最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2019/9/10

インターハイ中止の危機を救え!  スポーツ・武術全般

8/8に「2020インターハイ中止」の危機を救おう!
 
クリックすると元のサイズで表示します

を書き、寄付もした私に、9/9メールが届いた。

要約すると、

 目標4000万円に対し
 現在、408万1千円
 361人以上から支援をいただいた。

 最後まで目標金額の4000万円到達を目指している。

1カ月余りで361人、408万円!
目標金額の1割余りという少なさに驚き(@@)

テレビ・新聞でもほとんど報道しないし、
テレビでは、
オリンピック・パラリンピックの
メダルを狙えそうな選手ばかり
ウンザリするほど取り上げている。

メダルを取るためにも、
国民全体のスポーツの強化のためにも
裾野を広げることが大切。

また、健康増進・労働力の質の向上のためにも
インターハイなど、若者の「ヤル気」を
奮い立たせる取り組みが大切。

そのために、
もっとお金や報道に力を入れることが
大切だと私は思っている。

このブログを読まれた皆さんも
ぜひとも、こちらからご協力いただけたらと思うばかり。
5

2019/8/8

「2020インターハイ中止」の危機を救おう!  スポーツ・武術全般

8/7 インターハイ記事を書いた直後、
こんなニュースが飛び込んできた。

クリックすると元のサイズで表示します

テレビなどでは見たことも
聞いたことがなかったのに…。

インターハイ(全国高等学校総合体育大会)は、
昭和38年に初めて開催されてからすでに半世紀。
私も1967(昭和42)年 クリックすると元のサイズで表示します
高校3年生の時に弓道で出場。

クリックすると元のサイズで表示します

国民的行事として成長してきたはずなのに、
今、歴史上初めての厳しい状況になっているとのこと、

そのわけは、オリンピックがらみ。

2020年のインターハイは
北関東で開催予定だったが
東京五輪と開催期間が重なり、

必要な数の「宿泊施設」が
確保困難になっている。

そのため、当初予定していた
北関東4県では11競技、
残りの19競技を全国に分散して開催予定。

そこで「分散開催による開催経費の不足」
が大きな問題となり、
インターハイの開催そのものが危ぶまれている。

詳しくはこちらを。

私は幼児期から足が弱く、
陰気くさい子どもだった。クリックすると元のサイズで表示します

小中学生時代の体力テストでは、
いつもクラスで最下位。

そんな私は高校入学と同時に
"鈍足でも選手になれるかもしれない弓道部"に入部。

インターハイに出場できたことが、
自分の人生を開拓していく自信となった。

日本の未来の担い手
高校生達の夢と希望、
生きる力を育むためにも、
インターハイ開催中止なんて、とんでもない!

皆様も、ぜひ寄付を!
もちろん、私も先ほどしました。
5

2019/8/7

0.03秒差で決勝進出ならず  スポーツ・武術全般

日本中ほとんどが猛暑にあえいでいるというのに、
沖縄は32℃までのようで羨ましい〜!

今、その沖縄でインターハイが開催されていて、
私のクライアントの男子高校生
篠原君が800m走に出場! 関連記事はこちら

知る人ぞ知る、日本の陸上界では今、
男子800mがすごいことになっている。

今年の6月に開催された
陸上競技の日本選手権 男子800m。

9年間日本のトップを守り続けてきた
川本奨選手を
高校生のクレイアーロン滝波君が
最後に追い抜いて優勝! 写真はこちらより

クリックすると元のサイズで表示します

 詳しくはこちら

クリックすると元のサイズで表示します

これに、近畿大会で優勝した
大阪大塚高校の南田君の記録

クリックすると元のサイズで表示します

1:49:56 を照らし合わせてみると
日本選手権の6位に入る成績(@@)

昨年のインターハイでも
クレイアーロン君は優勝しているし
今年も、ハプニングさえなければ、

優勝はクレイアーロン君、
2位は南田君が確実といったところだった。

「そんな2人と一緒に決勝で走れたら
 一生の宝物やね〜」

などと、篠原君と生駒サロンでお喋りしながら、

彼には下肢・下肢帯の痛みや硬さ、
胸郭と上肢の動きの改善を図る体操を指導。

さらに、腹横筋強化と肺活量upを図る
トコブレスを進呈。

インターハイに出場した近畿勢は6人。
うち準決勝まで進めたのは4人。

準決勝2組は近畿勢4人が集められていてこの結果。

クリックすると元のサイズで表示します

夢だった決勝進出は0.03秒差で夢に終わった。

が、これまで勝てなかった
齋藤君には0.01秒差で勝った!

近畿大会の結果1位⇒6位 この6人がインターハイに

クリックすると元のサイズで表示します
 2位    4位    1位    −    3位     −    

準決勝を終えて、結果はこうなった↑

奈良と京都の陸上強豪校の2人が予選落ちし、
今年に入るまでは無名だった彼が
準決勝進出。奈良県ではただ1人。

全体的に記録が遅いのは、風が強いのに加え、
明日の決勝に備えて力を残すためのよう。

南田君は完全に2位狙いだった様子で、
篠原君は南田・斎藤君の様子をうかがいながら
上げるタイミングを図ったそうだが、
あとちょっと、仕掛けるのが遅かったらしい。

私はレースの駆け引き・仕掛け
というものか良く分からないが…。

大ハプニングを起こせたかもしれないのに、残念。
南田君も0.03差に、ヒヤリとしたかも?

でも、最後に仕掛ける力が残っていたんだから
素晴らしい。私も安堵。

南田君には決勝で僅差で2位になってほしい。
クレイアーロン君の独走ではつまらないから。

と思っていたのだが、
8/7(水)の決勝は
台風9号の影響による強い風雨で、
最悪の気象条件の中決行。

クリックすると元のサイズで表示します

結果、南田君が7位とは_| ̄|○

成績がが思わしくなかった選手達は
コンディションが悪かったんやろか?

南田君の体も診て調整してあげたい〜っ。
こうなると、0.03秒差がなおさら残念。

テレビは高校野球で賑わっている。
私は野球は好きだがゆっくり見ている暇はない。

時折、ニュースなどで名プレーを見て、
「これが高校生のプレー?!」と、
近年の高校野球のレベルの高さに驚くばかり。

同じ高校生が頑張っているのに、
テレビではほとんど報じられないインターハイ。

「クレイアーロンはきっと、サニブラウンのような
 選手になるやろな〜」と思う。

短距離・長距離と比べて
世界とは大きく水が空いている
日本の陸上男子中距離。

あと何年か後には世界の場で活躍する
中距離選手が育ってくるのでは?

そんな期待でワクワクしている私。
陸上競技は大の苦手で鈍足やのに〜(^_-)-
5

2019/6/17

生駒サロン会員がインターハイに!  スポーツ・武術全般

2019/1/162019/1/20に書いた
男子校高校生(2年生)が、
800m走でインターハイ出場を決めた\(^o^)/

クリックすると元のサイズで表示します

1月の駅伝が終わった後、
2月上旬の施術来室時

「沖縄で開かれるインターハイに行きたい」

と、彼は言っていたのだが…、
正直なところ…、私は

「陸上競技のような競技人口の多い競技で
 インターハイ出場は難しいやろなぁ」

「1月の駅伝でも奈良のレベルは
 日本でも最下位クラスやし…」

などと思っていた。

ところが、彼も彼の母もいたって本気。

奈良県大会の少し前、5月上旬に来室、

「これほどまで親子で燃えているなら、
 私もできるだけのことをしなくては…」と思い

いろいろと考えながらやってみた。

すると、800mの奈良県大会で3位に入り
近畿大会出場を決めた (^^♪

そこで、6/9(日)近畿大会の1週間前に来室。

近畿で6位に入らないとインターハイには行けない。
奈良で3位だと、難しいのでは…? と思ったが、

「タイムは近畿で7位」と聞き(@@)
しかも5〜8位は、ほぼ同タイムだと。

となると、インターハイに出られなかったら、
一生の心残りとなりそう。

ところが、彼は何となく元気がなく、
「奈良県大会後、気持ち良く走れない」と。

おかしいと思って診ると
肋骨・胸椎・頸椎・骨盤が
わずかずつずれている。

わずかでも、あちこち痛み、
肺活量・手足の動きは大きく変わる。
それらを調整し、

最後に、ガチガチになっていた菱形筋を
柔軟にするためのセルフ体操を教えるなどした。

6/16(土)の近畿大会、
準決勝で自己ベストを更新して6着\(^o^)/

インターハイが射程圏内に入ったと思ったら

6/17(日)、近畿大会決勝で、
またもや自己ベストを更新して5着

クリックすると元のサイズで表示します

インターハイ出場権を勝ち取った\(^o^)/

クリックすると元のサイズで表示します

2日連続自己ベスト更新、
しかも、わずか1日で、1秒あまりも短縮するなんて
信じられない。(@@)

しかも、彼の今日の記録はここで見ると、全国11位。
近畿大会優勝者の記録は全国2位!

いや〜、近畿のレベルって高いんやね〜。

こうなったら、めざせ!
   インターハイ決勝進出!

実は準決勝が終わった後、私は彼の母に
6/11に思いついた
この体操 ↓ をするよう伝えた。

 クリックすると元のサイズで表示します

こんな体操をするにもコツがあり、
これまで私がアドバイスしてきた
体操のコツを知っている彼なら
できると思ったから。

これが記録更新に
どれだけ役立ったのは不明なのだが、

わずか左右10秒ずつ
これをするだけで、息のしやすさ、
腕や胸郭の動きは全然違う。

私は鈍足で、走るのは大の苦手で
施術の対象のほとんどは、
妊産婦や産後の母子だが…、

運動生理学なども少しばかり勉強したし
いろんなダンス・スポーツ・武術なども
ちょっとずつかじったことが、今、役立っている。

ヒトの骨も筋肉も、
関節の動きも、基本的に皆同じ。

スポーツマンの施術も楽しいね〜(^^♪

私は弓道でインターハイには出たが、
国体に出られなかったことが長年心残りだった。

「成人二部を目指したい!」
なーんて思ったこともあったけど
近年やっとそんな夢からも醒めたんやった😊
7

2019/3/20

大相撲観賞-3-   スポーツ・武術全般

3/20(水) しるべえを出て、地下鉄で南森町から日本橋に

なんばウォークでコーヒーをと向かったところ
何と水曜日は休みで、全店シャッター。

早々と難波の大阪府立体育館に着くと
青狼・玉木の取り組みが始まっていた。

あれっ、青狼が大イチョウを結っていない。
ということは、幕下に陥落したんや。

4年前、錣山部屋のちゃんことサイン会
青狼・阿炎・錣山親方(寺尾)・
竜田川親方(豊真将)のサインをもらって、
ひいきにしていたのに、残念。

でも、来場所は十両に復帰できそう。

十両下位では、40歳の安美錦が
きれいに回りながら荒鷲を上手投げ。
この一番が素晴らしかった。

168p100kg(?ないと思う)で、舞の海よりも小さそうな
十両西2枚目の炎鵬(石川県出身)の相撲も凄かった。

大きな東龍の脚にぶら下がるようにしがみつき、
引きずられて崩れて負けたが、素晴らしい根性!

動画を撮ったのに、
デジカメのミマートメディアを
パソコンの中に忘れて来て、
メモリー残量がなくなり、泣く泣く削除。

でも、安美錦・炎鵬のどちらも
いつまでも忘れないと思う。

十両の取り組みが終わり、幕内土俵入り。

クリックすると元のサイズで表示します
          ↑
人気の遠藤の化粧マワシがとてもきれい。

続いて、横綱土俵入り。まずは白鵬。

ここから手の平下に向けて、
横にすっと鳥のように伸ばすのが白鵬流。

フラダンスの鳥を意味する踊りのようであり、
鳥をあがめるモンゴル出身力士らしい動き。
        ↓
クリックすると元のサイズで表示します

露払いは石浦。白鵬の土俵入りの最中に
「いしうら〜!」との声が2度も!

主役は白鵬なのに、これでは白鵬に失礼。

続いて、鶴龍  ↓

クリックすると元のサイズで表示します

メモリー残量わずかなので、ウルワシコボーイズといわれる
     
クリックすると元のサイズで表示します

阿炎と遠藤のシコのみを撮影。きれいに撮れた。

クリックすると元のサイズで表示します

阿炎は残念ながら松鳳山に張り負け、
遠藤は安定した上手い相撲で北勝富士を押し出した。

今日一番の大歓声は豪栄道。
大阪出身で好調。優勝争いに残ってほしい。

大歓声の後押しも手伝ってか、千代大龍に圧勝。

本日の打ち止めは、白鵬・貴景勝。
全勝の白鵬に土をつけてほしいとの
大観衆の願いもむなしく、白鵬の圧勝。

ところで、テレビでは、
取り組みの再放映がされるので
呼び出しの声が聞こえることはほとんどない。

土俵際の席で呼び出しの声を聞いていると、
子どもの頃の、村の子ども相撲大会を
懐かしく思い出した。

私の村には大相撲の行司だった人がいたので、
その人が呼び出しと行司の二役をしていた。

扇子を持って

 ひがぁ〜し〜、としおや〜ま〜
 にぃ〜し〜、みのるや〜ま〜

本物の軍配に持ち替えて、

 かたや、としおやまー
 こなな、みのるやまー

といった具合に、子ども達の名前に山を付けて
ハッケヨイなどの掛け声もまさにプロ

あの美しい声と抑揚、所作の美しさは
今も忘れられない。

小学生くらいになった息子達を連れて帰省した時に
この行司さんが私の実家に遊びに来た。

息子たちが相撲しているのを見て、
軍配を家に取りに帰り、
行司をして遊んでくれたことがあった。

息子達は「行司のオッチャン!」と
大喜びしていたが、覚えているだろうか?

彼の美声と比べたら、呼び出しさん達の
声・抑揚(音程?)がとても気になった。
きれいな呼び出しはわずかしか聞けず残念。

体育館を出て、御堂筋線・谷町線と
乗り継いで、都島の東大美へと向かった。
5

2019/3/11

フルマラソンであわやサブ4、PB27分更新  スポーツ・武術全般

私の施術クライアントの女性が
3/10(日)の名古屋ウィメンズマラソンを完走。

しかも、PB(自己ベスト)を27分も更新し、
あと少しで4時間を切る(サブ4)という好タイム!

クリックすると元のサイズで表示します
      ↑
「スプリット」とはスタートの合図が鳴ってから
ゴールまでのトータルの時間、

「ネットタイム」とは、スタートライン
通過時点からゴールまでの時間。

なので、1分40秒オーバー。
本人は悔しかったやろな〜。

この日にベストコンディションで走れるよう
3日前に施術に来られた。

・肺活量が増えるように
・全身が柔軟に連動する動きで走れるように
・骨盤〜下肢が痛むことなく、バランスよく動くように

全身を調整し、3/10までの3日間、
緩んでいる右腸骨大腿靭帯を
ハンドミットで鍛えるよう伝えた。

大会終了後のSNSで、彼女の成績を知り、
あまりの快走にアングリ(@o@)

私の施術の効果もあるとは思うが、
50歳を過ぎてこの頑張り、信じられない。

きっと、次のフルマラソンでは
サブ4を目指して頑張るんやろね〜。

フルマラソンなんて、
私には絶対にあり得ない世界。

でも、こんなに速く走れたら、
楽しいんやろな〜とは思う。
7

2019/1/20

敢闘 4人抜き!  スポーツ・武術全般

1/20(日)の12:30〜全国男子駅伝。
ここで紹介した私のクライアント高校生が
4区 5kmを走る。

テレビの録画予約をして、
10時〜逆子で切迫早産の妊婦さんを施術。

夫は外でブランチして帰って来たので、
私は雑炊1人前を作って昼食。

始まった!
1区を走った奈良の高校生は徐々に遅れ、
41位でタスキを中学生に。

2区をこの中学生が快走し
3区の大学生に40位で渡したが…、

生駒の高校生にタスキを渡したときは、
えーっ、最下位の47位(>_<)

クリックすると元のサイズで表示します

後ろにだれもいない彼は
ただただ前を見据えて走るだけ。うーん、男前やね〜。

クリックすると元のサイズで表示します

第4中継所では43位、何と4人も抜いた!
かなり後ろに2人走っている姿が映っていて ↓
     
クリックすると元のサイズで表示します

ここに映らないさらに後方に2人、
敢闘したことが分かる。(区間36位)

その後、第5(高校生).6(中学生).7(社会人)走者

クリックすると元のサイズで表示します

とつなぎ、奈良は 42位でフィニッシュ。

クリックすると元のサイズで表示します

上位は

1位 福島(初優勝)
2位 群馬
3位 長野
4位 広島
5位 長崎
6位 鹿児島 詳しい結果はこちら

近畿では大阪・京都・兵庫という
強豪であるはずのチームは上位に入らず、
和歌山が最高の9位(@o@)

有力な社会人・大学生は、出身地で出るか
在籍中のところで出るかで、大きく順位が変わる。

それにしても…、和歌山と奈良で
こんなに違うとは…(;-_-)

奈良の中学生2人が区間17位.19位と健闘したのに、
距離が短いから大きな差がつかず、残念。

あぁ、いつの間にか私は石川県人から
 京都を経て、奈良県人になったんやなぁ。。。
8

2019/1/16

生駒サロン会員高校生が全国男子駅伝に  スポーツ・武術全般

私が生駒サロンで、
数年前からケアしている
男子高校生が快挙!

1/20(日)に広島で開かれる
天皇盃全国都道府県男子駅伝の選手に選ばれた\(^o^)/

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

12/11に奈良県の高校生5名が選抜され、
うち4名は陸上競技強豪校の智辯奈良

が、彼は県立高校で、
難関大学の進学も目指している文武両道。

5名中本番で走れるのは3名なので、
どうなるかと、心配したが、
1/12にその3名に入った!

そんな彼を年末と年始に1回ずつケア。

・走っても股関節が痛くならないよう
・脚が軽々と動くよう
・肺活量が増加するよう
・脳に十分酸素が届くよう

なので、彼の母(私の後輩助産師)から
1/12に、選手として選ばれたと聞いたときは、
まるで私の孫が選ばれたかのように、
1人でガッツポーズ(^o^)/゜

いつもは母子の施術がほとんどなのに、
「アスリートのケアもできるようになった?」
なーんて、
「私も成長してるんや」と、ニンマリ(o^-‘)b

彼は現時点では4区5キロを走る予定とのこと。
1/20(日)は休みなので録画してテレビ応援しよう!

奈良県は、全国レベルには程遠く
ゼッケンと同じ29位が目標だとのこと。

テレビには中継所で
チラリと映る程度とは思いますが、
奈良県の皆さま、
応援よろしくお願いいたします (^o^)/~
13

2018/3/16

大相撲観賞-2-  スポーツ・武術全般

3/16(金)午前中は青葉の定例会議
その後、職員3人を施術し、

13時過ぎに夫と近くの食堂で昼食
大相撲を観に、難波の大阪府立体育館へ。

クリックすると元のサイズで表示します

相撲茶屋に立ち寄って誘導してもらい
   ↓
クリックすると元のサイズで表示します

昨年と同じ白房下の維持員席に。

クリックすると元のサイズで表示します

「大入り」のシールを
必ず目立つ所に貼らないといけないので
タオルマフラーに張り付けて観賞。

十両後半の、青狼の取り組みが始まるところで、
残念ながら私の大好きな錣山部屋の青狼は負けた。
  関連記事はこちら

その後、元大関の照ノ富士も負け、

最年長力士の安美錦も、
右膝の分厚いサポーターが
不調を物語っているかのように負けた。
    ↓
クリックすると元のサイズで表示します

中入り

クリックすると元のサイズで表示します

前頭〜大関の土俵入り

クリックすると元のサイズで表示します

小兵の石浦は昨年より一回り大きくなった感じ。
      ↓
クリックすると元のサイズで表示します

3年前にサインをもらった錣山部屋の阿炎(あび)は
当時はまだ十両の下位だったのに、
中入り後半まで上がっている。 
   ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                ↑          ↑
        石川県出身の輝と遠藤、ものすごい声援

一人横綱の鶴竜の土俵入り。動きの美しさも最高
          ↓      
クリックすると元のサイズで表示します

その後の休み時間、トイレに行く途中、
力士の写真と一緒に撮影できるコーナー。

自撮りをしようとしたところ、
「撮りましょうか?」と声かけられ、
横目の顔が写り、意外と面白い写真が撮れた。
    ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                     ↑
      撮ってもらったのがこちら、ニコバチ写真。
両横綱とも自撮り。
メークアップモードで撮ったら化粧したように写った。

クリックすると元のサイズで表示します

カシオのカメラをまだ使いこなせていないので、
モードを試しながら、券を下さったN氏を真ん中に自撮り。
              ↓
クリックすると元のサイズで表示します

石浦は千代翔馬に勝ったが、

クリックすると元のサイズで表示します

私のひいき力士が次々と負ける中、阿炎の出番
     ↓
クリックすると元のサイズで表示します

この可愛さ、この足の高さ…、最高なのに
関東出身のせいか、
大阪では遠藤の人気には遠く及ばない。
     ↓
クリックすると元のサイズで表示します

残念ながら正代に負けた。
     ↓
クリックすると元のサイズで表示します

次の日本人大関として期待の御嶽海も
貴景勝に負け4勝2敗に。
     ↓
クリックすると元のサイズで表示します

昨年同様の大声援の中、遠藤が土俵に

クリックすると元のサイズで表示します
                ↑
対戦相手は先場所優勝の栃ノ心

クリックすると元のサイズで表示します

永谷園の顔、各種ポスターのモデルとなっている遠藤。

クリックすると元のサイズで表示します

歴代最高の相撲人形のような遠藤人気はすごい。

クリックすると元のサイズで表示します

左四つから両差しとなり、優勢かと思った瞬間
栃ノ心の筋力と、胴体の捻りのうまさで
上手投げでやられた〜残念…。

クリックすると元のサイズで表示します

というか、栃ノ心はすごい。
栃ノ心に勝つには、さらなる研究が必要な気が。。。

大関 高安は宝富士に勝ち4勝2敗に。

クリックすると元のサイズで表示します

大シュプレヒコールの中
大関 豪栄道-全勝の松鳳山

クリックすると元のサイズで表示します

地元大阪出身の豪栄道が勝ち、
館内はどよめきに包まれた。

結びの一番は横綱 鶴竜-琴奨菊
あっけなく横綱の勝ち。強い。

クリックすると元のサイズで表示します

昨年は見られたコトバウワーは
見られなかったが、満足。

大関から落ちたが、34歳で
まだ前頭3枚目にいるのだから立派。

春日龍による弓取り式。
       ↓
クリックすると元のサイズで表示します

昨年のた聡ノ富士と比べて、
タメや優雅さやが乏しく、ちょっと残念。

荷物をまとめて立つと、
元 琴欧州が目の前に、男前〜!

クリックすると元のサイズで表示します

お客さんが勝手に土俵に上がったりすることのないよう
親方衆が土俵の周囲をぐるりと囲んでガード。

あ〜、楽しかった。Nさんおおきに。
4

2017/3/16

大相撲初観賞  スポーツ・武術全般

3/16(木) 青葉定例会議
各種打ち合わせ終了後

大相撲大阪場所5日目を観に
近鉄電車・地下鉄で難波へ。

 これを書いたのは3/19日曜の休みの日
 この頃は取材も施術も多く、遊びのブログなんか書く暇がない(~_~;)


15時、大阪府立体育館前に到着、
チケットを下さったN氏を探していると
        ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                          ↑
            日馬富士がやって来た。
            このつま先の上り、草履のしなりに圧倒!

こんないい写真が撮れたのは
見知らぬオッチャンのお陰。おおきにm(_ _)m

たくさんの人垣の中に
カメラを持って飛び込んだ私を、
「ここに来ぃや〜」と最前列に入れてくださった。

エントランス方向に向かって歩く夫に、見知らぬ人が
 「あんたらチケット持ってんのか?
  ええなぁ、わしら買えんかったわ〜」と。

  前売り券発売は2/5(日)の10時、
  私もパソコンで粘ったが、
  全くアクセスできず、買えなかった。

  19年ぶりの日本人横綱誕生と、
  関西出身力士の大活躍、盛り上がらないはすがない。

ところが、維持員券を持っているN氏が
2枚下さり、夫婦で鑑賞できることになった。
         ↓
クリックすると元のサイズで表示します

  これを持って相撲茶屋 勝恵美に行くと
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します

印半纏を着た男性が誘導してくれる
        ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                           ↑
                  こちらが専用入り口

案内された席は白房下(西)で
最前列は力士の控え席とカメラマン席で
その後ろに続く維持員席の3列目

クリックすると元のサイズで表示します

巨額の寄付金で大相撲を支えている
「タニマチ」と呼ばれる人たちのお陰で
大相撲を維持することができ
私もそのおこぼれにあずかることができた。

十両の取り組みの中ほどまで進んでいて、
あ〜残念、青狼を見られなかった。

クリックすると元のサイズで表示します

錣山部屋のちゃんことサイン会@大和高田市を
2年前に訪れたときに、青狼のサインをもらったのに…。

阿炎(あび)も十両から陥落したのか…、残念。

クリックすると元のサイズで表示します

ともあれ、満員御礼の看板を見上げながら

クリックすると元のサイズで表示します

しばし、至福の一時を過ごすこととなった。

クリックすると元のサイズで表示します

近年ゆっくりテレビで相撲を
見ることもなくなったので、
十両の力士の顔も名前も分らない

かろうじて分ったのが大砂嵐 ↓
 
クリックすると元のサイズで表示します

この取り組みを見てから、トイレに。
土俵入りの前の休憩時間は、きっと混むだろうと思って。

クリックすると元のサイズで表示します
           ↑
階段席の下はこんな風になっていることも初めて知った。

クリックすると元のサイズで表示します

お土産の下見もして、席に戻ると、
間もなく土俵入りが始まった。

クリックすると元のサイズで表示します
           ↑
東の力士が勢ぞろい。私のまん前に遠藤\(^o^)/
           ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

         西の力士の中には、小兵の宇良と石浦 ↑

遠藤は私の故郷石川県の出身で、
宇良は大阪出身で、京都の鳥羽高校出身。

どちらも人気絶頂、私もワクワク(^^♪

続いて横綱土俵入り、西の鶴竜 ↓

クリックすると元のサイズで表示します

東の日馬富士。足趾の動きのすごさに感動! 

クリックすると元のサイズで表示します

白鵬が今日から休場。観られなくて残念(-"-)

クリックすると元のサイズで表示します

          稀勢の里 ↑

クリックすると元のサイズで表示します
           ↑
    この安定感、素晴らしい!

クリックすると元のサイズで表示します
        ↑
このふてぶてしい顔貌、これが私好み(^_^)v

中入り後の取り組みが進み、
 桃色のまわしの宇良が力水をつける頃になると
 会場の歓声はますます大きくなり ↓

クリックすると元のサイズで表示します
            ↑
そろいの維持員席の揃いの半纏が、存在感をアピール

クリックすると元のサイズで表示します

宇良が土俵に上がった ↓

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                             ↑
              高く足が上がった四股。うーん、シビレル~~

しかし、宇良らしさを発揮する間もなく、
土俵下に落ちた。残念。勝ったのは輝(かがやき)
            ↓
クリックすると元のサイズで表示します
            ↑
輝は石川県出身なので、私はそれなりに嬉しい。

2取り組みの後、ひときわ大々歓声に迎えられ、
土俵に上がったのは、遠藤。
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します

    対戦相手はモンゴル出身の巨漢 逸ノ城 ↑

鳥取県の城北高校相撲部出身、
指導したのは石浦外喜義監督で、石浦関のお父さん。

  外喜義(ときよし)の「外」を、
  「石川県以外で名前に付けるところがあるんやろか?」
  と、思って調べたら、やはり石川県出身だった。

 
遠藤の出身地 石川県、
石浦・隠岐の海の出身地、鳥取・島根からも
大応援団が来ているのだろう、

大歓声の中、私も写真を撮る気にもなれず、
目は遠藤に釘付けで…、勝ったのは遠藤\(◎o◎)/!
     ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

遠藤も184cm 154kgと、決して小さくはないが
193cm 212kg の逸ノ城と比べたら、小兵。

番付は遠藤の方が前頭5枚目で、
7枚目の逸ノ城より上なので、買ったのは順当?

でも、小さな力士が巨漢力士に勝つのが、
相撲の醍醐味!

今になって反省…、動画を撮っておかなかった_| ̄|○

1取組後、審判が後退し後半戦に
正面は、二所の関親方(若島津=南海の黒豹)
      ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                        ↑
                 東は錣山(しころやま=寺尾)

           大好きな寺尾をまっ正面に見られるなんて、
                      幸せ〜(*^_^*)

   後半戦の最初は、近年大人気の嘉風-北勝富士
            ↓
クリックすると元のサイズで表示します

     相撲の上手い嘉風が勝ち

クリックすると元のサイズで表示します

1番置いて、大関復帰を目指す琴奨菊と玉鷲
         ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

    コトバウアーも撮れた! が、勝ったのは玉鷲 ↑

続いて元気者同士、正代と高安

クリックすると元のサイズで表示します

きれいに撮れたのは正代。勝ったのは高安で、5戦全勝。
            ↓
クリックすると元のサイズで表示します

    続いて、貴ノ岩-照ノ富士が土俵に上がると
        ↓                ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

    館内がどよめき、稀勢の里 ↓ と 

クリックすると元のサイズで表示します

  勢(大阪出身)が入場。
   ↓
クリックすると元のサイズで表示します

勝ったのは、照ノ富士。モンゴル出身だが、
鳥取城北高校中退、可愛いマスクのせいか拍手も多い。

続いて土俵に上がったのは豪栄道
大阪出身の大関なので、当然の大歓声

クリックすると元のサイズで表示します

しかし、残念ながら豪力(たけかぜ)に敗れた。

続いて、本日の最高懸賞取り組み 勢-稀勢の里

クリックすると元のサイズで表示します
   ↑               ↑
  この審判は振分(高見盛)   浅香山(魁皇)
   どちらも人気力士だっただけに、嬉しい。

         横綱初場所とは思えぬ落ち着きで、威風堂々
                          ↓
クリックすると元のサイズで表示します
   ↑
大阪出身、前頭筆頭の勢 男前でカッコいい人気力士
                ↓
クリックすると元のサイズで表示します

本日一番の大熱戦! 勢の奮闘及ばす、

クリックすると元のサイズで表示します

稀勢の里が分厚い懸賞の束をゲット

クリックすると元のサイズで表示します

         日馬富士

クリックすると元のサイズで表示します

      鶴竜と、3横綱が順当に勝ち

クリックすると元のサイズで表示します

聡ノ富士の弓取り式。上手い、きれい、速い!

クリックすると元のサイズで表示します

私もやってみたいな〜、女相撲の弓取り式…?!
などと妄想が膨らむ。

白鵬を見られなかったのは残念だったが、
大満足。
Nさん、川鰭金属株式会社様、おおきにm(_ _)m

でも、廊下に貼られたこのポスターを見て

クリックすると元のサイズで表示します

「白鵬が見られるかも?!」と期待したが、
チケット確保は大変そう。

相撲土産のバスタオルと、
大相撲四十八手が描かれたタオルを購入し

西出入り口から外に出て、右に曲がると、
明るい空の下に幟旗がズラリと美しい。

クリックすると元のサイズで表示します

正面の前にきたとき、夫が青信号を見て
「渡ろう!」と叫ぶので、走って横断歩道を渡ったところ、
                  ↓
クリックすると元のサイズで表示します
                         ↑            
     夫とN氏はまだあんなところに立っている(@o@)

「なんで自分だけ走って渡るんや?!」
「アンタが『渡ろう』言うからやんか!!」

などといつもの通り口喧嘩しながら、

クリックすると元のサイズで表示します

南海難波駅(高島屋)を背に、日本橋駅に。

途中、地下街で春物のスーツとチュニックの
2着を夫に買ってもらい、税込 9,400円、安い〜!

機嫌を直して、日本橋から
地下鉄堺筋線で南森町へ ⇒ こちらに続く 
3

2016/12/5

体作り・武術のコラボ企画?!  スポーツ・武術全般

12/5(月)は京都施術。

そこに来られた産後のお母さんは
数年前、私と一緒に働いたことのある人。

施術が終わってから、少しお喋りをしていたところ、
魔女ブログの話になった。

彼女は「空手の写真に写っている用具は、
私の勤めている会社のだと思うが…」と。

「えっ、じゃぁ BODDYMAKER?」と尋ねると

「そうです」と言って名刺をくれた。

クリックすると元のサイズで表示します

今は育児休暇中だが、
この会社の販売部 広報課にいるのだと。

つい先日も、この会社から
サポーターなどの買い物をしたばかり。

あまりの偶然にビックリ(@o@)

そして、彼女が言うには、

「体作りとスポーツ・武術の普及をコラボさせた
イベントを企画できないものだろうか?」と。

「やりたい\(^o^)/」と私。

空手はもちろん、どんなスポーツ
武術・ダンスでも
良好な身体パフォーマンスを発揮するためには、
ざっと、以下のような条件が必要と思う。

1.首が確実に据わっていること
2.受け身を取れること
3.原始反射がきちんとコントロールされていること
4.視知覚が発達していること
5.聴知覚  〃
6.模倣力  〃
7.協調運動(上下分離・左右分離など)ができること
8.姿勢が良く、身体バランス(特に前後・左右など)が良いこと
9.四肢のアライメントが良好であること
10.関節の動きが柔軟であること
11.筋力(特に深層筋)が強いこと
12.心肺機能が良いこと

などなど…

一般的には、8と、10〜12を思い浮かべ、
上達のために、それらを鍛えようとする人が
多いのではと思う。

私はそれらは大した問題ではないと思う。

肝心なのは、1〜7と9

それらが良好な人は
「センスがいい」と言われる人である。

センスが良くないと、
いくら頑張って、8と10〜12を鍛錬しても、
上達は遅々として、かんばしくない。

こんなことを考えていると、とても楽しい(*^_^*)
でも、まだまだ不勉強。

空手の技も、もっとたくさん覚えて
使えるようになって、強くなりたい。

そうでないとコラボ企画なんて、
できそうにない。遥か彼方や〜。

でも、これだけは言える。

スポーツ・武術・ダンスなどが
上手な子に育てるには

 子宮の中で
  良い姿勢と良い動きが
   できるようにするのが1番大切!

2番目は新生児期
3番目は乳児期
4番目は幼児期

以下…、早いほどセンスのいい子になる確率が高い。
ところが、人間とは不思議なもの。

私のように65歳から空手を始めても、
それなりに上手く、丈夫になれる。

人生何事も、諦めたらソン!
19
タグ: スポーツ 武術 運動

2016/6/21

京都トコ会館で次郎孫とカポエイラ  スポーツ・武術全般

6/21(火) 京都トコ会館1階ホールで、
19時〜20時半、カポエイラ教室が初開催。

私は4年前に一度東京の次男のところで
カポエイラを体験したことがある。

その時はレベルの高い人ばかりで、
側転や倒立ができないのは私だけだった (-"-)

それで、その後は足が遠のいていた。

しかし「せっかく京都トコ会館であるのなら」と
参加することにした。幸い、東京で体験したのと同じ流派。
             ↓
  クリックすると元のサイズで表示します
      ↑
先生はコウスケさん。カポエイラ必須楽器ビリンバウの音合わせ中

     生徒は私を含む大人3人と、小学生の孫。
      甘えんぼうの恥ずかしがり屋さん。

最初に楽器の演奏と歌の練習をしてから、
基本の動きの練習をし、その後、ホーダ。

             まずはご挨拶
                 ↓       
クリックすると元のサイズで表示します

     立ち上がってすぐに側転からスタート。
                  ↓
クリックすると元のサイズで表示します

           ジンガも決まっている!
                      ↓
クリックすると元のサイズで表示します

コウスケ先生は小さい子どもを遊ばせるように上手に動きを誘導。
                  ↓
クリックすると元のサイズで表示します

    恥ずかしがりで緊張していた孫も、ニコニコ顔に。
  ↓
クリックすると元のサイズで表示します

        だんだんとノリノリに。お〜カッコイイ!
                           ↓
クリックすると元のサイズで表示します

先生の蹴りにも、しゃがんで上手に逃れ
   ↓
クリックすると元のサイズで表示します

  今度は蹴り。この孫が大人3人よりも断然上手かった。
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します

       最後に三点倒立も体験
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します

今日のは体験教室で、1,500円
「8月から毎週1回、開催したい」とコウスケ先生。

カポエイラをしたことがない人も
優しく上手に教えてもらえます。

ぜひ、一度体験してみてください。
楽しいですよ (*^_^*)
7

2015/12/17

13か月ぶりの大極拳  スポーツ・武術全般

12/17(木)、赤ちゃん発達応援セミナー終了後、
18時〜19時半までは
健美サロンにこにこ太極拳教室

京都トコ会館での、今年の大極拳稽古納め。
今日の安田先生の衣装はカッコい〜い!
           ↓
クリックすると元のサイズで表示します

前回受けたのは昨年の11/20なので、実に13か月ぶり。
その前は2年前なので、
毎回練習している陳式太極拳養生功18式を、
ちっとも覚えられない。

今日の稽古の詳しい様子はこちらを。

安田先生から太極拳を習うのは、
正確には13カ月ぶりではない。

第2回トコ助産院研修会の午前中、
陳氏太極拳采気内功八法を習った。 

これからも9カ月ぶり。
内容は全く違い、こちらは少し平易なのだが、
少ししか覚えていない。

歳をとると、とにかく“順番”が覚えられない。

先生を見ながらだと
まぁまぁ動きについて行けるのだが、
先生が視界から消えた途端、全く動けない。

その上、中国語が覚えられない。

インナーマッスルが割と強い私には、
空手よりはふさわしいと思うが、覚えられない。

太極拳は空手と違って、攻撃してくる相手を
最小限の体の動きで倒し、身を守る。

クリックすると元のサイズで表示します

その動きがとても複雑怪奇。
一瞬のうちに投げ飛ばされた長男。

この後、安田先生が「お腹って軟らかいんですよ」
「手を差し込んでみてください」とおっしゃった。

それで、私も4本指を真っ直ぐに揃えて、
恐る恐る胃のあたりに差し込んだ。

すると、どこまでも入るくらいフワフワ。

先生は股関節を屈曲させつつ、お腹をへこませておられたが、
それにしても「底なしか?」と思うくらい
ズポズボと入って行った(@o@)

鍛え抜かれた体って、信じられないほど柔らかい。

空手・大極拳のどちらも
参加できるときには参加して
仕事も遊びも楽しみもう。

体を強く柔軟に保ち
長生きできるよう、鍛えんとあかんな〜。
2
タグ: 大極拳 京都 陳式

2015/8/28

女子中高校生の体育にこそ相撲を  スポーツ・武術全般

8/28(金)は京都市の西院界隈で撮影の立会。

そのためだけに来たはずのこの界隈で、
想定外の出会いがあった。ぜひ、後半まで読んでくたさい。

今回の撮影は、トコちゃんベルトの着用と体操の動画。

10時からの撮影開始予定が、カメラの位置設定や照明
スタジオの設定、モデルさんのお腹作りなどに手間取り。。。

11時〜ようやく撮影開始したものの、全く上手くいかず、
「この分では夜になっても終わらないのでは?」と心配に。

そうしているうちに、スタッフもモデルさんも慣れ、午後は順調!
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します

17時半少し前に無事終了、明るいうちに帰れる\(^o^)/

あらかじめ確認した地図で、近くに両洋高校があることを知った。
しかし、朝は校舎を見ることもなくスタジオに着いた。

何かと好奇心旺盛な私は、校舎を見るのも好き。
少し歩きまわっていると…、見えた!
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します
   ↑
   そこで目にしたのが、この垂れ幕
               ↓
     クリックすると元のサイズで表示します

   「お〜っ、灯台もと暗し!、京都市内に
   女子相撲の強い学校があったんや!」と
    想定外の出会いに目を見張った。

「中学生の体育の時間に、相撲をなんとか導入できないだろうか?」と、
3年あまり前から、私は考えていた。その理由は⇒ここ

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
     ↑                         ↑
     これらの写真が載っている記事はこちら

そして、「女子中学生にふさわしいマワシとは…」と試作したり、
昨年の12/6、「目撃日本列島 -17歳の挑戦-」を見て
         ↓
  クリックすると元のサイズで表示します

「鳥取県の城北高校まで行ってみようか…
でも、そんな時間はないし…」と頭をひねったり、

大相撲の親方を訪れて、話をしたりしていた。⇒こちら

その後、今年の4/25
ズームインサタデー(日本テレビ)

日体大の女子学生数人が
街頭インタビューに応じていて、

「選択授業で相撲がある。
 マワシを着けると、とても気持ち良い」

「相撲の時間が終わった後も、外したくない」と、
 笑って答えていた。

「そうや、日体大とのコラボや!
 申し込みに行こう!」

と、思ったものの仕事に追われる日々、

10月の2つの学会が終わるまでは
無茶苦茶忙しいので

「それが終わってから動こう」
と考えていた私にとっては、
まさに、運命的出会い。

女子中学生が嫌がることなく、可愛く、
簡単快適に着けられるマワシをと、
考案したマワシは“トコまわし”

トコ会館でのセミナーで
これを着けて楽しく体力作りに励む助産師。
          ↓
クリックすると元のサイズで表示します
          ↑
蝶々結びが前にある人と
後ろにある人がある。
四種類の着用方向を選択して着けられる。

各自が、快適で、
力が入る方向と高さに着けられるように
デザインした。

これが女子中高生の体作り
健康増進に役立つよう、
まずはプレテストが必要。

いろんな学校とコラボしてアンケート調査、
学会発表ができるようにしていけたらいいな。
5
タグ: 相撲 武術 中学

2015/4/25

九州の旅10 初めての乗馬  スポーツ・武術全般

ホテル蘭風のすぐ近くに
乗馬ができるところがある。

そこで、ホテルに帰ってから電話をすると
「すぐに乗れる」とのこと。

歩いてもすぐのところなのだが車で走り、
同じ経営者の喫茶店でしばらく待つと
馬の準備ができた。

教会で亀の模様の帽子を忘れてきてしまった私は、
強烈な日差しを避けるため
ハンカチや綿マフラーを巻き付けた。
            ↓
クリックすると元のサイズで表示します

鞍は思ったより柔らかくフワフワ。
最初の乗り方が悪い。

馬の背骨の両側に、私の坐骨結節を
均等に乗せられないまま出発。

クリックすると元のサイズで表示します

途中でお尻を移動させようとすると、
馬は嫌がって横に揺れるので
怖くてそれ以上動けない。

でも、手を振るくらいの余裕はあった。

クリックすると元のサイズで表示します

結局そのまま、馬場を一周してしまった。

「きっと楽に乗れるよ〜」
と予想していたが、結構怖かった。

「楽勝なら次のステップを」
と考えていたのに、挫折(c_c)

夫には「最初に馬の背骨の両側に、
 坐骨結節を均等に乗せるように!」

と、アドバイスをしたせいか
私よりバランス感覚の悪い夫なのに

クリックすると元のサイズで表示します

余裕の表情で馬にまだがっていて
乗馬姿勢もなかなかきれい。

クリックすると元のサイズで表示します

真っ青でな美しい空と海をバックに
なかなか余裕に見える。

クリックすると元のサイズで表示します

無事帰って来た。

クリックすると元のサイズで表示します

でも、夫も怖かったそうで
これ以上乗りたいとは言わず、
二人とも馬場一周でおしまいとなった。

もう少し若かったら、砂浜を走れるくらいまで
挑戦できたかもしれないが…。

この歳になって落馬して骨折なんてしたら
それこそ仕事も出来なくってしまう。

でも「一度だけでいいから、馬に乗ってみたい」
との願いが叶えられ、満足、満足。
1
タグ: 運動



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ