2010/6/21

6月18日(金)練習報告  

みな@Euphさんが担当します

前半 

1、スケール 音階 チューニング 和声の練習
集中、音をよく聴いて、ピッチをあわせましょうね。
和声、3回目はとてもよかったですね。

2、ドラエモン 
強弱、アクセント しっかりつけましょうね。
最初は、静かに入って、だんだん盛り上げていきましょうね。

D.Sの前のクレッシェンドつけましょうね。
最後の、フェルマーター パキット終わりましょうね。

3、インコン
メロディー ちゃんと歌っていてよかったですね。
最後の8小節に向かって、盛り上げていきましょうね。

4、童謡
最後の、3タイムリピート メリハリつけましょうね。

後半

1、HABTY
のんのんさんのソロ、初披露。堂々と、響き渡っていましたね。素敵でした。
久々の合奏でした。音をたっぷり出しましょうね。

単純な、和声なので、ピッチに気をつけて、貧弱にならないように気をつけまようね。

2、プリキュア
アクセントきかせましょうね。
メロディーをしっかり吹きましょうね。特に、C,D,F。
Gに向けて、クレッシェンドつけましょうね。

3、ゴーセイジャー
Bのホルンのメロディー、はっきりしていてよかったですね。
Aに向かっての、クレッシェンド、Bにつなげていきましょうね。

Dのメロデイー以外のパート、しっかり拍をとりましょうね。
Eは、縦をそろえましょうね。 

仕上げの演奏は、とてもよくできていましたね。


いよいよ、扇風機、うちわを持ち込みの練習の季節がやってきましたね、
本日も、暑い中、託児ボランティアさんのご協力のもと、無事、練習を終えることができました。

ドラムの新メンバーさん、フルートの見学者さん、出産明けのメンバーさん。
いつもと違う顔ぶれの参加もあり、楽しみが倍増しました。

キッズが突然、踊り出したり、歌ったり、指揮者のまねをしたり、、、。
その姿を、幸せそうにみているママさん。

音楽を通して、親子で幸せな気分になれる空間っていいなって感じました。
これから、親子の成長過程に、いろんな音楽との出会いがあると思います。

この心地よい空間を忘れないでいられたら、ずっと音楽が大好きで、楽しくむことができるんじゃないかな、、、と感じる今日この頃です。

音楽を続けていられる環境に感謝。まずは、理解ある旦那様、娘たち、両親にありがとう。職場の仲間たち、これまで、私を支えてきてくださった方々、

IMELにありがとう。そして、これから、出会うであろうと思われる方々に、ありがとうと笑顔を伝えていきたい。
と、バンド一番の長老は思うのです。

参加人数
Fl6(見学者1) Cl7 Sax2 Tp2 Hr3 Tb2 Euph3 Cb1 Kb1 Per2 指揮者3(合計30人)
キッズ7人
ボランティア3人







トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ