最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2020/2/12

花のためには屁糞葛退治  ガーデニング(東大阪)

2/12(水)は青葉定例会議。

生駒の白梅は、パッチリ咲いたが
全体的には、まだ1分咲きくらい。
            ↓
クリックすると元のサイズで表示します

会議も打ち合わせもいつもより早く終わり
トコガーデンに立ち寄ると
3本ある梅の木は、どれもほぼ満開。

南のは生駒と同じ一般的な白

クリックすると元のサイズで表示します

真ん中のは少し黄緑がかった白

クリックすると元のサイズで表示します

北のはきれいな桃色。でも残念ながら花は少ない。

クリックすると元のサイズで表示します

その理由の一つは屁糞葛(ヘクソカズラ)かも?

屁糞葛がきつく巻き付いている枝には
梅や木瓜の花蕾は明らかに少ない。

クリックすると元のサイズで表示します

あまりにひどい屁糞葛の繁殖ぶりで
見苦しさこの上なし。

北隣の会社との間のフェンスにも
ビッシリ絡みついている。

申し訳なくて、ハサミを右手に
左手でむしり取り始めたら
エンドレス…、1時間半!

クリックすると元のサイズで表示します

ようやく、フェンスとその近くの
雪柳・木瓜などはきれいになった。

庭をきれいに保つには
雑草、中でも屁糞葛との闘い。

種はいっぱい生って
種がまき散って増えるし
根っこや茎は
引き抜こうにも抜けない。

今、全国各地で“グリーンモンスター”と
最悪の厄介者扱いになっているのが葛。

電車の電車の安全運行にも
支障をきたすまでになっている。

そもそも、葛の根っこは
葛饅頭などに使われてきた。

なのに、今は根っこを採取する人は
一般にはいなくなってしまい
はびこる一方。

山に行くと杉などの木に
藤が絡みついているのをよく目にする。

キレイと見とれがちだが、
杉などの木にとっては大迷惑。

藤細工を作るために
藤を採りに行く人も、ほぼいない。

とにかく厄介なのが、
葛・藤・屁糞葛などのツル植物。

これらがはびこってしまったら
美しい日本の景色も
日常の穏やかな暮らしも
守れるのだろうかと、心配になる。
5

2020/1/16

梅2輪開花@トコガーデン  ガーデニング(東大阪)

1/17(木)は青葉定例会議

各種打ち合わせも終えた15時過ぎ
トコガーデンに立ち寄ると

イチジクの木には1枚の葉も残ってなくて
荒涼たる野原のよう。

クリックすると元のサイズで表示します
     ↑
酔芙蓉は切り株だけになっている。

そのまままっすぐ進むと、
なんと、紅梅がもう咲いている!

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

生駒はまだ「蕾かたし」なのに
生駒山の東と西ではこんなに違う。

水仙もいっぱい咲いていて見事!

クリックすると元のサイズで表示します

河原撫子も ↓ ホットリップスも ↓

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

南天にオレンジ色の実がなっているように見えるが
にっくき屁糞葛。

クリックすると元のサイズで表示します

ばびこってしまい、もう手に負えない感じだが
できるだけ取り除いていたら、
ずいぶん時間を費やしてしまった。

紫陽花「城ケ崎の雨」の葉は
見事に紅葉している。

クリックすると元のサイズで表示します

生駒のは紅葉しないうちに落葉したのに…(-"-; 

クリックすると元のサイズで表示します

生垣の山茶花も今が盛りと咲いていて、見事!
4

2019/11/11

巨大! 温州ミカン  ガーデニング(東大阪)

11/10(日) 9〜14時 生駒施術
その後は家事をし1
2日後に迫った新セミナーのパワポ作り。

11/11(月)は青葉定例会議
生駒で郵便局に立ち寄ったため遅刻。

30分遅れで始まったが、
短時間で会議は終了。

その後、トコ企画・青葉
トコカイロ学院の仕事を次々と片付け、
最後はパワポ作りの続き。

その間、夫はトコガーデンで
温州ミカンを収穫。

夏ミカンかと見紛うくらい巨大!

1個食べてみたところ
最高を10とすると、7くらいの美味しさ!

ほったらかし栽培なのに、
なかなかのお味!

明日は早朝から働かないといけない。
生駒に帰って、遅刻したら大変。

18時、ミカンを3個持って、
京都に直行。

京都に着いてから
大きさを対比できるよう
輪ゴムを乗せて撮影。

クリックすると元のサイズで表示します

生駒で収穫する甘夏ミカンは
これより小さいことがある。

温州ミカンのこんな巨大なのは
これまで見たことがない。
市場には出回らないからかな?
4

2019/10/23

柑橘類が増えたトコガーデン  ガーデニング(東大阪)

10/23(水)はメンテ“力”upセミナーの
レジュメ改訂のため、トコ企画へ。

改訂指示をして、直したもらっている間に
トコガーデンで作業。

10株ほどある紫陽花は
咲き終わった花はドライフラワーになっている。

クリックすると元のサイズで表示します
          ↑
地面の上は屁糞葛だらけ。

屁糞葛に制空権を
奪われてしまっている木をはじめ
         ↓
クリックすると元のサイズで表示します

ほとんどの木に屁糞葛が巻き付いている。
酔芙蓉ももちろん。ほんまに難儀な雑草や〜。
           ↓
クリックすると元のサイズで表示します

柿は赤くなりかけると鳥達に啄まれるが、

クリックすると元のサイズで表示します

その点、柑橘類はあまり被害はなし。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
      ↑              ↑
今年はレモンも少しばかり  金柑は例年よりも少ない?

クリックすると元のサイズで表示します
           ↑
丈50cmもない小さな木に温州密柑がたわわ
これら以外に
シークワーサーらしき実のなっている木も

その代わり、花達の勢力範囲は縮小

クリックすると元のサイズで表示します

このホットリップスの隣に植わっていた
赤い小菊は、消えてしまった。

生駒にさし枝で増やした同じDNAを持つ菊は
今年もちゃんと咲きそうなのでよかった。
4

2018/4/26

最後のキンカンを収穫  ガーデニング(東大阪)

4/26(木)は青葉定例会議。

今日は打ち合わせなどがなく、
早めに社屋を出たので、トコガーデンを1周。
キンカンが少しだけ残っている。

これ以上長く木に残していたら、
花が咲くのが遅く、少なくなりそうなので
残っているのを全部採った。

生駒に帰り、生駒のキンカンも全て採取。

トコガーデンのは大きい   生駒のは小さいが色が濃い
     ↓                 ↓
クリックすると元のサイズで表示します

トコガーデンのは甘い。
生駒のは酸味も甘みも強く味が濃い。
これは毎年同じ。

なので私は生駒の方が好き(*^^*)!!
6

2017/8/14

イチヂクがたくさん採れた  ガーデニング(東大阪)

8/13(日)、夫がイチジクとゴーヤを持ち帰って来た。

イチヂクはトコガーデンで育ったもので、
ゴーヤは西陽よけのグリーンカーテンに生ったもの。

こちらの3個は買って来たもので、
     ↓
クリックすると元のサイズで表示します
                       ↑
             こっちの6個はトコガーデン産

私はお盆休みに入り、新しいミシンと格闘しながら
ボトムスのリフォームに熱中していたので、
冷蔵庫で保存し、食べたのは翌日の14(月)。

甘みも鮮度も全く違って、ほっぺが落ちそう。

ガリチビのゴーヤは少し乾燥させてから、
甘酢漬けにした。

トコガーデン産のマクワ瓜もおいしいが
スイカ・ミョウガなどのできが悪い。
今夏は雨が多く、日照時間が短いせい?

「暑い、しんどい。早く涼しくなってほしい」
と、バテバテだったのに、
お盆前からもう秋の長雨の気配が漂い始めると
これまた寂しくなってしまう。
2

2016/10/7

トコガーデンの収穫を味わう  ガーデニング(東大阪)

10/6(木)、9:30〜14:00 生駒施術。

施術を終えて、冷蔵庫のドアを開けて
「たまには夕飯の支度でもしなくっちゃ」と見ると、
ピンポン球〜ビー玉くらいの小さなジャガイモ!

「これはトコガーデンで採れたに違いない」と思いながら
ある材料をかき集めると、ナス、それから、
昨日大阪の高島屋の地下で買って来たイワシのゴマ煮。

あとはアジの干物し・万願寺唐辛子・シラス干しだけ。
これだけあれば年寄り二人の食事くらい何とかなる。

ナスをたっぷりの油で炒めるように焼いて、
小さい新ジャガは皮をむかずにそのまま。
ニシンの替わりに、イワシを入れて煮込んだ。

クリックすると元のサイズで表示します

ナス料理はなかなか納得の味に仕上がらないのだが、
私にしては、最高級に美味しくできた(^−^)!

あとは万願寺唐辛子とシラス干しを少し甘辛く煮たのと、
アジの焼いたのと、一緒に頂いた。

昨年トコガーデンで獲れた大豆が、
まだたくさんある。

なんとか調理して食べないといけないのだが、
夫はほとんど米飯を食べなくなったので、
以前のように五目煮にするわけにもいかず…(~_~;)

夫の焼酎のお湯割りの肴か、その後の、
腹の足しになるようなものしか作れない。

とにかく大豆は水炊きにしておいた。

10/7(金)は久々に野菜の買い物に出た。

前日から水炊きしておいた大豆を使って
野菜たっぷりのトマトシチューを作った。

クリックすると元のサイズで表示します

これなら米飯なしでも美味しく食べられる。

夫がトコガーデンから採って来てくれた柚子
      ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                            ↑
オクラのみぞれ和えに白ゴマ・柚子果汁をふりかけて、
あとは前日同様、夫がたくさん買っていたアジの干物を焼いた。

久々に調理らしきことをしたのだが、
どれも美味しかった。

4日間の休み(半日は施術)は、
あっという間に終わった。
4

2016/7/31

ちっぽけな夏野菜、収穫!  ガーデニング(東大阪)

7/31(日)、東京から生駒の家に帰って
冷蔵庫のドアを開けて見ると、
ソフトポールくらいのスイカ!

1階はひんやりしているが、2階は真夏の暑さ。
そこで、半分に切ってスプーンで食べることに。

クリックすると元のサイズで表示します

        意外と、美味しい(*^_^*)
     無農薬・無手入れの旬の味は、最高!

先週のスイカは、今日のよりは少しは大きかった。

クリックすると元のサイズで表示します
                     ↑
       真ん中のつま楊枝と比較すれば、
        スイカもゴーヤも、ちっぽけであることが分る。

このゴーヤはうっかり1日、調理し忘れていたら、
翌日にはカビてしまい、たい肥となって土に帰った。

        これは今日の収穫
            ↓
クリックすると元のサイズで表示します

  先週のよりも、さらにちっぽけなのが3本。
  でも、切れば、ちっぽけさは分らなくなる。

ゴーヤの甘酢漬けは私の大好物。
夫は食べないが、グリーカーテンとして育てている。

クリックすると元のサイズで表示します
       ↑                ↑
1か月余りたったもの。切って2時間ほどベランダで干して甘酢漬けに。

これも先週、トコガーデンで採れた瓜。これは立派!
      ↓           ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

「1本50円の苗をで買って来て植えたんや。
“マクワ”と書いてあったで〜」と夫は言うが…、

外見も味もマクワではない。
実もシャキシャキしていた。

初めて食べた瓜の味、清楚な美味しさだった。

ところで、スイカもウリもゴーヤも野菜なのだと。

木に生る果実は果物で、
1年草に生る実は、野菜に分類されるそうだ。
5

2016/6/19

残念、イチジク  ガーデニング(東大阪)

6/19(日)朝6時過ぎ、目覚めたときには
夫は既に出かけていた。

外は本降りの雨。
こんな中、いったいどこに行ったものか?

10時少し前、トコガーデンの収穫と
道の駅で買った野菜などを抱えて帰って来た。

いつもの休日同様の姿や。
まぁ、こんなひどい雨の中を。

PCに向かっていた私に、
トコガーデンで収穫したイチジクを1個、手渡してくれた。

きれいに色づいてはいるが、まだ硬くて未熟な感じ。
         ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                               ↑
             なのに、裏を見ると鳥につつかれていた。

傷ついた部分と皮を包丁で剥き、
食べてみると、わずかな甘みはあるが渋みもあり
全然美味しくない。

美味しくなくらないと、鳥はつつかないのに
ちょっとつついて、
「まずい!」と、やめたのだろう。

我が家のビワといい
トコガーデンのイチヂクといい
大部分は鳥の餌。

たくさん生っても、人の口に入れるには
手間暇かけて袋をかぶせないと、アカンな〜。
5

2016/6/2

矢田寺のはずが…紫陽花は会社で  ガーデニング(東大阪)

6/2(木)は矢田寺で紫陽花観賞の予定だった。

ところが…、6/5(日)の助産力up模擬セミナーで使う
レジュメを完成させられず。

諦めて、トコ企画事務局に出向き
そちらで完成させてもらうことに。

14時半頃ようやく完成。
紫陽花の撮影をしにトコガーデンへ。

正面に大木となったザクロに真っ赤な花。これぞ紅一点!
      ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                            ↑
              向かって右は、いちおう…紫陽花園
          しかし、まだそう呼べるほどは育っていない。

ここの紫陽花は全て生駒の紫陽花を挿し木で育てた苗を
5年前に定植したが、育ちの悪いものもあり、まだまだ。

     城ケ崎の雨はきれいな色に咲いている。
              ↓
クリックすると元のサイズで表示します

           墨田の花火もきれい
              ↓
クリックすると元のサイズで表示します

奥のあたりだけは、少しばかり紫陽花園らしくなってきた。
              ↓
クリックすると元のサイズで表示します

   その奥に、もうランタナが咲いている!
              ↓
クリックすると元のサイズで表示します

生駒とは大違い、あったかいから〜な〜。

ピンクや白の河原撫子がたくさん咲いているが、

クリックすると元のサイズで表示します
                  ↑       
     赤い花も   麦わら草も
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します

ここで咲いている花は実生か、宿根草。勝手にどんどん咲く。

クリックすると元のサイズで表示します
             
         百合も見事

クリックすると元のサイズで表示します

5年前に生駒から移住させたイチジクに、立派な実が四つも!

クリックすると元のサイズで表示します

楽しみ〜。
3

2015/12/27

水仙とロウバイで迎春の準備  ガーデニング(東大阪)

12/27(日)は生駒施術。

1カ月ほど前は予約数も少なく「一人で余裕」と思って、
いつもへプに来てくれているHさんに
「年末で忙しいやろから、休んで」とメールしてしまった。

ところが、どんどん予約が入り、
ドタキャンとエキストラとで、結局、14人もの施術となった。

前日、京都のセミナーに来ていた後藤さんに
急きょヘルプを依頼し、来てもらって助かった〜。

そして、後藤さん一家4人を施術。
合計18人もの施術となったが、これで今年の施術はおしまい。

「トコガーデンに水仙の花が咲いていた」と、
夫が3株採取して来てくれた。

  買ってきた切り花のように立派!
            ↓
  クリックすると元のサイズで表示します

生駒の家の前に咲いているソシンロウバイの枝と共に
生けたところ、美しい! 迎春の雰囲気になった\(^o^)/
4

2015/11/24

大豆が大豊作  ガーデニング(東大阪)

11/21(土)の夕方、京都から生駒の家に戻ると、
リビングの片隅に、サヤ付きの大豆が広げて干してある。
          ↓
クリックすると元のサイズで表示します

これは、今年の2/1の記事、十ン年ぶりに炊いた大豆の五目煮
B品の豆の子ども。

夫はこのB品の豆をトコガーデンに植えた。

すると、大豆からたくさんの芽が出て、
それぞれが大きな株となって繁った。

夏には美味しい枝豆がたっぷり食べられたが、
残念ながら写真は全く撮らなかった(>_<)

残った豆は乾燥大豆用に、完熟するまで残しておき
ついに、それを収穫してきたというわけ。

乾燥したサヤを指で軽く押すと、
パリッと音がして、大豆が飛び出してくる。
           ↓
クリックすると元のサイズで表示します

翌11/22日、朝早くから夫はトコガーデンに行き、
第2弾の収穫を持ち帰って、
ベランダに新聞紙を広げ、その上に干した。

しかし、神戸に行くことにしたために、室内に。

クリックすると元のサイズで表示します

神戸から帰ってからも、まだサヤは乾燥していなくて、
翌日までそのまま、床暖房を一番低温でかけて、
乾燥させることにした。

まだトコガーデンには大豆の株が残っているらしい。

枝豆も美味しかったので、
きっと美味しい大豆の料理が食べられると思う。

さぁ、どんなふうに調理しようかな?
3

2015/8/16

大豊作のナスで、ひたすらナス料理  ガーデニング(東大阪)

8/15(土)、夫が4日ぶりにトコガーデンに行くと
ナスが恐ろしいほど大きくなっていたと、
大きなポリ袋にドサッと運んできた。
              ↓
クリックすると元のサイズで表示します
        ↑
私の足と比べたら、いかにすごい量であるかがわかる。

ナスは2種類で、どちらも大きく、器量が悪い。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

    これじゃあ、ひたすらナスを食べしかない!

   私もナス・ニシン・獅子唐の煮物を作った。
 こんなの10年以上もしていないよ〜。でも美味しくできた。
            ↓
 クリックすると元のサイズで表示します

  息子夫婦が来たので「ナスを持って帰って」と言ったら
 「もらったのがまだいっぱい残っているから、いらん」と。

「ナスの季節はナスをあちこちからもらって、食べきれない」
という話は田舎では良く聞いたが、京都でもね〜。
            ↓
夕食は、夫が調理してくれた焼きナス・肉野菜炒めと一緒に、

クリックすると元のサイズで表示します

夫はひたすらナスを食べ続ける日が続くのであります。


4
タグ: ナス

2015/6/24

紫陽花がいっぱいのトコガーデン  ガーデニング(東大阪)

2か月ぶりのトコガーデン。紫陽花がたくさん咲いている。
全て生駒から運んだものなので、たくさんあっても珍しいものはない。

クリックすると元のサイズで表示します
                        ↑
     生駒で大きくなりすぎて、こちらに来たのが2株
                  ↓
クリックすると元のサイズで表示します

これ以外はすべて、挿し木で育てた小さな苗だったのに、
4年間で徐々に大きくなり、色も毎年異なるので、見るのが楽しい。
              ↓
 クリックすると元のサイズで表示します
          ↑
 昨年は紫がかったピンクだった城ケ崎の雨は青く咲いている。

       墨田の花火は、今はほとんど白
                ↓
 クリックすると元のサイズで表示します

  中ほどから奥にも、こんなにたくさん咲いている。
   でも、まだ空き地になっているところも多い。
                 ↓
 クリックすると元のサイズで表示します
                 ↑
    真っ白〜少し黄緑がかっているのはアナベル
          こんなに巨大なのも!
                ↓
クリックすると元のサイズで表示します
            ↑                 
    それにしても、ひどい手のシワやな〜(>_<) 

奥のブロック塀にそって、カンナが鮮か。夫が植えたんやな〜。
    ↓                  ↓
クリックすると元のサイズで表示します

    これは?     年中咲いている麦藁草。可愛く有難い花
     ↓                  ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

麦藁草と、見るに堪えないほど黒っぽい葉になっている宿根ヒマワリ。
                ↓
クリックすると元のサイズで表示します

どちらも長持ちする花なので、とにかく生駒で花瓶に生け、
京都に運んで、如来さんにお供えしよう。
2

2015/4/28

4歳になったトコガーデン  ガーデニング(東大阪)

4/27(月)は大阪南港から、東大阪の青葉野社屋に直行し、
10時からの会議までしばらくの間、トコガーデンで撮影。

金盞花の一種「まどか」は、今年も元気。
          ↓
クリックすると元のサイズで表示します

       十二単もビッシリ
              ↓
クリックすると元のサイズで表示します

  トコガーデンへの曲がり角、生命力の強い
 十二単・クローバー・源平小菊が、激しい領地争い。
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します

トコガーデンの日当りの悪い南1/3、十二単が美しい。
アジサイも元気に葉を茂らせ、花咲かせる準備中。
                  ↓                
クリックすると元のサイズで表示します

「もう紫陽花が咲いている!」と思ったら、実生の金魚草
               ↓
クリックすると元のサイズで表示します

実生のハマダイコン。今年もたくさん咲いている。
            ↓
クリックすると元のサイズで表示します

これも実生のヤグルマギクと、黄色のはセイヨウアブラナ?
                      ↓
クリックすると元のサイズで表示します

真ん中の1/3。芍薬の周囲にもヤグルマギクが林立
            ↓
クリックすると元のサイズで表示します

ホットリップスは小山の様相、その周囲にもヤグルマギクと源平小菊。
               ↓
クリックすると元のサイズで表示します

北1/3。オレンジポピーが痩せた硬い土に、ちまちまと咲いている。
            ↓
クリックすると元のサイズで表示します

        「まどか」が大繁殖
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します

       大手毬も同様、大繁殖
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します

ひときわ鮮やかな黄色は花菖蒲  去年まで見かけなかった花
        ↓             ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                        ↑
         ネットで調べたら、スノーフレーク
    和名は大待雪草(オオマツユキソウ)と名付けられている。

こまめに手入れできないトコガーデンは、水枯れしにくく、
病害虫にも強く、宿根草や、実生で毎年育つ草花を
植えておかないと、草ポウポウの草原になってしまう。

4年前は、グランドような固い無機質な土だったのに、
かなり花壇や畑の土に近づいてきた。

が、まだまだ。野菜を育てるために、
社長の土作り作業がこれからも続く。

トコガーデンの野菜は美味しいが、高い野菜や〜。
しかし、これが健康増進に役だっていると思えば、安もんや。
3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ