最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2021/4/14

畑作り、保存食作り  ガーデニング(生駒の庭)

4/12(月)〜14(水)は生駒の自宅で。

14日に2人の施術予約が
入っているだけなので

「この3日間で畑作りを頑張る!」と決心。

12(月)は、大型プランターに
少しばかり咲いている
フリージアを鉢に植え替え、1本は切花に。 ↓
       ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

山吹は翌日、隣のマンションの  ↑
管理人さんが下さった。

残った土に堆肥・赤玉土
苦土石灰を混ぜて
2週間ほど寝かせる。

クリックすると元のサイズで表示します

菊・十二単・源平小菊
カラスノエンドウなどの雑草が
生い茂った花壇も手入れ。

クリックすると元のサイズで表示します

菊の半分を鉢に
十二単・源平小菊も移植し
プランターと同様にきれいに。

ところが翌日には近所の猫達の
公衆トイレと化した😥

そこで鉢などを並べ、自衛。

クリックすると元のサイズで表示します

花壇で育っている
ブルーベリー2本は元気。

クリックすると元のサイズで表示します

紅白どちらの花も可愛い。

クリックすると元のサイズで表示します

豊作の金柑を採り
見栄えのいいのは
2か所の料理屋さんにおすそ分けし

生食用のを少し残して

クリックすると元のサイズで表示します

残りはシロップ煮に。
シワシワのも多く、上手くできない😥

クリックすると元のサイズで表示します

ホンマはオレンジ色なのに
梅干しみたいに赤く、色調整もできない…😥

残っていた3個の甘夏ミカンは
マーマレードに。

果実は1個半しか使わなかったので
残りは生食用に。

クリックすると元のサイズで表示します

先週作ったのも混ぜ合わせて煮込み
瓶詰にして、煮沸消毒。

クリックすると元のサイズで表示します

藤は今が一番の見ごろ。

クリックすると元のサイズで表示します

早くに咲き始めた房は
上の部分が白っぽくなり
下の部分は紫で
きれいなグラデーション。

7年ぶりに咲いた日本石楠花の吾妻

クリックすると元のサイズで表示します

12房も咲くなんて、感激。

クリックすると元のサイズで表示します

あと3日もすると
最高の見ごろとなるのに
10日間の出張。

一番きれいな時に
見られないのが残念。

帰って来た頃には、藤も石楠花も
もう咲き終わっているんやろな〜。

豪華な花はもちろんいいが
スラーッと細長い茎で
小さな花を咲かせる野草(カスマグサ?)
うまく撮れた。清楚で可憐😄 クリックすると元のサイズで表示します
3

2021/3/31

桜吹雪の生駒の庭で  ガーデニング(生駒の庭)

7日間の遠征から生駒に帰って
1人の施術もない3/31(水)

右足首と左腰の痛みを癒すべく
久々に“おとなまき”

その後、カメラを持ってベランダに。
桜吹雪の季節には、毎年 

クリックすると元のサイズで表示します

ビワの実が膨らみ ↑ ↓ 藤が開花する。

クリックすると元のサイズで表示します

今年は、桜が早かった分、藤の開花も早い。

クリックすると元のサイズで表示します

赤のボケはまだ元気で迫力いっぱい。↓

クリックすると元のサイズで表示します

キンカンも収穫しないと…。↑

クリックすると元のサイズで表示します

フェンスからはみ出している。

元気のないクジャク椿。
    ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

  北庭の赤い椿は元気いっぱい。 ↑

フリージアは黄色だけが生き残っている。
    ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

日当たりの良いところの十二単が咲き始めた。↑ 

絶滅したかと思っていたタチツボスミレが
南東の万両の間に、株を形成して咲いている!

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

     野草(カスマグサ?)だが、可愛い。  ↑

ハコベ ↓       ヒメオドリコソウ ↓

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

もう咲いている! 真っ赤なホットリップスが2つだけ。
    ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

 はびこると大変なことになるのだが
     花は可憐なカラスノエンドウ  ↑

増築に伴って伐採した七段花が
再生している! 嬉しい!  ↓

クリックすると元のサイズで表示します

山吹も! 有難い😄↓

クリックすると元のサイズで表示します

それにしても、桜の花びらだらけ。

タラの芽も、ウコギもちょうど食べ頃。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

収穫して
ワラビ・チリメンジャコと一緒に
チヂミにしたが
写真を撮りそこなった😥

西洋シャクナゲは3株とも全滅したが
北庭の日本シャクナゲは元気。↓

クリックすると元のサイズで表示します

たくさん蕾をつけているので
7年ぶりに花を咲かせてくれそう😄

お正月の花として植えている松も
     ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

      蠟梅も、新芽がきれい。   ↑

毎年一番早く咲くアジサイ 星咲き蝦夷は
もう蕾が膨らんできた。
      ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

2016/5/4にしんどい思いをして
持ち帰ったウツギなのに
その後全く咲かなかった。

でも、今年はついに咲きそう。実に、5年ぶり😄 ↑

大カマキリの卵嚢は
まだ孵化することなくそのまま。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

レンギョウを生け花に。↓

クリックすると元のサイズで表示します

昨夕収穫した甘夏ミカン、17個。

クリックすると元のサイズで表示します

マーマレードとオレンジピールも
作らなくっちゃ!

あ〜忙しい。
でも、今日だけはボーッとしよう。
3

2021/3/23

生駒も桜開花〜満開  ガーデニング(生駒の庭)

生駒駅と我が家の間にある
桜の木はすでに満開。

生駒の家の玄関前に
桜の巨木があり、3分咲きくらい。

クリックすると元のサイズで表示します

これは向かいの家の桜だが
ただで花見ができる。

道路や我が家の敷地に落ちた
花びらや落ち葉の掃除は夫の仕事。

西隣のマンションにも桜の大木があり
こちらは5〜7分咲き。

クリックすると元のサイズで表示します

施術室から花見ができる。

花吹雪になると我が家の北庭は
花びらで埋め尽くされる。

桜が咲くと、我が家の藤の蕾が膨らむ。

クリックすると元のサイズで表示します

今年も藤がたくさん咲きそう。

毎年桜と同時に咲く白い八重椿。

クリックすると元のサイズで表示します

せめて桜より2週間早く咲いてほしい。
こんなにきれいなのに…、惜しい。

ブルーベリーの蕾が膨らんできた。
蕾も花も、実も紅葉も楽しめる。

クリックすると元のサイズで表示します
                ↑
昨夏の渇水で葉が枯れ、秋に新緑が出て
紅葉・落葉せずに残っている昨年の葉。

今年はたくさん収穫できますように。
紅葉も楽しめますようにゴメン

クリックすると元のサイズで表示します
    ↑
ビワの実生の苗木

次郎孫が京都の家の庭に
植えたがっているが、上手く育つかな?

さぁ、明日から6日間東京+1日京都
7日間の遠征や〜!

1週間後は、藤が咲き始めているかも?
5

2021/3/22

雨に咲く春の花達  ガーデニング(生駒の庭)

3/21(日)21時半頃に生駒に帰宅し
3/22(月)9時半〜13時施術。

雨がシトシト降っているが
窓から見える真っ赤なボケを撮りたくて

クリックすると元のサイズで表示します

傘もささずに外に出ると
濡れるほどでもなく、寒くもない。

今や害草となってしまった
ツル日々草が
キンカンの木の下で咲いている。

クリックすると元のサイズで表示します

除去しきれない草だが
綺麗で可愛いことも事実。

クリックすると元のサイズで表示します
    ↑
レンギョウも
変わり咲きのボケも今が最高のよう。
    ↓
クリックすると元のサイズで表示します

「雨に咲く春の花達」と呼ぶことにしよう。

3/23(火)は母子1組の施術予約。

午後は家事などをして
夕方には東京に向かい
東京で6日間の仕事。

自分で決めた日程だが
花達を見ると

「もっと庭の手入れができるような
 日程にすればよかった」

と思ってしまう。

働いているときは、そんなことは
全く思わないのに…、不思議〜。
5

2021/3/8

桜より先に咲く花はいとおしい  ガーデニング(生駒の庭)

3/8(月)、施術予約は1人だけで
カジチャンのお母さん。

クリックすると元のサイズで表示します

カジチャンに触診を教えたり
できるところはしてもらいながら
ゆったりと過ごす。

1人の施術予約もないと
ついつい朝方まで録画した番組や
YouTube など見てしまい
生活リズムが乱れるので、有難い。

施術後終了後は、暖かい南庭に出て
開花したレンギョウの撮影。

クリックすると元のサイズで表示します

キンカンは生り過ぎて小粒。まだ美味しくなさそう。

クリックすると元のサイズで表示します

無機質なアルミのフェンスは

クリックすると元のサイズで表示します

可愛い変わり咲きのボケのおかげで
ずいぶんと華やかに変わった。

桜より早くに咲く
ボケ・梅・ロゼフローラ・レンギョウ…
これらの花には、感謝、感謝。

ツバキはいろいろ。

クリックすると元のサイズで表示します

寒い季節から咲くツバキには     ↑
「寒いのにご苦労さん、おおきに」と
いとおしくなるが          ↓

クリックすると元のサイズで表示します

毎年、桜の開花後に咲く

クリックすると元のサイズで表示します

これらの椿は ↑ ↓

クリックすると元のサイズで表示します

桜の圧倒的なパワーに負けてしまって
まるで昼行燈。

「桜より先に咲けや!」と
言いたい気分になるが…。

花には花の都合があるのだろう。
しゃあないね〜。
7

2021/3/1

花いっぱいの春はもうすぐ  ガーデニング(生駒の庭)

3/1(月)少人数の施術。

ガレージ側の窓から見るとボケが
フェンスを越えて可愛い花を見せている。

施術を終え、見送りを兼ねて
カメラを持って外に。

クリックすると元のサイズで表示します

変わり咲きなので色も違い
開花からの時間の経過で
一つ一つ表情が違い、楽しい。

クリックすると元のサイズで表示します

ボケだけでも、撮っていたらキリがない。

クリックすると元のサイズで表示します

レンギョウの蕾も膨らみ
黄色く色づいている。開花間近や!

クリックすると元のサイズで表示します

白梅もまだきれい。

クリックすると元のサイズで表示します

紅梅は花が終わったので剪定し
東通路に回ると
ロゼフローラも咲き始めている。

クリックすると元のサイズで表示します

あちこちのアジサイの若葉も
日に日に育っている。

一番きれいなのは西側通路の
黒枝アジサイ。

クリックすると元のサイズで表示します

枝の黒さとのコントラストが
粋で格調高い。

寒い季節から、花いっぱいの
暖かい春に変わるのは、もうすぐや〜😄
6

2021/2/16

白梅・紅梅 同時に撮れた  ガーデニング(生駒の庭)

2/16(火)。風は強いが、いい天気。

きっと白梅が開花しているだろう
と、表に出ると、咲いている!

クリックすると元のサイズで表示します

こんなにパッチリ咲いているということは

クリックすると元のサイズで表示します

昨日咲いたのだろうが
あまりに強い風雨で、外に出なかった。

クリックすると元のサイズで表示します

初めて紅梅と白梅を同時に ↑
こんなにきれいに撮れた。

カマキリの卵嚢も暖かそう。

クリックすると元のサイズで表示します

これはボケ。 ↓ 

クリックすると元のサイズで表示します

家で風が遮られ暖かい。

クリックすると元のサイズで表示します

アジサイの葉も伸びてきた。

クリックすると元のサイズで表示します

小さなビワの実もいっぱい。
たくさんなりますようにゴメン
6

2021/1/25

ランタナの始末とカマキリの卵嚢  ガーデニング(生駒の庭)

3日間も降り続いた雨が嘘のように
1/25(月)は朝から快晴。

明日からまた雨が
3日間続くとの予報なので

洗濯をたくさんして、ベランダに吊るすと
気持ちいいほど速く乾いていく。

見苦しいことになっている
雪で黒褐色になってしまったランタナ

クリックすると元のサイズで表示します

始末しなくてはと
外に出ると暑いくらい。

太いランタナの枝はノコギリで切り
伸びすぎのホットリップスも
鎌でバサバサと刈り、スッキリ

クリックすると元のサイズで表示します

ここにボケの可愛い花が         ↑
たくさん顔を出してくれたら本望なのだが

クリックすると元のサイズで表示します

まだ育ちが悪く、花はわずかで
そのうえ、外から見えないところにだけ
きれいに咲いている。

紅梅と一緒にカマキリの卵嚢(卵鞘)が
枝に付いている。

クリックすると元のサイズで表示します

人間にとっての害虫を
食べてくれるカマキリは大事な存在。

南天の葉の陰にも発見!

クリックすると元のサイズで表示します

カマキリの卵嚢は
毎年2〜5個見つけるのだが

赤ちゃんカマキリが生まれて来る孵化を
未だ見たことがない。

次郎孫も毎年楽しみにしているのに…。
孵化は4月下旬あたりらしいが…。
4

2021/1/23

早っ! 紅梅開花  ガーデニング(生駒の庭)

1/22(金)10時から施術なので
玄関の掃除をしはじめたところ、発見!

紅梅が咲いている👀‼️

「早〜っ!」と思ったが忙しさで
撮影するのを忘れてしまった。

1/22(金)も23(土)もずーっと雨。

小寒のこの時期に雨ということは
気温は低くなくて
最弱の床暖でも暖かい。

23(土)の16時半になってから
紅梅の撮影をし忘れていることに気づき

クリックすると元のサイズで表示します

雨の中、傘をさして撮影。

クリックすると元のサイズで表示します

開花しているのは2輪。
明日にも開花しそうな蕾が数個。

白梅の蕾もずいぶん膨らんでいる。
           ↓
クリックすると元のサイズで表示します

トコガーデンの梅は
まだ咲いていないらしい。

なのに、寒い生駒の方が
先に咲くなんて、どういうこと?

ブログで紅梅の開花をみると

2016年 2/5
2017年 2/6
2019年 1/25
2020年 1/30

今年は、たぶん 1/21。
千葉から帰ったのが遅かったので
真っ暗でわからなかったが。

ということは
今年が一番早いってことになる。

1/12の雪が降るまでは
ランタナが咲いていたので
それまでは暖かかったせい?

1/12の雪でランタナの葉は枯れて
黒褐色になってしまったが

梅は暖かさの積み重ねで
咲くそうなので
先週の寒さは関係なし。強いね〜。

名残の蠟梅もまだきれい。

クリックすると元のサイズで表示します

雨に濡れて、名前の通り蝋細工のよう。

クリックすると元のサイズで表示します

昨年の晩秋は暖かかったし
年越し寒波も大したことなかった。

そのせいか
紅葉しなかったブルーベリーが
今頃になって紅葉している。
            ↓
クリックすると元のサイズで表示します

これも地球温暖化のせい?

あと10年もしたら
お正月に紅梅が開花するかも?!
3

2021/1/2

初ガーデニング  ガーデニング(生駒の庭)

1/2(土) 夫は山歩きに出かけ
孫2人は結び実技試験日なのに起きない。

あまりにいい天気なので外に出て
庭の手入れをすることに。

あちこちに育っている万両。

親木の根本の実生の苗木を
移植したものや2018/12/30

クリックすると元のサイズで表示します

鳥による実生と思える苗木が育ったものが

クリックすると元のサイズで表示します

スクスクと育っている。

クリックすると元のサイズで表示します

これは西通路のエアコン外機の
排気を浴びる位置に実生で育っていたので移植 ↑

クリックすると元のサイズで表示します

これは七段花の根本に育っていた  ↑
実生の苗木を
増築工事でできた更地に移植。

万両はどんどん増えているのに
千両は2年前に移植したのと同サイズ。
          ↓
クリックすると元のサイズで表示します

10年以上前に大きな株を植えた
千両も年々やせ細っている。
日当たりが悪すぎる?

何とかしたいが
引っ越せるところがなくて気の毒。

ブランチ後、結び実技試験をし
孫が帰った後、外に出していた花を

クリックすると元のサイズで表示します

ランタナを菊に変え、玄関の中に移動。
うーん、やっぱり
高い松がないとお正月っぽくないねぇ。
5

2020/12/28

姫孫と庭の手入れ  ガーデニング(生駒の庭)

12/28(月)は太郎孫に
庭木の剪定をしてもらおうと思っていたのに
いつの間にか京都の家に帰ってしまった。

東京の次男も今年は来ないので
やむなく姫孫と2人ですることに。

幸い、心配したほどの雨も降らず
風も吹かず、いい天気。

握力も強く身軽い姫は
ノコギリを持つと

クリックすると元のサイズで表示します

次々と太い枝を剪定。

クリックすると元のサイズで表示します

いつの間にか実生の万両が
赤い実を着けるほどまで大きく育っている👀‼️

クリックすると元のサイズで表示します

なんと縁起のいいことよ😄

サルスベリもサッパリ。

クリックすると元のサイズで表示します

ロウバイ・ウメ・アジサイ・ウツギ

クリックすると元のサイズで表示します

レッドロビン…、次から次へときれいに。

赤く色づいたナンテンを撮影しておしまい。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ひと休みしてからベランダに溜まった
フジの葉を2人で掃除して
枝も少しばかり剪定。

45ℓのポリ袋2つに押し込んだ。

クリックすると元のサイズで表示します

が、後で夫に聞いたら
この袋ではなく無料回収用の透明のだった。

やっときれいになり
あっそうや写真を…
と思ったときには、既にあたりは暗く。

クリックすると元のサイズで表示します

姫の結んだポリ袋を見ると
何と…縦結び😥

それから木綿の細いマフラーで
結び方の練習。

1/2までに素早くきれいに
結べるようになれば
お年をあげることにした。

それから夕食の準備。

ほとんど家でも炊事をしていない姫は
滑らかに手早くはできない。

クリックすると元のサイズで表示します

とにかく何事も練習。
回数を重ねないことには…。
6

2020/8/27


8/25(火)、名古屋施術から生駒に帰ると
緑であるはずの木々葉が
あちこち茶色くなっている。

南庭のブルーベリー・ムクゲ・ツワブキ
サツキ・ツツジ・サネカズラだけでなく

北庭のニシキウツギ、お前もか?
と、言いたくなるほど、無残。

クリックすると元のサイズで表示します

生駒に住んで12年目の夏にして
初めての現象。

去年の夏をはじめ、今年よりも長期間
猛暑が続いた夏があったはずなのに、なぜ?

私が名古屋・東京・名古屋と
出張していた9日間
全く雨が降らなかったらしい。

私は庭には水やりはしない主義。

水やりをすると主根が深く伸びないので
乾燥に弱い花木になってしまうから。

茶色の歯が目立つ木もにも
緑の葉が残っている、ということは
木が枯れたわけではなぃ。

葉の一部に水分を送るのを節約して
主根を深く伸ばし
生き延びる努力をしているはず。

と思っているうちに26(水)も27(木)も
午後から雷雨で
植物達にとっては恵の雨となった。

やれやれ、良かった。

トコガーデンのイチヂクには
夫は水やりをしているらしい。

お陰でイチヂクは大豊作。

イチヂクジャム・自家製ヨーグルト
レモン果汁・粉ゼラチンで
ババロアを作った。

クリックすると元のサイズで表示します

25年ぶりくらいだと思うが、
美味しくできた。しかし、見栄えは悪いね〜。
8

2020/6/10


6/10(水) 近畿地方が入梅した模様と。

ところが、紫陽花達は
梅雨に美しく咲いてほしいのに…

我が家の紫陽花は入梅後よりも
入梅前が綺麗なものが多い。

今年は5〜6月が暑かったためか
早々と咲き、炎天下でしおれて
可愛そうな星咲き蝦夷(-"-) ↓

クリックすると元のサイズで表示します

咲き始めは清楚だが ↓

クリックすると元のサイズで表示します

次第に色が濃くなり ↓

クリックすると元のサイズで表示します

ドーム状になってしまう花も(@@)
        ↓
クリックすると元のサイズで表示します

七段花も入梅前に咲き ↓

クリックすると元のサイズで表示します

清楚なのは入梅まで。う〜ん、この美しさたまらんねぇ。
            ↓
クリックすると元のサイズで表示します

伊予の華も入梅前が綺麗。↓

クリックすると元のサイズで表示します

我が家の最古参の紫陽花。しおれて可哀そう。
          ↓
クリックすると元のサイズで表示します

雨が降る頃には重苦しくなり、またもや可哀そう。
           ↓
クリックすると元のサイズで表示します

城ケ崎の雨は入梅以後に美しくなる。
            ↓
クリックすると元のサイズで表示します

墨田の花火は入梅頃から咲き始める。
今年は5つしか花を付けず、残念。↓

クリックすると元のサイズで表示します

咲き始めの白いのも ↓

クリックすると元のサイズで表示します

日にちがたって色づいたのも、綺麗で豪華。↓

クリックすると元のサイズで表示します

北庭には3種類あったはずなのに
アヤ(綾)は咲いていなくて、ニジ(虹)だけ。
             ↓
クリックすると元のサイズで表示します

こればちっとも大きくなれないままだがきれい。
          ↓
クリックすると元のサイズで表示します

黒柄紫陽花は蕾の1つもない。
    ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

     きれいな花を付けているが、実生の雑草? ↑

アナベルはまだ白くならず。↓

クリックすると元のサイズで表示します

「あーっ、この花、一人曼陀羅している(^0^)」
と姫孫が笑っていたのは、ランタナ ↓

クリックすると元のサイズで表示します
             ↑
なるほど、一人曼陀羅ねぇ。

サツキはなかなか花いっぱいにならないが
今年は入梅前に

クリックすると元のサイズで表示します
          ↑
まぁまぁきれいに咲いてくれた。
来年はもっと花いっぱいになりますよう。
4

2020/5/25

見事! ニオイバンマツリ  ガーデニング(生駒の庭)

3カ月前は、枯れたかと思った
ニオイバンマツリが
これまでになくきれいに咲いた。
   ↓
クリックすると元のサイズで表示します
        ↑
黄色のアルストロメリアも、赤紫のマツバギクも元気 ↑

枯れ枝になってしまった枝は切り落とし
生きていそうな枝は残し
全体的に2/3くらいになった。
    ↓
クリックすると元のサイズで表示します

新芽が出るか? 花が咲くか?
と、ずいぶん心配したのに
青紫から白へと変化していく、見事な美。

クリックすると元のサイズで表示します

手前の白のシャクナゲが
昨夏の暑さで全滅したので
根っこを伸ばす余裕かできたのかも?

ホットリップスもどんどん増殖中。
       ↓
クリックすると元のサイズで表示します

あちこちの南天も伸びすぎ。
気の毒だが切り落とし生花に。

クリックすると元のサイズで表示します

母の日のカーネーションの生き残りと共に
南天・アルストロメリア・ホットリップスも
仲良く過ごしてもらうこととした。
5

2020/5/11

母の日の紫陽花を定植  ガーデニング(生駒の庭)

5/10(日)に長男夫婦からもらった花束は
花瓶に生け

鉢植えの紫陽花(Pinky Ring)と
一緒に記念自撮り。

クリックすると元のサイズで表示します

5/11(月)は青葉定例会議の予定だったが
先月同様メールでのやり取り。

東側通路が日陰になる午後
紫陽花を定植。

クリックすると元のサイズで表示します

そのため余剰となったヒノキのような
未だ背丈の低い木は、気の毒だが伐採。

葵の株は手前に移植。
そのために万両の苗木2本は移植。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

実生の山椒の小さな苗木がつかり
葉を食べてみたら、いい香りでピリッ!

これは上等な山椒 (^0^)

育ったらいいのに…と思って移植したが
これまで食用にできるまで
育った試しがなく、ダメ元移植。

昨年の母の日の紫陽花は ↓

クリックすると元のサイズで表示します

昨夏の猛暑で、秋には根元しか残らなかった。

株の根元から3本の葉が伸びていたので
「かろうじて生き残っている!」
と喜んだのに

隣から種が飛んできた
ムクゲの苗だった(>_<。) 

大きなスコップで
穴を掘ったり土を運んだり

暑いうえに、蚊に7カ所ほど刺され
耐えられなくなり、家の中に逃げ込んだ。
4



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ