2010/7/31

大工の目線  お出かけ

箱根へは数え切れないくらい来ているので、ほとんどの処へは行っています。そこで今回2日目は箱根峠から三島、沼津方面へ下って一度行ってみたいと思っていた三嶋大社へ行ってみました。よく神社へ行く奴だなぁとお思いの方もいらっしゃるでしょうが、特別信心深いわけではなく神社仏閣の建物を見るのが好きなんです。クリックすると元のサイズで表示します
大鳥居をくぐると神池がありこの総門(外構えの門)があります。昭和6年(1931年)3月竣工、初めて台湾檜が使用された昭和の代表的な神社建築の一つだそうです。総工費は当時7万円。クリックすると元のサイズで表示します
次は神門です。ここからは1級神域です。この神門は慶応3年(1867年)に再建された唐破風造りの門です。クリックすると元のサイズで表示します
神門をくぐると今度は舞殿です。古くは祓殿と呼ばれ神楽祈祷を行ったが後に主に舞を奉納したので舞殿と呼ばれるようになった。現在では、舞の他に豆撒き神事や祈祷、結婚式も行うそうです。慶応2年12月18日再建。クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
舞殿のすぐ後ろに本殿があります。安政元年(1854年)安政の大震災で倒壊、万延元年(1860年)〜明治2年(1869年)にかけて再建、平成12年(2000年)に国の重要文化財に指定されました。2本の柱にかかる虹梁には見事な彫刻が施されています。その上には斗組(ますぐみ)、雲肘木、その上に桁が載り垂木が載ります。神社建築では、垂木の1間隔を1支、2間隔を2支と数え基準の寸法になっています。少し大工らしい話をして御開きにします。
1

2010/7/26

箱根登山鉄道  鉄道

宿から歩いて急な坂を下ると(強羅は急坂だらけです。)踏切がありかわいい電車が走っています。そうです箱根登山鉄道です。お昼を食べて夕食まで時間があるので一人で電車で湯本まで下りてみようと思います。                     クリックすると元のサイズで表示します
強羅駅は箱根登山鉄道の終点です。ここから箱根登山ケーブルカーと箱根ロープーウェイで早雲山、大涌谷、桃源台、芦ノ湖へ行かれます。僕は反対に山を下ります。発車して小涌谷駅の手前で早くも30Rの急カーブ、車輪を軋ませながらゆっくり曲がっていきます。この急カーブこの後何か所も出てきます。小涌谷駅を発車すると今度は80パーミル(1000mで80mの高度差がある)の急勾配です。粘着式では日本一の勾配です。ちなみにアプト式であれば大井川鉄道の90パーミルが日本一の急勾配です。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
宮ノ下駅を過ぎると線路の両側には紫陽花が咲いています。この時期箱根登山鉄道は、あじさい電車と言われ夜にはライトアップしています。            クリックすると元のサイズで表示します
いよいよ上大平台信号場からは3連続スウィッチバックです。ここからは進行方向が逆になり、次の大平台駅でまた逆になります。クリックすると元のサイズで表示します
上ってくる線路と下ってくる線路がよくわかります。次の出山信号場で再度進行方向が逆になり箱根湯本駅まで下ります。クリックすると元のサイズで表示します
終点箱根湯本駅到着です。昔は小田原まで足を延ばしてましたが、今は小田急の電車が走っています。つづく。
1

2010/7/25

箱根旅行  お出かけ

親父の友人の誘いで2泊3日で箱根に行ってきました。彼の仕事の保養所という事で、格安で泊まれました。都内を抜けたら結構空いていて早く着いてしまったので、箱根ガラスの森美術館によりました。         クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
ここは何回来たかわかりません。チケットを買ってなかに入ると、きれいな庭園がお出迎えです。この日は入場者も少なめでしたのでなおさら良かったです。建物の中にガラスの美術館があるのですが、僕にはどうも興味がわきません。         クリックすると元のサイズで表示します
それでもいくつかは気に行った作品もあります。写真撮影もOK(レースとレースグラス展はNG)との事なので1枚撮ってきました。1時間ほどで切り上げて宿に車を置き軽く蕎麦で昼食にしました。クリックすると元のサイズで表示します     この宿は何回か泊っていますが、落ち着いていて雰囲気のいい宿です。一般の人は泊まれませんが。クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
宿のお風呂と夕食です。クリックすると元のサイズで表示します     部屋の窓からは箱根大文字焼きの大の字が明星ヶ岳に書いてあります。8月16日に大文字焼きがあるそうで、毎年早くから予約がいっぱいでなかなか泊まれないそうです。つづく。
1

2010/7/21

娘のスィーツ  のむ・たべる

うちの2人の娘は時々キッチンとテーブルを散らかし放題散らかして何か作ってます。最近では食べ物に見えるような物を作れるようになったようです。クリックすると元のサイズで表示します
これはチョコレートを溶かして何やらやっていました。本人いわくチョコレートチーズケーキなどと人を煙に巻くような事を言ってました。一応口に運んではみました。まぁそこそこ食べられるかな・・・。チョコレートの味がしました。(あたりまえか。)クリックすると元のサイズで表示します
今度はミルクの中にマシュマロを入れて電子レンジで溶かしてから冷蔵庫へ入れて冷やすというような阿漕な事をしてました。こちらはココア味のプリンのような味がしました。なんか動物実験などで使われるモルモットの気持ちがわかるような気がしました。僕で実験した後、誰か他の奴に作ってやるのかと思うと少しむっとします。
1

2010/7/19

房総のむら  お出かけ

3連休の最後の日です。一人で出かてしまったり、少し仕事したりして何処へも連れて行かなかったので午後から家族を連れて房総のむらへ行ってきました。クリックすると元のサイズで表示します
入口には和洋折衷の立派な建物が!明治13年に千葉市長洲に建てられた2代目千葉県議会議事堂で明治44年まで使われていたそうです。               クリックすると元のサイズで表示します
江戸時代にタイムスリップしたかの様な街並みが再現してあります。終わり間際に行ったので体験コーナーや一膳めしや、蕎麦屋さんは終わってました。
クリックすると元のサイズで表示します
蔵造りの建物の内部です。大きな2階梁が縦に横に組んであります。正面の梁は尺五寸(455mm)もあり一般の住宅ではまず使いません。                 クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
街並みを抜けるとアジサイがまだきれいに咲いていました。今年は春も寒い日が多かったので少し遅れてるのでしょうか。クリックすると元のサイズで表示します
畑のなかにはこんなひょうきん者が立っていました。昔はあちらこちらにいらっしゃたんですが・・・。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ