2011/5/30

日本の洋館  ノンカテゴリ

雨雨続きで予定もずれて来てますが、逆に仕事にならないので少し時間も取れます。クリックすると元のサイズで表示します      いつも前は通るのですが入った事がなかったので行ってみました。旧神谷伝兵衛稲毛別荘です。ホーム大正ロマン薫る建物です。クリックすると元のサイズで表示します      丸い窓なんてのは日本の住宅建築にはなかったのではないでしょうか。      クリックすると元のサイズで表示します      照明のソケットの周りにはワイン王と異名をとるだけあってブドウ葡萄がデザインされています。クリックすると元のサイズで表示します      さて和室ですが、この床柱は葡萄の木ブドウだそうで、日本にはこんな太いブドウがなくフランスから持ってきたそうです。書院の欄間にも葡萄と蜂がデザインされていました。クリックすると元のサイズで表示します      竹に木小舞をのせた数寄屋風な天井に障子、床は畳と純和風にまとまったすぐ奥に壁を丸くデザインした洋風の窓(パンフレットにはBow windowと書いてありますが)のアンバランスな所が大正時代に出来た洋館の魅力だと思います。
2



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ