2011/11/22

墨つぼ  Tool Box

最近まったく使わなくなった道具で、墨つぼと云う道具があります。家を建てる時に材料に芯墨を打ち継ぎ手、仕口、穴など墨つけをします。       クリックすると元のサイズで表示します        近頃の墨つぼは主に墨しか打たないのでこんな形になちゃってます。軽子が自動で戻ってきたりします。クリックすると元のサイズで表示します        暫く使っていないので糸の交換から始めます。まずはボロボロの糸を糸車からはずします。クリックすると元のサイズで表示します       新しい糸をつぼの中の綿の間を通したら墨汁を入れます。この時水も一緒に入れてあげないと墨が濃すぎて糸に染み込みません。クリックすると元のサイズで表示します        糸車を本体に取り付けハンドルで糸を巻きます。最低10m位は巻いておきます。クリックすると元のサイズで表示します        糸の先端に軽子をつけたら終了です。これで使えるようになりました。        クリックすると元のサイズで表示します        軽子をさして自分に対して垂直に糸を引きます。糸を持ってはじけば芯墨が打てます。クリックすると元のサイズで表示します        この墨のはじき方は正式には間違いです。もう10年以上前になりますが○○チャンピオンと云う番組で大工王選手権なる企画で出場者が墨つぼをはじいていましたが、ちゃんと出来ていた人は1人だけでした。技と云うものは正確に伝えて行かないと、これも文化ですから。
2



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ