな吐息をついている私を見て笑う夫…。

1時間たっても治まらず
2時間たって、ようやく治まった。

夕食は夫と2人、残り物の粗食。

数の子・黒豆が少し残っていて
松前漬け・酢蛸は
たくさん残っているがそのままに。

塩辛い鮭を入れ過ぎて
塩辛くなり過ぎた蕪・大根寿司に
麹菌から作った甘酒を追加。

床暖で乾かした布団を片付け
食材の残りを
2日後も食べられるよう調理し
お正月の片づけは終了。

見たいTVが見られ
読みたいものが読める静けさが
ようやく戻ってきたが…

カサカサ・シワシワの手を見ると
情けなくなってしまう😥
8

2021/1/1

元旦 孫と付き合うには体力が…  ファミリー

1/1(金)元旦
起きて来ない太郎孫に一苦労。

我が家の超簡単なお節と

クリックすると元のサイズで表示します

ここにいきさつを書いた
@奈良生協のお節で

クリックすると元のサイズで表示します

遅い朝食をとると
中学生の孫2人は書初め

クリックすると元のサイズで表示します

次郎は上手い! 姫はイマイチだが
習字は大の苦手だった私よりはまし。

その後、生駒山宝山寺の参拝に出かけ
長男夫婦と太郎孫は京都に帰宅。

姫と次郎は明日
結び方試験を受けるため
生駒に残留し、結び方の練習。

結び疲れたら、1階に降りてドッジボール。

私も10分間ほど入れさせてもらったところ
なかなかいい投球をする私に
孫達もビックリの様子。

「71歳の老女にしては
 いいボールを投げられるやん😄」と

喜んだのも束の間
すぐに上腕二頭筋に筋肉痛。リタイア😥

こんなことを30分、1時間と
続けているんやから、若いってスゴイ!

なかなか2階に上がって来ない孫達を
待ちきれず、夫と2人で

クリックすると元のサイズで表示します

Aしるべえのお節を
食べ始めたところ、上がって来た。

クリックすると元のサイズで表示します

昨年までより少し値上がりしたせいか
予想以上に豪華。

あぁ、これを朝に食べるべきやったと反省。

朝夕ともに、明日まで日持ちがしそうな
酢の物・焼き物・煮物など
食べきれなかった分は、それぞれ保管。

「これとこれは混ぜ合わせたら美味しそう」

と、イメージしながら
保存食を作るのが大好きな私。

サザエの残りを、松前漬けに混ぜ込んで
酒のアテてにしたところ、バッチ・グー😄

その後、未使用の
私のスニーカーの紐で
リボン結びの練習。

クリックすると元のサイズで表示します

引き続き、不職布の風呂敷で
横結び(真結び)⇒サッと引き抜いてほどく練習 ↓

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

最初は上手くできなくて
泣いているのか怒っているのか
分からないような声を出していた次郎。

釣り具を買いたいために
お年玉を少しでもたくさん貰おうとの
執念のすごさに、私も圧倒。

丁寧に教えて
やっとできるようになった2人。

これで納得のお年玉をもらえると
安心したのか
また、ドッジボールをしに降りて行った。

どこまで元気なんや、この2人。
さっさと就寝してしまうジージ。

バーバはヘトヘトになりつつ
隙間時間で午睡しながら、体力温存 力こぶ

孫と付き合うには体力がいるわ〜。
7

2020/12/31

賑やかな大晦日  ファミリー

お正月用のしめ飾りは
処分するのに毎年困るので
今年は買わないことにした。

そこで、お正月らしい花を玄関に飾ることに。

・伸びすぎの南天・万両・蠟梅を切り
・伸び足りない半端な松を3本

これだけでは寂しいので
伸びすぎのランタナを足した。

クリックすると元のサイズで表示します

離れて見ると賑やかで
なんとなく正月らしくなった。

クリックすると元のサイズで表示します

ところが、その後風が強くなり
鉄製の花瓶だが
さすがに上が大きく重いので転倒。

下の箱をひっくり返して
箱の中に入れたところ安定。

今年はお節のセットを
@奈良生協
Aしるべえ(空研塾塾長の店)
B割烹しょうごいん(長年住んだ京都の家の隣)

なんと3組も買うことになってしまったので
お節は作らないことにした。

でも、姫が
「紅白ナマスはぜったい食べたい」と言うので
一緒に作ることにした。

金時人参をスライサーで切るのと
ゴマをするのは次郎。

クリックすると元のサイズで表示します

それ以外は姫の担当。
もちろん私が横で付きっきりなのだが。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

手がすくと結ぶ練習。今度はポリ袋でリボン結び。↑

それからまた側宙
ドッジボール・トンファ・バトンと
遊びまくっていると…
長男夫婦と太郎孫が到着。

ジージの整体をして

クリックすると元のサイズで表示します

長男が運んできた

クリックすると元のサイズで表示します

Bしょうごいんのお節をさっそく頂き

クリックすると元のサイズで表示します

私が漬け込んだ酢蛸

クリックすると元のサイズで表示します

次郎の釣果のメジロで作った
大根のアラだき。

クリックすると元のサイズで表示します

撮り忘れたが、紅白ナマス
私が味付けをした数の子
初めて作った松前漬け

クリックすると元のサイズで表示します

と、味わってから
ヒネ親鳥の水炊きを食べ

クリックすると元のサイズで表示します

最後に年越し蕎麦
6人前をペロリと平らげた。

お年玉の金額が
30秒で結べる回数で
決まると知った太郎孫は
弟に結び方を教えてもらっている。

クリックすると元のサイズで表示します

26時間前に私が教えたのに
今度は教える側に回っている次郎。 ↑

それを見て、長男が
自分の結び方で結んでいる。

私のやり方とは全然違う👀‼️

クリックすると元のサイズで表示します

幼い時から器用で
何も教えなくても何でもできたので
結び方も
自分でりやすいやり方を見つけ出して
結んでいたのだと
今頃になって知った。

23時には若い5人は生駒山に行くと
準備をしている間も
姫と次郎はドッジボール。

飛び交うボールと強烈な声に
長男は
「やかましい。狂暴や〜」とため息。

5人とも生駒山へと出発。
静かな年越しとなった。
3

2020/12/30

高額お年玉獲得目指して  ファミリー

12/28(月)にポリ袋を
縦結びにしていた姫孫に

「正しい結び方を
 30秒間に何回できるかで
  お年玉の金額を決める!」と宣言。

体操用マイピーロカバーを使って
結び方の指導。

クリックすると元のサイズで表示します

@真結び(横結び)
A片蝶(先蝶)結び
B片蝶(後蝶)結び
C両蝶(リボン)結び

お年玉が懸かっていると
一生懸命練習するもんやね〜😄

12/29(火)の日没前、次郎孫が
27(日)の釣果を持ってやって来た。

太郎孫は家で何をしているかと尋ねたら
「ピアノを弾いてる」と。

クリックすると元のサイズで表示します

クリスマスプレゼントで
もらったピアノを弾きたくて
京都に帰ったのだと。

それならそう言えばええのに。

自分で働いて稼いだお金を
電車代に使おうが
欲しいものを買おうが…、好きなように。

ジージはすぐに調理。
ハマチとブリとの中間、メジロ。

クリックすると元のサイズで表示します

次郎はすぐに録画しておいた
釣り番組に熱中。

クリックすると元のサイズで表示します

姫はスマホをいじったり、絵を描いたり ↑
      ↓
クリックすると元のサイズで表示します

その間にタコも添えた刺身の出来上がり。

クリックすると元のサイズで表示します

ネギ・味噌・ゆず果汁と
混ぜ合わせて「なめろう」も。
       ↓
クリックすると元のサイズで表示します

姫と作ったほうれん草と油あげの漬し
味噌汁とともに夕食。

その後は、録画してある映画などを鑑賞。
・ゴジラ対モスラ
・ET

どちらもいい映画だった。

京都の家にはTVはないので
孫達はここぞとばかり、満足げ。

12/30(水)、まずは次郎に
結び方を教えていると

姫も高額お年玉獲得を目指して
木綿の細いマフラーを使って一緒に練習。

クリックすると元のサイズで表示します

Cの両蝶(リボン)結びは
スニーカーの紐結びをイメージして。

クリックすると元のサイズで表示します

本番はABの片蝶結びは
ポリのレジ袋でしようかな?

結び疲れて、1階に降りて
ドッジボールや、側宙の練習。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

書初め以外の宿題は
弟の方が先に終えた。
姉はあと少し。
    ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

その間も、弟は結ぶ練習に集中。
今日初めて練習した割にはなかなか上手。

姉には勝てず悔しそうにしていたが
次第にほぼ同レベルに成長。

何しろ、お年玉が懸かっているから。
5

2020/12/27

施術おさめ 孫達はそれぞれに  ファミリー

12/27(日)は生駒施術で
年内最後の私の施術日。

たくさんのご予約を頂いていたので
太郎孫のヘルプのおかげで

クリックすると元のサイズで表示します

お昼休みは20分ほど取れて
軽食もとれた。

9時開始、終了は16時。
後片付けもそこそこに休憩。

姫孫は6時過ぎには起きて
7時にはジージと共に出発。

生駒山山頂⇒暗がり峠⇒音の花温泉
4時間も山歩きをしたのだと。

誕生会の後、生駒に来なかった次郎は
父親と一緒に京都の家⇒海釣り。

クリックすると元のサイズで表示します

メジロ(ハマチとブリの間のサイズ)を
2匹も釣り上げたようだ。

生駒組は、録画しておいた
全日本フュギァスケート鑑賞した後
2人の孫の施術。

姫孫の歯突起と頭がピタリとそろった。
すると
「今まで直してもらったのとは全然違う。
 頭が軽い。フワフワする」

などと言っていたが
体操やダンスの回転が
くるくるピタリと回れるようになり

これが小学生の時にできていたら
平均台の上でもできて
体操の試合にも出られたのに…

と、未練がましい。
私も姫孫も残念だが
仕方がないね〜。

太郎孫の首〜頭のズレ固まりは超ハード。

これが直ればきっとアトピーは
改善するだろうに…と思いつつ
45分間も緩め、調整し続けた。

完璧にはまだまだ遠いが
「眼が開くようになった」と。

ふぅ、よく働いた1日やった。
7

2020/11/7

健康目指してそれぞれ…  ファミリー

11/6(金)9時開始の
運動指導者のための整体教室に参加するために
11/5(木)の晩遅くに生駒の家に着き
前泊した太郎孫。

朝は何とか遅刻しない程度に起き
午後は生駒山歩き(少しは走り?)に行き
私は眼科受診のため大阪に。

自分としては
「とてもよく見えるようになった」
との自覚なのだが
目の中は老化現象が進んでいるらしい。

進行を食い止めるために
右目だけだが ⇒ クリックすると元のサイズで表示します
就寝前の点眼が始まり
当分月1回の受診が続きそうだ。

幼い頃から足腰が弱かったので
車椅子高齢者になるだろうことは
若い頃から勘ねんしていた。

たがら不安はないが
視力は20歳頃までは1.5だった私は
視力が弱くなった自分を
絶対に許容できない。

10/7(土)、夫は6時頃には生駒山歩きに出かけ
明日から3日間、対馬の旅。

なのに、太郎孫だけでなく
日曜の空手に来る姫孫・次郎孫に
食べさせる食べ物の準備や
レジュメ作りなどでけっこう多忙。

15時過ぎには太郎孫は
空研塾西田道場に稽古に出かけ
いつもの静寂に戻った。

西田師範からは、夜のうちに
メッセンジャーで写真とともに

クリックすると元のサイズで表示します

「慣れない稽古も一生懸命頑張っていました」
とのコメントが届いた。

クリックすると元のサイズで表示します

ブログも素早く毎日更新され
ほんまにマメ(@@;

たくさんの道場生徒が集まり
大会入賞者をたくさん育てている
道場長はすごいね〜。

太郎孫は「毎週行く!」と積極的。
同年代の道場生がいるので楽しいらしい。

クリックすると元のサイズで表示します

高校の勉強には全く興味はなさそうだが
整体と空手は好きなので
何とか将来、生きていけると思う。
2

2020/5/31

宿題より遊び?  ファミリー

生駒で宿題軟禁生活の次郎孫は
腕立て伏せなどもしながら体力作り。

クリックすると元のサイズで表示します

5/30(土)の午前中には
無事、算数の宿題も
美術の絵の宿題も終了!

「宿題のラストスパート」と称して
正午過ぎ、姫孫がやって来た。

弟のことを「全然宿題をしていない」
と言っていた割には、
自分もかなり残している。

社会・理科を終えた後
ぬり絵コンクールに応募するのだと
塗り絵を始めた。

クリックすると元のサイズで表示します

夫の生活リズムに沿って
18時には夕食。

クリックすると元のサイズで表示します

よく食べるようになった2人が増えると
食材もどんどん消えていく。

マンガを読んだりして遊んでいる弟と
英語の宿題に取り組む姉。

それを少しばかり手伝い
終えた頃には、小腹がすいてきた。

「チキンラーメン 食べるか?」
と尋ねると

「えっ、あるん?!」と孫。

我が家にそんなジャンクフードがあることに
ビックリした様子の次郎孫は大喜び。

夜食後は「もののけ姫」を見ながら
私は半分うたた寝。

終わったのは1:10 孫達はまだ元気。
眠そうな気配もない。

布団に入れたがまだ“しりとり”をして
ずーっと賑やかな中、私は入眠…ZZZZ

5/31(日)の朝食後は
最後に残った保健体育の宿題

これが2人とも全く同じ問題。

反復横跳び…瞬発力
長座前屈…柔軟性

など、姉に教えてもらいながら
弟は書き進み、無事、完了!

クリックすると元のサイズで表示します

すると、購入したばかりの
アウトスティックで遊び始めた。

クリックすると元のサイズで表示します

軽くて柔らかく手軽に遊べる。

蹴ってもしなるが、折れ曲がらず。
美しい蹴りの姉に対し ↓

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

元気いっぱいの弟は飛び蹴り。スティックも飛び跳ねた! ↑

遊び過ぎて午前の遊びで汗だくの姉は
弟に「クサイ!」と言われて着替え。

クリックすると元のサイズで表示します

“トムとジェリー”を見ながら一休み。
いつまでこんな幼稚なマンガを見るのかな?

昼食後は“平清盛の健康診断”を見て
今度はお手玉とアウトスティックで野球ごっこ。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

軽いスティックで重いお手玉を前に飛ばす  ↑
強烈なパワー。

中身が巻き散るんじゃないかと
ハラハラしたが、無事だった。

家では食べさせてもらえないアイスも食べ
さらに、お城巡りの録画も見て
ようやく夕方、帰って行った。

あ〜、疲れた〜。
7

2020/5/29

次郎孫の宿題監督生活  ファミリー

5/27(水)の夕方から始まった
次郎孫の宿題監督生活。

28(木)の朝は
バナナヨーグルト作りからスタート。

バナナをできるだけ細かく切るコツを
説明すると、すぐに見事な包丁さばき。

クリックすると元のサイズで表示します

兄より、姉よりも上手い(@@)

クリックすると元のサイズで表示します
              ↑
左手を刃先の背側に置いて切る
この切り方は、私の夫もできない。

続いて、刃先を固定して右手だけを動かす
高速切りも、教えない前にやり始めた。

クリックすると元のサイズで表示します

父親に教えてもらったのかと尋ねると
「見てたらできるようになった」と。

長男もそうだったが、実に似ている。

似ているのは学業嫌いも同様。

新コロ休校中の課題(宿題)の
内容は小学6年生の復習。

理科・社会・国語と
計画よりもずいぶん遅いペースで進行。

それでも、概ね正しい字を書いている。
と思ったら
答えが印刷されたページがあり
それを見ながら書いたのだと(@@)

29(金)は13ページも残っている算数。

それも、計算式は全く書かず
答えだけ写し書きしている(@@)

「計算式を書かないとアカンやろ?!」
と言うと

「何のことか全然わからん」
「小学校の教科書は持って来んかった」

と言うので、見ると…

小数点のある数字の“逆数”を
分数で書きなさいという問題。

えーっ、逆数って?!

そんなこと習った記憶がなく
ネットで調べると

「かけると1になる数を逆数という」のだと!

へーっ、そんなこと
私が小学生〜高校で習った記憶がない。

それさえわかれば算数・数学が
大嫌いだった私でも、わかる。

説明すると、短時間で
計算式と答えが書けた。
    ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

検算を電卓でさせたところ
“1”が表記されるたびにニコニコ楽しそう。↑

そろばんはもちろん
普段から筆算をすることもなく
かけ算九九もスロー。

検算まで筆算でしていたら
時間が足りなくなってしまう。

夕食後も「文字と式」「比」の問題に付き合い
あと3ページというところで22時。

「おしまい。あとは明日する!」と言って
寝るのかと思いきや、また漫画。

クリックすると元のサイズで表示します

大きなリュックの中の荷物は
教科書ではなく漫画だった(@o@)

「漁師・釣り船の船長になる」
と言っている次郎に
こんな「逆数」「比の値の分数計算」は
必要なのだろうか?

「んー、私もこれまでの人生の中で、
 こんな算数を必要としたことはなかったな〜」

なーんて言っていたら
「必要な人もいるんと違う?」と(*_*;
8



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ