2011/4/2

3月29日(火)練習報告  

こうママ@Perさんが担当します

今日はAFCONに向けて、少ない曲数でみっちり練習に取り組みました。
指揮者も真剣なら、奏者も真剣。
真剣に取り組んで、特にディズニーは音楽を作り上げていっていると感じた練習でした。

***********************
   〜10:10 個人・パート練習
10:10〜11:10 合奏 ディズニーメドレー
          宝島
11:10〜11:30 休憩
11:30〜12:30 後半 童謡メドレー
          宝島
          ディズニーメドレー
          宝島
          童謡メドレー
          ドレミのうた
***********************

前半 

スケール
  
<ディズニーメドレー>

Hの冒頭部、鉄板さんは指揮者さんをよく見て、キッチリ合うとカッコイイですね。
自分が叩く拍の倍速(この場合2分を叩くから4分)を自分の中で刻むと、やり易いですよ(←受け売り)

あのハンマーは重いから、キッチリタイミングで叩くのが難しいよね。ってあんまり人のコト言えない><。私も練習しなくちゃ。

はちまる@Tpさんのソロのところは、ブラスの皆さん、もっと抑えましょう。
小さくて芯のある音って、出すのが大きい音の倍大変なのですね(←また受け売り)。

ペース配分に気をつけつつ、頑張って下さい。

指揮者さんの指摘したことを個人練習で自分のものにして、次の練習を迎えたいですね。

<宝島>
サックスソロ無しの演奏だったので、日頃聞こえない音がよく聞こえてきました。
きっちり裏が支えているからこそ、ソロが生きてくると実感しました。

休憩

後半

<童謡メドレー>
既存曲なので、吹き慣れた、演奏会を経験しているメンバーはやり易いでしょうが、
新しく入ったメンバーにとっては、貴重な練習機会でしたね。

自分のパートがどこで入るのか、きっちりおさえていきましょう。
ユーフォさんのトンボ、柔らかさの中にも凛とした強さがあって綺麗な音でした。

サックスさんの“やぎさんゆうびん”も、息ぴったりでしたね。
凄いなぁと思って、思わず吹いているお二人を見てしまいました。

<宝島>
凄く真剣な、凛とした強さのある音が聞こえてきました。
強くても、荒くない音に近づいているのかな。

みさきち@Saxさんのソロ、かっこ良かったです。

<ディズニーメドレー>

<宝島>

<童謡メドレー>

<ドレミのうた>

皆さんの気迫が伝わってくる練習でした。
私自身今出来る事はやり切ったものの、反省点も多い練習でした。

春休みの練習なので、32人!!ものキッズをたったお二人で見ていただきました。
ボランティアさん、いつも私達が練習に集中できる環境を作って下さってありがとうございます。

AFCONまで残り3ヶ月を切りました。
ベストを尽くして頑張りましょう!!

参加人数
Fl6 Cl5 Sax4 Tp3 Hr1 Tb3(うちTu兼1) Euph2 Kb0 Cb0 Per4 指揮者3(合計28人)
キッズ 32人
ボランティアさん 2人



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ