最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2018/11/15

晩秋になってやっと雑草駆除  ガーデニング(生駒の庭)

水木しげる展から生駒に帰った後は
庭の草ボウボウ・枯葉バラバラが気になる。

やっと蚊に刺されない季節にもなったことだし
玄関から上がる前に庭の手入れ。

クリックすると元のサイズで表示します
            ↑
赤い南天の実がたくさん生っている木や
紅葉している木など、すっかり晩秋の風情。
            ↓
クリックすると元のサイズで表示します

カエデはまだ色づいていないが、
ブルーベリーは真っ赤で散り初め。
            ↓
クリックすると元のサイズで表示します

ツワブキも咲いているが、虫食いだらけ。
            ↓
クリックすると元のサイズで表示します

コスモスもたくさん花をつけていて元気。
            ↓
クリックすると元のサイズで表示します

2株あるランタナ(黄色・変わり咲)は
乱れ咲き状態で、まだまだ咲き続けそうな勢い。
            ↓
クリックすると元のサイズで表示します

とはいえ、茂りすぎで
周囲の花木に迷惑をかけているので、
つぼみのついていない枝は伐採。

ランタナに虐げられていたピンクのゼラニウムは
元気がないが、離れて咲いていた赤は元気。
           ↓
クリックすると元のサイズで表示します

ホットリップスは、この季節になると
白ばかりになるのに、
きれいなツートーンが多いのはなぜ?
           ↓
クリックすると元のサイズで表示します

寒くなったり温かくなったり
天候不順で、花木達も
「どう咲きゃいいのか?」と困惑している?

ほったらかしにしていたアジサイや
ウツギ達は、伸び放題、台風で倒れたまま。

大胆に枝を切り、大繁殖している
イノコヅチ・ヘクソカヅラ
源平小菊などもできるだけ除去。

少しばかり庭をきれいにしておかないと、
周囲のお宅から
「住宅地としての不動産価値が下がる!」

なーんでお叱りを受ける?
いや、それほどの高級住宅街ではないから…いいか。
4

2018/10/31

自然実生のコスモス開花  ガーデニング(生駒の庭)

10/31(水)は何も予定がない生駒の休日
気温は低いが晴天で、洗濯日和。

シーツをはがして洗濯して、
ベランダに出て干そうと下を見ると
あれっ、コスモスが咲いている!

洗濯物を干してからカメラを手に外に。

クリックすると元のサイズで表示します

コスモスらしい草木が生えていることは
夏には知っていた。

植えたのではないので、種が飛んで来て
ガレージの隅っこに根付いた自然実生。

こんなきれいな花がたくさん咲くなんて、
まったく想定外で癒された(*^_^*)

すでに種になりかかっているものもあるが、
10/17に東京うに向かう前には咲いていなかったと思うが…。

「夫はそれ以前から咲いとった」と。
そうかなあ。。。

甘夏ミカンは少し黄色くなっていて、
10/7に暑い中、駆除した害虫は見当たらず、よかった。
         ↓
クリックすると元のサイズで表示します

わずか24日で「暑い」から「寒い」に変わった生駒。

この中間の気候が
もっと長続きしてくれたらいいのに(-"-)

愚痴りたくなる今年の気候だが、
植物は平気のようで、
金柑も大きな実がたわわ。
      ↓
クリックすると元のサイズで表示します

足元には毎年頑張って駆除しているのに、
駆除されつくされることのないヨメナの花。
      ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                       ↑
              ネコジャラシもいっぱい。

クリックすると元のサイズで表示します
           ↑
紅のランタナは巨大化、黄色のも大きくなった。
琵琶にもいっぱいつぼみがつき始めた。

来年は美味しい琵琶がたくさん食べられますように。
4

2018/10/7

甘夏ミカンに害虫!  ガーデニング(生駒の庭)

10/7(日)は何の予定もない生駒の休日のはずだったが、

「9時から町内の一斉清掃があるし、ほうきを持って出てな」と夫。

「えーっ、あんたが出るんちゃうん?!」というと
「6時からトコガーデンの草刈りに行くんや」と。

一斉清掃って、何をするのかと思ったら、
家の前の道路の落ち葉などを
きれいにするだけでいいらしい。

仕方がなく、蚊に刺されないように
しっかり身支度をして、9時に家から表に出ると
近所の人達が道路の掃除をしている。

私も同様にしていると、町内会長さんが
参加賞としてゴミ袋をくださった。

それはすぐに済んだのだが…、
繁殖しているヘクソカヅラを退治したり…

伸びすぎたカエデ・サルスベリなどの
枝を切ったりしていたら

クリックすると元のサイズで表示します

何と甘夏ミカンの木に白い害虫が付いている!
これまで一度も害虫が付いたことがなかったのに!

他のことをほったらかしにして、
害虫を歯ブラシで落としていたら
ソックスの上から蚊にボコボコにやられた(:へ;

もうヤメや〜と、
家の中に逃げ込んだのが10:20

たったの80分だったが、
暑くて、かゆくて、しんどかった_| ̄|○

ガーデニングを楽しんでいたのは2〜3年前まで。
今は伸びすぎた木の枝や、雑草にウンザリ。

写真に撮りたいきれいな花もなく、
木は生い茂り、
草ぼうぼうの庭になってしまった。

おまけに、今年の夏の暑さで
西洋シャクナゲが2本枯れてしまった。

四季折々の花が咲き乱れ、
きれいだった庭はどこにいってしまった?

蚊にこれほど好かれる体でなければ、
もう少し暇ならば、
ガーデニングにも励めるかもしれないが…。
6

2018/7/19


7/8(日)からの連続猛暑で、
雑草魂で生き延びていた我が家の花木も
経験したことのない暑さで枯れるものが現れた。

門扉を入ってすぐ右のツワブキは、
カリカリの黒褐色。

クリックすると元のサイズで表示します
      ↑
これでは根っこも重体に陥っているのでは?
もう生き返ることはないかもしれない?

左のツツジの葉も。しかし…、紫ツユ草は元気やな〜。
      ↓
クリックすると元のサイズで表示します

甘夏ミカンの葉も黄色く枯葉色

クリックすると元のサイズで表示します

たくさんなっていた実も、半分以上落ちてしまった。

水をたっぷり与えれば
これ以上の進行は食い止められるかもしれないが、
厳しい環境でも生きられるような根は育たない。

2回のベランダから、少し涼しくなる程度に水撒きをし
少しでも収穫できれば御の字と思うことにしよう。
2

2018/5/25

夏の花が咲き始めると、蚊の季節  ガーデニング(生駒の庭)

5/25(金)は休みだが、夫もいないし、
夕食は京都のこいまりやを予約していた。

その心は、我が家のウコギを
天麩羅にしてもらって食べたいから。

それに、26(土)8時〜は空手の稽古なので
早起きは辛いし…。

17時過ぎにカメラを持って外に出ると
玄関前のゼラニウムが、見事。

クリックすると元のサイズで表示します

3色とも1株で、そんなに大きくもないのに、
何でこんなにたくさん花を咲かせるのか、不思議。

クリックすると元のサイズで表示します

サクラウツギも大木になり、花が咲いている。
でもまだ今年は、ホトトギスの声が聞こえない。
      ↓
クリックすると元のサイズで表示します

マツバギクも鮮やか
      ↓
クリックすると元のサイズで表示します

七段花もたくさん咲いている。
      ↓
クリックすると元のサイズで表示します

蚊に刺されないうちにと、
ウコギを採取し始めると
すぐに、脚や腕をやられ始めた。

足の裏をエタノール消毒してから
出てきたのに(*_*;

ニシキウツギも咲いていたのに、
撮影もせずに、家の中に逃げ込んだ。
5

2018/5/10

花々の勢力バランスが毎年変化  ガーデニング(生駒の庭)

5/9(水)は京都施術、素早く(手際良く?)終え
電車が混まないうちにと、
いつもより早く生駒に着いた。

というより、日が長くなっているので
まだ花の撮影ができるくらい明るい。

花の写真をしようと思うと、
あたりは草ぼうぼう。

周囲を少しきれいにしてから撮影。

赤の石楠花は、昨年花を咲かせた後、
枯れて、白だけ生き残った。

クリックすると元のサイズで表示します

さびしくなると思ったのに、その分、
いっぱい咲いた、ホットリップスの赤と
アルストロメリアの黄色で
鮮やかなコントラスト。

クリックすると元のサイズで表示します

ガレージの東側はホットリップスの小山

ゼラニウムも大きくなり
   花がいっぱい。 クリックすると元のサイズで表示します

ほっておいても生き残るものだけが花咲かせる。
強いものはどんどん大きくなる。

毎年同じ花ばかりだが、
勢力バランスは毎年変わるので面白い。

10(木)は生駒施術。

京都・生駒の施術だけだと
庭の手入れもじっくりできて、楽しいのに、
まだ数年は動き回らないといけない?
4

2018/4/12

満開の藤とのどかな日  ガーデニング(生駒の庭)

4/12(木)は生駒の休日。

「12日にはきっと満開の藤を撮れる」と思った通り、
 これまでの最高の藤を撮れた。
            
クリックすると元のサイズで表示します
    ↑
斜め前からと、真っ正面から。
            ↓
クリックすると元のサイズで表示します
    ↑
ガレージの中に見える緑のスペースはクローパー
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します
             ↑
タイヤで踏まれることなく生き残り、年々大きく生育中。
今年はオレンジポピーが大きく育っている。
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します
             ↑
有害種とのレッテルを貼られているが、
手入れをサボったところに花咲かせる有難い花。

ほったらかしにしていたフリージアは、
        ついに1本しか花をつけず。
                 ↓
クリックすると元のサイズで表示します

源平小菊も咲き始めた。
今年はジャングルのように繁りそう。

毎年藤と同時に開花する十二単。
           ↓
クリックすると元のサイズで表示します

2階のベランダに出ると、すごいバズバズバス…
数えきれないくらいのクマンバチが飛び交っている。

クリックすると元のサイズで表示します

大きな体で小さな羽根。
飛行能力は高いとは思えないクマンバチなのに、

いったいどこから、これほどの数が
集まってくるのだろうか?

藤の向こうに、お向いさんの桜の木

クリックすると元のサイズで表示します

緑色はソメイヨシノの葉、桃色は八重桜。
のどかな日は1日だけ。

明日からは京都・東京・名古屋と、
9日連勤。

昨年までは、当然の日常で、
しんどいとも嫌やとも思わなかったが…、

今年は「もっとのんびりしたい」
「3日働いて1日休むくらいがいいな〜」
と、思うようになった。
8

2018/4/6

花いっぱいの生駒  ガーデニング(生駒の庭)

桜の開花も、その他の花々の開花も早い今春、
椿が次々に開花。黄色のは元気がなく1輪だけ(3/30)
      ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                      ↑
         白も開きはじめ(3/30)、4/4にはパッチリ豪華に
                         ↓
クリックすると元のサイズで表示します

クジャク椿も元気がなく葉っぱの色が悪いが、
花は優美で、たくさん咲いている(4/6)
          ↓
クリックすると元のサイズで表示します

裏庭の椿も元気になり、大きな花がいくつも(4/6)

クリックすると元のサイズで表示します

大黒ボケは元気だが、桜より早く咲いてほしい。
桜の後では暑苦しい(4/4)
         ↓
クリックすると元のサイズで表示します

白の三つ葉ツツジは背丈が高くなり、元気復活(4/4)
   ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                         ↑
   山吹も(4/6)        十二単も開花(4/6)  
    ↓
クリックすると元のサイズで表示します

十二単と藤は毎年同時期に開花

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                            ↑
    伸びすぎの枝を4/3に切り、
    そのままベランダで乾燥させていたが、
    4/6の午後は雨になるとの予報。

            朝のうちに短く切ってバケツに3杯、
            カリンとフジの木の根元に積み上げた。

きれいな藤を愛でるためには、
けっこうな労働時間を要する。
           ↓
クリックすると元のサイズで表示します

4月下旬に咲くことが多いので、
撮影もできないまま散ってしまっていたが、

昨年の4/24、初めて満開の藤を撮影できた。
今年は4/12に撮影できそう。

撮影できるのはうれしいが、
こんな早くなって、ええんやろか?
4

2018/3/23

3か月ぶりに庭の手入れと撮影  ガーデニング(生駒の庭)

3/23(金)は休みだが、夕方からは最後の IPad 教室

まだ寒気に覆われている感じだが
すっかり春となった日差しに誘われ外に。

年末以来の庭の手入をと、
用具とカメラを持って玄関から出て見渡すと、

レンギョウが咲いている!

クリックすると元のサイズで表示します

南天がまだ赤く、桜の開花前に咲いてくれるのが
嬉しく、絵になる花。

クリックすると元のサイズで表示します

長い期間、次々と花を咲かせる玄関横の椿
         ↓
クリックすると元のサイズで表示します
一昨年の秋、重傷を負ったロゼフローラは
まだ木に勢いがなく花も少ないが、いつもと同じく可憐。
         ↓
クリックすると元のサイズで表示します
  ↑ 
その隣で、アジサイ達もツヤツヤの若葉をスクスク伸ばしている。
        ↓
クリックすると元のサイズで表示します

桜の開花後、あっというに咲いて散る白椿。
今年は撮れるかな? 
        ↓
クリックすると元のサイズで表示します

名残の白梅。また去年のように梅をたくさん収穫できるかな?
        ↓
クリックすると元のサイズで表示します

雪の中で真っ赤に咲く年もあるのに、
今年はやっと蕾が膨らんできたボケ(大黒)
        ↓
クリックすると元のサイズで表示します

変わり咲きのボケは次々と花咲かせ、
ガレージ側に伸びた枝にも花が咲いた。
        ↓
クリックすると元のサイズで表示します
                   ↑
甘夏みかんが10個、しっかり色づいてきた。
        ↓
クリックすると元のサイズで表示します

西側のマンションの通路側にもキンカン。
        ↓
クリックすると元のサイズで表示します

昨年たくさん実がなって、
その後バッサリ切られたビワは
1房しか花をつけていない(:へ;
        ↓
クリックすると元のサイズで表示します

フキノトウの季節は過ぎ、タラの芽が膨らんできた!
      ↓               ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ビワは無念だが、タラの芽は
いっぱい収穫できそうなので、観念することとしよう。
3

2017/12/30

年末恒例の庭木剪定  ガーデニング(生駒の庭)

12/30(土)は9時に家を出て、大阪で買い物をし、
帰ってすぐに庭木の手入れ。

今年は梅雨明けに無残に切られたのだが、
その後も枝は伸び、少ないけれど
サルスベリもムクゲも花が咲いた。

次男が帰っているのだが、遊びに行ってしまったし
私でもノコギリで切れる程度だったので、

硬いムクゲの木の枝も頑張って切り、南天に隠れるくらいになった。
   ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

たわわに生ったキンカンの隣のサルスベリも、きれいさっぱりに。 
         ↓                  ↓
クリックすると元のサイズで表示します

ガレージの入り口東の南天が、今年は恐ろしく真っ赤になった。

クリックすると元のサイズで表示します

内から外を見るといっそう真っ赤。
         ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                            ↑
    毎年ほんのりと紅葉する東通路の南天は、
  今年はまったく紅葉しないが、実がいっぱい生った。

  名残のランタナは快晴の空のもと鮮やか。
                ↓
クリックすると元のサイズで表示します

ほったらかしにしていた甘夏ミカンは10個も立派に育っている。
                ↓
クリックすると元のサイズで表示します

松・万両・蝋梅と、程好く揃っているので、
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します

今年は切り花を生けて飾るのはやめにしておこう。

クリックすると元のサイズで表示します

玄関前の小さい南天も実をつけ、
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します
                       ↑
           紅白のゼラニウムと並んで縁起がいい。

    暖かさで白梅の蕾が急に膨らんだ。
           ↓
クリックすると元のサイズで表示します

強風が吹いて寒かったり、
今日のように暖かかったり、
変動が激しいが、
こんな気持ちのいい日があることに感謝。
5

2017/11/17


11/17(金)は生駒施術

朝は12月並みの寒さだったが、
施術が終わった13時はお日様がサンサン。

       窓から外を見ると、真っ赤になった南天に
       引き寄せられるように、カメラを手に外に出た。
                   ↓
クリックすると元のサイズで表示します

   毎年紅葉する東通路のは今年はまだ濃い緑だけど
     今年は初めてたくさんの赤い実がなった。
                     ↓
クリックすると元のサイズで表示します

ブルーベリーは半分以上、葉っぱが散り
きれいた時を撮り損なってしまった。
               ↓
クリックすると元のサイズで表示します

        カエデは少しばかり紅葉に
                  ↓
クリックすると元のサイズで表示します

玄関前のゼラニウムの影の小さな南天も紅葉。
ちっとも大きくならないのに、いっちょ前に赤くなっている。
            ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                             ↑
               日陰で痩せっぽっちの万両にも、
                たくさんの実がなっているが、
       
実葛(サネカズラ)には全く実がなっていない。
ツルがどんどん伸びたせい?
1

2017/7/27

無残! 生駒の木々  ガーデニング(生駒の庭)

7/26(水)の夜、13日ぶりに生駒の家に戻ると、
何だか木々の枝が刈り込まれているような・・・?

もう暗いし、お腹もすいているので
良く眺めることもなく家に入ると

夫が「庭木屋に剪定してもらったしな。
梅雨明けに切ると、その後、
伸びんでええんやって」と。

「はあ? ムクゲもサルスベリも、
花が咲き終わってから剪定するもんやろ?」

「レンギョウも切ったんか?」と尋ねると
「そうや」と。

レンギョウは夏に枝切ると翌春は花を咲かせない。

「でも、そんなにズタズタには切っていないだろう」
と思いながら、疲れて早々と寝た。

7/27(木)になって見ると、ヒドイ!
想像以上、ズタズタ 無残!

ムクゲはほとんど葉っぱがない。
        ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                              ↑
                        サルスベリも同様
ムクゲもサルスベリも今夏、
花を愛でることなく切られた。

レンギョウも、来春咲かせるつぼみを付けた枝は、
ほぼ全て切られた。

夫も夫だが、造園業者にも呆れる、
伸びさえしなければいいなら
木を植える必要はないやろ! それがプロか!

まあ、このあたりはまだいいとして、
           ↓
クリックすると元のサイズで表示します

だったらビワは、上に伸びている枝をもっと切れよ!
              ↓
クリックすると元のサイズで表示します

怒り心頭。怒りは治まりそうにない。

さいわい、夏みかんやブルーベリーは切られていなかった。

クリックすると元のサイズで表示します

ピートモスも梳きこまず、肥料もやらず
ほったらかしにしている割りには
今年も美味しいブルーベリーが食べられて、
少しは気分が収まった。
5

2017/6/13

ビワとアジサイ  ガーデニング(生駒の庭)

6/12(日)22時半頃に家に到着。
街灯に照らされたビワがずいぶん色付いている。

「明朝明るくなる前には、
  鳥がつつきに来るんやろな〜」と思うと

今のうちに、熟していそうで、
手の届く実を、採っておくことにした。

家に運び入れると、
こんなにたくさん採取できていた。

クリックすると元のサイズで表示します

つま楊枝と比較してみると、
実の大きさは商品レベルの実もある。

きれいに色づいたのを早速食べてみると、
甘夏みかんレベルの味の濃さ(@o@)

甘みと酸味がギュッと詰まっていて、美味しい〜。
お店で買う砂糖水のようなビワとは全く違う。

6/13(月)は生駒の休日。

四国で働いた翌日は
帰られないリスクが高いので
毎回休みにしている。

この木を植えて10年、これほどたわわに実ったのは初めて。

クリックすると元のサイズで表示します
         ↑
鳥にあげたくない低い所に生っている大きな実に
ミカンが入っていた赤いネットをかけてみた。

すでに完熟して既につつかれた実もある。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                        ↑
   脚立の上に登って腕を伸ばして、ハサミで採取すると
   数個一緒に収穫することになり、塾し具合はいろいろ。

高いところのは鳥さん達にあげることとし、
低い位置の立派なのにはネットをかけた。
14(水)の朝、採取しよう。

ザルに山盛り2杯も採れ、
夕食までに私は20個くらい食べた。

夫も「トコガーデンのビワよりも大きくて、
味が濃い」と絶賛、たくさん食べていた。

梅雨らしくないサラリと涼しい風の中で
アジサイ達も次々に咲き、
雨に打たれて倒れることもなく、
きれいなのだが、全く雰囲気が出ない。

クリックすると元のサイズで表示します

  墨田の花火も  
      ↓ 
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                        ↑
     城ケ崎の雨もきれいであることは間違いないのだが
        梅雨・雨・紫陽花はセットでないと、
              似合わないね〜。

クリックすると元のサイズで表示します
                ↑
 早くから咲いているこれらも、まだ撮影に耐え得る。
                ↓
クリックすると元のサイズで表示します

七段花はもう撮影には耐えられなくなった。

北庭のは3つしか咲かないが、濃い青色がとても美しい。
   ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                          ↑
         今年は 雪の下 の育ちが悪く、花も少ない。

クリックすると元のサイズで表示します
               ↑
      アナベルはまだ緑色のが多い。

昨年の晩秋の外壁塗り替え工事で
傷んだりして
紅・虹・彩・黒柄は開花なし。

来年は咲くかな?
4

2017/5/31


5/31は生駒で休日だが、
月末の請求書作成や、メールの返信。

2つ終えたら、また2つ増え…の繰り返し。
働けど働けどなお我が仕事減らず…_| ̄|○

気分転換に庭に出ると、
雑草は生い繁り、木の枝は伸び放題。

放っておくわけにもいかず
枝や雑草の手入れをしながら花を撮影。

  シモツケソウ
     ↓   
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                           ↑
     3色あったはずのアルストロメリアは1色になってしまった。

今年もホトトギスの鳴き声と、卯の花の開花はピッタリ。
まさしく「夏は来ぬ♪」。入梅間近、アジサイの季節や。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ニシキウツギとサクラウツギはきれいに咲いたが、
昨年買ったバイカウツギは咲かず、今年は養生。

   門扉横の星咲き蝦夷は今年も真っ先に咲いた。
                ↓
クリックすると元のサイズで表示します

  昨年のペンキ塗りの足場で、東側の通路の花木は大被害。
  ずいぶん小さくなったが、伊予の華は今年もきれいに咲いた。
                ↓
クリックすると元のサイズで表示します

   七段花は大きな株となり、花がいっぱい咲いている。
                ↓
クリックすると元のサイズで表示します

ホットリップスは、ほとんとが真っ白になってしまった。
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します

大好きなアジサイ達を眺めるのは楽しいが、
蚊の餌食になってしまった。

今年は、花の写真を撮るときには、
蚊の被害に遭わないよう、
足の裏をしっかりアルコール消毒することにしよう。
3

2017/5/14

ウコギとタラの天麩羅  ガーデニング(生駒の庭)

5/14(日)は福岡セミナーの予定が成立せず、
生駒での休日となった。

セミナーのレジュメ改訂や、
本作りなどの仕事も山積みだが…、

「今日は働かない!」と決めて
ブログを書いたりしながら、のんびり過ごす。

爽やかなそよ風に誘われ、
「山菜摘みに行ってきま〜す」と外に。

生駒山に摘みに行くわけではなく
裏庭に出るだけだが、
玄関から一歩外に出ると、花に目移りし撮影。

ゼラニウムには、かつてないほどたくさんの花。
       ↓
クリックすると元のサイズで表示します

紅白のもきれいだったのに上手く撮れず。
       ↓
クリックすると元のサイズで表示します

夏ミカンの花もたくさん咲いている。
              ↓
クリックすると元のサイズで表示します

昨年は少ししか咲かなかったのに、
8つも収穫できた。今年はどうかな?

楚々と咲いているのはミツバシモツケ。
         ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                         ↑
       シランもたくさんきれいな花をつけている。
           ↓
クリックすると元のサイズで表示します

裏庭に回ると山蕗がいっぱい育っているが、
今日は調理しきれないので、採取せず。

あちこちにタラの苗が育っていて、
        ↓                   ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

数えてみたら、13本にまで増えている(@o@)!

そのうち、裏庭はタラだらけになって、
トゲに刺されまくって、
歩くこともできなくなるのでは?!

などと心配になって来たが、
今はまだ、タラの芽を採取できる有難さが勝っている。

大きなタラとウコギの木は、育ち過ぎないよう、バッサバッサと剪定。
        ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 
                             ↑
            美味しそうな新芽は食材用に。

ムカゴ採取用に植えているヤマイモは、葉とツルを伸ばし、
          ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 
                         ↑
       ミョウガもたくさん生えて来ている。

ガレージに出ると、白の石楠花が咲き始めている。
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します

一番きれいな頃は、見られそうにない。残念。
赤のシャクナゲが枯れてしまい、さびしい。

ホットリップスは、ほぼ全てツートーンに。
              ↓
クリックすると元のサイズで表示します

17時〜調理。タラの痛そうなトゲをハサミで切って、
ウコギとタラの天麩羅作り。この3倍くらいできた。

クリックすると元のサイズで表示します

初めて作ったウコギの天麩羅は、
全くエグミはなく、甘さと香りがいっぱいで、
塩もいらない美味しさ(@o@)

ひどい手抜きとはいえ面倒だが、
あえ物より天麩羅が断然美味しい!
もちろん、タラも美味しい!

こんなぜいたくな味、
ちょっとやそっとでは味わえない。

あとは、夫の作ってくれた鳥スキと、なぜかビビンバ
          ↓               ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

焼きシイタケなどで夕食をすませ、福岡に向かった。
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ