2010/4/15

4月14日(水)練習報告  

はむはむ@CLさんが担当します
----------------------------------
     〜10:20 個人、パート練習
10:20〜11:10 スケール、和声練習、合奏(ゲネ)
11:10〜11:30 休憩
11:30〜12:30 合奏
           (ドラえもん、青い山脈、インスタントコンサート、
            童謡メドレー、ビリーブ)
-----------------------------------
練習お疲れ様でした。
前半(スケール)
・全音符 下降上昇をmfで
・ffで下がり、ppで上がる
→ffからppの幅が少ない。ブレスのところを気をつける。
  ppはどうしてもか弱い音になってしまうので、おなかに力を入れて遠くに音を飛ばすようにする。
・4分、8分、3連符、16分をテヌートで下がり、スタッカートで上がる。
→たてをそろえる。
・ド〜レミファソラシド〜ドをハイbまで
→高音になるにつれて苦しそうな顔になり、音にも表れているので気をつけましょう。


(和声練習)
・頭からしっかりでてきれいに。
・最後から2小節目に音の動きがある人はもっとしっかり吹きましょう。
・1回目より2回目の方がとても良かったです。

(次回の演奏会の流れを確認しました)
・ガイダンスをしっかり読んで確認しておきましょう。
・楽譜が風に飛ばないように各自でクリップを用意する。
・文字札は1列目は胸くらい、2列目は顔、3列目は高く上げます。
 同じ列で高さをそろえましょう。
・楽器紹介は高く上げて楽器を見せて、礼をする。タイミングを合わせる。
「ありがとうございました」まで元気よく大きな声で言う。

後半(ドラえもん)
・頭をそろえる事
・旋律の人は意識してしっかり吹きましょう
・フレーズの変わり目が走りやすいので、気をつける。
・Aはfから少し押さえ目にしながら入りましょう。
・Dの前のクレッシェンドが引き立つように、Cは少しおさえめに。
・Fの前のfはよかったです。

(青い山脈)
・かっこよく、リズムよく行くところと、流れるようなメロディのところの対比が上手にできると聞き応えがあります。
・旋律も副旋律も頑張りましょう。
・トロンボーンの旋律がよかったです。
・クラは間奏のところが、引き立っていてよかったです。
・Gの手前の決めの音をしっかり。
・Fは1回目より、2回目をふくらませてより歌うようにしましょう。
・D4小節目の速い動きがある木管は頑張りましょう。

(インスタントコンサート)
・色々な曲が入っているので、ワクワクしながら聞いてもらえるように。
・曲のつなぎや、受け渡しに気をつける。
・63小節目のクラはもっとやわらかく、かわいらしく吹きましょう。
・93小節目は遅れ気味なりがちです。
・103小節目はアクセントをしっかり。

(童謡メドレー)
・歌をもっと大きい声で。

(ビリーブ)
・練習しなくてはいけないとこもありますが、気持ちがそろっていてよかったです。

いよいよ今年度初めての演奏会が近づいてきました。緊張しますが、たくさんの人に聞いてもらえるといいですね。
今日は新学期も始まりいつもより子供が少なかったように感じます。託児ボランティアさん、今日もありがとうございました。
とっても暖かい日があったり、風が強くて寒い日があったりで体調を崩しやすいので、自分はもちろん家族の健康管理をしっかりしましょう。

参加人数
Fl4 Cl6 Sax3 Tp3 Hr1 Tb4 Euph2 Kb0 Cb1 Per2 指揮者3(合計26人)
キッズ4人
ボランティア3人



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ