最新記事へ
メンテ“力”upセミナー
骨盤ケア・ベビーケア教室
魔女学校の校長先生“ノブコちゃん”が
手に持っているのはトラウベ
トラウベとは?

2019/10/12

大型台風19号で - 生駒の家に缶詰  天気・災害

10/11(金)に舞浜から生駒に着いたとき

「明日は1日中買い物に出られないから
 食料を買いだめておかなくては」と

生駒駅に直結しているキンショーで
ドッサリ買い物をした。

夫の方が帰宅が遅くなるし、
腕を傷めているので重い荷物は持てない。

私はいつものキャスターバッグの上に
ショルダーバッグと買い物袋を乗せ、
家までの急坂を
何度も転びそうになりながらも登り切った。

おかげで今日は1歩も外に出なくても、
食料不足は起きず。

何しろ台風19号は大型で
暴風圏は直径 500km ほどもある。

生駒も朝から晩まで風雨。

ピークは14〜15時だったが
昨年の21号台風(関空台風…私が命名)
と比べれば、はるかに弱い。

5〜13歳までに数回、
大災害で恐怖を味わったためか
まったく怖さはなし。⇒私の災害遭遇史

東京から持ち帰った2人分の洗濯物は
エアコンをかけて室内干し。

昨夕は、白胡麻を炒って摺って
ほうれん草のひたしを作った。

室内缶詰め状態の昼ご飯は
せめて美味しいものを…と

その摺鉢に残った胡麻に
麹味噌を入れて摺り
そこに
水切りをした豆腐を入れて摺り
白和えのベースができた。

そこに、小さく切って茹でた
 ニンジン
 ブロッコリーの茎全部
 つぼみ部分も少し
燻製の牡蠣も小さく切って和えて白和え完成!

クリックすると元のサイズで表示します

味付けは味噌だけなのに、
近年の我が家の味とは思えないくらい
旨い!
しかも、上品な味で粋な香り!

クリックすると元のサイズで表示します

・冷凍保存していた松茸ご飯の具を
 解凍して炊いた松茸ご飯
・わかめと豆腐の味噌汁
・焼き鮭
・白和え
・デザート(梨)

松茸ご飯もおいしく炊けて、
どれもおいしい!

室内缶詰生活の鬱陶しさは
香りでふっ飛んだ。

ミシンとアイロンを出して
ズボンや5本指ソックスを
快適に着用できるようにリメイク。

明日の空手の練習も少しばかり
昼寝
夕ご飯も質素に済ませ
のんびりと過ごした。

19時、伊豆半島に955hPaで上陸。
NHK NEWS WEB より

クリックすると元のサイズで表示します

昭和33年の狩野川台風に匹敵する台風
と報道されているだけあって

静岡〜関東甲信越〜東北の
ほとんどの都県に大雨特別警報が出された。

クリックすると元のサイズで表示します

15号台風で最も被害が大きかった
千葉には、今回は出ていない。

ということは、もっと大きな被害が
起きるということなのか…?
3

2019/10/1

台風18号に向かって九州へ  天気・災害

10/1(火)京都施術の後は、
2(水)熊本施術会
3(木)宗像施術会と続く。

なのに、台風18号が接近している。

9/29(日)の予報だと、
2(水)熊本が危ないみたいだったのに

9/30(月)になると、
3(木)宗像施術の方が危ない様子。

でも、この20年間、
私の行く手に接近中の台風は
いつも私をよけてくれた。

「今回もきっとそうなる」と思っていたら、
今日になったらさらに西にコースを変え、
朝鮮半島に向かいそう。

クリックすると元のサイズで表示します

勢力も弱くなってきた。

ところが、10/1の夕方、米原付近の大雨で
東海道新幹線が止まった。

私は何も知らずに京都駅に到着すると
大音声のアナウンス!

「新大阪より西に向かわれる方は、
 まもなく到着する“ひかり”に乗ってください!

 その後の新幹線は来ません!」
 新大阪で降りて、乗り換えてください!」と。

「来ません!」と言い切ったことに驚き、
直後にやって来た15分遅れの“ひかり”に乗車。 
 
新大阪で“みずほ”“さくら”に
乗り換えなくては、と思っていたのに

新大阪で降りる前の車内放送で
私が乗る予定だった
“のぞみ”が後ろを走ってくると(@o@)

15分遅れで新大阪に到着し
予約していた“のぞみ”に30分遅れで乗車し、
25分遅れで博多に到着。

行く手を台風などに阻まれない私だが、
まぁ、これくらいで済んだので良しとしよう。

9/30〜10/1の異様な蒸し暑さも
米原付近の大雨も台風の影響?

でも、熊本・宗像の施術会もできそう。
5

2019/9/13

台風15号⇒猛暑⇒秋  天気・災害

9/8(日) 台風15号 は首都圏に向かいそう。

夫は「もうちょっと西に進んでくれたら、
近畿にも雨が降るのに…」などと。

9/9(月) 午前0時、台風15号の目の中に
伊豆大島がすっぽり納まっていて、
        ↓
クリックすると元のサイズで表示します
        ↑
中心気圧は 955hpa まで低下している(@@)

新宿〜立川に進むと、
東京23区は大変なことに…、

高輪サロンも飛んできた看板で
ガラスが割れるなんてことになったら
嫌やな〜。

などと心配しながらも眠りに落ちた。
でも3時に目が覚め NHK-TVをつけると、

三浦半島⇒東京湾⇒千葉に進みそう。

クリックすると元のサイズで表示します

「これなら高輪サロンは大丈夫や」とホッ。
「千葉は大変なことになるやろな〜」
と思いつつも再び眠りに就いた。

クリックすると元のサイズで表示します

静岡・神奈川・千葉県は、
建物などの倒壊や、倒木などによる大規模停電。

クリックすると元のサイズで表示します

4日たった今も復旧していないなんて、
ほんまに気の毒。

上の写真はこのサイトから頂いた。

生駒は、4(水).5(木)と激しい雷雨に見舞われ
翌 6(金)は京都施術のお昼頃から激しい雷雨。

7(土)からは涼しくなるかと思ったのに、
期待したほどではなかった。

11(水)京都カイロ6の最中に寒冷前線が通過し、
12(木)からはやっと秋の空気に包まれた。

我が家のサルスベリを、今頃やっと
美しいと思えるようになった。

クリックすると元のサイズで表示します

そんな中での施術は気持ちがいい。

平日なのに7人の予約があったが
3人は来室せず4人をゆっくり施術。

軽い昼食後、大阪東梅田に
眼の術後3年健診に。

経営者が変わり、表札が消えていたため、
迷走してしまい、
その上予診票などを書き直しに
想定外の時間を要した。

13(金)は朝から本ぶり。

クリックすると元のサイズで表示します

前線はとっくに太平洋に出てしまったのに、
生駒でこんなに降るなんて…

紫色の閉塞前線になると
こんなことになるのか…、洗濯物も乾かない。

上の台風はすぐに消えたようだが、
この秋、まだまだ台風は
日本に接近・上陸するんやろな〜。
7

2018/10/1

台風24号の動きを睨みながらの大移動  天気・災害

9/24(月)の夜、松江から生駒に帰宅
25(火)は(有)青葉定例会議、新大阪から品川に直行
26(水).27(木)と高輪サロンで働き
28(金).29(土)は仙台でセミナー

この間心配したのは台風24号。
仙台のホテルでも、気になる…
           ↓
クリックすると元のサイズで表示します

帰途、栃木あたりはすごい雨だったが、
幸い大雨に見舞われることなく帰京。

30(日)は高輪施術

  台風接近のため東海道新幹線は早々と運休
  来室できなかった人もあり、
  アシスタントなしでも程よく働けた。

大阪湾周辺に甚大な被害をもたらした台風21号は、
4半世紀に1度という非常に強い台風だったのに…

「それよりさらに強い24号が来る@@)?」と恐れていた。

奈良県生駒市の高台にある我が家の屋根は
21号の強風で傷み、9/28に直したばかり…

クリックすると元のサイズで表示します
      ↑
この角度で北上中、とても気になる。
また神戸に上陸?
そしたらまた屋根がやられる…。前回以上に(:へ;

と、東京でハラハラしながら、
気晴らしに、名古屋にいる夫と電話でお喋り。

2人で「田辺の方に行ってくれたらええのになぁ〜」
などと、不埒なことを喋っていたら、
東に角度を変え、ほんまにその通りになった!

そんなことを願ってしまい、
和歌山の人達には申し訳ないm(_ _)m

でも、自分のことを真っ先に考えてしまうのが人間(−”−;
被害に遭われた皆様に心よりお見舞い申し上げます。

10/1(月)の東京は、台風一過のすがすがしい秋ならぬ、
朝から8月の暑さ(~_~;)

私の今後の日程は

10/1(月)の夕方に東京⇒生駒に帰宅。
  台風24号接近中からこの間、
  これから出版する本の監修者として、
  原稿チェックを新幹線の中で終えて送った。やれやれ。

2(火)生駒⇒熊本に夜到着
3(水)熊本施術会
4(木)宗像施術会

いつものごとく台風に行く手を阻まれることなく働く。

クリックすると元のサイズで表示します
        ↑
それにしても、近年の天気予報はほんまに良く当たる。
                  ↓
クリックすると元のサイズで表示します

「大型の非常に強い台風」21号と24号が2つも
近畿に上陸するなんて、極めて稀なことのよう。

なのに、またまた非常に強い台風25号が発生。

東シナ海に進みそうだが、10/3(水).4(木)の
熊本・福岡での施術には影響はなさそう。

「記録的短時間大雨情報」という言葉を、
7月に入ってから何度も聞くようになり、
9月は秋の長雨と台風で、
またまた頻回に聞かれるように。。。

心地よい春と秋がなくなってしまったような日本だが、
私も、骨盤ケア・“まるまる育児”に燃えている仲間達も
元気いっぱい。

さぁ、これからも頑張るぞー(^o^)/゜
8

2018/9/7

台風21号 追記 - 私の災害遭遇史 -  天気・災害

夕食の食卓に着こうとしたそのとき、
ピンポーン。「お宅の屋根が壊れている」と。

夫が出ると、隣のマンションの4階にお住まいの方が、
スマホで撮った写真を見せに来てくれたとのこと。

下からは見えないところで
雨が天井にしみているわけでもないので
分からなかった。

これは保険会社で費用は負担してもらえるようだが、
工務店はさんは大忙し。
果たしていつになったら直してもらえるかな?

夕食時、テレビを点けると京都も大変な被害!
世界文化遺産の西本願寺も、建物の一部が倒壊。

クリックすると元のサイズで表示します

八重桜で有名な平野神社も、
比叡山延暦寺も、

奈良では、春日大社・唐招提寺・法隆寺も。

近畿・四国のJRも私鉄もほぼ全て運休。

めたったに止まらない新幹線も
10時頃から東京・広島間が運休。

夕方からは、岡山・広島間は運行再開したが
東京⇔岡山の運行は翌朝からとなった。

台風についてずいぶん長く書いてしまったのは
歳とともに記憶力が低下しているので、
見たこと・感じたことを、記録しておきたいから。

私の心に残る怖かった天災は以下の通り

5歳 (1954 昭和29年9月)洞爺丸台風 石川県で
10歳(1959 昭和34年9月)伊勢湾台風 石川県で
12歳 (1961 昭和36年8月) 北美濃地震 石川県で
12歳(1961 昭和36年9月)第2室戸台風 石川県で
13歳(1963 昭和38年1月)38豪雪   石川県で
42歳(1991 平成3年9月) リンゴ台風 京都市で
45歳(1995 平成7年1月) 阪神淡路大震災 京都市で
61歳 (2011 平成23年3月) 東日本大震災 東京で
69歳 (2018 平成30年9月) 関空台風(!) 生駒市で

 こうみると、12歳までの7年間に3回も、
 日本の災害史に名を残す猛烈な台風を経験。

 洞爺丸台風の時は、5歳と1ケ月だったが、
 祖母が出棺する日だったので、強烈に覚えている。
 荷車に積んだ棺桶を、大人達が押して出て行った後、
 子ども4人(私と姉と従姉弟)が家に残された。
 強風でしなって外れそうになる玄関の戸を
 泣きながら(1時間余り?)必死で押し続けた。
 翌朝、大変なことが起きたことを聞いた記憶があるが、
 それが洞爺丸沈没事件。
 死者・行方不明者あわせて1,155人に及ぶ、
 日本海難史上最大の惨事だったことを知ったのは、
 ずっと後年である。

 伊勢湾台風の時は強風と豪雨で、怖くて家に入れず、
 雨合羽を着たまま、玄関先に座っていた。
 その翌日、近くの鍋谷川の堤防がV字状に決壊したのを
 2階の自室で目撃。
 水が滝のように流れ出て、だんだんとその幅は広がり、
 水が家の方に押し寄せて来た。
 すぐに2階から降り、大人達に知らせて、
 向かいの伯父さんの家の畳を、2家族の大人で上げたため
 床上浸水したのに、畳は濡れなかった。
 私が堤防決壊を目撃していなかったら、
 おそらく畳は全滅したと思う。
 私の家は幸い床下浸水で済んだが、
 農業用の納屋が浸水し、玄米が水没して傷んでしまった。
 死者・行方不明者合わせて、5,098人と言われる
 日本の台風災害史上最悪の被害となった。

 第2室戸台風のときは石川県といえども、
 強風と豪雨で家の屋根近くの△形の壁が落ち、
 外が見え、隣の神社の大木がぶつかりあい、
 倒れていくのが見え、生きた心地がしなかった。 
 死者・行方不明者は202人で
 洞爺丸・伊勢湾台風から比べれば少ないが、
 高波・強風による被害は甚大だった。

 38豪雪のときは1週間学校に行けず、
 7日7晩、吹雪で家が揺れ続けた。
 燃料がなくなり、斜め前の納屋まで
 次兄が炭と練炭を取りに行ったのたが、
 母は生きて帰って来ることだけを願っていた。
 なぜなら、母は吹雪の日に道路脇の用水路に落ち、
 死にかけた経験があるから。
 吹雪で視界は1mほど。約30分後(?)
 ガラス格子戸の向こうに兄の姿が見えた時は、
 母と一緒に喜びあった。
 吹雪が止んで1週間ぶりに外に出ると、
 積雪は3mを超え、電線が膝の高さにあった。
 この豪雪でたくさんの建物が倒壊した。

 北美濃の地震は、阪神淡路大震災よりも、
 私にとっては怖い記憶がある。
 家が倒壊するのでは…と、
 夜になって余震がおさまるまで、
 怖くて家に入れなかった。
 
 地震は何と言っても、東日本大震災が怖かった。
 揺れが激しく長かった。
 「前川ビルは絶対に倒壊しない。あれが倒壊する時は
  東京の全てのビルが倒壊する」と
 近所の不動産屋の店主が話されていたので、
 私はセミナー受講生に向かって
 「皆さん、このビルは絶対に倒れません!
  こで死ぬことはありません!」と叫んでいた。
 それを聞いて受講生一同、安堵したそうだが、
 私は心の中では死の恐怖におびえていた。

 京都で体験したリンゴ台風は、自宅の被害はなかったし、
 怖かったという記憶もないが、
 今回の台風よりは強かったために列記した。


 今回の21号は、室戸台風コースだったため
 近畿地方は甚大な被害が起きた。
 しかし、子どもの頃に経験した
 3つの台風の時の恐怖と比べると、
 怖さは全く大したことはなかった。
 中心気圧や風速も下回るし、
 人的被害も比較にならないほど軽微である。

こうしてみると、人生は災害との戦い。

・災害に関する知識を深める。
・地震・豪雨・台風にも強い所に住む。
・地震は予知できないが、台風や豪雨はある程度予知できるので、
 被害が最小限となるよう、前もって良く考えて行動する。

これからも、まだまだ、
賢く・安全・安楽に生きたいと思う。
4

2018/9/5

甚大な被害をもたらした台風21号  天気・災害

21号台風は私の想像をはるかに超える
甚大な被害を引き起こした。

9/4(火)12時までの私の様子はここに書いたが
暴風圏内に生駒も入ったというのに、
「大したことないな〜」とお向かいさんの
桜の枝が揺れるのを眺めてノンビリしていた。

13:38、突然「屋根が飛ぶのでは?
いや、それより、太陽光発電装置が飛ぶ?!」と

怖くなるような風が吹きだし、
あわててシャッターを閉めると、
外の様子が分からなくなった。

それはそれで不安なので、
北のベランダのルーバーから外を見ると、
隣のマンションの桜の木が猛烈に揺れている。

クリックすると元のサイズで表示します

「折れて我が家に飛んで来るのでは?」と、
しばらく動画を撮ったりしていたが
風はさらに強まることなく、倒木は免れそう。

14時、神戸市に再上陸。中心気圧はまだ955hPa。

クリックすると元のサイズで表示します

NHKを見ていたのだが、
広域情報や奈良の情報は報道しているが…、

大阪のことはほとんど報道しないので、
MBS(毎日)に変えると、

14:40 大阪湾の潮位が上昇し、
コンテナが数個(?)波にさらわれて流れていく!

クリックすると元のサイズで表示します


「これはヤバイのでは?!」と見ていたが、
難波グランド花月からの中継に変わった。

予定観劇のお客さんだけでなく、
雨宿りを兼ねてのお客さんで、賑わっている。

USJは前日から休業と決めたのも英断、
吉本興業も英断と、感心していると…、

15:25 関西国際空港で浸水。駐機場が浸っている!

クリックすると元のサイズで表示します

ショック! ついに、というか…、

関空ができたときから、
こういうことが起きうると
一部では予測されていたのだが…。

5:50 速報 
   ↓
クリックすると元のサイズで表示します

連絡橋にタンカーがぶつかり、橋が損傷!

これでは水が引いても
関空と大阪の往来はできない。

16:02 速報「大阪湾で記録的高潮」と書かれているが
    ↓
クリックすると元のサイズで表示します
        ↑
画面はまだ瞬間最大風速。
赤の四角の中に書かれている数字は、過去最高の記録。

関空が最も強い風を記録している。
こんな強風に煽られてタンカーが漂流したのだろう。

16時、台風は石川県に達したので、NHKに戻すと
        ↓
 クリックすると元のサイズで表示します

京大防災研の森准教授が、高潮が起きた理由を解説。
   ↓
クリックすると元のサイズで表示します
   ↑
聞いていても、第二室戸台風の時と
どう違うのか? わからない。

大阪市住之江区で駐車場で多数の車が
吹き飛ばされてひっくり返ったり、積み上がったりしていたり

クリックすると元のサイズで表示します

甲子園浜の中古車オークション会場で、
車約100台が炎上。
       ↓
クリックすると元のサイズで表示します
       ↑
高潮で浸水し、水が引いた後、車から出火したらしい。

関空連絡橋のヘリコプターからの映像も。
       ↓
クリックすると元のサイズで表示します
       ↑
鉄道橋は何ともないみたい。

クリックすると元のサイズで表示します
      ↑
潮位は、第二室戸台風のときの
大阪湾の記録 292cmをはるかに超えた!

京都市では、嵐山の渡月橋の欄干が倒れ、
左京区にも記録的短時間大雨情報が出ている。

でも、左京区は広すぎてどこかわからず。
たぶん長男のところは大丈夫と思う。

滋賀県や福井県も、風雨はひどそう。

紀伊半島を横切るように強い雨雲が。
          ↓
クリックすると元のサイズで表示します

21時には台風は佐渡まで行き、
近畿は強風圏からも抜けたはずなのに、

生駒はまだ風は強く、雷もゴロゴロ。

クリックすると元のサイズで表示します

強い勢力を保ったまま、
0時には北海道沖まで達するそうな。

クリックすると元のサイズで表示します

北海道で思い出すのは、
北大のポプラがバタバタ倒れた平成16年。

クリックすると元のサイズで表示します

私はこの前日まで帯広でセミナーをしていた。

終了後すぐに私は羽田へと帰ったのだが
帯広で1日遊んで、翌日、札幌に向かった受講生達は
当日、札幌に辿り着けなかった。

実はこの数日前にも台風が北海道を襲った。

私は2つの台風の間でセミナーをして来たのだが、
ひやひや、スリル満点。
でも、いつもすり抜けていた。

他の講師諸姉は、私よりはるかに出張が少ないのに、
しばしば台風・大雨・停電などで、足止めを食らっていた。

夫は「明日は出勤して台風の後始末をしないといけない」
と言うので、
ビワマス釣りの船頭、大野さんにメール。

すると「船が破損した」と。
あぁ〜、来年の春のお楽しみとしよう。

朝になって、太陽光発電はちゃんと動いていてホッ。
   ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                     ↑
   西窓から下を見ると、アジサイがお辞儀している。

   そしてよく見渡すと…、エアコンのパイプカバーが外れて
   大きなプランターの横に落ちている。直すのは大変そう。

でもこの程度の被害でよかった。
毎日新聞は、大きな写真入りで被害を報じている。

クリックすると元のサイズで表示します

テレビの画面を撮った写真とは全然違うので撮影。

クリックすると元のサイズで表示します
       ↑
記録的な高潮が起きた理由図。
森准教授の話では分からなかったが、なるほどと納得。

クリックすると元のサイズで表示します

TVニュースでは関空の浸水で、
空港関係者と利用者 計七〜八千人が
空港ビル内で泊ったそうだが、

今朝から、高速艇で神戸空港へ、
片方だけ通れる連絡橋を走るバスとで
人々を運んでいるそうだが、長蛇の列は縮まらず。

クリックすると元のサイズで表示します

関空の浸水は、外国人観光客も来なくなるし
貿易・経済活動の面でも大打撃。

いつになったら復旧するのだろうか?

   大阪市住之江区        西宮市
      ↓               ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

        大阪市西成区

クリックすると元のサイズで表示します

     京都の嵐山の渡月橋
         ↓
クリックすると元のサイズで表示します

昨晩テレビでチラッと、
福井県の若狭町で電柱が倒れたと知ったが、

クリックすると元のサイズで表示します
    ↑
福井新聞Web版によると4本も倒れている!

もしや、9/7に行く馬地助産院も
停電しているのではと気になり、メールすると、

> 15時から23時頃まで停電していました。
> 今は復旧しております。
> (講演会の)会場も、お寺も
> 建物は、被害なしで、明後日使えますよ。

と。あぁ〜、やっぱり私は
「仕事をし続けなさい」と神様に言われているんや〜。

亡くなられた方・被害に遭われた方も多く、
気の毒だと思いつつ、
明日からまた仕事ができる私は幸せ者だと思う。
5

2018/8/26

台風に遭遇せずに移動  天気・災害

8/26(日)は函館五稜郭駅近くで施術会。
なのに、台風19.20号の動きがあやしい。

仙台⇒函館⇒東京の移動が心配

でも、これまでもそうだったように、
「きっと台風は私を避けてくれる」と信じて、

毎日天気予報を見ていると、

クリックすると元のサイズで表示します

やはり今回も、台風は弱り、
早めに通り過ぎてくれたが、

クリックすると元のサイズで表示します

前線を伴う低気圧で、札幌は荒れそう。

クリックすると元のサイズで表示します

でも、函館は大丈夫そう。

クリックすると元のサイズで表示します

「2016年のように台風が次々にやって来るのでは?」
「飛行機が飛ばなくなったら大変!」
と思って、
新幹線での移動を選んで正解(o^-‘)b
5

2018/7/31

逆走台風  天気・災害

京都で7/26(木).27(金)と働いた後は、
28(土) 名古屋、29(日).30(月) 東京

なのに台風接近、28日の夜 もしくは 29日の朝に
名古屋⇒品川 移動しないといけない。

通常の台風とは逆に
東から西に進むというのも驚きだが、

この進路予想では、関東〜東海に上陸しそう。
ヤバイ、足止めを食らいそう(-"-)

クリックすると元のサイズで表示します

2002年からセミナー・施術で全国を移動し始めて以来、
台風にぶつかりそうになっても、
不思議と毎回、台風は私から遠ざかってくれている。

でも、今回はどうか…?
実況天気図はこうだが、上空6,000mには
    ↓
クリックすると元のサイズで表示します

低気圧の一種“寒冷渦”というものがあるのだと。

クリックすると元のサイズで表示します

この"寒冷渦"とは? と調べてみると…、

周囲より相対的に温度の低い寒気からなる低気圧で
寒冷低気圧ともいい、偏西風から切り離されてできるのだと。

台風は日本付近まで来ると、
偏西風に乗って進むのが一般的。

ということは、偏西風から切り離されてできた
"寒冷渦"に乗って進むことになる。

予報では、名古屋最接近は29日3時だったのに、
台風の速度が上がり、3時には大阪まで行く!

でも、夕〜夜に移動すると
新幹線は静岡あたりで止まりそうなので、
台風が過ぎた朝、移動することに決めた。

クリックすると元のサイズで表示します

雨雲レーダーを見ると、
関東は赤くなっているところがあるが、

クリックすると元のサイズで表示します

大きな台風でもないし、有難いことに、
予想よりも南のコースを進んでいる!

でも、予想通り静岡県内で新幹線は止まった。

29日0時頃に名古屋には最接近したようだが、
台風らしいほどの風も吹かず、雨も降らず。

「なんや、全然やん」と思っていたら、
1時頃、伊勢市付近に上陸したとのニュース。

クリックすると元のサイズで表示します

雨雲レーダーを見ると、急に真っ赤になっている!

クリックすると元のサイズで表示します

みるみる、赤〜赤紫は奈良県に向かっている。

クリックすると元のサイズで表示します

関東でも危険が迫っているようだし
       ↓
クリックすると元のサイズで表示します

   伊豆半島などで高潮による被害も出ている。

1:43 突然、建物が揺れるような強風!

普通は台風の右前1/4が風が強く
中心が過ぎたら、風は弱くなるものなのに…、

考えてみれば、逆行しているので、
中心が過ぎてから強い風が吹いたのだ。

しかし1分も続かず、また静かになった。
雨も降らない。

2:40 奈良県内の雨はますますひどくなり
県内の各地で記録的豪雨が降っているようだ。

クリックすると元のサイズで表示します

生駒も赤紫になり
大阪に迫っていて心配だが…、
心配しても仕方がなく…、寝落ち。

翌朝は台風一過の晴天。
風がそよそよと吹いていて気持ちいい。

新幹線は5分程度の遅れで名古屋に到着したが
品川には定時に到着。良かった〜。

夫に電話で尋ねると、
「生駒はものすごい風だった」と。

台風は29日17時半頃に福岡県豊前市に再上陸。

クリックすると元のサイズで表示します

熱帯低気圧になることもなく台風のまま迷走し、
屋久島・種子島を一周し、西に進むらしい。

まさか…、勢いを盛り返して東に?!
来んといてや〜。

クリックすると元のサイズで表示します

"寒冷渦"の影響を受けた台風は過去にもあり、
2016年8月の、台風10号もそうだとのこと。
    ↓
クリックすると元のサイズで表示します
    ↑
観測史上初めて、東北の太平洋側に上陸し
関東・東北・北海道に甚大な被害をもたらした。

今夏は、ロシアですら猛暑
ギリシャ・カリフォルニアでは山火事…

これまでの常識では考えられないような
気候の地球になってしまった気がする。

美しい四季を楽しむことができない日本に
なってしまうのは…、悲しい。
6

2018/6/18

大阪北部で震度6弱  天気・災害

大阪北部で震度6弱とのニュースでビックリ!

すぐに安否を尋ねる電話・メールなどが届いていますが、
私は東京にいるので、全く異常なしです。

Yahoo 天気・災害によると
   ↓
クリックすると元のサイズで表示します

(有)青葉は東大阪にあり、震度4
夫は既に社屋内に到着していて、
「かなり強い縦揺れを感じたが
 物の落下や転倒は全くなし」と。

しかし、周囲の電車はすべて止まっているので
自転車で出勤できる人しか、出勤できない様子。

私の自宅のある奈良県生駒も震度4。
でも誰もいないので様子は不明。
たぶん東大阪と同じか
それより少し弱い揺れでしょう。

長男の家族のいる京都市左京区も震度4
大した被害はない様子です。

しかし、電車は止まっているので
出勤できないスタッフや、
施術に来られない方が多そうです。

被害に遭われた方、
交通機関の運転見合わせで
移動できなくなっていらっしゃる方、
大変だと思いますが、
早期の復旧・運行をお祈りいたします。
7

2018/6/11

台風5号  天気・災害

6/11(月).12(火)は京都トコ会館で
総合ベーシックセミナー5.6課程

まだ6月なのに台風5号接近による雨。

昨晩は徳島も京都も本格的な雨とならず、
順調に帰られた。

クリックすると元のサイズで表示します

熊本・和歌山・福井からの受講生も
遅れることなく到着し、
セミナーができた。

クリックすると元のサイズで表示します

裏庭の紫陽花

クリックすると元のサイズで表示します
     ↑                         
クレナイはその名にふさわしくなったが、
     ↓
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                     ↑
      それ以外の3株は既に、花の色は消褪。

こんなに早くから台風接近の今年は

クリックすると元のサイズで表示します

どれほど台風に見舞われるのか、心配。
5

2018/5/7

突風  天気・災害

5/7(月)は私のゴールデンウィーク最後の日。

少しばかり家事をし、
メールで届く仕事を片付け、

連休中にいっぱい撮った写真を整理し、
ブログにup、facebookでお知らせ。

そんなことをしていた14:55
突然家が揺れるような強風(@@)

すぐにベランダに目をやると、
木々の葉がちぎれんばかりに揺れていて、
電線はビュンビュン。

外気に当てていた物をすぐに取り入れ、

そうや、カメラやカメラ、
このひどい揺れを撮っておこう

と、カメラを手にベランダに出ると
酷い強風は治まり、
普通にあるくらいの風になっていた。

クリックすると元のサイズで表示します

突風のような状態は、ほんの1分。
そのあとは、雨が本ぶりになった。

暑くなったり寒くなったり、
落雷・突風・ヒョウ…、
全国的に荒馬のような天候。

生駒はまだ寒くて、
防寒用ペストをしまえない。
5

2018/1/31

スーパーブルーブラッドムーン  天気・災害

1/31(水)の朝のテレビニュースで、
今晩は皆既月食だが、全国的に曇りの予報。

35年ぶりに見られる珍しい皆既月食なのに
残念ながら赤い月は期待薄らしい。

しっかり聞かないものだから、
なんかよくわからず。

仕事を終え、京都から奈良への電車の中で
大きな月が昇るのが見えた。

大きい〜(@o@)
かつて見たこともないほど大きく、美しい

19時、テレビニュスを聞くと、
スーパーブルーブラッドムーンなのだと。

20:30頃からコンパクトデジカメを持ってベランダへ。
月が明るくて、夜なのに暗くないと思うほど。

でもうす曇り。月食は始まっていないはずなのに
月の下の方が欠け始めたかのように見える。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                     ↑
ベランダに影ができていて、「疑うらくはこれ地上の霜かと」
などという漢詩を思い出すくらい。

20:40を回った頃から欠け始め、

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

10分おきくらいにベランダに出て撮影。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

寒いのでずーっとは出ていたくない。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

どんどん光は小さくなり、赤い月が見え始めた

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

しかし、周囲にうっすら見えていた星は消えた。
つまり、雲が濃くなったということ。

              あっ、お月さまが消えた(~_~;)

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

残念ながら赤い月はこの程度にしか見えなかったが、
私としてはかなり満足。
戻ってきた月もこんな感じ… クリックすると元のサイズで表示します

まぁ、いいとしよう。
望遠レンズ付きのいいカメラも持っていないことやし。

数年前の月食では、赤い月が見えたが、
今回のようには撮影できなかった。

どう見ても梅干しのようで、
ブログにアップする気にもなれず削除!

ああ、やっぱり撮ってみたい。きれいな大きな月を。
2

2017/11/1

8月の2週末連続台風  天気・災害

超大型の非常に強い台風21号接近の中、

クリックすると元のサイズで表示します

シンポジウム〜定頸とは?〜
を何とか開催し、私は品川に移動。

一時925hpa、超大型の猛烈な台風となったが、
幸いにも少し勢力は弱まってやって来てくれた。

10/23(月)午前3時頃、
静岡県御前崎市付近に上陸。

クリックすると元のサイズで表示します

神奈川県などでかなりの被害が発生したようだが、
私は疲れ果てて東京で爆睡。

何も気づかないまま朝を迎え、
朝から夕方まで強い風が吹く高輪で働いた。

こんな大きな強い台風が
本州に接近・上陸したのは何年ぶり?

10/29(日)は生駒施術で、午後からは
塾長を迎えての空手の稽古の予定だったのに…、

夕方に台風22号近畿最接近とのことで
残念ながら空手は中止。

しかし、台風と言うほどの暴風雨にもならず、
空手ができなかったことの悔しさ倍増。

クリックすると元のサイズで表示します

10/30(月)は久々に生駒での休日。
台風一過どころか、台風以上の強風。

夕方のニュースでは、近畿でも東京でも
木枯らし1号が吹いたそうだ。

15時には、何と気圧の高低差は100hpa近くまで(@o@)!
            ↓
クリックすると元のサイズで表示します

このため台風より強い風が吹いたのだと。

その理由は、台風によって運ばれた暖気が、
大陸の寒気とぶつかりあって、

クリックすると元のサイズで表示します

爆弾低気圧となってしまったそうな。

10/31(火)は9時過ぎに銀行に行き
少し遅刻してカイロセミナー4課程(胸椎)

自習しながら待ってもらったが、
ちゃんと定刻に終えられた。

終わる頃に、明日の講師 小林いづみさんが到着。

佐藤さんと3人で食事に出かけたが
168食堂はなくなっていて、ガッカリ。

少しお値段が高いが、久々に喜楽亭に。
以前より美味しくなった気が…。

クリックすると元のサイズで表示します

最後はつくね丼と、
甘味噌が乗った生麩田楽をデザート的にいただき
満足、満足。
1

2017/9/19

18号台風と高輪施術  天気・災害

ブログを書かないと、
睡眠時間は少しばかり確保はされるのだが、
記銘力低下のせいか、
忘れ物をした気分(?)になって落ち着かない。

17(日).18(日)…高輪施術
(日)の午後は台風18号接近のためと思えるキャンセルが4人あり
いつもより早めに施術が終わり、
アシスタント助産師にも早めに帰ってもらえた。

クリックすると元のサイズで表示します

5歳のとき(1954 昭和29)に、洞爺丸台風
10歳のとき(1959 昭和34)に、伊勢湾台風
12歳のとき(1962 昭和36)に、第2室戸台風

幾つになっても子どもの頃に経験した巨大台風の恐怖は消えず、
「そんなに大きくない」とは頭では分かっていても、
台風の影響が気になり落ち着かず。

テレビやネットで台風情報などを
チラチラ眺めながら、溜った仕事を片付け。

長男のfbによると京都は猛烈な雨が降っているとのことだったが、
さほど長続きせず、被害が出るほどではなかったようだ。

東京は1時過ぎに雨足が強くなったが5分ほどで弱い雨に変わり、
(月)の朝は快晴、真夏の暑さに戻りそうな気配だったが、
湿度が低くて気持よく仕事ができた。

キャンセルはなかったが、
元々予約が少なめだったので、アシタントの小林さんと、
新セミナーのレジュメ作りができて良かった。

それにしても、予想と実際の進路の一致に驚く。

クリックすると元のサイズで表示します

洞爺丸台風やリンゴ台風(1991 平成3年)同様、
日本海を猛スピードで駆け抜け勢力を強めて北海道に上陸。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

予報精度の向上によって、
洞爺丸台風のような被害が起きなくなった。

台風の予想進路を眺めながら移動する習慣が
身に着いてしまっているからか、
20年近く東奔西走しているが、
台風に阻まれることなく仕事ができている。
2

2017/7/14

住み心地のいい地球で長生きしたい  天気・災害

今年の7月は移動する先々で、大雨に遭遇する。

しかし私は、被災地域から
少し離れたところにいるため
幸い難を逃れている。

7/4(火).5(水)の福岡、台風3号と、
その後の梅雨前線の活発化で、
朝倉市・日田市を中心に甚大な被害が発生。

この時、福岡市中央区にいた私は、
大した雨にも見舞われることなく仕事をしていた。

7/9(日)、生駒施術を終え、遅い昼食を摂り
ウトウト昼寝をしていると…、
ピカッ ゴロゴロ〜〜 激しい雷で目が覚めた。

外を見ると雨も激しく降っている。
テレビやネットで見ると、

クリックすると元のサイズで表示します

東大阪には時間110mmの雨! 記録的短時間大雨情報が!

クリックすると元のサイズで表示します

トコちゃんベルトの(有)青葉は東大阪市にあり、
秀吉の時代以前は海だったところなので、
大雨が降ると、トコガーデンはぬかるみになる。

日曜で会社は休みだし、夫は出張中。
大雨の映像を見ながら、
「床上浸水などがおきませんように」と祈るばかり。

幸い、道路よりも30cm程高く盛り土をしてあるため
床下浸水もなかったが、
近くの会社・工場には水が流れ込んだところもあったそうだ。

7/14(金)は名古屋のトコメイトセミナー流会のため
半年ぶりに歯医者さんに行くことに。

すると朝8時頃からざんざん降りの雨

クリックすると元のサイズで表示します

長靴をはいて、傘をさして、
近くにあるかかりつけの林歯科医院に。

歯科医院を出て、11:00ネパールカレーのランチを
食べ終わる頃からテレビで

「小牧市・犬山市付近に、記録的短時間大雨情報」と!

クリックすると元のサイズで表示します
                      ↑
     この写真はCBCテレビWebニュースより

午前10時40までの1時間におよそ120mmの雨!
浸水被害が出ている。

   夕方のテレビでは、新潟・山形も豪雨と報じているが、
   天気情報を見ると、
                               ↓
クリックすると元のサイズで表示します
      ↑
韓国の方に、はるかに大きく真っ赤な降雨帯

京都も名古屋も暑いが、
北海道の帯広では2日連続の猛暑日

暴れ馬のような天気は日本のみならず
世界中に広がっているのだろうか?

もう一つ気になるのが…、氷山。

クリックすると元のサイズで表示します

NHKニュースによると重さ1兆トン超

クリックすると元のサイズで表示します

観測史上最大級の氷山が
南極から流れ出したとのこと。

クリックすると元のサイズで表示します

2009年12月「川崎市とほぼ同じ面積
140平方kmの氷山が漂流している」

「これほどの大きな氷山の漂流は
 世紀に1度」と報じられていたはずなのに、
それよりはるかに大きい。

流れ出したのは、ラ―センCと言われる棚氷で、
この山吹色の部分。アルゼンチンのホーン岬に近いところ。

今回、分離したのは山吹色の約12%の面積。
   ↓
クリックすると元のサイズで表示します

これが海流に乗っていったいどこまで
漂流するのだろうか?

棚氷はもともと海に浮かんでいる氷なので
海面が上昇することはない。

クリックすると元のサイズで表示します

北極海の氷がたくさん解けて、
生態系に大きな影響を与えているが、
多くの人々にとっては、まだまだ「人ごと」。

しかし、今回漂流した棚氷で堰き止められている氷が
氷山として漂流する可能性がある。

クリックすると元のサイズで表示します

すると、水面は10cm上昇するのだと!

そして、南極から次々と氷山が漂流し始めたら、
30年後には、海面はいったい何cm 上昇するの?!

そして、棚氷の減少に伴って、
深層海流の流れが減少すると
地球表面の寒暖の差はいっそう大きくなる。

日本のような中緯度の地域は、
涼しい気持ちのいい気候の時期は短くなる。

台風や前線などにより、
豪雨被害が後を絶たなくなるのだろう。

長生きはしたいが、
住み心地のいい地球でないと
「長生きするのは嫌やな〜」と思ってしまう。
3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ