最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2016/3/2

メンテ“力”upセミナー@横浜  トコ企画セミナー

3/1(火)、2(水)は、メンテ“力”upセミナー@横浜
横浜での会場はいつも、上大岡駅直結のウィリング横浜

今回の受講者数は1日目は39人、2日目は36人。
            ↓
クリックすると元のサイズで表示します

2日目の畳の会場があまり広くないので、これが限界。

トコ企画からは川西事務局員が参加
       ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                           ↑
     2日間ともアシスタントは、山下明美助産師@徳島県
       「娘が神奈川県の大学にいるから」と希望

         高速バスでやって来たが、事故による渋滞に
          巻き込まれたそうだが、9:30には到着

今回初めて、4人グループでの腹直筋離開の触診練習後、
改善させる体操をバスタオルを使って、全員で実施。

体操をした後、4人の中で一番離開が強かった人の
腹直筋離開の程度をもう一回触診し、変化を診た。

あちこちのグループから
「あっすごい、良くなっている!」との声が上がった。

ほんまに、劇的に良く効く。

それ以外にも、二つ折りの座布の上にお尻を乗せ、
空中自転車こぎ体操も、初めて全員で実習。

“おなかまき”の着用練習もセルフで全員で実施。

外した後、「体の力が抜ける感じがした人は、
手を上げてください」と私が言うと
大多数が挙手(@o@)私は唖然。

こんなに皆、腹筋がないんや〜。
働く人達がこれでは、妊産褥婦は…推して測るべし。。。

このように簡単で効果の高い体操やケア法を
「もっと取り入れないといけないな〜」と思って実施した。

いずれも写真を撮る余裕がなく、残念。

5月からメンテ“力”upセミナーの内容のうち
妊娠・出産に関する部分を減らし、
骨盤輪支持・腹筋ケアなどをもっと充実させる。

そして、7月からは助産力upセミナーを発足させる。
なので、いろいろとやってみたので、忙しかった〜(~_~;)

クリックすると元のサイズで表示します
          ↑
2日目の最後の実習。分娩室での骨盤ケア実習は、
“直後らくらくトコちゃん”を使うようになり
ほんまに楽ちん、サクサク進行。

クリックすると元のサイズで表示します
               ↑
    ベビー分科会は、山下さんが担当。

バスタオルを使った“体重計用天才の寝床”作りは、
絶対に覚えてほしいので、最初と最後に2度実習してもらった。
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します

    山下さんがお嬢さんの住まいで
 今朝作ったというチーズケーキをいただいた。

クリックすると元のサイズで表示します

2つもいただいたのに、1個食べてから撮影。
甘さ控えめでとてもおいしい。

「プロでもないのに、どうしてこんなに上手に作れるんやろ?」
と思いながら、2時間後には2個目も食べてしまった。

メンテ“力”upセミナーの後は、
ベッタリと疲れるようになったが、
チーズケーキのおかげか、今晩は元気や〜\(^o^)/
5
タグ: 横浜 骨盤

2016/2/7

腹直筋離開修復体操、メンテ“力”upセミナーで初実習  トコ企画セミナー

2/6(土).7(日)はメンテ“力”upセミナー@京都トコ会館
1日目は32名、2日目は26名が受講。

受講者は、近畿各府県のみならず、
香港・福岡・島根・富山・東京と、広範囲から。

職種も、助産師・看護師に加え、
作業療法士・理学療法士・介護福祉士・健康運動指導士…と多様。

アシスタントは、1日目は和歌山県の助産師Tさん

 クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                         ↑
           2日目はトコ助産院主任助産師の嵐さん

大阪の天神橋筋商店街で50円で買ったこのシャツ、
(500円ではない)、これほど着心地のいいシャツはない。

10年以上愛用していて、襟の折り目はもうポロポロ。
「もうそろそろ限界かな…」と思いつつ、また着てしまった。
                 ↓
クリックすると元のサイズで表示します

肋骨弓の触診実習。床暖房と整体用マットレスで気持ち良く実習。
              ↓
クリックすると元のサイズで表示します

その後はいつもの通り、腹直筋離開の触診実習。

しかし、腹直筋離開の修復体操だが、
これまでは全員で実習して
すぐに効果を確認できる修復体操がなかった。

それで、私が『骨盤妊活ブック』に載せている体操を、
チラッとやって見せる程度だった。

今回初めて、2/5に載せた腹直筋離開修復体操を、全員で実習。

腕組をして指で服を握ってする方法でしたところ
首の痛みを訴えた人が若干名あり。

私のすぐ前の人に魔女マフラーを渡して、
これをかぶって体操、隣に座っていた同じ実習グループの人が触診。
                ↓
 クリックすると元のサイズで表示します

      もちろんその前に私も診たのだが、
      体操中はきれいに腹直筋が閉じた。

    最後はいつもの2グループに分かれての実習
    ベビーグループは嵐さんが担当してくれた。
                       ↓ 
クリックすると元のサイズで表示します

    「直後らくらくトコちゃん」ベルトを使って
      実習するようになって、ほんまに楽。     
               ↓
クリックすると元のサイズで表示します

産後のお母さんたちも働く人も、
簡単快適に産直後の骨盤ケアができる。
早く全国に普及させたいものだ。

商品・セミナーの情報も、メールマガジ
メンテ“力”up通信でお知らせしています。
配信登録は→こちら
4
タグ: 腹筋 腹直筋

2016/1/27

骨盤ケア アドバンスセミナーを違う講師で2回受けて  トコ企画セミナー

メンテ“力”upセミナーの3日目とも言える
骨盤ケア アドバンスセミナー

クリックすると元のサイズで表示します

このセミナーを、違う講師で2回受け、
「他の先生のも受けてみたくなった」と言う
助産師 岡本さんの声をご紹介します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1月16日に浜松で開催された、上野順子先生による、
骨盤ケア アドバンスセミナーを受講しました。

不織布製の健美ベルトやサラシを上野先生に
ふわっと巻いてもらっただけなのに
とても気持ちがいい!

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                    
      これらの写真は助産院大地(院長:山口香苗助産師)の
             ブログ(1/16)に掲載されています。


支えられてこんなに気持ちがいいと思ったのは
久しぶり。いやいや、初めてか?

そして、フィットしていた健美ベルトが、
お尻フリフリ体操をしただけで、ズレるズレる。

どれだけ緩んでいる? 私の骨盤!
改めて「支える、上げる、整える」の
「骨盤の三原則」の大切さを実感しました。

11月に浜松で開催された
山口香苗先生の骨盤ケア アドバンスセミナーも
「なるほど〜」と学べました。

今回、同じセミナーを、違う講師で受けて
また違う学びがありました。

他の先生の骨盤ケア アドバンスセミナーも
受講してみたくなりました。

クリックすると元のサイズで表示します

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

健美ベルトは、私 渡部信子が考案したベルトなんですが、
上野さんの方が私より、このベルトが大好きです。

メンテ“力”upセミナーでは、
12月から健美ベルトを使った骨盤輪支持実習をしていません。

受講者がマスターするにも時間がかかり、受講者に
「妊産婦さんに指導する自信があります?」と質問すると
ほぼ全員が、首を横に振ります。

なので、平面ファスナーで簡単に着用できる
“レッスンベルト”と、“直後らくらくトコちゃんベルト”を
使って実習しています。

でも、健美ベルトの巻き方をマスターすると、
晒しもトコちゃんベルトも
いっそう上手く使えるようになります。

もちろん、体操・操体法も、
骨盤ケア アドバンスセミナーでは
時間をかけてしっかりと練習しますので、
下記日程を参考に、ぜひご受講下さい。

【骨盤ケア アドバンスセミナーの日程】
                          講師
1/30(土) 東京/健美サロン渡部(高輪) 小林 いづみ
2/13(土) 沖縄市ゆいクリニック      小林 いづみ
2/17(水) 京都トコ会館           上野 順子
3/12(土) 東京/健美サロン渡部(高輪) 上野 順子
3/20(日) 島根/たがしらレディースクリニック  原田 美佐子
3/28(月) くまもと県民交流館パレア   平山 小百合
5/29(日) 東京/健美サロン渡部(高輪) 小林 いづみ

まだ1回も受けていない方は、
まずは1回、受けてみてください。

きっと素晴らしい収穫があると思いますよ。
4

2016/1/15

ランチバイキング付きメンテ“力”upセミナー@筑紫野  トコ企画セミナー

1/14(木)、15(金)は筑紫野温泉アマンディでの
メンテ“力”upセミナー

沖縄から生駒の自宅に帰ったのが、
12(火)の16時半頃。

夕食を食べて寝て、翌13(水)の朝、
施術のために京都に移動し、
その夕方には、京都から福岡へと移動。

沖縄のセミナーが筑紫野の日程が決まった後で決まったため、
あわただしい日程となってしまった(+_+)

でも、私の喉は元気そのもの。
2日間ともいい声が出て、楽しいセミナーとなった。

1日目は41名、2日目は36名の申し込みがだったが、
体調不良などで、1日目は1名、2日目は2名の欠席。

会場の広さなどから考えて、程好い人数。
事務局からは川西事務局員が参加。
               ↓
クリックすると元のサイズで表示します

    熊本県の林田直子助産師が両日アシスト
               ↓
クリックすると元のサイズで表示します

2日目は沖縄と同様「産科学理論・診察編」のパワポを
9:55〜始めたので、2日めのみアシト参加の
福岡県の平山小百合助産師に⇒クリックすると元のサイズで表示します
挨拶してもらうのを忘れた〜(*_*; 

2日目の最後のベビー分科会は林田さんが担当
 ↓
クリックすると元のサイズで表示します
            ↑
いつもになく、ベビー分科会の参加者が少なく
分娩室内の骨盤ケア分科会の参加者が多い。
                ↓
クリックすると元のサイズで表示します

12月の山口県防府市でのセミナーから、
“直後らくらくトコちゃんベルト”を
使用しているので、実習はスイスイ。

アマンディでのセミナーでは昼食は
メインディッシュ+バイキングなので嬉しい。
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します

1日目のメインディッシュは、白身魚の唐揚げ、
  2日目は、照り焼きチキン。
     ↓
クリックすると元のサイズで表示します
                   ↑
             十穀米のご飯を少し
             サツマイモと茹で卵はバイキングから

バイキングは2日間ともおおむね同じだったが、
全種とても食べ切れないくらい、いろいろある。
               ↓
クリックすると元のサイズで表示します

美味しくて、ついつい食べ過ぎてしまう。
最後はコーヒーも飲んで、幸せ〜。

   お昼ごはんがバイキングになってからだろうか、
     お客さんが以前よりもとても多い。

受講生の多くから
「こんな所にこんな温泉があるなんて、知らなかった」
「今度、家族と一緒に来よう〜」などの声が聞かれる。

この会場は、交通も便利だし、
いつからでも予約できるし、キャンセル料はかからないし、
セミナーの度に、荷物の預かりや会場準備など
いろいろと世話してもらえる。

セミナー主催者にとっても、受講生にとっても、
とてもありがたい会場。

アマンディにとっても多くの人に知ってもらえて
宣伝効果があり、「三方良し」。

   今後のメンテ“力”upセミナーの日程⇒こちら

  受付の前には、福岡・佐賀の特産品や、
野菜や果物などが、とても安く、いろいろ売られている。
        ↓      
クリックすると元のサイズで表示します

100円前後の品の中に、3個で498円の干し柿が並んでいる。

これだけ「なんでこんなに高いのか?」と思って、
手に取ってみると、
佐賀で作られた西条柿の干し柿のよう。だとしたら安い。

夫の大好物なので、3個入り1箱を購入し、帰途に着いた。
4
タグ: 福岡 佐賀 骨盤

2016/1/11

沖縄市「ゆいクリニック」でのメンテ“力”upセミナー  トコ企画セミナー

1/10(日).11(月)は、沖縄市のゆいクリニック
(院長は島袋史先生)誘致の、メンテ“力”upセミナー。

素晴らしい建物なのに1日目は撮影し忘れ、
           ↓
クリックすると元のサイズで表示します
                          ↑
2日目に…と思っていたら土砂降り(*_*; これはHPから頂いた。

         クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
         ↑
会場はL字状で、受講者は1日目26名、2日目は24名。

2日目の最初に、「産科理論と診察法」の講義。
          ↓
クリックすると元のサイズで表示します

これは安産誘導セミナーの開催のない沖縄なので、
特別サービス。

  考えてみれば…、安産誘導セミナーの前に、
   この内容を1日かけて受講してもらうのがいいよね〜…

昼食は出前弁当ではなく、厨房で作っていただいた昼食。
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します
               ↑
        両日発酵玄米の主食
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します

  1日目はみそ汁とリンゴ、2日目は卵スープとリンゴの甘煮
                         ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

両日、セミナー終了後は、受講生数人ずつサービス施術。
2日目の朝は入院中の褥婦さん一人と、最後には院長先生も。

同じ会場で、次のセミナーが開かれます。
素敵なクリニックの見学も兼ねて、ぜひ!

・2/13(土)骨盤ケア アドバンスセミナー
・2/14(日)新生児ケアセミナー
3
タグ: 沖縄

2015/12/17

赤ちゃん発達応援セミナー@京都  トコ企画セミナー

12/17(木)は、リニューアル後の
赤ちゃん発達応援セミナーを京都で初開催。

講師は山口香苗(助産師)さんで、私は良い体のモデルとして参加。
平山小百合(助産師)さんは、次の講師デビューに備えて参加。

受講者は12名

新生児ケアと骨盤ケアアドバンスセミナーの
2種目の講師デビューを3月に控えた原田美佐子(助産師)さんや、

ベーシックセミナー修了者・トコベルアドバイーという
私が知っている人が多かった。

そんな受講者を前に、山口講師は少し緊張気味で、
午前中のパワポを使った講義が始まった。

その後、赤ちやんの“おひなまき”の気持ちを味わうため
3人1組で“おとなまき”実習。

クリックすると元のサイズで表示します

あれっ、私のカメラの中に、私がいつの間にか写っている。
私が気付かないうちに、誰かが撮ってくれていたんやな〜。
                    ↓ 
クリックすると元のサイズで表示します
                ↑
ここに包まれている人は、私の後輩(住岡母乳と育児相談所@芦屋)。

受講者の中で最も体格の良い彼女は、さすがに重く、
二人では浮き上げられず、3人がかりでなんとか上がった(^0^)

この無重力状態が「最高に気持ちいい〜」と言う人が多いのだが、
たまには「苦しい」と言う人も。

そんな人は、包まって反りながら
モゾモゾと動くと、次第に丸まれる。

昼食後、定頸・受け身・寝返りの確認実習では、
私は良好な動きの見本として登場。

私より若い人では、なかなか私のように
滑らに動けて、かつ、敏速な受け身を取れる人がいない。

セミナー終了後、私の動きを動画撮影することにしていたのに、
何やかやと忙しく、結局…、撮れず。

「明日にしよう」ということになった。
3
タグ: 赤ちゃん 発達

2015/12/11

久々の50名オーバー@滝野川  トコ企画セミナー

12/10(木).11(金)は東京都北区の滝野川会館での
メンテ“力”upセミナー

この会場では約半年に1度開催。
定員は50で、毎回50前後の申し込みがある。

しかし、いつも少しキャンセルがあるので、
50名オーバーすることは、あまりない。

冬は風邪などでキャンセルが多いので、
今回は52名まで受け付けたところ、
キャンセルは1名のみで、1日目は51名が受講。

昨年の5月の大阪以来、
久々の50名オーバーとなった。

アシスタントは両日、樋ノ口助産師@八王子  
          ↓
クリックすると元のサイズで表示します
                            ↑
  安産誘導骨盤ケアアドバンスセミナー講師の上野順子先生も、
         両日、セミナー内容すり合わせのため参加。

細長い縦長の会場なので、後ろの席はパワーポイントなども見づらい。

クリックすると元のサイズで表示します

私としては川口リリアで開催時に、たくさん受講してほしいのに、
川口は滝野川ほどたくさんの受講生は集まらない。

主要駅から会場までの所要時間はほとんど変わらないどころか、
川口リリアの方が駅直結なので、悪天候でも楽。

でも、埼玉と東京だと、東京の方がはるかに受講申し込みが多い。
このブログでも何度も書いているのだが、効果がない。

埼玉県は会場費も高く、受講生の集まりも悪いので、
「首都圏での開催は、当面、滝野川と横浜だけにしようか…」
と思ってしまう(-"-)

・・・・・・

2日目の朝は、天気予報通り、朝は土砂降りの雨。

防水のパーカーを着て雨靴、両手で傘をさし、
上野さんと一緒に、上中里から会場への坂道を歩いた。

雨靴の中も徐々に冷たくなっていく。。。

会場に着いてバーカーを脱ごうとしたら、
ドパッ〜っと水が玄関の床にこぼれ落ちた。

何事かと思ったら、パーカーの帽子の中に
大量の雨水が溜まっていたのだ\(◎o◎)/!

いや〜、ひどい雨だった。

大雨で遅刻した人もあり、家族の病気などで欠席もあり49名が受講。

クリックすると元のサイズで表示します

セミナーが始まると、猛烈に暑くなり、
暖房を切ってほしいのに切ってもらえず…。

やむなく、戸を開けて外気を入れようとしたら、
突風がうなりを上げてレジュメなどを吹き飛ばし、
障子を開けると強烈な日差しで眩しい。ひどい天気。

2日目はアシスタントが一人追加で、西脇助産師@川崎市
                  ↓
クリックすると元のサイズで表示します
                  ↑      
       ベビー分科会を担当してもらった。

分娩室分科会は29名が参加。想定外の多さ!
              ↓
クリックすると元のサイズで表示します

準備した「直後らくらくトコちゃんベルト」はギリギリ足りた(^^;

とっても使いやすいベルトなので、
「これならどんな妊産婦さんにでも指導できる」と
受講者にも好評。

スマホが普及して以来、さらしや健美ベルトを、
巻いたり、結んだり、挟み込んだりできない女性が
あまりにも多すぎる。

「こんなことではどんな子どもが育つのだろうか?」
と心配になるが、
ママの骨盤がガタガタでは、もっと困るので、仕方がないね〜。

この日の東京は、予報通り気温は24度を超え、
三重県では、何と25度を超え、夏日を記録した(@o@)

12月としては記録的な高温
これも、地球温暖化のせいなんでしょうね〜。
4
タグ: 骨盤 赤ちゃん 東京

2015/12/6

山口県防府市でメンテ“力”upセミナー  トコ企画セミナー

12/5(土).6(日)は山口県防府市でのメンテ“力”upセミナー

クリックすると元のサイズで表示します

「山口県内で受けたい」との助産師のニーズを請け負って
会場確保や受講の呼びかけをしてくれたのがMさん。

クリックすると元のサイズで表示します

両日、事務局業務を頑張ってくれた。

メンテ“力”upセミナーが始まって5年近くになるが、
今回は過去最低の人数、両日17人での開催となった。

途中までは受講数は順調に伸びたが、
看護ラダー研修が重なったりして、キャンセルが続いた。

今年は、この看護ラダー研修のために、助産師・看護師は
休みとお金を費やさざるを得なかった人が多いそうで、
メンテ“力”upセミナーなどの受講数は少なかった。

クリックすると元のサイズで表示します
                   ↑
骨盤の緩み(立位と骨盤高位でのヒップサイズの差)の測定

     いつもはこのあたりの実習時に、
  カメラを手にすることはできないのに、今回は余裕。

    トコちゃんベルトの青葉で開発・作製した
       測定器を使って、棘間径の計測
                  ↓
クリックすると元のサイズで表示します

   今回から、分娩中〜直後の骨盤輪支持ベルトは、
青葉と大衛とで共同開発した「直後らくらくトコちゃんベルト」を使用。

クリックすると元のサイズで表示します

平面ファスナー(通称マジック式)なので、簡単に着脱でき、
実習もサクサク進行。写真もたくさん撮れた。

今回は人数が少ないのでベビー分科会はせず。
新生児ケアセミナーの受講を勧めた。

受付前のロビーに、いろいろな手芸品や野菜・果物が売られている。
木目のきれいなベンダントが200円!
「根付けとして使おう」と1個購入。
  クリックすると元のサイズで表示します    クリックすると元のサイズで表示します

NHKの大河ドラマ「花燃ゆ」のおかげで山口県は観光客が多いそうだ。

懐かしい人たちとも会うことができ、
受講者は少ないながら、充実のセミナーとなった。
6

2015/11/19

メンテ“力”upセミナー@名古屋  トコ企画セミナー

11/18(水).19(木)は、名古屋でのメンテ“力”upセミナー
会場はいつものウィルあいち

以前は名古屋駅から地下鉄に乗り、
地下鉄市役所前から歩いていた。

しかし、栄での乗り換えが結構大変なので、
昨年からは桜通線で久屋大通まで乗り、
そこから歩いている。

市役所前から歩くよりは遠いが、
このように久屋大通の豪快な並木を眺めながら
四季を楽しむのも、なかなかオツ。

クリックすると元のサイズで表示します
         ↑
広い歩道に落ちたケヤキの枯れ葉を踏みしめながら歩くと、
暖かい名古屋にも、冬が近づいていることが感じられる。

2日間、アシストしてくれたのは、
愛知県の安城厚生病院の勤務助産師、金子さん。

クリックすると元のサイズで表示します

母子整体研究会時代からのセミナー受講者で、
ベーシック、カイロプラクティックセミナーまで終了。

その上、4人もの子どもを産み、育てている。

しかも、勤務している病院は愛知県で一番出産数が多く、
ハイリスクも多いという多忙な病院。

「スーパーママさん助産師カイロプラクター」
と言えるくらいすごい人なのだが、いたって物静か。

2日目のベビー分科会も担当、
たくさんの質問にも静かに答えている。

クリックすると元のサイズで表示します

そりゃ〜、安城厚生病院で働き、
四人の子育てをしている助産師が
どのように褥婦さん達に指導しているか
聞きたいよね〜。

私も聞きたかったわ〜。   

クリックすると元のサイズで表示します

名古屋にしては、いつもより少なめの受講数だったが、
元気な受講が多く、活気あふれるセミナーだった。

実習はどこの会場でもほとんど同じなので、
こちらをご参照ください。

一人、助産師にしてはえらい濃い化粧の人がいた。

「あの化粧を落としたら、そうとう顔色が悪いやろな〜」
と、私はとっても気になった。

骨盤触診実習時に、診ると、やはり
見過ごせないほどのゆがみ(@@)

どのあたりに住んでいる人かと尋ねたら
何と! 世界自然遺産の小笠原諸島\(◎o◎)/

1週間に1度しかない船で、
25時間ゆられて品川埠頭に着き
品川から新幹線で名古屋まで受講に来たのだと!

それじゃ〜、施術やセミナーに通うこともできない。
ということで昼休み、できるだけの調整を実施。

小笠原諸島にはたった一人しかいない
貴重な助産師さんだから、
これからも頑張ってもらわないとね。
5

2015/11/15

メンテ“力”upセミナーにぜひ!  トコ企画セミナー

トコ企画主催で、私が講師を務めるメンテ“力”upセミナー

  クリックすると元のサイズで表示します

骨盤ケア・ベビーケア学習のための入門編です。

「どんなことをやっているのかな?」思われた方は、
こちらに写真をたくさん載せていますので、ぜひご覧ください。

【今後の日程】

2051年
11/18(水) 愛知/ウィルあいち
12/05(土) 山口/サンライフ防府
12/10(木) 東京/滝野川会館
2016年
1/10(日) 沖縄/産婦人科ゆいクリニック
1/14(木) 福岡/筑紫野温泉アマンディ
1/23(土) 徳島/徳島県鳴門病院
2/06(土) 京都/トコ会館
3/01(火) 神奈川/ウィリング横浜
3/10(木) 愛知/ウィルあいち

直近の開催は松江。その様子はこちらからご覧いただけます。

メンテ“力”upセミナーはトコ企画セミナーの入り口なのですが、
下記のセミナーは、未受講の方でも受講可能です。

クリックすると元のサイズで表示します

詳細とお申し込みはこちらをご覧ください。
5

2015/11/8

メンテ“力”upセミナー@松江  トコ企画セミナー

11/7(土).8(日)は松江のいきいきプラザ島根
メンテ“力”upセミナー

クリックすると元のサイズで表示します

今回は3か所の施設からの申し込みだけで、
早々と定員近くに達した。

ことに、島根県立中央病院から13名も(@@)

2日目の畳の部屋があまり広くないため、
最終受講者は1日目は36人、2日目は32人。

キャンセル待ちのまま受講できない人を
積み残してしまうことになった。

島根県以外からは、広島県の三次市立病院から2人、
高知県の幡多けんみん病院(遠い〜)から1人、来られていた。

事務局は西川事務局長が、
車に荷物を積んで大阪から走って参加。
         ↓       
クリックすると元のサイズで表示します

アシスタントは地元松江の二人の助産師
岡寺さん(松江生協病院 きらり助産院)
       ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                           ↑
          北尾さん(たがしらレディースクリニック)

クリックすると元のサイズで表示します
        ↑
2日目の分科会はベビー…岡寺さん、分娩室…私と北尾さん

クリックすると元のサイズで表示します

「新生児ケアセミナー・赤ちゃん発達応援セミナーなどを
松江で開いてほしい」との強い要望が寄せられ、
来春実現しそうな気配となってきた。

島根の骨盤ケア・ベビーケア熱、急上昇中や〜!
6

2015/11/5

メンテ“力”upセミナーの写真がいっぱい撮れた!  トコ企画セミナー

11/4(水).5(木)は京都トコ会館でのメンテ“力”upセミナー

トコ企画のスタッフの入れ替わりで多忙のため
事務局はトコカイロ学院の長田さんに委託。
            ↓
クリックすると元のサイズで表示します
                     ↑
  トコ企画に就職したばかりの中尾さんは、見習い的に参加

    事務局からの挨拶も長田さん
                  ↓
クリックすると元のサイズで表示します

1日目のアシスタントはベーシックセミナー受講中のMさん
               ↓
クリックすると元のサイズで表示します

ここまではいつも私が撮れるのだが、これ以後は撮れない。
でも、今回は長田さんが撮ってくれた。

受講者の体をほぐす「猫の操体法」をしながら自律神経の話
              ↓
クリックすると元のサイズで表示します

首が辛い人も、ロールタオルを額に当ててだと気持ち良くできる。
              ↓
クリックすると元のサイズで表示します

      バスタオルを首に当てて、くるくる
              ↓
クリックすると元のサイズで表示します

その後、バスタオルを使った体操を3種類してから、パワポで講義
                 ↓
クリックすると元のサイズで表示します

  午後も、講義と実習
  レッスンベルトで、骨盤輪支持の基本原則を実習
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します

最後にトコちゃんベルトUとTの着用練習をして、1日目は終了。

2日目のアシスタントも、ベーシックセミナー受講中の奥澤さん
       ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                           ↑
    手首を柔軟にするバスタオル体操のルーツはバトン
      
ベーシックセミナーに進みたい人や、
触診を上手になりたい人には、
このような短いバトンを購入して、練習しておくよう勧める。

そうでないと、ベーシックセミナーの10日間では
上手くなれないから、時間もお金も有効に使えない。

  「片脚抱えのだるまさん起き」の介助実習
              ↓
クリックすると元のサイズで表示します

  続いて、座り方の実習後、3人1組で、
  上前腸骨棘間距離を、青葉開発の測定器で測定
              ↓
クリックすると元のサイズで表示します

その後は、4人1組で骨盤が女性型か幼児型かを調べる。

次は、恥骨の緩みの触診。
緩みの強い人は「低置胎盤だった!」という人が多い。
              ↓
クリックすると元のサイズで表示します

でもそれはまだまし。

未妊婦でも恥骨結合が緩んでいたり、
腹直筋離開している人がいる。

仙骨のカーブの触診。安産できそうかどうかがほぼわかる。
              ↓
クリックすると元のサイズで表示します

午前中は腹直筋離開の有無の触診まで実習できるといいのだが、
できなくて、午後にずれ込むこともある。

2日目の昼食後、奥澤さんがマタニティフラ
“カイマナヒラ”を披露してくれた。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

私は竹の棒(プーリー)の代わりにバトンを叩きながら、
ハワイ語で“カイマナヒラ”の歌を担当。

ベーシックセミナーの昼休みにも何度かしたことがあるので、
まあまあ上手く披露できた。

午後は、分娩編の講義をパワポで。

その後、体のコリをほぐし、
子宮や胎児の姿勢や逆子を直す体操の実習。

まずは四種混合体操を、輪ゴムを使った最新のやり方で。
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します

   猫の操体法と、お尻フリフリ体操
            ↓
クリックすると元のサイズで表示します

    50年前も今も、安産体操の定番は蹲踞。 
  蹲踞が苦手な人は、ツイストをするとしやすくなる。
             ↓
  クリックすると元のサイズで表示します

全くツイストができないくらい下手な人でも、
ツイストのまねごとをしただけでも、蹲踞が楽に上手にできるようになる。

体操の後は、トコちゃんベルトの着用練習と、腰回し体操。
            ↓
クリックすると元のサイズで表示します

その後は2グループに分かれて分科会。

奥沢さんが「ベビー分科会を担当する自信がない」と言うので、
2階のトコ助産院から嵐主任がヘルプに来てくれた。
            ↓
クリックすると元のサイズで表示します

      こちらには12人が参加
            ↓
クリックすると元のサイズで表示します

分娩室での骨盤ケア分科会を、私と奥澤さんが担当。

クリックすると元のサイズで表示します
               ↑
このモデルは、京都の日本海側の病院で働いているMさん。

トコちゃんベルトアドバイザーとして長年骨盤ケアに励んでいて、
2年に1くらい新しい情報を仕入れに、参加している熱心な人。

こんな人が、全国、どんな地域にもいるようになると
骨盤ガタガタ重症者が減って、
元気な母子の笑い声が満ち溢れる日本になるでしょうにね〜。

メンテ“力”upセミナーでやっていることは
助産学生時代に習って身に着けておいてほしい知識と技術がほとんど。

まだ受講されていない方には、ぜひ早く受講してほしいと願うばかり。

今後のメンテ“力”upセミナーの予定は、こちらを。
3

2015/10/21

メンテ“力”upセミナー@横浜  トコ企画セミナー

10/29(月).20(火)は、ウィリング横浜での
メンテ“力”upセミナー。

10月下旬はセミナーが多く、混乱の中、
横浜に着くべきセミナー用の荷物が1箱
ナント、浜松に行ってしまったという大ハプニング!

どんなに急いでも明日の朝しか着かないとのこと。
幸い私用のレジュメだけはあった。ほっ(*_*;

その1日目のみ、コピーして配布し、
定刻通り開講できた。

クリックすると元のサイズで表示します

メンテ“力”upセミナー開始から4年8カ月にして、
初めての出来事だったが、なんとかなった。

横浜でのメンテ“力”upセミナーのアスタントは
例年、2日間とも後藤助産師だが、
今回は松嶋助産師が初登場で、2日間とも。
                         ↓
クリックすると元のサイズで表示します

後藤助産師は2日目のみ。骨盤の触診実習。
 ↓
クリックすると元のサイズで表示します

2日目の開始直後から10分間ほど、
マナー力upセミナーの講師 渡部睦美さんに、
セミナーの案内をしてもらったが、撮影を忘れた_| ̄|○

ベビー分科会担当は、松嶋さん。参加者がとても多い。
              ↓
クリックすると元のサイズで表示します

分娩室分科会の担当は私と後藤さん。
   ↓
クリックすると元のサイズで表示します

今回の横浜は早々と定員オーバー。
3月1(火).2(水)、今回と同じ会場で開催することとした。

骨盤・お産・赤ちゃんの発達などについて、
トコ企画ではたくさんセミナーを開いているが、
その基礎となるのがメンテ“力”upセミナー。

しっかり、詳しく、深く学びたいと思われる方には
ぜひとも、いろんなセミナーを、
受講していただきたいと思うばかり。。。
3

2015/10/15

赤ちゃん発達応援セミナー renew!  トコ企画セミナー

これまでの赤ちゃん発達お運セミナーの講師は、
作業療法士の竹内華子先生だけでした。
               ↓
クリックすると元のサイズで表示します

全国各地からの開催希望が強いため、講師を増員
助産師の小林いづみ・山口香苗先生が加わりました。

それに伴い、「ケガをしない体作り」に
重きを置いた内容に、大幅リニューアルしました。

レジュメも作り変え、20pにわたる膨大なものに!

これを半年をかけて完成度を上げ、
単行本として出版したいと考えています。

10/15(木)は東京の高輪サロンでリニューアル後の初開催。

メイン講師:小林いづみ、サブ講師:山口香苗
それに、オマケに私が加わり、3人で前の晩から合宿。

実習内容などを確認し、分担と、タイムスケジュール…を
明け方までかかって、煮詰めていきました。

定員12ぴったりの受講生が集まり、定刻の10時少し前に開講。
山口さんの開講のあいさつと、事務局からのお知らせ。

その後、私が10分間
「ヒトにとってのニュートラルな姿勢とは?」
「発達の原則」について、実習を含めながらの講義。

その後の本題を小林さんが担当。

体の悪い若い母親達の体と気持ちが分かる小林さんならではの
        細やかでユーモアのある講義。上手い。
                      ↓
クリックすると元のサイズで表示します
          ↑  ↑
    生後2ヶ月と、4ヶ月の赤ちゃんも参加。

予定より15分も早く午前中の講義が終わり、
11:15〜12:00は“おとなまき”体験。

  頭も顔もスッポリ被ってしまう人や
            ↓
クリックすると元のサイズで表示します

首を保護している体操用マイピーロも覆わず、反り返って
       ↓
クリックすると元のサイズで表示します
                            ↑
              足まで緊張感があふれる人も。
    でも、この受講者も、しばらくすると丸まれました。

包まれてモゾモゾ動いて、緩みが出てきたら持ち上げてもらうと
あまりの気持ち良さに、歓声ともため息ともつかない声が漏れる。
              ↓
   クリックすると元のサイズで表示します

まさにコウノトリに運んでもらっている感じ。うらやましいな〜。

お母さんの体がほぐれ、
肘が捻じれている人が抱きやすい“抱き方のコツ”を
アドバイスすると、赤ちゃんもニッコリ(^o^)
            ↓
クリックすると元のサイズで表示します

二人の赤ちゃんはほとんど泣くこともなし。
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します

写真は撮れなかったが、面白かったのは、
受講者全員の「首据わり」と「パラシュート反応」のテスト。

首据わりも怪しい人が多かったが、
それ以上に驚いたのはパラシュート反応。

後ろから押し倒されたら、
一応、前に手をついて受け身の姿勢を取れるのだが…、
皆、肘が曲がっていて、顔が床近くまで倒れていく。

私のように肘がピシッと伸びて、手をパンとついて、
顔を高く保てる受講者は誰もいない。

考えてみれば、肘も手首も捻じれでいるのだから、
それは当然なのかもしれないが…、

「これでは激しく倒れた時に顔を守れないでしょう」
「手首を骨折するでしょう」と
予測される受講者ばかりだったことに、私はショック。

受講者からの質問。
「渡部先生はどうしてそんな素早い受け身が取れるのですか?」と。

そんなこと尋ねられても…、
「体が勝手に動くんやから〜」としか答えようがない。

「やはり、1歳までにパラシュート反応がきちんと出るよう
トレーニングするしかない」と、ますます思いを深めた。

            スリングの指導は山口さん。
                      ↓
クリックすると元のサイズで表示します

富山までスリングの勉強に行ったり、
自分の助産院大地でも、
スリンク教室を開いているだけあって、上手い。

持参した愛用の布スリングで説明しながら、
受講生全員で人形を抱く実習。

クリックすると元のサイズで表示します

その後、4カ月の赤ちゃんを
メッシュのスリングで抱く指導しながら

クリックすると元のサイズで表示します

受講者全員、もう1回、抱き方の実習。

クリックすると元のサイズで表示します

その後、山口さんによる「赤ちゃんの遊び」などの講義。
最後に、私が子どもの発達と感覚統合について講義。

ついついたくさんしゃべりすぎて、
16時閉講予定が20分オーバーしてしまった、すみませ〜ん。

なにしろ資料が膨大なので、とても1日でできる内容ではない。

資料の内容を丁寧に全部していたら
「5日は必要でしょう?」と言えるくらい。

アンケートの内容はなかなか好評で、
「2日間でやってほしい」との意見もあり、
スタッフ3人とも、
やり遂げた満足感あふれるセミナーとなりました。

今後半年ほどかけて、毎月資料を手直ししながらやりますので、
皆さん、ぜひ、赤ちゃん発達応援セミナーにおいで下さい。

引き起こし・視性立ち直り・パラシュートの反応や、
寝返りなども、
私のように滑らかにできる人がいないので、
私は毎回ビデオ出演することになりました。
7
タグ: 育児 赤ちゃん 発達

2015/9/27

浜松のOM建築工房でメンテ“力”upセミナー  トコ企画セミナー

9/26(土).27(日)は、浜松のOM建築工房でメンテ“力”upセミナー
この長い廊下を歩いて辿り着いたお部屋が会場。
                     ↓
クリックすると元のサイズで表示します
     ↑
広いガラス窓にはバードストライク防止の鳥のシール。

浜名湖のすぐほとりに建っているので、
会場からの景色も、窓から入ってくる風も、最高!

クリックすると元のサイズで表示します

引くてきれいな会場なのに、貸室料は、何と、無料(@@)

その上、パワーポイント用のプロジェクターや
スクリーンなども、全て無料。

クリックすると元のサイズで表示します

しかも、お世話してくださった工房の人達もとても親切。

なのに、受講者は1日目17人、
2日目16人という過去最低の少なさ(-"-; 

受講申し込みの出足は順調だったのに、
途中からキャンセルが続出。その後は伸びず…。

その理由は、静岡県助産師会主催の「産後体操セミナー」が
29(土)に開催されるとの広報が、後からあり、
そちらに流れた人が多かったらしい。

それで経費削減で大阪から事務局は取りやめ、
地元の助産院大地の山口香苗院長に、
事務局を引き受けてもらった。
   ↓
クリックすると元のサイズで表示します
                 ↑
      助産院おまめの館長赤堀さんは、受講者なのに
      受付をはじめ、いっぱい手伝ってくださった。

山口さんは事務局として、アシスタントとして、大奮闘。

クリックすると元のサイズで表示します

2日目はテーブルを端に寄せ、真ん中に敷物を敷いて、広々。

クリックすると元のサイズで表示します

      ベビー分科会の講師も山口さん。
              ↓
クリックすると元のサイズで表示します

新生児ケアセミナーの講師でもあるので、参加者はお得。

公立の施設でないと「17時の時間厳守でなくても許される」
と思うと、ついつい話や実習が多くなるので、終了が遅れがち。

クリックすると元のサイズで表示します

でも、急いで帰る人は誰もなく、質問もたくさん出された。

骨盤ケアアドバンスセミナーなどを
「申し込む!」とおしゃる方や、

「また浜松でメンテ"力"upセミナーを開いてください」
とのリクエストもあり、

浜松に吹く骨盤ケアの風は
「確実に勢いを増した」と実感した。
6
タグ: 浜松 骨盤 助産師



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ