最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2020/10/21

通路? 品川駅工事  その他つれづれ

10/21(水)〜25(日)は高輪サロンで仕事。

眼下に見える品川駅の工事。
先月と比べると
ずいぶんと工事が進んでいる。

クリックすると元のサイズで表示します

リニアの乗降客が渡る
通路ができるのだろうか?  ↑

21.22はベーシックセミナーの2.3課程。
23.24.25は施術。

それに、オンラインセミナーの収録もある。
忙しい5日間となりそう。
5

2020/10/2

女性の座り方。正座とは?  その他つれづれ

COVID-19 のせいでNHKも民放も
古い番組の再放送が多い。

お陰で私が大好きだった
タイムスクープハンターが
9/30の夜、見られた😄

西暦変換 1552年、戦国時代
(織田信長18歳、豊臣秀吉15歳)

今回のテーマは矢文。
これは見たことがなかった。

クリックすると元のサイズで表示します

つまり手紙を巻き付けた鏑矢を
弓で射って
敵に囲まれた城内に届けるという
命がけの任務を担った男性を追跡する。

テーマそのものもスリル満点で
申し分なく面白いのだが
この番組の時代考証が素晴らしい。

2011年6月に放送された同番組
後妻打ち(うわなりうち)が取り上げられた。

 時は徳川家光時代
 この時代、妻を離縁した男性が
 1ヶ月以内に再婚すると
 前妻は後妻に対して
 果し合い(後妻打ち)をする権利があり
 公儀もそれを承認していたとのこと。

 この番組で、武家の奥方様などの
 女性が数人、着物姿で
 袴を履くことなく
 あぐらを組んで座っていた。

その時、私は「そうや、こうやったんや!」と
とても納得したのだが
今回も、なんと、あぐらの女性が写っている!

クリックすると元のサイズで表示します

この3人は、城主と奥方に仕える侍女。

クリックすると元のサイズで表示します

素足に藁草履を履いているのも見える。↑

食糧も底を尽き、次々と死ぬ者が…。
援軍が来なければ籠城も限界。

そんな時に敵からの矢文が撃ち込まれる。

「援軍は来ない。
 今夕までに城主の首を差し出せば
  あとの全員の命は保証する」

もうタイムリミット。
ん、奥方様は片膝立て座り?↓

クリックすると元のサイズで表示します

城主と奥方様

クリックすると元のサイズで表示します

侍女の3人も、いざ、自刃…

クリックすると元のサイズで表示します

と、その時

味方からの矢文が届き
援軍は来るとのこと。

ここで興味深いのは
城主は膝を開いた正座
女性4人は、あぐら。

 江戸時代以降の女性の自刃は
 正座で両膝を紐で縛って
 裾が乱れた姿の死体を
 人に見られないようにした。
 
 宮崎あおいが演じた蝶々さんも
 同様に自刃していた。

戦国時代の女性は
あぐらで自刃していたことを
今回初めて知った。

NHK大河ドラマでは、2017年の直虎

クリックすると元のサイズで表示します

これは城主なのでさて置き

2011年から9年も経って
「麒麟が来る」で、やっと
女性の座り方が変更された。

クリックすると元のサイズで表示します
  ↑
帰蝶(濃姫)も

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
  ↑
牧(光秀の母)・土田御前(信長の母)も  ↑
片膝立て座り。

  写真はこのサイトからいただきました。

ところが牧は、帰蝶の前では正座
医者の助手の駒はいつも正座。

クリックすると元のサイズで表示します

このYouTubeで紹介されているように
このように出家した高貴な女性も
片膝を立てている。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

正座が広がったのは
朱子学や茶道・華道などが普及した
江戸の中期らしい。

でも、浮世絵にもこんな座り方が描かれている。

クリックすると元のサイズで表示します

このサイトも参考になります。

正座は礼儀正しい姿勢であるが
女性らしい、おしとやかな座り方と
押し付けるのはやめていただきたい。

むしろ正座は戦うための座り方である。

このサイトで居合道を見ればわかる。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

正座でなければ、刀を抜きながら
立って、敵に立ち向かえない。

あぐらでお辞儀をしたら
絶対に立てない。

 あぐらは相手に自分の首(命)を
 差し出している姿なのである。

つまり、正座は命を懸けた
「いざ勝負!」という時の座り方である。

医療者・整体師にとって
診察・施術をすることは
自分の職業生命をかけた勝負の時である。

なので、私は診察するときは
常にその気持ちで、姿勢を正している。

男も女も、くつろぐ時は
背骨も骨盤もゆがめる
横座り・割座(ペタンコ座り)をしないで!

あぐらや、片膝立あぐらで座りましょう!
19

2020/9/22

家事三昧の4連休  その他つれづれ

9/19(土)〜22(火)の4連休。

世の中は GoTo トラベル キャンぺーンで
高速道路も、宿もレストランも
ずいぶん混みあっているらしい。

でも、旅行もしたくなくて
家でノンビリしたい私と夫。

夫は半日ほどかけて山歩き。

私は20(日)に施術をしたり
空手の見学をしたりしたくらいで
あとは家事三昧。

普段はなかなかできない
ミシンがけをしたり
洗濯をしたり

奈良生協から届いた食材などを使って
ひたすらお惣菜作り。

クリックすると元のサイズで表示します

毎日、毎食、昔っぽい粗食の連続。
だが、これもいいものだ。

たくさん作りすぎて
食べきれない分は
保存容器に入れて…。

連休中の頭の中は
すっかり専業主婦モード。

ブログはビジョンについて
少し長い記事を書いたくらい。

しなければいけない仕事も
あるのだが、できないものだ。
5

2020/8/28

生駒増改築進行中  その他つれづれ

8/25(火)、名古屋施術から生駒に帰ると
玄関横に壁が作られていて
増改築工事が順調に進んでいるとわかった。

クリックすると元のサイズで表示します
   ↑
翌朝、撮影しようと外に出ると
サツキ・ツツジなどが
水枯れで茶色くなっている(*_*;

クリックすると元のサイズで表示します

外郭は既にできていて
窓も移動されている。

現存部分を増築部分からの
ホコリなどを守るための
半透明シートの仮間仕切りが設置されている。
            ↓
クリックすると元のサイズで表示します

26(水)の朝はこんな状態だったが
お昼には窓があった両脇の壁はなくなり
真ん中だけがまだ残存。↓

クリックすると元のサイズで表示します

それも夕方までにはなくなり
外に木の板が張られ
伝統的な日本家屋のようになった。↓

クリックすると元のサイズで表示します

いい感じと思っていたが
翌27(木)にはその上に
黒いシートと金属ネットが張られた。↓

クリックすると元のサイズで表示します

この上にモルタルが塗られて
現存部分と同じようになる予定。

玄関との間の小窓からのぞくと
中では2人が床張りなどの作業中。↓

クリックすると元のサイズで表示します

28(金)の夕方、京都施術から帰ると
もう床ができていて
仮間仕切りはなくなっていた。↓

クリックすると元のサイズで表示します

仮間仕切りは
30(日)の施術と空手のために
撤去してもらたのだが
8/31〜9/10、再度設置される予定。

その間に内装工事
その後、外壁工事がされ
9/15頃に竣工となりそう。

当初10/15が竣工予定だったのに、
1か月も早く完成するなんて\(^o^)/

通路の木々はあると足場を組めないので
すっかりなくなってしまった。

追加で育ち過ぎのビワの枝や
北の石垣まで
きれいにしてもらってスッキリ。

あぁ〜、これからここで
新しい人生が始まる気がする。

だんだん欲が出て
「あと20年は、楽しく生きないと損や!」
と思ってしまう。
9

2020/8/20

猛暑の71歳誕生日  その他つれづれ

8/19(水)は71歳の誕生日なので
「明治村で記念撮影」と思っていたが
「危険な猛暑」との予報で中止。

そこで、19〜20日は
山梨で頑張っている
助産師を訪ねようと計画した。

が、うっかり…
20日は追加で高輪施術としたのだった。

でも、施術予約は入らないと
思い込んでいて
すっかり忘れ
自主練に部屋貸しをしてまった。

幸い、施術も自主練も少人数なので
特に問題なくできる範囲。ほっ。

19(水)に名古屋から東京に直行。

乗った のぞみ は 新しい車両
N700 Supreme だった。

クリックすると元のサイズで表示します

シートの色も明るくきれい
案内画面も大きく見やすい。

クリックすると元のサイズで表示します

両端は長いみたいでカッコいい。

19日はひたすら休息。

20日は予約の2家族と
当日追加の2人を施術。

施術の仕事があると
身も心も締まるので有難い。

COVID-19 で予約は少な目ながら
さぁ、24(月)まで連続高輪施術!
3

2020/8/7

生駒トコ会館増改築  その他つれづれ

8/5(水)の夜、北海道・京都の施術から
生駒に帰り着いたところ
ずいぶん増改築工事が進んでいた。

北海道遠征中の8/1(土)〜始まったのだから
進んでいて当然なのだが(^^;

8/6(木)も工務店さんが来て
基礎のコンクリート
流し込みなどの作業が進行。

クリックすると元のサイズで表示します

私は午後から眼科受診に大阪へ。

右目の視力が落ちてきて
寄る年波を感じる。

8/6(木)の夕方には上の写真の右側に写っている   ↑
木々はなくなり

8/7(金)のお昼には
右側に防水シートが張られた。

これでお盆前の工事はいったん完了。

お盆明けから、両側の外壁が作られ、
隔壁を移動した後、内装工事が始まり
10月末までには完成する予定。

駐車スペースは半分になったが、
空手などに使えるスペースは広くなる。

85歳までは施術もセミナーも空手も頑張ろう!
せっかく増改築するんやし。
9

2020/7/26

生駒での日曜は忙しい  その他つれづれ

生駒空手の前の晩から
生駒に来るようになった太郎孫

7/25(土)21時過ぎに到着すると
「夕食は未だ」とのこと。

キャベツやトマトを自分で切り
豚汁などで簡単に晩ご飯を済ませて
太郎孫にしては早めに就寝。

7/26(日)の昼には
「昼食は生駒で食べる」
と言っている姫孫と次郎孫も来る。

太郎…4食、姫と次郎…2食
これだけ食べるとなると
老夫婦2人分とは量が違う。

そこで、私にしては珍しく
施術前に調理。

とにかく、豆腐とワカメの味噌汁と
具だくさんののトマトシチュー。

クリックすると元のサイズで表示します

この2品を作っておけば
あとは何とかなる。

作り終えた頃には太郎が起床。

私が施術を始めた後
太郎も降りてきた。

息子(高校1年生)さんと共に
施術に来ていた助産師Sさん。

彼女は17年ほど前から
うちで勉強し、開業している。

上肢一式などをさせてもらい
評価してもらった。

クリックすると元のサイズで表示します

「習い始めてから4か月ほどの割には上手いが
 自分より華奢な人には
 もう少し軽い力の方がよいと思う」と。

かなり良好な評価がもらえて、私もホッ。

施術が終わったのが13:15
ほぼ同時に姫・次郎が到着。

一緒に軽く昼食を摂り
すぐに空手の稽古開始。
3

2020/7/1

暇なはずなのに…  その他つれづれ

開業して以来、今年の4.5.6月は最も暇。
セミナーはほとんど流会、施術も少ない。

全国を股にかけて
大移動していた日々が懐かしい。

新コロの影響がまだ続いていて、
東京都のみならず
全国の感染者数は
増え続けているとか。

この先どうなるのか…?
その上、気候もおかしい。

生ぬるい風が吹いていると思えば
急に冷たい強風。
ネコの目のように変わる。

未だ変わらないのは花達。

クリックすると元のサイズで表示します

雨の中でも日照りの中でも  ↑
凛として咲くアナベルに
今年も勇気づけられる。

暇なはずなのに、忙しい毎日。

皆さんに喜んでもらえる
セミナーを企画するのが最も大仕事。

その他、メンテ“力”up通信の
原稿を仕上げていくのも時間がかかる。

入門講座の課題である
「骨盤ケア教室の企画書」を
チェックし
アドバイスするのは難しい。

でも、これらの仕事も楽しい。
私に向いている?

座ってPCに向ってばかりだと
お尻が痛くなる。

空手の形の稽古をしようにも
習ったばかりの形「抜塞大」は
ややこしくて、ちっともできない。

あっという間に、夕食作りの時間。

ミシンがけもしたい、読書もしたい
たまっている映画の録画も見たい…。

と思っていても、なかなか
そのために時間を使えない。

と言っているうちに7月になった。
7月後半は忙しくなる。

さあ、セミナー・施術で忙しい日々は
戻ってくるか? 戻ってきてほしい。
8

2020/5/5

瀕死の靴を修理  その他つれづれ

いつも移動時に履いている革靴が
瀕死の状態になった。

クリックすると元のサイズで表示します

親指の外側も  ↑  ↓ 踵も

クリックすると元のサイズで表示します

これだけひどい状態になれば
廃棄すればいいものを

京都で買い物するにも
あと数日でも履かないことには…、

と、皮用ボンドで貼り付け
穴にもボンドを流し込み

クリーナーで汚れを落とし
茶色はないので
黒の靴クリームを塗って磨いた。

翌日、履いてみたら
これならまだ最低数日は履ける(^^)v

クリックすると元のサイズで表示します

この靴を買ったのは
2012/5/2 札幌での助産学会終了後
帯広に向うときだった。

履いていた靴底が剝れ
やむなく札幌駅で購入。

私がいつも買うような
3,000円程度の靴は
どこにも売っていなかった。

やむなく、売っている中では最も安い
10,000円+税の、リーガルのを買った。

これが、私の人生最高に着脱しやすく
歩いても疲れず、長持ちする靴となった。

途中、3足ほど安い靴を
スペアとして買ったが

履き心地が悪いとか
まあまあ履き心地は良くても
半年もしないうちに破損し
廃棄した。

“安物買いの銭失い”とはよく言ったものだ、

「いや、リーガルの靴は、あちこちの店で
 売っているから、買えばええんや」とも思う。

でも、2年ほど前に
大阪のリーガルのお店で探したときには
これと同じようなのはなかった。

結局、気に入ったのはなく購入せず。
なので、愛着は高まるばかり。
捨てられない。

1足数万円の靴を履いている助産師も
多いのに、なんという貧乏性(>_<)
5

2020/4/25

なんで“生け花” “活花”というの?  その他つれづれ

今年は過去最高の数の花房をつけた藤。
多すぎて、まるで群衆雪崩。

圧死しかけているのも多く↓ 切り取って生け花に。↓

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

病院で働いていたとき
生け花の好きな先輩が
よく花を生けていた。

ところが2〜3日経つとしおれ
見苦しくなった花達を
片付けていたのは、たいてい私だった。

花を生けるより花を育てて
愛でるのが好きな私は

「切って命を奪った花を飾るのに
 何で生け花というんやろ?」

と、不思議だったが…、
玄関のこの花たちのうち

黄色い花のついている枝は
1本だけ育ち過ぎていたレンギョウ。

クリックすると元のサイズで表示します

地面に植わっているレンギョウは
もう花びらは残っていないのに
室内に生けたのは、まだ花びらが残っている。

白い花はコデマリ。
この柱との間に隠れていた枝の花。   ↓

クリックすると元のサイズで表示します

ヒノキのような葉の茂っている枝は
もらった花束に入っていたのを
挿し木にしたところ、3本も育った。

育ちすぎて、伸びすぎた枝を切って
花達に添えた。

切った枝達を、そのまま堆肥にするのは
もったいないし、可哀そう。

「もうしばらく生かして愛でることとしよう」
ってことで

“生け花”or“活花”と
いうようになったのでは?

なーんて、近年ようやく
自分でそのように納得することにした。
3

2020/4/16

巨大マスクと2重ラップ  その他つれづれ

4/15(水)は京都施術で
1週間前までは予約数も通常通り。

なのに、どんどんキャンセルが増え
前日には母子2組に。

それでも、私は京都へと出向いたのに
施術が始まる15分ほど前に
最後の1組からキャンセルの連絡があり0に(*_*;

理由はほとんどが
「子連れで電車に乗るのが怖いので…」と。

京都はいつも、ほとんどの方が
電車で来られるので、やむを得ない。

やむなく、今後 YouTube で
動画配信していこうと、
打ち合わせなどをしたりして過ごした。

施術時の工夫として
いつものディスポマスクの上に
Wガーゼで作成した
 (桜の花が透けて見える)
巨大なマスクを装着することにした。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

まるで昔の銀行強盗(^0^)
だか、ゴムは手術用マスクのように   ↑
頭にかかるようにしたので耳が痛くない。

それに、喋っても
マスクが下にずれていかない。

仰臥位で首のケアをするときは
クライアントさんの目を
2重のラップで覆うことにし
目に私の飛沫が入らないように防御。

1重だとペラペラして密着しすぎるが、
2重だと程よく隙間ができるので不快感が少ない。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ラップの下端をマスクの紐で
押さえるようにすると
横に向いてもずれない。

固いものだとずれる。
ラップだと安いので気楽に使える。

4/16(木)の夜には、
緊急事態宣言の対象が全国に拡大。

私の施術でないと
頭痛・肩こり・腰痛などがつらくて
「生活できない」
とおっしゃる方が多いのに、困ったものだ。
10

2020/4/11

中学生時代、幸田文の随筆で  その他つれづれ

4/9の記事 調理でボケ防止
facebookでお知らせしたところ

みひかるサロン・助産院院長の
池田匠美さんがこの写真を見てコメント。
     ↓
クリックすると元のサイズで表示します

「油揚げの断面が綺麗で、ハッとしました。
 そういう所でも器用さが出るんですね」

それを読んで私は(@@)!

「へーっ。そんなところに
 ナオミさんの視線が行くなんて、
 ビックリです。…後略…」

すると池田さん

「そういう視点とか、人の所作とか
 見れるようになってきました。私は
 料理ストレス>>育児ストレス
 だったくらい、ダメダメですが」

私からさらに

「私はピアノなどを習わせてもらえるような
 お嬢さん育ちではなく
 労働力として育てられた娘でした。
 そんな自分を友達と比べて、
 ずいぶんみじめに思ったものです。

 でも、中学生の時に何気なく目にした
 新聞に載っていた作家 幸田文の随筆を読み
 初めて自分に自信が持てるようになりました。
 その随筆の要旨は
 『台所のおと』⇒ クリックすると元のサイズで表示します
 を読むとわかるのですが…後略…」

池田さんは

「時代的にそういう方多いでしょうね。
 でも、新聞に出会ってよかったです。
 続編ブログ楽しみにしています」

ということで、少し書くことにした。

ここここの13p〜に書いたように
私は幼児の頃から足が弱かった。

子ども同士での外遊びを禁じられていたため
母の傍らで家事手伝いの毎日を送っていた。

小学校から帰ればすぐに親から
「これをしておけ、それから…」の連続。

部屋に籠って宿題や読書をしていたら
怒られるようなことも、しばしばだった。

小学3年生のときだったと思うが
同級生の〇ちゃんの家に
初めて遊びに行った。

すると、〇ちゃんのお母さんが

「〇ちゃん、お帰り〜
 おやつ食べたら宿題しなさいよ」

などと声かけているのを聞き、
こんな家もあるんや〜と\(@@)/

私は「お帰り」なんて
声を掛けてもらったこともなければ
そんなおやつをテーブルに
準備してもらったこともなかった。

制服のない学校だったため
小学4年生になると

「ボロ、汚い、臭い」などと
イジメられるようになり
卒業するまで続いた。

中学校に入って半年で左足が痺れ
バレーボール部を退部した後は
何の楽しみもなく陰鬱に…。

そろばん・習字・学習塾・ピアノ
などに通わせてもらっている
学友が妬ましかった。

そんなときに、何気なく目に入ったのが
新聞に載っていた作家 幸田文の随筆。

「父、幸田露伴は
 『女が自分がしたい仕事をし続けたいと思うなら
  家事、中でも炊事ができないと仕事もできない。
  それが世の中なんだ』と

 幼いうちから家事を教えてくれた。
 そのお陰で今、仕事ができている」

それを読んだときに
「それなら私は仕事のできる女になれる!」

と、自分に自信を持てるようになった。

その随筆の要旨は上に書いたようだと
ずーっと何年も記憶していた。

数年前、同様の内容がきっと何かに
書かれているだろうと
検索したところ
『台所のおと』に書かれていた。

台所から聞こえる音を聞きながら
想像するの炊事の様子の精密さが
とても素晴らしいので
興味がある方、ぜひ読んでみてください。

とにかく私は、
「一生食いっぱぐれのないように」と
看護婦・助産婦免許を取得。

大学病院で働き
第1子の産後休暇も明けて
働いているときのことだった。

「とてもしっかりした女性」と
私も一目を置いていたTさんが
産後ウツで休職してしまった。

ウツになった理由は
「食事を作れないこと」と聞いて

「やっぱり幸田露伴の言っていたことは
 正しいんや!」と思った。

その後も、Tさんに限らず
「食事を作れないこと」から
ウツになっていく女性を何人か見た。

女も男も、人生をしたたかに
楽しく歩めるかどうかは
“家事力”に
結構かかっていると思う。

孫達にも、学業成績もだが
それよりも家事力!
と期待しているのだが…、まあまあかな?
13

2020/2/22

羽田⇒徳島 男前@機内  その他つれづれ

2/22(土) 9:30の飛行機で羽田を出発。

前日からの天気予報では
徳島着の10:50 頃
強烈な寒冷前線が徳島に到達するみたい。

ずいぶん心配しながら搭乗したのに
機内アナウンスはいたって平穏。

珍しく明るい時間のフライトで
しかも、窓際席なので外の景色が良く見え
半分雲がかかった富士山も雄大。

しかし、西に進むにつれ(紀伊半島上空?)
白・薄灰・濃灰の雲がぶつかり合い
まるで水墨画のよう。

「寒冷前線に近い上空の雲はこんなんや〜」

初めて見る激しい雲の動きを眺めながら
無事の到着を祈っているうちに

飛行機はガタガタ揺れ
読書どころではなくなった。

JALにしては位置情報などが
全く表示されず、不安は増幅。

ところが、隣の席の男性(40歳くらい?)は
その揺れの中で
凛とした姿勢を保ちながら
読書を続けている(@@)

やがて、下方が真黒になり
大雨が降っているのかと思いきや
よく見ると波が見え始め
大阪湾だとわかって少し安堵。

徳島空港に無事到着\(^o^)/

いつも持ち歩いている荷物は

クリックすると元のサイズで表示します

今日はレジュメ・冊子などで特別に重い。

搭乗時は高い荷物入れに
気合で、うまく上げ入れられたが…

降ろすのは、バランスを崩せば
重力で落下するので
周囲の人に当たると迷惑をかける。

気合を上げて離席したとたん
隣席の男性がサッと降ろして下さった(@@)

周囲の人達の荷物も次々に降ろし
「ありがとうございます」
の声に包まれながらも、表情一つ変えず

これぞ残心(身)! 今を生きる武士!

こんな男前と隣合えて
飛行機に苦手意識持つ私にも
幸せな気持ちが沸いてきた。
12

2020/1/17

鉄道落とし物処分セール@大阪  その他つれづれ

天満繁昌亭から
天神橋筋商店街に出ると…、

私の大好きな鉄道落とし物処分セール(@@)!
夫とバイバイし私は店内へ。

ミンクなどの毛皮のコートが
安い値段でズラリと並んでいる。

こんなコートを忘れて
問い合わせもせず
受取にも来ない人がいるなんて
信じられないが…、

毛皮は着ないからいらない。

ほしいのはピンブローチで、一つだけあった。
ネックウォーマーに着けるにも良さげ。

クリックすると元のサイズで表示します

これは、長さが調節できるので買った。↑
どちらも300円。

驚いたことには、ここは常設店舗だと!
やはり、大阪は安くていい品を
買う人が多いんやね〜。

こういうものを買って、着けて
「外出しよう!」と思うようにしないと、
だんだんと家に籠りたくなってしまう。

阪急電車の中で
早速ピンブローチを着けて
気分よく京都トコ会館へと向かった。
3

2020/1/16

生駒施術日は料理もできる  その他つれづれ

1/14(火)は名古屋施術
1/15(水)は生駒施術

名古屋施術は3カ月に4日くらい
生駒施術は1カ月に3〜4日

なので、1か月に来られる延べ人数は
生駒の方がずっと多い。

妊産婦さんの夫・両親など
中高年の方も増えてきて楽しい。

この方は赤ちゃんの時から
「先天性股関節脱臼」と言われていて

クリックすると元のサイズで表示します

左右の脚長差もあり
まっすぐ立っているつもりでも
かかとの位置が全然違う。

近年脚の付け根が痛く
整形外科・接骨院・整体など
いろいろ通ったが、良くならないとのこと。

首も傾いているが「肩は凝らない」と。

クリックすると元のサイズで表示します

施術は簡単に終わり
脚長差も、脚の付け根の痛みも消失。

「肩首頭もスッキリ楽になりました〜」と。

「肩は凝ってなかったんではないですか?」

「あらっ、凝っていたんやね〜」と(^0^)

昨年の秋から技が上達してからは
多人数施術をしても、疲れることもない。

そのうえ、生駒だと電車などで
移動しなくてもいいので楽。

なので、家事も調理もできる。

家にあるものを活用して、
なるべく今まで作ったことのないものに挑戦。

@海老スープ大根  Aスモークサーモンのキャベツ巻き
      ↓             ↓
クリックすると元のサイズで表示します
         ↑             ↑
⓷小松菜と鯖水煮缶のチャンプルー C大根と鰊のなれ寿司 

@⓷は1人前 ACは2人前

@は前日の甘えびの刺身の
頭や皮でとった出し汁で煮た大根

水が多すぎて大根スープのよう(^0^)

A⓷は初めて作った料理

Cは年末に漬け込んだのが
熟成が進み味が濃厚になった。

チャンプルーのボリュームが多すぎて
米飯を食べなかったのに、
床暖の上でダウン、暖かくて幸せ〜!
4



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ