2011/8/2

兵どもが夢のあと  鉄道

峠の釜めしでお腹も満足したところで、メインイベントの横軽廃線ツアーです。旧R18碓氷峠を登ります。車べん君は1人で1度来ているので今日は僕のツアーガイドです。徒歩徒歩
クリックすると元のサイズで表示します       旧信越本線(以下旧線)の第5アーチ辺りに車を止めていざ出発。徒歩徒歩獣道を少し歩くと信越本線新線跡(以下新線)に出ます。旧R18のすぐそばを信越本線電車が走っていたとは思いませんでした。見るからに下っているトンネルを抜けると旧熊ノ平駅跡です。クリックすると元のサイズで表示します       横川、軽井沢間最大66.7パーミルの急勾配の続くこの区間で唯一平坦線になっていて、アプト式の初期、蒸気機関車はここで給水、給炭をし電気機関車になってからもここで列車交換をしてました。粘着式になって熊ノ平駅はその役目を終えましたが、峠のシェルパEF63も平坦線に一息入れた事でしょう。クリックすると元のサイズで表示します      ホームの端にある配線室のカレンダーは当時のままめくられる事はありません。僕らの他にもここを見に来ている人がいましたが、引き返して行きました。しかし我々の歩みは止まりません。クリックすると元のサイズで表示します       今度は懐中電灯を持ち懐中電灯横川方面に1km弱のトンネルに足を踏み入れます。川口浩探検隊の気分です。(そうとう古いです。)クリックすると元のサイズで表示します        この鉄橋は新線の撮影ポイントだった場所です。EF63重連で電車を押し上げる写真をよく見ました。電車電車来る時は下り線のトンネルだったので帰りは上り線のトンネルに入ります。どっちも真っ暗なので一緒ですが。■■クリックすると元のサイズで表示します       トンネルを出ると2人とも蛭とご同伴です。べん君は脹脛血だらけです。今は軽井沢まで新幹線でひとっ飛びですが、わずかな時間短縮をとった代わりに、またひとつ素晴らしい景色と文化を失った気がします。クリックすると元のサイズで表示します      旧R18から旧線の第3アーチです。最近はめがね橋と呼んでいる様です。このうえはアプトの道ってハイキングコースになっている様です。徒歩徒歩1993年に碓氷峠鉄道施設として重要文化財に指定されました。それまではひっそりと佇んでいたんですが … …。
3



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ