2010/7/26

箱根登山鉄道  鉄道

宿から歩いて急な坂を下ると(強羅は急坂だらけです。)踏切がありかわいい電車が走っています。そうです箱根登山鉄道です。お昼を食べて夕食まで時間があるので一人で電車で湯本まで下りてみようと思います。                     クリックすると元のサイズで表示します
強羅駅は箱根登山鉄道の終点です。ここから箱根登山ケーブルカーと箱根ロープーウェイで早雲山、大涌谷、桃源台、芦ノ湖へ行かれます。僕は反対に山を下ります。発車して小涌谷駅の手前で早くも30Rの急カーブ、車輪を軋ませながらゆっくり曲がっていきます。この急カーブこの後何か所も出てきます。小涌谷駅を発車すると今度は80パーミル(1000mで80mの高度差がある)の急勾配です。粘着式では日本一の勾配です。ちなみにアプト式であれば大井川鉄道の90パーミルが日本一の急勾配です。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
宮ノ下駅を過ぎると線路の両側には紫陽花が咲いています。この時期箱根登山鉄道は、あじさい電車と言われ夜にはライトアップしています。            クリックすると元のサイズで表示します
いよいよ上大平台信号場からは3連続スウィッチバックです。ここからは進行方向が逆になり、次の大平台駅でまた逆になります。クリックすると元のサイズで表示します
上ってくる線路と下ってくる線路がよくわかります。次の出山信号場で再度進行方向が逆になり箱根湯本駅まで下ります。クリックすると元のサイズで表示します
終点箱根湯本駅到着です。昔は小田原まで足を延ばしてましたが、今は小田急の電車が走っています。つづく。
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ