2010/10/10

今は昔・・・?  大工のお仕事

道幅2m以下の道を入った奥のお宅の縮小工事で、基礎工事をしました。
クリックすると元のサイズで表示します
車も機械も入らない場所なので、スコップで根切り(基礎を作る場所を掘る)をして、割栗と砂利を入れて、たこ(根きりをした地盤を突き固める道具)で付きます。これすごく疲れます。今回は3.6m程度なのであまり疲れませんが。
クリックすると元のサイズで表示します
突き終ったら今度は鉄筋を組みます。クリックすると元のサイズで表示します    ベース部分のコンクリ打ち込みです。当然生コン車など呼べるはずもなく、交代でコンクリートを練りました。これも疲れます。
クリックすると元のサイズで表示します
立ち上がりの横筋を組み型枠を組んでまた、コンクリートを練ります。疲れます。クリックすると元のサイズで表示します
打ちこみ終了。後は養生期間が過ぎたら型枠を外し土台を据えます。拍手今回何十年も昔の工法でやったのも20代の娘職人にはいい経験になったと思います。クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
現在の技術では、機械を使って苦も無くパパッと工事してしまいます。基礎工事今昔物語でした。ちょっと違うか・・・。'_';
4



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ